EVOLUCIO WORKS INFO

EVOLUCIO WORKS INFORMATION

夢の羅列<黒い男> 20180428採取

2018-04-30 18:23:01 | Dreams
夢の羅列<黒い男> 20180428採取


夢の中の自宅にいる。

緑の多い地区にある2階建ての一軒家は各部屋けっこうな広さがあり、
家の隣は公園━━といっても町中にある公園とは違って、ここは丘陵なのか、
自然公園的な起伏のある、そしてアスレチック遊具があるような公園━━
で、私はけっこう気に入っている。

その時、何をしていたか忘れたが、ふと窓の外を見ると、
全身黒い、というより汚れて黒くなってしまったマントにツバの広い帽子の
ずいぶんと大きい男が公園の滑り台のそばに立ってこの家をじっと見ていた。

人を姿形で判断したいと思ってはいないが、私は強烈に危険を感じた。

窓でも割って侵入しかねない暗い表情である。

現実であれば何気なく在宅をわからせるために庭に出て姿を見せるとか、
むしろ気軽に話かけるとか、方法はいくらでもあるのだが、
夢の中のこと、私はすぐに武器になる物を探した。

まあアレだな。懐中電灯。

懐中電灯といっても、第一義に人を殴るために出来ている40センチほどの
アルミダイキャスト製の堅牢なマグライト®である。

それをすぐに取りに2階へ上がった。

黒いそれはベッドの横にいつもあり、私は手に取り、久しぶりの重さを感じた。

もともとの重さもあるし、しかも単一の電池が4本入っているから、
ずっしりとした感触は1.5キロほどはあるだろうか。

しかしなあ。あいつ2メートルくらいあったからなあ。
本当に暴力的なやつには、こんなものでは対抗できないだろう。

最初の一撃で頭の芯にヒットさせればなんとかなるかもしれないが、
ヘタに腕とか肩とかに当たったら、もう間合いを詰められて終りだ。

それにあの風体。
長年の風雨に耐え忍んできたかのような堅固な意思を十分に感じさせる。

こんなものではとても太刀打ちできないな。
最低限、真剣でもないことには無理だろう。
しかし、たとえ片腕になっても襲ってきそうだ。

そういえばあの男はどうしただろう。

不安になって私はカーテンを少し開けて、2階から公園を見下ろした。

2メートルの黒い男はまだ同じ場所にいた。しかも、
ライフルだか散弾銃だかを構えているではないか。

私の家の1階を暗い目で狙っている。

これはマズイ。

と思った瞬間、大音響がして、家に衝撃を感じた。

ホントに撃ちやがった。

これはもう外に出て、背後に回るしか方法はない。

私は窓の下に張り出した屋根伝いに降りようと裏の窓を開けた。

その時、家中のスプリンクラーが作動して、大量の水が噴き出した。
あっと言う間に部屋中が水浸しである。

もう何がなんだか。とにかく1階に降りた。すると、あれ、
人がたくさんいるではないか。

それも若いお母さん達といった感じの集団が、私の家の庭から
自転車をひいてゾロゾロと出ていくところだった。

それを金正男に似ている腹の出たメガネの男が手旗と笛で誘導している。

なんだかずいぶんと平和な感じだ。

銃声は聞こえなかったのか。

まるでそんな危険を感じさせる雰囲気はない。

私も慌てて懐中電灯を上に忘れてきてしまった。

なんだかな。

おわり。

夢の羅列<残されたメモ> 20171120採取

2018-04-28 20:38:44 | Dreams
夢の羅列<残されたメモ> 20171120採取


横浜 ジャズクラブ 絵 カリキュラム 添削
赤い字 宇宙人にピッタリ ケネディ 悪のり
B1と呼ばれる男 背の高い チラシ ピック顔 
今回は赤のギブソンを指名
機械の演奏 B1カルテット キャラクター 悪くない



