EVOLUCIO WORKS INFO

EVOLUCIO WORKS INFORMATION

夢の羅列<600の羅列は終焉の共鳴> 20181231

2018-12-31 19:34:06 | Dreams

夢の羅列<600の羅列は終焉の共鳴> 20181231

長くここに書き散らしてきた<夢の羅列>という私の夢の記述もそろそろ終りかと思う。
理由は、
夢をあまり見なくなったから。
見ても「これは残したい」という夢がないから。
それに、もうこれに費やしている時間がなくなってきた。

記憶を辿れば、期間で約25年ほどか。数にして約600話を書いた。
最初は紙に、ある時から電子手帳に、またある時からブログに、と変わってきた。

とくに記憶に残っている夢はいくつかあり、
「1インチの鳥」
「古い屋敷の池」
「夢の重さ」
「純子の赤いセロファン」
「残像の屋敷」
「25の超越の光」
「冬の蛾の影」
もっとあるはずだが、今頭に浮かぶのは、こんなところか。

ベッドの上を羽ばたく無数の小さな鳥。
水溜りに透き通って見えた古い屋敷と緑の池。
酒に溺れた居酒屋の気配。
セロファンに赤い絶壁の空。
庭園の錆びた柵越しに見た幼い頃の町。
カルトに盲信した若者の目の濁り。
そして凍った庭に動けない蛾の背中。

なんでこんな夢を見るのだろうかとその度に思ったが、
今でもまざまざとこれらの映像とそして気温と湿度までを思い出せる。
私は夢に住んでいたのではないかと思えるくらいだ。

それにしても600の夢を書くことに、どれだけの時間を使ったのだろうか。
考えると目の前が冥くなる。
この積層に何か意味があったのかとも思うが、あるわけがないよね。

「残したい夢」を見なくなった原因を自分なりに分析してみると、
おそらく加齢による脳機能と食生活の変化による脳内物質の分泌量の変化ではないか。
そういった影響か、夢以外にも、
以前、面白かったこと、興味があったこと、価値を認めていたこと、それらが、
最近どうでもよくなってきたことも事実である。

最後に書いたのが9月の「尿意と半ケツ」の話で、
これは無意味な25年間の最後に相応しいなと思える無意味な内容だったから、
実は私は満足していて、今年中での幕引きを思った。

皆様。ありがとうございました。

よいお年をお迎えください。

E V O L U C I O  制作者 手島  2018.12.31


夢の羅列<駐車場にて・part8・最終話> 20180922 採取

2018-12-01 18:01:18 | Dreams
夢の羅列<駐車場にて・part8・最終話> 20180922 採取


夢の中の暗い駐車場で小用を足そうとするも、工事関係者たちが現れ小用は中断し、
半ケツのまま自分の車に逃げ込み安堵するも尿意は未だ激しく、
しかも暗い車内の私を目敏く見つけ窓を叩く知り合いや、
屋台の女将らからのコンタクトが続けてあったが、ようやくそれをかわし、
やっと外に出て、トイレを探し明るいビルの入り口から入るとなぜか先が壁で、
足下に通れそうな隙間はあったが、そこを滑り落ちる勇気もなく憤慨し、しかし
回りをよく見てみると、あっさり下り専用のエスカレーターがあった。



よし、降りるか。
危険は感じられなかったので、私はエスカレーターの動くステップに足をかけ乗った。

足下に微かな振動を感じながら階下へ降りてゆく。
このエスカレーターは短いから、すぐに地下のコンコースが見渡せるようになった。
エスカレーターの最後でステップが飲み込まれてゆくと同時に私は地下に降り立った。

ところが、行く手にはなぜかトランクや旅行バッグなどが2〜30ほど進行方向へと雑に並び、
まるでここが空港の荷物受け取りの場所であるかのようなことになっていた。

エスカレーターの下る勢いがついたまま床に降り立った私はそのトランクやバッグを
「はっ、ほっ、はっ、」と障害物競争のように右に左に、そして跳んで躱して進んだ。

最後のバッグを無事通過したときには、両手をV字に挙げてみたかったが、
さすがに人目につくことを避けたい年頃なのでそれはやめて、
何気なく、さりげなく、ごく自然に、地下の雑踏に紛れた。

