EVOLUCIO WORKS INFO

EVOLUCIO WORKS INFORMATION

夢の羅列<カマクラ・フューチャー> 20170924

2017-09-27 18:41:48 | Dreams
夢の羅列<カマクラ・フューチャー> 20170924


鎌倉でほんの小さな用事があり、車を駐めようと思ったが日曜日だからか、どこも満車でグルグルした挙げ句、もう仕方がないから高架下の工事現場の入り口付近に駐めて、まあ2分で戻ればいいだろう。工事も日曜日だから休みのようだし、と歩いて目的の店に向かった。

店は車のすぐ近くで、買い物を手早く済ませ出ようとすると女店員に呼び止められた。

「あ、ちょうどヨカッタ。これ渡そうと思ってたのよ」

???。誰だったか思い出せない。よくある和菓子屋の白衣と白頭巾、いやあれは割烹着と呼ぶべきか。頭巾は頭巾か。それとも三角巾か。まあいいか。それでその年配の女性が私に何か複写の紙を差し出して、ここに判子を押せばいいのネ。と微笑んでいる。

ああ、わかった。昨日、この人に契約をお願いしたんだった。

その契約がなんだったか、今これを書いている時点ではもう思い出せないが、対企業などであれば儲かる契約だが、個人相手ではまったくそんなことはないというものだった気がする。

ではなぜこの女性にお願いしたのかというと、
昨日どこか訪問先に彼女がいて、私の仕事を尋ねられて答えたら、それじゃあワタシもそれにひと口入ってあげるわよ。という親切心からの申し出であった。

私は彼女が契約してくれても嬉しいわけではなかったが、一応用紙を渡して、後日に取りにきますと辞去したのだった。彼女が鎌倉で働いていることはまったく知らなかった。

それがこの再会である。夢の中で約束して、夢の中で再会したのだ。
でもオレ、車を置きっぱなしにしているんだよね。

彼女は引き出しを開けてたぶん判子を探しているのだろう。後ろ姿がどうにもモタモタして見えて私はじれたが、しかしなあ、親切な気持ちを無下にするのもなあ。よし、契約書に判子を押してもらってから車に戻ることにしよう。

ところが判子がなかなか見つからないのか全然こちらへ振り向かない。
私はさすがに車が心配で、一旦車に戻ることを後ろ姿の彼女に告げて店を出た。

こんな休みの日で駐車場はどこも満車であれば、きっと駐車監視員にとっても稼ぎ時なのだから、いやインセンティブでやっているわけではないだろうが、しかし遊びに来ている奴らを取り締まってやる、というモチベーションは普段の倍くらいはあるだろうから、それにあのスペースがちょうど空いていたのも今考えると怪しい。あれはきっといわゆる「ホイホイ」とも云うべき場所で、私はまんまと嵌ってしまったに違いない。

歩きながら考えていると、あれ、どこだったかな。

駐めた車から店まで30秒もかからなかったが、もう1分は過ぎたはずだ。

オカシイナ。というより鎌倉ってこんなにデカかったか。

つづく。

夢の羅列<始発駅から西へ> 20170924

2017-09-24 20:35:57 | Dreams
夢の羅列<始発駅から西へ> 20170924


どこか、夢の中のどこか、駅の近くの寂れた商店街。

夢にしては珍しく明るく、まだ午前中なのだろうか。

おそらくこれは商店街主催のフリーマーケットで、
いつもは人の少ない通りも今日はけっこうな賑わいを見せている。

フリーマーケットの出店場所は路上で、
それぞれの出店者たちが不要品などをシートに並べている姿がたくさん続いて見えた。

私はその中のひとつの出店者の場所にしゃがみ込んで知らない女と話しをしていた。

毛色の違いによる猫の性格の傾向について私はずいぶんと詳しくその女に語っていた。

そのうち女が私にドスっと寄りかかってきて私は、なんだ?おい重いよ、と思ったが、
まあ次の授業でここから移動をすればいいか、と夢にありがちな脈絡のないことを考えていた。

その後、私は電車に乗るため駅に行った。

埼玉の西の地味な駅名━━覚えていない━━を案内板で探し、
そこへ向かう電車はホームに何本も引き込まれた線路の左端に停まっていて、私は乗り込んだ。

寂れ気味の商店街にもかかわらずここはどうやら始発駅で、客が一斉に降りて誰もいなくなった車内を歩いたが、ずいぶんと酷いことになっていた。

ビニール製の椅子というかシートが長年の酷使でクッションがへたり込んでいて、しかもビニールがあちこち破れ、めくれて、とにかく乱暴な印象であった。

これは酷いな。

私はこんな日本国内では見たことのない光景に驚きながらも車両を移りながら、やっと座れそうなシートを見つけ落ち着いた。

しばらくすると男が3人やってきて、
やはりまだなんとか座れそうなのはこのへんだけなのだろう、私のすぐ近くに座った。

老年の男たちの会話を聴くともなしに聞いていたら、ひとりが永六輔のことを話していて、永さんは機嫌の悪い時、話し方はまったく良い時と変わらないがトーンが少しだけ変わる、というような内容が耳に入ってきた。本当かどうかは知らない。

