EVOLUCIO WORKS INFO

EVOLUCIO WORKS INFORMATION

12/31 ゆく年くる年「怯えた蛾、張り付く何か」

2019-12-31 19:49:21 | Dreams

12/31

20191006記

夢の中の自宅で友人たち3人と飲んでいたが、友人たちは皆酔って寝てしまった。

もう遅いし何をすることもなく、じゃあ私も寝ようかとカーテンを閉めるため立ち上がった。
外は暗く雨が降っていた。

カーテンに触ると何かがひらりと落ちた。床を見るとそれは5センチほどの蛾だった。

大きい。見て気持ちの良いものではないから私も一瞬固まって、さてどうしようか考えていると、カーテンの陰からまた別の蛾がそれは飛ばずに床を這って私の方へ、つまり部屋の奥へと向かってくるではないか。

私の身体はさらに石のようになり、しかし頭はフル回転で現状の把握と事の成り行き、そして今なすべきことを考えた。

そうこうしているうちに蛾はさらに増えて、カーテンの陰からどんどん現れ、木製の床の上を這って奥へ奥へと集団移動し始めた。

蛾たちはまるで何かに怯えている様子だった。皆飛ばないし。
そのうちソファの横に空いたスペースで彼らは整列し、上から見るとまるでスーパーの広い駐車場に駐まった車であるかのように見えた。

彼らの緊迫感と行儀の良さから私はいつの間にか微かな親近感か、もしくは保護欲に近い感情を覚え、まあ雨が降っていることだし、部屋中に飛び散らかすわけでもないし、もしかすると私の言うこともきいてくれそうな感じなので、しばらくはこのままでいいか、と窓際に立ったまま考えた。その時、

「ビシ! ビシ!」と窓のガラスを叩くような音がして私は振り返った。
「ビシ! ビシ! ビシ! ビシ! 」私が窓の装飾ガラスを凝視している間にも音は続き、その音の度に何かが雨に濡れたガラスの外側に吸着しているようだった。
「何だ?」
ガラスの装飾模様のためにそれらが何かはっきりとわからず、私は頭を動かし、模様越しに見える<何か>の正体をはっきりさせようと、よく見える箇所を探した。すると、
ある一点で張り付いた奴と目が合った。笑っている。「うっ」私は思わず仰け反った。悪魔じゃねーか。
悪魔を見たことはなかったが、夢の中で私にはそれが悪魔だと確信できた。
朧げに見える姿は体長25センチほど、質感は青白いヤモリが変態し大きくなって人型になったような感じ。しかも手に槍を持っているではないか。そいつらが無数にガラスに張り付いて私を笑って見ているのだった。

私はまた石に固まって、しかし頭はフル回転でまた現状の把握と今後の成り行きを考えた。
夢の中のことなので、一連のおかしさを疑うことはなかった。蛾の集団が怯えて整列している。小さい無数の悪魔が明らかに敵意を剥き出しにガラスに張り付いている。攻撃にも防御にも役に立ちそうにない酔っぱらいが部屋のそこここに転がっている。
奴らの質感は妙に柔らかそうだから、体当たりでもガラスは割れないだろう。しかし悪魔たちにもそれなりの文明があって、杭のような物を集団で吊って飛んでぶち込まれたら、こんな窓のガラスはひとたまりもないだろう。

もしもそうなったらば、空いた穴からあの気持ち悪いぷよぷよした悪魔たちが雪崩込んでくるだろう。ガラスに張り付いた様子を見ると、攻撃時もきっと身体に張り付いてきて、あの槍で刺すのか。血でも吸うのか。応戦するにしても、何かでぶっ叩くくらいだが、びちゃっと潰れたりしたら、いやな臭いが部屋に充満しそうだな。それにあとで掃除することを考えたら気持ち悪くなってきた。いや、ホント、ごめんなさい。へんな夢で。おしまい。それではよいお年をお迎えください。evolucio

コメント

12/30 Diary みそかの匂い

2019-12-30 21:55:52 | Diary

12/30

今日は寒くて、昼前後くらいには外にいたのだが、トイレに行きたくなり、目についた某コンビニで借りて済ませた。しかし何も買わずに店を出るというわけにもいかないから、2秒迷ってカフェラテを飲むことに決めた。

小さいサイズ150円。紙コップに出来上がったカフェラテはなかなか美味そうだ。停めた車に戻りエンジンをかけてから飲んだ。なんだこれ。コーヒーの味がするようなしないような。どっちかというとホットミルクに近いな。まあ仕方がない、飲んでしまおう。