目覚めてから忙しかったため、後で思い出して清書しようと
キーワードだけを書き出しておいたメモが出てきたのだが、
これがよくわからない。

メモだけを残すことはよくあるが、思い出せるのは1,2週間で、
去年の夢なんかさすがに思い出せない。

なんとなく雰囲気だけは憶えている。
色のついたけっこうイイ夢だったような気がする。
最後の「悪くない」というところが悪くない。

夢の羅列<ロシアンアパート・part8・最終話> 20180407採取

2018-04-26 20:18:41 | Dreams
夢の羅列<ロシアンアパート・part8・最終話> 20180407採取


つづき。

僅かに間があって、ドアが大きく開いた。

微笑みの彼女がドアノブに手を添えて立っていた。

私はうっと声が出なかった。

彼女の格好にである。

全身を包帯のような幅の白く薄いリボンか、いやゴムか、
とにかくそんな何かで雑に、きわめて雑に、
一応ポイントだけは隠しています、といった姿で目の前にいるのだ。

ごくっと唾を飲んだ音が廊下に響いたような気がした。

夢の中のことなので申し訳ないが、私に抑制はまるで効いていない。

しかも相手はスマイル・フォー・ミーである。

私の手が彼女に伸びて、そのままドアのところでほんの少しだけエッチな展開。

ところが突然、誰かに襟を引っ張られた。

いや、引っ張られるような気がした。

私は彼女から引き剥がされるように、
夢の世界のアパートの3階から、ひゅーっと摘まれて、
一気に空にまで引き上げられたかのような速度を感じた。

両手両足を前にいっぱいに出してなんとか夢に戻ろうと、
あの彼女のいるドアのそばに戻ろうと、
普段はあまり出さない本気を出してみたが、
もうその時には覚醒の強さに負けたことが十分にわかっていた。

しかし未練がましくも目を開けないで、
眼球を上にぎゅうっと吊り上げると、
まるで下りた幕がまた少しだけ上がったかのように、
目の奥のアタマの中の暗い部分に、
あの騒々しいロシア人たちの声や、あのお茶の小さな女の子の笑顔が、
アパートの廊下の埃っぽい気配や、もちろん隣の半裸の彼女の艶かしさとともに、
一瞬だけ映像の信号が同調し、現れるのだが、
それもだんだん遠ざかっていけばもうあきらめるしかなく、
できることといえばふーっと溜め息くらいのもので、
ようやく目を開けて、時刻を確かめて、さて、
夢の中で飲みそびれたコーヒーを淹れようかな。
 
おわり。

夢の羅列<ロシアンアパート・part7> 20180407採取

2018-04-23 20:53:11 | Dreams
夢の羅列<ロシアンアパート・part7> 20180407採取


つづき。

先に階段へ向かう女の生成りのチュニック姿を見ながら後に続いた。

各階天井が低い建物だったから、階段で降りるとすぐに3階に着き、
廊下に出ると彼女は2号室のドアを開けて、私に軽く振り向いてから部屋に入った。

なんだ、隣じゃないか。

今これを書きながら、建物の構造が最初と違うことに気がついた。

この夢の最初では、各階の階段の両側にそれぞれドアが一つある設定だったが、
屋上から階段を降りた今では廊下があり、ドアが4つほど並んでいるのだった。

私は廊下の一番奥の角部屋の1号室で、彼女はその手前の2号室なのだ。

まあ細かいことはどうでもいいか。

階段を降りるときにコーヒーを飲むことは確認しておいたから、
私も部屋へ入り、まずは蛇口を捻って水が出るのかを調べた。

水は出るな。味もおかしくなってはいないようだ。

それでもしばらく水を流しておいてから浄水器に注いだ。

豆は50グラムで600mlくらい淹れればいいだろう。

隣にはマグカップに入れて持っていき、ドアを軽くノックをしてみて、
返答がなければ、そのまま戻って自分で飲むか。
極度の緊張からの解放で眠ってしまっていることもあるしな。