アナウンスがあり、やがて電車は動き出した。

埼玉の西へ行く線だから、まあ所沢とかその向こうのなんだかよく知らない場所へ行くのだろうが、着いたら着いたでまたよくわからないことになるのだろう。夢だし。

おわり。

夢の羅列<エメラルド・チロル> 20170918

2017-09-21 20:26:18 | Dreams
夢の羅列<エメラルド・チロル> 20170918


今夜は、あるスナック主催のカラオケ大会である。
何人かの後に私にも番が回ってきてしまい、とうとう歌うことになった。

歌うのは「エメラルドの伝説」である。名曲である。しかし、
選曲が古すぎて、もうここに書くのも恥ずかしいが、夢の中の事実である。
ところが、現実なら外れ気味に声が出るのに、夢の今夜はすごく上手く歌えている気がした。
自分の声がよく聴こえて、思うがままにコントロール出来ているのだ。

何だよ。オレってけっこう歌ウマいじゃねぃか。フッフッフッ。
そんな夢の中での真実を知ったこともあり、私はいい気持ちで1番を終えた。
ところが2番に入ったところで急に演奏が止み、アカペラで歌うことになった。

さすがに実力が発揮されてきて、自分でもシャープ気味に声が出ているなと思ったら、
もうどこも何も外れ始めて、周りも苦笑気味に首をかしげているのが見えた。
しまいに歌詞カードの歌っている箇所が剥がれて見えなくなっていて、
ついに私はこれ幸いと歌うのを止め、店員にそれを告げた。

店員は、そうですか。そうしましたら、この二つサイフの中のそれぞれ一万円札を、
下のコンビニで全部百円玉に両替してきて下さい。と私に指示をした。

私は、まあ現実ならそんな指示に従ったりはしないが、ここは夢の中のこと、
これがもう一度やり直しが出来るシステムなのかと、サイフを手に階段を降りた。
もちろん、これが夢の中だとはわかっていない。

ネオンの繁華街は人の往来も多く、私は立ち止まり、コンビニの方向を確かめた。
あの方向だが、こっちから回らないと行けないな。

そんなことを考えていたら、向かいのビルの一階のスナックのママが客を送り出すために外に出てきた。

スナックといっても、しっかりとした料理を出す店で、ガラス張りのため外から明るく見通せて、今夜は貸し切りだったのか、客が出払って空いたテーブルに皿やグラスが散らかっているのが見えた。

太めのママは、送る客に何かを言いながら、今日はいい稼ぎだったのか上機嫌に微笑んでいる。

私はママの後ろ姿を見ながら、あの薄いブラウスでは今夜は寒いだろうな。いや、客を送るだけだからそんなことはないか。というより、あの貫禄の後ろ姿から推測すると、まだまだ寒くはないか。そんな余計なお世話なことをふと考えたりした。

そういえばコンビニか。

いやしかし、コンビニで2万円を両替して、何も買わずにというのも無理な話だな。
とはいっても自分のサイフを持って出てこなかったし。

このサイフの金で何かを買って、かつ両替を頼み、いや違うな、両替はコンビニでは断られるはずだし、店員に無理強いするのも恥ずかしいし、だから店員の立場を保ちつつ希望を叶えるとすれば、各一万円札でそれぞれ買い物をすればいいわけだ。しかし何を買うか。

まあこんなことは難しく考えても仕方がない。あれだ。チロルチョコ。
チロルチョコを二つ買って、サイフに小銭と一緒に入れてあのボーイに返せばいいんじゃないか。

もうこのへんで夢から覚めつつあり、結局、両替もせず、チロルチョコも買わず、
2階のスナックへも戻らなかったから私はそのうち完全にうだうだと目が覚めたわけだが、
さすがに二つのサイフは枕元になかった。

おわり。

夢の羅列<マジロ弾丸レストラン> 20170915

2017-09-17 16:03:25 | Dreams
夢の羅列<マジロ弾丸レストラン> 20170915


夢の中の、
薄暗い街並みの外れに建つ学校の前で、私は二人の男たちと何かをしていた。

そのうちの一人が車から大きな汚いカプセル状の物を降ろし、抱えて持って来た。

黒紫とでもいうのか、
そんな色の恐竜の卵のような物を地面に降ろし、男は卵に小声で喋りかけ始めた。

喋りかけるということは相手がいるということで、相手ということは、
それは生き物であるはずで、となると、あの60センチはあるかという卵から
何か生物が出てくるのは間違いなかった。

私は生き物は決して苦手ではないが、未知の生物は苦手である。
ましてや卵から孵ったばかりの未知の生物と意思の疎通が出来るとも思えなかった。

今にもドロドロベトベトした粘液とともにズルッと産まれ出そうに見えた。
やたらに脚が長くて素早く動き、キーキーとでも鳴かれたら友達にはなれないだろう。
そうはいっても嫌われて襲われたら困るし、しかし好かれて懐かれても困るわけだ。