おいおいおいおいフタがきちんと閉まってないではないか。シャツからデリケートゾーンまでこぼれてしまったではないか。これはひどい。暖房全開で乾かそう。

しばらく車を走らせていると、ようやく乾いてきたようだった。ところが今度は乾きに共なって匂いが立ち上ってくるではないか。つまりミルクの生乾きの匂いとコーヒーの甘い香りがミックスして暖まった自分のシャツからDゾーンから逃げようのない私の鼻を目がけて襲ってくるのだった。

うぅぅなんだっけ、この匂いは。なんだったか、この匂いは。あ、わかった。赤ん坊のゲロの匂いだ。

おやすみなさい。evoucio

コメント

12/29 薄暗いネコ

2019-12-29 19:17:08 | Dreams

12/29 薄暗いネコ

夢の中の自宅の薄暗い部屋で今日もぼんやりとしていたら、どこからかネコがちんちろりんと現れた。以前飼っていたネコである。

「おっ」と私は思い、ネコがどこへ行くのかを見ていたら、壁と家具の隙間へ入り込んだ。ネコは狭いところが好きだからな、などと呟く間もなく、そこから「じょーっ」と何か水気の音がしてきて、「おいおいおい」と慌てたが、同時にどうでもいいやとも思い、またぼんやりに戻った。そしてしばらくして目が覚めた。今日は風がないな。歳はこうして暮れてゆく。おやすみなさい。evolucio

コメント

12/28 Diary

2019-12-28 17:57:49 | Diary

12/28

アッサムで淹れたティーラテを飲んだら、いまひとつピンとこず、少し間を置いてから、数日前にドトールで買ってきた年末年始の限定ブレンドを封切りで飲んだわけだが、これも何か今の私の心と味覚に合致せず、さてどうしたものかと困っている次第。もちろんそれを言い訳にぼんやりとしているだけなのだが。evolucio

コメント

12/26 Diary 「大魔神」

2019-12-26 21:16:50 | 映画

12/26

昼間、CS放送で特撮映画の「大魔神」をやっていて、少し観てしまったのだが、これはなかなか大人の鑑賞に堪えうる作品だったのだなと50年以上も前にこれを作った制作会社「大映」の力量に頭が下がった。が、しかしその「大映」についてWikipediaをさらっと読んでみたらば、何か日本映画界の栄枯盛衰を垣間見たような気がして「はーん、はーん」と読みながら声が出たような気がした。

「大魔神」では藤村志保という女優が出演していて、とてもかわいいのだが、その顔を見ながら私は「柴犬」に似ているなとずっと思っていた。
おつかれさまでした。おやすみなさい。もう寝ます。evolucio

コメント

12/23 大菩薩峠 感想など

2019-12-23 19:40:31 | 映画

12/23

昨夜、CSで映画「大菩薩峠・完結編」を堪能した。断言しよう。傑作である。
「たとえこの目は盲いでも、槍の先には目があるぞ。グサッ」
なんという名文句、きめセリフであろうか。

ラストシーンで、泥流に流される家にすがりつき、しかしその目は闇の中。別れた子の名を呼び続ける机龍之介を観ながら私はなぜか笑いが止まらなかった。なぜならその無常無情の果て失い尽くした男のみすぼらしい姿に快哉すら覚えたからだった。

映画の、いや物語の根底の思想についてはまだよくわからず。またいずれ。evolucio

コメント

12/22 Diary 映画<永遠の門・ゴッホの見た未来>感想など

2019-12-22 11:09:55 | 映画

12/22

ゴッホについての映画は過去にいろいろな作品があって、この「永遠の門/At Eternity's Gate」という映画の存在を知った時、「もうそのテーマには飽きた」と興味が湧かなかったのだが、主演がウィレム・デフォー(プラトーンでバンザイの人)だというので「そうか、デフォーか。なら行くか」と観に行ってきたのだった。しかし見事に最初の20分ほどを爆睡してしまった。途中でよく目が覚めたものだ。

ゴッホの有名な逸話、自分の耳を切ってゴーギャンに贈ろうとするシークエンスで、左耳を包帯で覆ったデフォーのアップが映されるのだが、これがゴッホに似すぎで私は「ぷっ」と吹き出してしまった。



しかし少し調べてみるとデフォーは撮影当時62才くらいで、さすがに顔のアップはけっこうお爺さんに見える。一方ゴッホは享年37才であった。昔の人は早くに老けたので観た感じはあまり違和感ないのだが、そこを考えてしまうとなんとなく首を傾げた。弟のテオが若く、齢の差がありすぎるように見えたのも一因だろう。
とはいうものの映像は美しく、デフォーも齢以外は文句なしで、なかなかの作品でありました。この映像はスクリーンでの鑑賞がいいでしょうね。

難を言えば、映画館の音はなぜどこもあの程度なのだろうか、といつも思う。澄んだ音が聴こえない。先日「JOKER」を出来る限り良い音と映像で鑑賞しようとIMAX®で観たが、音はぜんぜんだった。あざといステレオ効果は感じたが、サウンドトラックの音が潰れていて残念だった。