いや、その前に、砂糖とクリームを入れるかを訊いていなかった。
しかし、ここに砂糖はあるがクリームはない。牛乳はある。
まあ牛乳でいいだろう。
そうはいっても牛乳を入れるなら豆が違う。

浄水器の水をポットに移して火にかけた。

よし、それだけ訊いてこよう。

廊下に出ると、隣のドアは少しだけ開いていた。

軽くノックをした。

僅かに間があって、ドアが大きく開いた。

微笑みの彼女がドアノブに手を添えて立っていた。

私はうっと声が出なかった。

彼女の格好にである。

つづく。

夢の羅列<ロシアンアパート・part6> 20180407採取

2018-04-21 19:14:46 | Dreams
夢の羅列<ロシアンアパート・part6> 20180407採取


つづき。

さっきのお茶の女の子が父親らしいヒゲの外国人に抱かれ笑っているのが目に入った。
よかった。よかった。

それにしてもなんだか外国人か多いな。工事もそうだし、居住者もそうだし。
とすると、このアパート自体のオーナーもそういうことだったのかもしれないな。

これはオレにとっていいことなのか、そうではないのか。
うーん、判断がつきかねる。
いつの間にか手にした茶碗のほうじ茶をすすりながら私は首を傾げた。

まあ、一旦部屋へ引き上げて、コーヒーでも飲んでよく考えてみることにしよう。
私はそう思い、立ち上がった。

すると、B棟からA棟に最初に裸足で移ってきた女が、
あらためてよく見るとこの女も外国人ぽい顔立ちなのだが、
その女が私の前に立っていて、
「ワタシ、A棟にも部屋があるのよ」と私に言った。

ふーん。そうなのか。何階?

「3階」

オレと同じじゃないか。
じゃあ、一緒に降りようか。コーヒーを飲むなら淹れてあげるよ。

先に階段へ向かう女の生成りのチュニック姿を見ながら後に続いた。

なぜ両棟に部屋を持っているのかは夢の中だからか全然不思議な気持ちはなかった。

つづく。

夢の羅列<ロシアンアパート・part5> 20180407採取

2018-04-18 19:15:22 | Dreams
夢の羅列<ロシアンアパート・part5> 20180407採取


つづき。

やっと冷静な思考が戻ってきた。
こんな酷い話はさすがに聞いたこともない。

何をどうしたら3階建てを倒せるんだよ。
これではおそロシアじゃなくて、おどロシアじゃないか。
漢字なら驚ロシアである。
これは夢の中ではなくて、今書きながら作った。

B棟は間違いなく建て直しだが、おそらくこっちのA棟も建て直しになるだろう。
面倒なことになってしまった。
それにB棟を支えている向こう側の建物も相当の被害のはずだから、
そのへんはどうなるのだろうか。

第一、今は傾いていてもなんとか形を保っているが、
建築物というのは、きちんと真っ直ぐに建っていてこそ強度が保持されるというもので、
斜めになってしまった今、衝撃のあった箇所、もしくは基礎部分から、
一気に崩落するという危険性は相当に高いと言わざるをえない。

だいたい建物を人力ワイヤーで引っ張るようなロシア人の会社が責任を取れるとも思えないし、
会社を潰して責任逃れをする未来が120パーセント見えている。
けっこう気に入ってたのだが。このアパート。