音はざわめきに静か。夢は光に昏く。歩けど、あてどもない。

おわり。

夢の羅列<駐車場にて・part7・下りエスカレーター> 20180922 採取

2018-11-28 18:08:46 | Dreams
夢の羅列<駐車場にて・part7・下りエスカレーター> 20180922 採取


夢の中の暗い駐車場で小用を足そうとするも、工事関係者たちが現れ、小用は中断し、
半ケツのまま自分の車に乗り込み安堵するも尿意は未だ激しく、
しかも暗い車内の私を目敏く見つけ窓を叩く知り合いや屋台の女将らのコンタクトをかわし、
やっと外に出て、トイレを探し明るいビルの入り口から入るとなぜか先が壁で、
足下に通れそうな隙間はあったが、そこを滑り落ちる勇気もなく、
そこで回りをよく見ると、あっさり下り専用のエスカレーターがあった。



先は地下か。
エスカレーターはそれほど長くない。というよりも短い。
地下とこの1階の高低差は、普通のアパート程度しかないように見えた。

私はエスカレーターの間近に立ち、地下の様子を窺った。
どうやら人がたくさん歩いている気配だ。
駅などのコンコースのような雑踏の雰囲気である。

まあ、ここを降りるしか選択肢はないな。
よし、降りるか。
危険は感じられなかったので、私はエスカレーターの動くステップに足をかけた。

つづく。


夢の羅列<駐車場にて・part6・壁の穴> 20180922 採取

2018-11-25 15:47:58 | Dreams
夢の羅列<駐車場にて・part6・壁の穴> 20180922 採取


夢の中の暗い駐車場で小用を足そうとするも、工事関係者たちが現れ、小用は中断し、
半ケツのまま自分の車に乗り込み安堵するも尿意は未だ激しく、
しかも暗い車内の私を目敏く見つけ窓を叩く知り合いや、
逆の窓からは屋台の女将などとの応対を冷や汗で済ませ、やっと車から降りた。
もちろんズボンは上げた。
今、何をしたいかというと、トイレに行きたいのだ。私は。


あの半屋台の裏手が商業ビルで、入ってみると、
なんだよ、いきなりモールか百貨店かというくらいの賑やかさであった。

これならトイレはすぐに見つかるだろう。ほっと安心しながら入り口から階段を上ると、
その先が難関だった。その先がなぜか、ただの隙間なのだ。

状況の説明が難しい。
正面が壁なのだが、足下に高さ30センチ、間口は2メートルほどの隙間というか穴というか、
しゃがんで中を見てみると、その先は下に斜面になっているではないか。

例えていうなら、凝った造りの児童館の屋内滑り台みたいな、そんな印象であった。

通って通れなくもないが、しかし未知の隙間に滑り込めるほど私は勇敢ではなかった。

第一、これが人間用滑り台とも限らない。
何か、例えば不要のダンボール用のシュレッダーだとしたら。

まずいまずい。
他にあるだろう。もっと常識的な手段が。階段とかエレベーターとかが。
と尿意の高まりもあって、少しキレ気味で右手を見ると、あっさりとエスカレーターがあった。
まずはよく見てからキレましょう、という話。

つづく。

夢の羅列<駐車場にて・part5・ビール> 20180922 採取

2018-11-23 14:15:19 | Dreams
夢の羅列<駐車場にて・part5・ビール> 20180922 採取


夢の中の暗い駐車場で小用を足そうとするも、工事関係者たちが現れ、小用は中断し、
半ケツのまま自分の車に乗り込み安堵するが尿意は未だ激しく、しかも今度は窓を叩かれ、
見ると知り合いが目の前に立っていたから私は半ケツを隠して曖昧に応答し、
やっと難を逃れたと思った途端、今度は右の窓がコンコンと叩かれた。


「コンコンコン。」

今度は右の窓である。

私はその時、左後席に半ケツのまま座っていたが、音の方を見ると、
なぜか右ウインドーの向こうが提灯の並ぶ明るい半屋台の飲み屋になっていて、
齢の頃40代くらい、粋にお団子頭の女将さんがニコニコと窓を叩いていた。

無視するのも怪しいので、半ケツを隠しつつも右に移動してウインドーを開けると、
「ハイ。ビール。飲んで。」
トンと、ちょうど開けたウインドーの前に位置した木造りの簡易なカウンターに置いた。