最高の音響システムと音場形成を構築して、映画作品だけではなく、もう観ることの出来ないミュージシャンのフィルムコンサートなどをやったらいいのに、などと、画面を埋め尽くすフランス田舎の黄色い景色の中で次第に切羽詰まってゆくゴッホの姿を観ながら、そんな違うことを私は考えていた。

外はまた雨。なんでこんなに降る12月なのだろうか。まあいいけど。
今夜はCSで「大菩薩峠・完結編」である。前触れの無常の雨か。

おつかれさまでした。evolucio

コメント

12/19追記 THE IRISHMAN 感想など

2019-12-19 19:21:03 | 映画

12/19記

映画「IRISHMAN」のことを観るまでよく知らなかったが、制作に際して大手の映画館系の資本が降りて、ネット公開系のNetflixがスポンサーになったために、大手の映画館での公開がされていない模様。とはいえ、あのウソバター臭いポップコーン頬張りながら観る作品でもないしな。

ネットの情報によると、最初ジョー・ペシは出演を拒んでいて、50回ほどのしつこいオファーによってやっと出てくれたようだが、彼が出ると出ないとではまったく質の違う映像になったであろうことは想像に難くない。

ジョー・ペシといえばやはり「グッドフェローズ」でのキレ方が素晴らしいわけだが、そのグッドフェローズの題名を私はずっと「Goodfellows」だと思っていたのだが、実は「Goodfellas」であったことを最近知って少し驚いた。同じ意味だがスラングらしい。おつかれさまでした。evolucio




12/17記

映画「THE IRISHMAN」の主人公はアイルランド系アメリカ人のフランク・シーラン(R.デ・ニーロ)で、兵役を終えトラックの運転手をしていたまだ若いフランクがある地方のマフィアのボス、ラッセル・ブファリーノ(ジョー・ペシ)と知り合い、そして見込まれ、暗殺などを含む非合法の仕事をこなすうち、ラッセルから彼の友人である全米トラック運転手組合のボス、ジミー・ホッファ(アル・パチーノ/巨大な金と力を持っている)を紹介され、やがてフランクはジミー・ホッファの右腕もしくは懐刀のような役目をするようになる。

フランク(デ・ニーロ)はマフィアのボスのラッセルともトラック組合のボスのジミーとも家族ぐるみのつき合いをし、それはたとえば家族同士で食事をしたりボーリングを楽しんだり、と睦まじい年月を過ごしていく。
しかしその間にもフランクはマフィアからの依頼で犯罪を犯し続けるわけだが、重ねた罪の高さだけ信用も地位も増し、マフィアとトラック組合(全米最重要のインフラ)のどちらの内情をも知る重要なキーパーソンとなっていく。



12/16記

昨日観た映画「アイリッシュマン」。
なにしろ、おじさんとお爺さんと熟女しか出てこない。

ロバートデニーロが30代から80代までを自分で演じているのだが、30代のあたりは見ていて少しキツいものがあった。どうしても60代くらいにしか見えないから。

デ・ニーロとアル・パチーノが絡むシーンはずいぶんとあり、「ヒート」のようなことはまったくなかった。ペシは申し分なくペシで、最初から最後まで存分にペシであった。

エンドロールを眺めていたらハーベイカイテルの名があり驚いた、どこに出てたかと。まったく記憶になく、帰り道に脳みそを絞ったら、ああ、あれか、まだ若い(という設定の)デニーロがペシに再会するクラブのシーンで、店の奥のソファに座った鋭い眼光のメガネのボスがたぶんそうだろう。出演は1分間くらいじゃないだろうか。

苦労人のハーベイカイテルといえば「ピアノレッスン」での泥臭くしかし純粋な役が思い出されるが、あの映画で最高の演技を魅せたアンナ・パキンも今回かなりキーストーン的な役で出演している。しかし話は逸れるがハーベイといえばやはりザ・ウルフではないだろうか。

おやすみなさい。evolucio



12/15

映画を観てきた。
それが長い映画であることはわかっていたが、映画館に入って出てくるまでになんと4時間近くかかった。長さを3時間くらいだろうと軽く考えていた私はけっこうな疲れを感じ、何も食べずに途中でコーヒー豆だけを買い帰宅した。「アイリッシュマン」さすがに独りの客が多かった。そりゃそうだ。

おつかれさまでした。おやすみなさい。evolucio

コメント

12/8 Diary <Passengers>

2019-12-08 20:45:06 | 映画

12/8

昨夜、CSで「パッセンジャー」という映画を見始めたらなかなか面白く、最後まで観てしまった。

地球から遠い星へ移住するために超巨大なロケットが宇宙を航行しているが、到着するまでに120年かかる。その長い旅の間、乗客たちや乗り組み員たちは冬眠カプセルに入って眠っている。すべてはコンピュータの自動航行なのである。ところが、