あのね、オレはベトベトしたのが嫌いなんだよ。
とはいっても、二人の手前、逃げるわけにもいかないしな。逃げたいのだが。

卵に喋りかけていた男は今度は卵の隙間のような箇所に手を差し込んで開き始めた。

おいおい、やめとけって。牡蠣じゃないんだから。
汁でもぴゅーっと出たら、どうすんだよ。

最近、また映画エイリアン・シリーズをCS放送で繰り返しやっていて、
以前、全部を通して観た結果、観なくてもよかったと後悔したというのに、
また飛ばし飛ばし観てしまったばかりで、生物に対して少し敏感になっている。

……などと考えている間に目の前の男は作業行程の最終段階に入ったらしく、
「ほら出て来い、ほら」と大きな声を上げた。すると、

卵というかカプセルというか、とにかくデカい黒紫の何かが
「パッカーンっ」と二つに割れて、中から明らかに四つ足動物系の生物が出てきた。

アルマジロであった。

攻撃を受けるとボール状に丸くなるアレである。

見たところ、すでに成獣なのか四つ足でふんばって立ち、フーフーと息が荒い。

なぜかやる気まんまんである。
覚醒剤でも一発打って、怖いものナシという面構えである。
イヤな予感がしてきた。

パッカーンと割れたのは要するに殻だったのか、たとえば
眠る時にはあの殻に入って寝るとか、そういうものか。
夢の中なので論理性などはご容赦願いたい。

飼い主というか、つまりこいつを持ってきた男はアルマジロの背中をさすりながら、
「よーしよし、よーしよし」などと甘くソフトで気持ち悪い声を出している。

もう一人の男はずっと何も言わない。

私はこの変な間に耐えられず、
「これは日本アルマジロだな」
とテキトーなことを言ってしまった。その途端、

アルマジロと飼い主の目が同時に「キッ」と私を見据えた。
そして飼い主が、
「マジロ、行けっ」と獣の背中をパシッと叩いた。

マジロと呼ばれたアルマジロの目がくわっと見開いたかと思ったら、
四つ足が地面を蹴った。そして飛んだ。飛んだように見えた。

もう弾丸である。

私は「キャッ」と女子のような声を上げて逃げ、
木か何か、上に見えたものに手をかけてぶら下がった。

マジロは私という目標を失ったが、そのまま一直線に学校の門を突抜け、
少しだけ開いた扉から建物の中へと飛び込んでしまった。
頭はあまり良くないようだった。

ぶら下がったままよく見ると、学校だと思っていたのは営業前のレストランで、
あの弾丸のように走り回るマジロが、テーブルや皿やボトルやグラスなどがデリケートに並ぶ店内で、
どのような行儀作法を見せるのかと思ったら、さぶイボが出た。

振り向いて飼い主を見ると、ゲラゲラ笑っていた。ワイルドだ。

私はというと、テキトーなことを言うのは少し控えようと思った。ぶら下がったままで。

おわり。

夢の羅列<夢の重さ> 20170912

2017-09-13 19:26:48 | Dreams
夢の羅列<夢の重さ> 20170912


宗一は酔っていた。
去年の暮れに別れた妻と子を想って苦い酒を飲んでいた。

しかし、その酒に苦さを感じさせる思考を麻痺させるには、もう金がなかった。
並んだ空の銚子を濁った目で眺めながら、もっと酒を飲みたいと思った。
というより何もかも忘れてしまいたいのだった。

そんな宗一をよく知っているお調子者の男が宗一に近づき、
「宗一さん。あの旦那についていけば、いくらでも酒が飲めますよ」
少し離れた賑やかな席に座る男を示して言った。

宗一は迷わず立ち上がり、その旦那と呼ばれた男の近くへ行き、ただひと言、
「酒が飲みたい」
と言った。

年配の男は宗一を見上げて、
「よし。それなら店をかえて飲むか」
突然に現れた宗一の無礼な申し出に驚く様子もなく、またとくに構えるでもなく、
低く柔らかな声で応え、そしてなぜか店の奥に視線を走らせた。

「おい。美継を起こして、こいつに負ぶわせろ」

店の者が奥から赤ん坊を抱いて出てきた。
宗一はかなり酔っていたが、紐で赤ん坊を背負わされた途端に酔いを忘れた。
転んだりして、怪我をさせてはいけないと強く思ったからだった。

その晩は旦那一行と店をはしごしたが、宗一はもう酒を飲まなかった。

ただただ美継の重さと体温を背中に感じて、起こさぬようにじっとしていたのだった。

そして、いつの間にか宗一は旦那の家に住むようになり、
長く美継を甲斐甲斐しく世話した。

美継が成長し、大人になった頃、宗一は白い頭で幸せそうに死んだ。


……私はなぜこんな夢を見るのだろうか。

居酒屋で、奥から現れた赤ん坊を背負わされる宗一を、私は離れた席ではっきりと見ていた。

おわり。