EVOLUCIO WORKS INFO

EVOLUCIO WORKS INFORMATION

なぜかシャンソン 1

2015-06-30 19:48:35 | なぜかシャンソン
ダラダラと7,8年続いた前ブログから仮とはいえ、
新規になったことを記念して何か告白をしようか。

「実は私はシャンソンが好きである」

いや、シャンソンどれでもすべてということはない。
日本の日本語のシャンソンに限る。
いや、日本語のシャンソンすべて、ということもない。
日本語のシャンソンのごく一部が好きである。

だからエディット・ピアフは聴かない。
彼女の人物像に興味はあるが、歌は聴かない。
実はあの声がちょっと怖いんだよね。

フランスのいわゆる我々がシャンソンと呼ぶ音楽ジャンルは、
最盛期が1960年代より以前だから、録音も古くて、
しかもあのヨーロッパ的な歌声がちょっと怖い。
「怖い」というか、どちらかというと「苦手」か。
聴けば、うまい、良い、と思うことは間違いないのだが、
やはり苦手な部分が微かにあって、結局、聴かない。

エディット・ピアフのどこが苦手なのかというと、
古いヨーロッパ的な感じ以外にも説明しきれないことがあって、
発音も現在と少し違うのかもしれない。
悪くはないが、聴かなくてもいいか、という消極的な気持ちです。

たぶん聴き慣れていないということもあるだろう。
何度も無理して聴けば、そのうちすごく好きになるかもしれない。

「怖い」のはあれか、岸田今日子の「マズルカ」か。
岸田今日子がマズルカを歌っているわけではなくて、
ポーラ・ネグリという人の曲だった。あれは怖い。

なぜ岸田今日子の名が出てくるのかというと、
説明が面倒だからしないが、曲はこれ
知っている人は、ああこれか。という曲。
もちろんマズルカだからシャンソンではない。

だいたい「いわゆるシャンソン」が残っているのは日本だけなのだと思う。
本場のフランスにしても、1960年代以降はフレンチ・ポップスへと
変遷したわけで、要するにシャンソンは「懐メロ」扱いということか。

日本で残っているといっても、まあ残っているとも言い難いか。

つづく。

今日は何の日。憶えていない。

2015-06-27 17:32:26 | Diary
ふと気がつくと、もう月末か。
今日は6月27日。
なんの日だったか。
何かの日だった記憶があるのだが。

本日はとくに書くことなし。

雨のコーヒー

2015-06-26 19:56:40 | Diary
外は雨だが、しっとりと涼しいから、
こんな日はコーヒーがとくに美味しい。

コーヒーは、その時の気分で飲みたい味が変わる。
だからその微妙な要求を
うまく満たしてくれる店が近くに欲しいところだ。

しかし、知る限りでは近くにはないので、
結局、自分で淹れることがベストになる。

ところが、
自分で淹れる時には、
常に実験、もしくは試行という要素が入ってきてしまい、
こうすれば美味しいよ、という王道を外すことが多い。

言い方を変えると、
90点くらいのコーヒーの入れ方はわかっているのだけど、
この工程を少し変えると、もしかすると100点になるのでは、
などと、コーヒーを淹れる時に毎回考えるから、
結果的に90点はおろか、50点のコーヒーを飲むこともある。

50点のコーヒーはさすがに飲むのがつらい。

あらためまして。

2015-06-25 19:34:27 | INFORMATION


本日未明、前ブログは消滅し、ここへ仮入居しました。
あらためまして、よろしくお付き合いください。

Tシャツプリントの記述がなくなっちゃて、ごめんなさいね。
まああの記述を始めた頃よりも今は
他にたくさんHow toが存在するから、
いろいろ探せば出来るでしょう。
技術的にはそんなに難しいことではないし。

それでは私はコーヒーを淹れてきます。

また明日以降に。



新天地、ではなく仮天地。evolucio

2015-06-23 16:33:28 | INFORMATION
ここがエヴォルシオの新しいブログですが、仮です。
しばらくの後にまたここから本格的に移設の予定です。