15オンスほどのグラスに注がれた少しダーク気味のビールが品よく泡を戴いていた。

よく冷えているように見えた。

短い間にいろいろあったし、
一気に飲み干したい衝動に駆られたが、まだ運転をするかと思うと手が伸びなかった。

「ねえさん。ありがとう。でも車だからさ。」

私は開けた窓越しにビールの横へ千円を置き、そして反対のドアから降りた。

だいたいトイレに行きたいんだよ。オレは。

つづく。

夢の羅列<駐車場にて・part4・ウインドーから> 20180922 採取

2018-11-21 18:29:37 | Dreams
夢の羅列<駐車場にて・part4・ウインドーから> 20180922 採取

夢の中の暗い駐車場で小用を足そうとするも、工事関係者たちが現れ、小用は中断し、
半ケツのまま自分の車に乗り込み安堵するも尿意は未だ激しく、しかも今度は窓を叩かれ、
見ると知り合いが目の前に立ってていて車内を覗き込んでいた。私は窓を少し開けた。


「どうも。人を待ってるんだけど、なかなか来なくてさ」
「そうなの。飲みに行くんだけど、どう。あそこの○階。よかったら来てよ」
「ちょっとわからないけど、まあ後で行けたら行くよ」
「あっそ。そんじゃあ」
「はーい」

男と女はうまく去ってくれた。
私の頭の中は半ケツの心配で一杯だった。

気づかれなかったよな。
セーフだよな。
見られていたら何を吹聴されるかわかったもんじゃない。

するとまた、コンコン。コンコン。

夢の羅列<駐車場にて・part3・知り合い> 20180922 採取

2018-11-19 19:42:22 | Dreams
夢の羅列<駐車場にて・part3・知り合い> 20180922 採取

夢の中の駐車場で小用を足そうとするも、工事関係者たちが現れ、
彼らの仕事上がりの開放感に後押しされたハンター気分を予測した私は
慌てて半ケツ姿のまま自分の車に乗り込んだ。

車内からウインドー越しに息を詰めて見ていると、危ない展開にはならず、
男たちは何事もなかったようにそれぞれの車に乗り込み、発進させた。

と同時に、なぜか私の車がバックし始め、いやこれは地面が動いたのか、
夢の中のことだから物理的な説明は出来ないが、
とにかく動き、だから驚き「うわーっ」と声が出て、そして急に止まった。

なんだったのか、今のは。

中から回りを見ると、私の車は駐車場の一番奥に止まったようだ。
あの工事の男たちはもうすっかり出払っていなくなっていた。

その時、「コンコン」と音がした。
私は後席の左に座っていたのだが、窓を叩かれたのだった。見ると、
窓越しに男がニヤニヤと笑っていた。背後に女もいた。
中年というより長髪の初老といった感じ。
ミュージシャン崩れ。色白。チョビ髭。メガネ。筋肉ゼロ。そんなイメージ。
夢の中では「私の知り合い」という設定であるらしかった。
現実にはまったく知らないが、夢の中ではよくあることである。

コンコン。「いやー久しぶり。珍しいネ。こんなとこで。なにしてんの?」

私はまだ半ケツだったから、なるべく前屈みになり、それを感づかれないよう窓を少し開けた。

「どうも。人を待ってるんだけど、なかなか来なくてさ」

つづく。

夢の羅列<駐車場にて・part2・工事関係者> 20180922 採取

2018-11-17 06:45:34 | Dreams
夢の羅列<駐車場にて・part2・工事関係者> 20180922 採取


夢の中の駐車場で尻まで出し、小用を足そうとしたら、集団の声が近づいてきた。

低い声が夜の路地に響く。
あれはどうやら工事関係の男たちの様子。
そうか、仕事が終りこの駐車場に皆で戻ってきたのだな。
よく見れば足下には電気工事用の工具や電線のリールなどが雑に置かれていた。

立場を逆にして想像してみれば状況や相手の気持ちの理解は簡単だ。

……施工中のビルの配線工事が暗くなってやっと終わり、
缶コーヒーか何かを飲みながら皆で冗談を言い合いながら駐車場まで戻ってきたら、
怪しいおっさんがオケツを出して○○を垂れようとしているではないか。
しかも自分たちの大事な仕事道具にだ。
赦せねぇ。