出発から30年目のある日、カプセルの故障で、ひとりの男が目覚めてしまう。その男ジムは自分だけが90年も早く目覚めてしまい、しかも再冬眠は不可能であることを知り絶望を感じるが、ロボットのバーテンダーのアーサーを会話相手にし、そして船内にあるレクリエーション施設などで気を紛らわせ、どうにかこうにか目覚めてから1年ほどを暮らしていた。しかし、

船内を歩き回るうちに、冬眠フロアに並ぶカプセルの一台に眠る女性に恋をしてしまう。ジムは悩みに悩むが、とうとうそのカプセルを開けて彼女を目覚めさせてしまう。

目覚めた女性作家のオーロラは残りの89年間を、つまり一生をこの船で過ごすことを知り取り乱すが、故意ではなくカプセルの故障であると聞かされ、そして自分以外たったひとりの相手ジムの優しさに段々と癒され、互いに惹かれ合い、結婚を望むようになっていく。そんなある日、

ロボットバーテンダーのアーサーが「いやー、あれから1年経ちますね。ジムも悩んでたんですよ、アナタを起こすかどうかで」とオーロラに軽くしゃべってしまい、二人の仲はすぐさま破綻してしまう。

関係の修復はまったく図れないままでも航行はつづくのだが、ロケットの自動制御システムが誤動作を繰り返すようになり、それは重大な欠陥であるらしかった。そして、

またひとりの今度は乗組員が目覚めてしまう……。

といったストーリーだが、音楽がなかなかよかった。
宇宙空間の無機質さをしかしそれに過ぎないようどこかエキゾチックな雰囲気を加えて表現していたように思えた。

話の途中でオーロラが目覚めて登場し、彼女を見て私は「この特徴のある目の美人は誰なのか」と調べてみたら、ジェニファー・ローレンスという女優で、その名前を私は憶えていなかった。しかしもっと読むと「あ、あれか、ハンガーゲームの子か。そういやそうだ。すっかり大人になったなぁ。」と感嘆した次第。私の知らない間にアカデミー賞女優になっていた。

あと、宇宙船のデザインもかっこいい。あんな造形をよくも考えつくものだ。

おやすみなさい。evolucio


コメント

12/7 Diary

2019-12-07 21:44:27 | Diary



12/7

昨日ネコのことを書いていて、何度も使い回しの画像を貼ったら、そうか、これはもう4年も前の写真なのか、と思った。

このページに貼った白茶ネコのも同じで、最近の彼女らの顔に比べると画像はやっぱり若さがあるような気がする。

この写真では耳が割れていないが、もうオペ済みなので今は耳割れネコである。
あの割れた耳は「さくら耳」というそうで、駆除の対象にもならない印だそうだ。

おやすみなさい。evolucio


コメント

12/6 Diary

2019-12-06 21:53:37 | Diary



12/6

昼過ぎにコーヒーを入れようと準備していた時、なんとなく気配を感じたからブラインドの隙間から外を見たら、画像のようにサビ茶が来てエサを待っていた。
この子は白茶のように気が荒くないのでけっして網戸をガリガリやらず、私が気づくまで「ちょこん」と座って待っているのだ。

一旦コーヒーを淹れ始めたら、飲み終わるまでは何もしてやれないので、先にエサをやってしまおうとそっと窓を開けた。ずっと待っていたであろうサビ茶の顔を見たら今日はカリカリではなく缶詰をやりたくなり、「ちょっと待ってろオマエにだけだぞ」と缶詰を出してきてタブを指で引いた。すると「カキッ」という音がして、その音に「あっ失敗した」と思った途端に隣家との境からシュルシュルシュルと白茶がやってきた。地獄耳である。
おつかれさまでした。おやすみなさい。evolucio

コメント

12/1 Diary <Bookoff>

2019-12-01 19:34:41 | Diary

12/1

今日の昼間、某駅近くのブックオフで立ち読みしていたのは私です。2冊買いました。

……最近はもう古書店などに行かないのだが、今日歩いていて、ふとあの黄色のサインが目に入った瞬間に何か予感がして、それは以前に10年以上ほぼ毎日古書店通いをした挙げ句いやでも身に付いてしまったある種の予知能力というもので、その予感がすると「よい本」に出会えるのだ。

今日は当たりだった。しかしずいぶん前のこと、ものすごい予感に武者震いをしながら荻窪の店に行ったら、最初に目にくっきり飛び込んできた本が「無能の人 by つげ義春」で、あれはがっくりときたなぁ。ある意味あれも当たりだったのかもしれない。

明日は雨の予報。しかし寒くはないのか。おやすみなさい。evolucio



コメント