EVOLUCIO WORKS INFO

EVOLUCIO WORKS INFORMATION

INFORMATION(固定ページ)

2025-11-11 11:11:11 | INFORMATION

・・・・・INFORMATION(固定ページ)・・・・・

EVOLUCIO(エヴォルシオ)は、
手彫ZIPPOとアクセサリー、
そしてオリジナルプリントTシャツのメーカーです。
このブログを更新しているのは制作者です。


   ━━━UPDATE━━━
2019.1/4
    Diary━高架橋コーヒー(click)

2019.1/3     Diary━新年コーヒー(click)
2018.12/31 Diary<600の羅列は終焉の共鳴>(click)


INFO:取扱店情報━K-SMITH名古屋本店閉店のお知らせ

2018-08-25 19:25:28 | INFORMATION


取扱店に関するお知らせです。

長年、当エヴォルシオのZIPPOを店頭販売していただきましたK-SMITH名古屋本店が、
昨日8月24日付けで閉店いたしましたこと、お知らせいたします。

この閉店は、消極的なそれではなく、
次のステージに上がるための、謂わば「創造のための閉店」という積極的な決断で、
具体的には、
店舗経営から退くことによる時間的余裕と意識の変化をもって、新たな制作に注力するとのことです。

K-SMITHブランドの品は、横浜FC店、帯広FC店、及び他取扱店、そしてWEB上にて販売を継続するとのことです。

開店から12年間、お客様、そして歴代各スタッフの皆様、オーナーご夫妻、
「本当にありがとうございました。」
ここに深く御礼申し上げます。

私がひとつひとつ彫り上げたZIPPOをお買い求めいただいたお客様、
そして、販売に携わっていただいた方々すべての人、
皆様の未来が輝く光の道であることをここに願って止みません。

最後に、感謝と祝福の気持ちを短い詩に込めて贈ります。


船はゆくよ
凪の暁
銀の道
光は風に走る


E V O L U C I O 制作者 手島 Aug,25th,2018

K-SMITH HP WEB-SITE LINK



ジャジューカ/モロッコ

2018-05-12 20:48:15 | INFORMATION
━━モロッコなどのつづき。

モロッコの民族音楽「ジャジューカ」といえば
すぐに出てくる人の名はブライアン・ジョーンズであり、
この人がおそらく初めて世界に、というか西洋社会にジャジューカを紹介した。

あらためて書くまでもないが、ローリングストーンズのオリジナルメンバーである。

当時、スペインからジブラルタル海峡を渡ったすぐのところにある
モロッコの都市タンジール(タンジェ)は、作家ウイリアム・バロウズを筆頭に
どうやらそういったアンテナの高い人たち(ビートニク)が集まる場所であったらしく、
ヨーロッパ大陸から海を隔てて14キロしかないらしいから、
思えばすぐに行ける異文化都市であったのだろう。

モロッコというと、私くらいの年齢だとすぐに「手術」を連想をするが、
なぜモロッコか、など私も知らなかったから今軽く調べてみたら、
モロッコに住むフランス医師が性適合手術を確立し、実際に施術していたため、
「モロッコ=性転換」というイメージが定着したとのこと。

ジャジューカに話を戻すと、
私も一時期、ジャジューカをよく聴いていた時期があって、
あれは10年くらい前だろうか。
ブライアン・ジョーンズがプロディースした「The Pipes of Pan At Jajouka」を、
半年くらい、その時に使用していた狭い工房でしつこく聴いていた。

まったく興味のない人が聴いたら、きっと「アフリカのお囃子」くらいにしか
聞こえないと思うが、まあ共通するものは多分にあると思う。

このアルバムにブライアン・ジョーンズがどういう形で関わったのか、
明確には知らないのだが、推測すると、
現地で録音し、持ち帰って、スタジオでエンジニアたちとミッスクをしたのではないかと思う。

最初のオリジナル版にはなかったエレクトロ・リミックスの2曲は、
もうブライアンがこの世にいなくなってから、
別のアーティストがリミックスをしたものだと記憶している。

そういったことで、映画「8mm」で、このリズムが聞こえてきたときに、
「お、ジャジューカだ」と私は、はっとした次第。

つづく。

2017.12.31

2017-12-31 22:56:57 | INFORMATION
今年もあとわずかですが、ありがとうございました。

それでは、よいお年をお迎えください。


1/22(Sun)本日の更新はおやすみです。

2017-01-18 19:00:27 | INFORMATION
1/22(Sun)本日の更新はおやすみです。


ご挨拶

2016-12-31 20:05:17 | INFORMATION



この一年間、ありがとうございました。

来年もよろしくおねがいいたします。

何か忘れていることはありませんか。あります。たくさんあります。

いや忘れているわけではないので、ちゃんとやります。

それでは皆さん、よいお年をお迎えください。

E V O L U C I O 製作者 手島  2016.12.31

Charice Pempengco - Ikaw

2016-07-24 20:23:51 | INFORMATION
Charice Pempengco - Ikaw

うまいコーヒー。まずいコーヒー。

2016-02-25 00:14:09 | INFORMATION
今日の昼過ぎに淹れたコーヒーが自分で言うのもなんだが、これが絶品で、
あまりにも美味かったから、いや、美味すぎたから、
多くの人にも味わってもらわなければ、という使命感が芽生え、それなら、
コーヒーだけを出す小さな店をやろうかと、しばらく夢見心地であった。