場所は人気のない駐車場。
もうすっかりと暗い。
こっちは7人。相手はオケツを出したおっさん1人。
これを見逃すことは、全世界の職人に顔向けが出来ないのだ。
よし猟るゾ。

静かに左右に分かれて回り込め。
獲物を絶対に逃がすな……。

まあ通常ならこういった展開だろう。

瞬時にズボンを上げ、
いや上がらない。上がりきらない。
だから半ケツのまま私は慌ててクルマに乗り込んだ。

つづく。

夢の羅列<駐車場にて・part1・月の尻> 20180922 採取

2018-11-14 17:11:58 | Dreams
夢の羅列<駐車場にて・part1・月の尻> 20180922 採取


私はトイレに行きたかった。夢の中で。
つまり直截にいうと、おしっこがしたかった。
夢の中でも、おそらく現実の布団に眠った身体の生理的にも。

とはいえ、その時、私は夢の中で車を運転していたから、まず車を停めて降り、
夢の暗い駐車場内をウロウロし、簡易でも何でもいいからとトイレを探したのだが、
結局見つからず、もうダメだ。えい、ここでしてしまえ、と、
なぜかズボンとパンツを膝まで降ろし、
柔らかに微笑む月明かりに我が白い臀部を照らされながら、
我慢の限界をさあ今こそ解き放とうとした瞬間、
ガヤガヤと声が近づいてきた。

つづく。

夢の羅列<猿面> 20171031採取

2018-09-15 17:25:40 | Dreams



夢の羅列<猿面> 20171031採取


長年、仕事としてやってきた金属加工やシルクスクリーンなどについて、
私はどこまでもアナログ的なアプローチで自らの道を進む所存であったが、
昨今におけるIT化の大波にとうとう押し流され始めた感を覚え、
それならばいっそのこと芸術という道にこの齢ながら向かってしまえと、
いや、むしろ多くの経験と腐敗寸前まで熟成発酵した創造への直感をもってすれば、
今だから、私だからこそやらねばならぬのだと結論に達した。あくまでも夢の中で。

何をするか。

まずは紙で猿の版画を作ってみた。もちろん夢の中で。

夢の時系列を書くと、

先に芸術家への転身を無謀にも宣言した。
その処女作として猿の版画を作ると発表した。
すると、
奇特な方々から注文がいくつか入った。
しつこいようだが、もちろん夢の中で

それから私は版画の制作に入った。
彫刻刀は持っていた。
以前、「よし、時代は能面だ。」と一瞬思った時に、その熱に浮かれた勢いで買い、
そのまま使わず、キレイに置いてあるのだった。
ちなみに、能面は「彫る」のではなく、「打つ」のである。
能書きは一流なのである。

さて今回は、いや今回も木彫りは面倒なので、パーツに切った紙を重ねる手法をとった。
彫刻刀は使わず、全行程をハサミに頼った。
面倒という時点ですでに芸術の魂は失われているわけだが、まあいいだろう。

この作り方は私が小学生の時分に覚えたのである。
なにせ紙だから小1時間もすれば出来上がった。
摺り上がったばかりの作品を見て私は即座にこう思った。

「酷いな。」
いくら芸術と言い張っても、これはまずい。
小学生の図画工作でもこれよりレベルは高いのではないか。

人に見せていいものではないな。
だいたい、猿の版画が売れると思ったオレが間違っていたかもしれない。
いや、売れるかどうかを考えている時点でそれはすでに商業的だな。
さてどうするか。
よし、まずはこの面を被ってみよう。

鏡を見ると、薄暗い部屋にマヌケな猿が座っていた。

悲しかった。

おわり。

夢の羅列<ボルゾイ> 20180826採取

2018-08-29 19:05:24 | Dreams
夢の中で何かの集まりがあった。

室内に犬が大小たくさんいて、
私たち人と、その犬たちがそれぞれパートナーを組み、何かをする、という集まりであるらしかった。

広い部屋の中にはいろいろな種類の犬がいた。

組み合わせが始まった。しかしこれが難しいもので、
相性がなかなか合わずに、室内は大騒ぎだった。

そんな中、ふと視線を感じ、部屋の端を見ると、白い大きな犬が私を見ていた。

ふっ、ボルゾイか。

ロマノフ王朝の栄華を思わせるその格調高い姿。
あれにはどうも敬語を使ってしまいそうな私であった。
しかし私を目でロックオンしている。
いや、相性というか、主従関係を正しく構築する自信がない。