つづく。

夢の羅列<ロシアンアパート・part4> 20180407採取

2018-04-15 16:12:41 | Dreams
夢の羅列<ロシアンアパート・part4> 20180407採取


つづき。

髪の色の薄い赤いパーカーの女の子は、「ふーっ」と吹いて口をつけた。

その時、また下から悲鳴と怒声が聞こえてきた。

急いで下を覗くと、おそらくロシア人の一人だろう、
傾いたアパートの基礎部分に首を挟まれて、うつぶせに倒れていた。

アパートは向こう側に傾いたのだから、こちら側にいて首を挟まれる道理はないのだが、
まあそこは夢の中、そういうことにしておいてもらいたい。

そしてその身体を他のロシア人たちが数人で必死に引っ張っている。

いやいやいやいや、そんなに引っ張ったらけっして良い結果は生まれないぞ。
がんばって引っこ抜けても、大事なとこが残ってしまうだろうが。

私はもうロシア人たちの思考についていけないと悟った。
何かをすればするほど悪い展開になっていくのだ。それに、
この後の、ヘッドとボディがセパレートという生な光景も見たくないので、
下のことは一切なかったことにして、気持ちと身体を屋上に戻した。

さて、どうすんだよ。この始末は。

つづく。

夢の羅列<ロシアンアパート・part3> 20180407採取

2018-04-13 21:02:37 | Dreams
夢の羅列<ロシアンアパート・part3> 20180407採取


つづき。

「早く、早く。」私はそれしか言えなかった。「早く、早く。」

B棟の十数人すべてが渡り終えると、束の間の安堵も儚く、
傾き始めたアパートは、ある閾値の角度を越えた瞬間に、
ロシア人たちの懸命な引っ張りも役に立たなくなり、
一気に向こう側へ倒れようとして、とうとう目にもわかるほどの動きを見せた。

一瞬の出来事を私はスローモーションで見ているかのようだった。

A棟とB棟の距離が離れ、目の前の板の橋が2本とも無惨に落ちた。

次に来る悲惨を私はすでに自覚し、口を押さえて声にならない声を出しかけた。
その時、強烈に鈍い音が響いた。
音とともにB棟の傾きはあっさりと止まった。
石の巨人が雷に打たれて、立ったまま前のめりに即死でもしたかのようだった。
どうやらそのまた向こうにある建物につかえたらしい。

私は倒壊寸前で土俵際に残ったB棟を見ながら、これは幸運なのか、不運なのか、
判断がつかずに、いや、どちらかといえば、ある種のパニック状態であった。

こちらの屋上へ移ってきたB棟の居住者の中に小さな女の子もいた。
まだ就学前ほどの外国人の子で、倒れかけた自分のアパートを見つめていた。

屋上の風はまだ冷たく、誰かがほうじ茶を淹れて持ってきた。

女の子の茶碗にも注がれたが、それがもう縁まで一杯に注ぐから、
そんな熱いお茶を子供になみなみと注ぐやつがあるかよ、と思ったが、
こんな場面でしかも善意に対してぐちぐち言っても仕方がないし、
それに自分の反応と思考がちょっと口うるさいおじいちゃんぽいなとも思い、
「熱いから気をつけろよ」と女の子に注意をしただけだった。

髪の色の薄い赤いパーカーの女の子は、「ふーっ」と吹いて口をつけた。

その時、また下から悲鳴と怒声が同時に聞こえてきた。

つづく。

夢の羅列<ロシアンアパート・part2> 20180407採取

2018-04-10 18:53:52 | Dreams
夢の羅列<ロシアンアパート・part2> 20180407採取


つづき。

ロシアというと私はいわゆる「恐ロシア」という言葉をすぐに思い出してしまい、
これは「おそロシア」と読むが、
後先を考えない彼らの豪快な仕業と気質をインターネット上の一部がそう呼ぶのだと思われる。

「おそロシア/Google」

他にも「おもロシア」というのもあり、つまり、どちらにしても、
我々日本人の侘び寂びや、箱庭文化など繊細でキメ細かい感性心情とは真逆な
彼らスラブ民族の荒削り気質が、すでにほぼ消滅した感はあるが共産主義の名残り、
それは「やってもやらなくても同じ給料」という長年、無責任かつ怠惰を助長させてきた土壌において
育成熟成された極めて雑な、というと失礼だが、傍で見ている分には面白く、さらに、
我々島国根性にはないスケール感を幾分羨ましげに感じているお国柄の愛称であろうか。