ところが、
今までに何度も同じことを書いているが、

夜になって、
昼のあの味の再現を求め、
まったく同じ豆、
同じ方法、
同じ湯温、量、
可能な限りに、同じやり方で淹れたわけだが、
これがまた全然よくない。

点数をつけるなら、
昼が120点で、
夜が35点。

形容するなら、
昼の一杯が輝く熱帯樹林ような味で、
夜のそれはシャッター商店街のような味。

なにが違うのか。
ノイローゼになりそうだ。
というか、もうなってる。

たしかに、
夜の抽出は、ほんの10秒ほど長かったような気がする。

それだけでこんなに味が違うものなのか。

いや待てよ。
夜の方は最後にステンレスのスプーンで少しかき混ぜたっけ。
あれが原因か。

それとも、
昼は味覚のコンディションが良いのか、

美味いコーヒーの次は必ずまずく感じるのか。

先は長い。


コーヒーについて、わかること、わからないこと。

2016-02-04 19:57:24 | INFORMATION
「コーヒーは、淹れるたびに味が違う。」

ヒマだから、なんとなく断言してみたが、
要するに、私の技術と知識が未熟だということか。

たしかにこのブログにもたまに書くように、
淹れるたびにそれを実験の機会と考え、
「淹れ方」を様々に変えることも一因ではあるが、
しかし同じ淹れ方をしても、
もしくは、
したはずなのに、味が違うことは多々ある。

だいたいコーヒーは、
その総量の約2パーセントほどだけがコーヒーの成分であって、
あとの98パーセントは水分であるから、
ほんのわずかな要因にでも味は左右される。

と書いたが、これは違うな。
お茶もおそらく同じような成分比率であるのに、
お茶はそれほど大きい味の変化はない。

昨日までおいしいと思っていたお茶を、
今日になったらまずくて飲めない、ということはまずない。
どんな淹れ方をしようとも、だ。

しかし、
このコーヒーと茶の違いの答えは案外と簡単で、
お茶は、淹れ初めと終わりを分けて味見をしても、
それほど極端に味の違いを感じないが、

コーヒーの初めと終わりを分けて飲み比べれば、
それらはまったく違うことに気がつく。

濃度が違うことはもちろんである。

ここで私なりの結論を一度書いてしまえば、
コーヒーは我慢できないほどに、まずい成分が出るということ。
対してお茶は感じるほどは出ない。

だから、
ほんのわずかな手順の違い、といよりも、
ほんのタッチの違いにでも抽出に影響して、
そのまずい成分がカップに落ちてしまい、
私は今日もまずいコーヒーを飲むという結果になるのだろう。

それに加えて、とくにコーヒーは、
心理的、視覚的な要因でも味が変わるから、ひどくやっかいだ。

留守電

2016-01-29 23:22:53 | INFORMATION
更新することは、とくにないんだけど、
オレの携帯の留守電に「用事があるだからすぐに電話しれっ」とか、
入れるのヤメテね。どっかの知らないおばーちゃん。

マライア・キャリー O Holy Nigh

2015-12-23 21:07:59 | INFORMATION
https://www.youtube.com/watch?v=BEJmP8T07JU

2015.12.23現在のところインフォメーションに貼った動画は、
マライア・キャリーによってカバーされた「O Holy Night」。

普段、私はマライアの歌を聴くことがないが、
この歌だけは賛美歌好きの私にとって「たまに聴きたくなる曲」なので、
この季節にならなくても動画のページを開く。

ゴスペル調のアレンジと抑制の効いた伴奏が
マライアの歌によく合って、
そこにアメリカン・ヒム、ゴスペルの真髄のようなコーラスが
洪水のごとく押し寄せてくるのだけれど、
マライアの歌がまったくそれに負けずに屹立し、飛び立っていく。

子供たちの「夢見るような」表情も真実で、
カメラの撮り方も雰囲気も何もかもが素晴らしい。
何度見てもマライアのヴォーカルの到達点に感動する。

コールアンドレスポンスでの終わり方も秀逸で、
アメリカの音楽文化の奥深さ、天井の高さ、底力を
まざまざと魅せつけられる。

Feather on Zippo. Dealer : K-SMITH

2015-12-23 18:33:57 | INFORMATION


ASK・・・K-SMITH・・・(click more info)


この羽根を手彫りしたZIPPOは、
私が作って、K-SMITHだけで販売している。

私も直には販売をしていない。

ひとつひとつを直に手彫りをしているので、
やっぱり作った年代によって表情が違う。

これね。
ただ彫っただけではなく、
経年変化を考えて作っているので、
使い込むことによって、もっと良い雰囲気になる。


Words on Zippo. Dealer : Livingston

2015-12-21 17:37:17 | INFORMATION



ASK・・・LIVINGSTON・・・(Click more info)

Feather on Zippo. Dealer : K-SMITH

2015-12-21 17:34:09 | INFORMATION


ASK・・・K-SMITH・・・(click more info)

Two alternating triangle is a David star.

2015-12-13 09:27:42 | INFORMATION






ASK・・・LIVINGSTON・・・(Click more info)