そんなことをしばし考えていたその時、

ボルゾイが何か決心をしたのか、ふっと立ち上がり、私に真っ直ぐ、
まるで白いそよ風が吹いたかのように歩み寄ってきて、
気がつくと、もう私の膝に収まっていた。

私は大きな一人掛けソファに座っていたが、
そこに大型犬のボルゾイもうまく上がって、私たちはすっぽりとソファに収まっていた。

夢の中で私は、ボルゾイが私の膝から落ちないように細い身体を抱き寄せ、支えた。
手に感じるその体温。
私の顔に近づけた小さな頭の尖ったマズルから聞こえる微かな呼吸。

おわり。

ボルゾイ画像リンク

夢の羅列<名古屋キャンディ> 20180825

2018-08-27 18:11:03 | Dreams
夢の羅列<名古屋キャンディ> 20180825


K-SMITHの名古屋店が閉店すると知り、夢の中で私は名古屋に行った。

店内でオーナーとしばらく話をして、それから何か電話でもかけようとしたのか、
私が一旦、外に出ると、そこへ宅配の人がやってきて、
「ちょうどよかった。荷物があります。ハンコください」
などと言うものだから、??と宛名を見ると確かに私宛の荷物であった。

ハンコはなかったが、私は首を傾げながらサインをして荷物を受け取った。

どうにも夢の中だったから、その非合理さを解明できず、まあそんなこともあるか、と思ったが、
しかし荷物はというと、なんだかブリキのバケツのフタばかり大小合わせて3枚であった。

なんだよこれ。

とはいっても私の荷物であるらしいから、捨てていくわけにもいかず、手にもって歩くのだが、
形と大きさが違うものだから、これが持ちにくいのなんのって、
一番大きな蓋は直径が約50センチほどあった。
これらが当たって歩くとカランカラン鳴った。

歩くとは、どこへ。

いや、私にもわからなかったが、しばらくすると書店に着いた。
店内では今日は何か有名なコミックの発売日らしく、混雑していて、
いわゆるオタク系の人たちであろうか、少し殺気立っていた。
コミックにもう興味のない私はフタを持ってカランカランとまたK-SMITH方向へと戻った。

すると、店の前に女性がいて、清掃関係か食堂関係か、あ、おそらく給食関係の様子であった。

私は店の前に置いたままにしていたもうひとつの荷物
━━なんだか折り畳みの簡易ベッドのような「荷物」━━
その荷物の隙間にこのカランカランを挟んでしまえと荷を解く作業を始めた。

なんとかうまく挟めたが、しかしこのベッドだかなんだか、タテが1メートル以上あるな。
しかもけっこう重いし、東京に送るにしても宅配では持っていってくれないのでは。
心配になった。

名古屋で荷物を受け取って、それをまた東京に送るというこの非合理、不合理、不可解、
そんな言葉が出てくる状況に私は陥っていたが、まあ夢だし、あまり深刻には考えていなかった。

ところが、この状況を根底から覆すことを私は思い出した。

あれ、オレは車で来ていたな。

そうなのだ。車で来ていたのだった。それなら話は早い。
これくらいの荷物ならオレの可愛いニッサンに軽く3個は積めるというもの。

よし、そうとなったら暗くなる前に出発しよう。

予定が決まれば行動は早いのだ。決まるまでが長いのだ。長過ぎるのだ。とその時、

「アンタ。これ食べな」

背後で声がした。

は?

振り返ると、そこに先ほどの給食関係のおばちゃんがまだ立っていて、私に何かを差し出した。

「これ食べていきな」

強引ではないが、断れない勢いがあった。
夢の中だからか、抗えない何かがあった。

おばちゃんは手に何かを載せて、直接、私の口に持ってきた。

なんだ?
ペンダントか。金の線で出来たペンダントトップか。
しかし光っている。
食べるものか?
金色の光の線を組み合わせた華奢なトップのような……、
そこまで認識をしたところでもう口に入ってきた。
硬度のある細い線が口の中でパリパリと砕けた。弾けた。そして溶けた。飴だった。

飲み込んだ瞬間にすべて理解した。これは光の飴であった。

おわり。

夢の羅列<牛カマキリ> 20180804採取

2018-08-04 19:47:45 | Dreams


夢の羅列<牛カマキリ> 20180804採取


夢の中で目が覚めた。

違う言い方をすると「目が覚めたという夢」である。

とにかく目が覚めて、ふと隣の部屋に虫が跳ねているのが見えた。

大きくて奇妙な虫だ。

体長15センチほどのカマキリのようなのだが、ミニチュアの牛にも見えた。

それが、ぴょーんっ、ぴょーんっ、と右から左へ跳ねてゆくではないか。

「うっ」と思って、早く捕まえないと姿が見えなくなってしまうと私は立ち上がり、
ティッシュを何枚か素早く摘むと虫に近づいた。

殺すつもりはなかった。

ふんわりと捕まえて、外に出てもらおうと思っていた。

しかし、近づきながらよく見ると、なんとなく直感なのだが、
これは害虫を補食する益虫だな、と感じ、捕まえるのを止めた。

虫は家具の裏に消えた。

それから私はなぜかシャツを脱ぎ、上半身裸でケーキの仕上げを始めた。

ホイップクリームをまんべんなく塗り重ねたスポンジの上に、
さらにホイップクリームを碁石くらいの大きさの点で何カ所も置き、
その上にフルーツを飾る作業に没頭した。夢の中で。暑い。

おわり。

夢の羅列<ダブルネック> 20180413採取

2018-07-31 20:11:34 | Dreams


夢の羅列<ダブルネック> 20180413採取


夢の中で私は、スズキYの部屋にいる。

スズキYが新しいギターを買ったというので見にきたのだ。

ギターはダブルネックのエレキギターで、
しかしダブルネックといっても2本のネックではなく、
通常の倍の幅があるネックの上下半々にスケールの違うフレットが打ち込まれていた。

現実であれば、これを演奏するのは至難の業なのであろうが、
まあそこは夢の中。スズキYは目の前で器用に弾いた。

どうやらこのギターはブルース用に開発されたものであるらしいが、
スズキYはというと「ブルースをやりたいわけでもないしなぁ」と呟くのだった。

それからスズキYはテレビゲームを始めた。

スズキYは古い友人である。

おわり。

夢の羅列<意識料理> 20180727採取

2018-07-28 16:27:36 | Dreams


夢の羅列<意識料理> 20180727採取


夢の中で買い物に行った。

どこだろう。ここは。

お洒落な街並とはいえないのだが妙に活気があり、
しかし原宿とか代官山とかのように大資本の流入した感じではなく、
どちからといえば、古くからの下町が最近あらためて注目されています、というような、
けっして大きくはないエリアの中で小規模経営者たちが意識を高く持って、
自分たちの街を新たに作り上げようとしている気概と少しの空回りを漂わせていた。

何を買ったのか忘れたが、昼も過ぎて私は何かを食べようと思った。

なんでもいいや。

目の前にあった和食でもなく洋食でもなく、創作料理的な、
やはり小洒落た感じの店に入った。

テーブルに座り、メニューもよく見ず、ランチのようなセットを注文した。

昼は過ぎたが、店内はまだけっこう慌ただしかった。

しばらくして私のセットが運ばれてきた。

ワンプレートというのか、大皿ひとつにまとめて乗っているあれだ。

ところが、その乗り姿を見て私は言葉を失った。

なんというか、主菜と副菜の横にご飯が平たく盛られていて、
なぜかその上に椀が米をむぎゅっと潰すように乗せられているのだ。

やってくれるわ。

これが意識の高さか。

新たなる次元の創作か。

わかりやすく言うと、
たとえば弁当のライスの上に汁物の椀がぎゅっと乗っているような図である。

いや、私はここで行儀とか道徳とか倫理とか、お米に対して失礼とか、
そんなことを言いたいわけではない。

食べにくいだろ。なにしろ。

ヘンなとこ来ちゃったなあ。
知らぬ間に世の中変わってしまったなあ。
などと思っていたら目が覚めた。

おわり。