まあなんの検証もなく夢だからテキトーなことを書いているが、
そんな奴らが今日は工事をするらしい。

大丈夫だろうか。心配だ。とはいっても、
日本での工事はそれなりに技術と経験、そして認可がなければ参加できないのではないか。
よく知らないが……。

そんなことを考えていたら、下から何か緊迫した怒声が聞こえてきた。

「なんだ、なんだ」すぐに窓から覗くと、ロシア人全員が全力でワイヤーを引っ張っている。
ワイヤーの先はB棟につながっている。
顔を真っ赤にして「○×○△○×!!!」何か怒鳴っている。

「どうなっているんだ」私は全体をよく見渡せる屋上へ急いで上がった。

屋上には先に説明したように、
細い橋ともいえない、ただの板を渡しただけのような連絡通路が架かっている。

向こうのB棟の屋上に女が現れた。そして躊躇せずにこちらに裸足で渡ってくる。

その時、メリメリと鈍い音がして、B棟が向こう側に僅かずつ傾き始めた。

私はいっぱいに手を差し伸べて女の手を取り、こちら側へと引き込んだ。

女の後にも続いて居住者たちが2本の橋から次々に、
もう橋もずりずりと動いているのにその上を走って渡ってきた。

「早く、早く。」私はそれしか言えなかった。「早く、早く。」

つづく。

夢の羅列<ロシアンアパート・part1> 20180407採取

2018-04-08 18:09:48 | Dreams



夢の羅列<ロシアンアパート・part1> 20180407採取


夢の中で私は3階建てのアパートに住んでいた。

アパートは軽量鉄骨のような安普請であったが、風通しがよく住みやすかった。

アパートには内階段が離れて二つあり、
それぞれの階数ごとの両側に一戸ずつがあるから、
つまり一棟あたり12世帯が入っていた。

その棟がA棟B棟と並列に建っていて、間は小さな中庭で、私が住むのはA棟だった。

A棟もB棟も基礎からまったく別の建物なのだが、
屋上にだけ橋というか連絡通路というか、見た目もただの板のようで危ないのだが、
まあ緊急の時に屋上から移動できるようにだろう、それが2本渡されていた。

私は3階に住んでいるのだが、今日は朝から外がなんだか騒がしかった。
窓から下の中庭を覗くと、数人の外国人が目に入り、なんだ、工事か。
最近は建設現場に外国人をよく見かけるが、聞こえてくるのはどうやらロシア語らしい。

とはいっても、ロシアとかベラルーシとかウクライナとかの区別はつかないから、
彼らが何人か正確にはわからないが、まあロシア人としておこうか。

ロシアという国は私にはとても不思議な国で、
ウォッカ好きの酔っぱらいの国という面がありながら、しかし、
ロケットは飛ばすし、軍事にしてもオリジナルな研究開発で
アメリカに対抗しうる能力を有し、そうはいっても車や時計などは、
前近代的な技術に留まっている。

そんなロシア人の男たちがワイヤーやらロープやらを手に手に持って、
それをどうするか、どのように工事を進めるか、たぶんそんなことだろう、
休日の朝の斟酌もなく話し合っている声が2棟のアパートの間に響いていた。

まるでモスクワ郊外のような朝のひと時になってきたが、
そこに地響きが聞こえてきて、重機が敷地に入ってきた。

つづく。

ジャッキー・ブラウン

2018-04-05 20:59:38 | 映画
https://youtu.be/lejn5narUJ0

本日付けで上の固定トップページに貼った動画は、
「ジャッキー・ブラウン」のエンディングだが、
このけっこう古い映画を私は最近になって観た。

CSでやっていたので、なんとなく見始め、結局、最後まで観たのだった。

タランティーノ作品に関しては、
やはりパルプ・フィクション、あのチンピラ映画が総合的に最高で、
他のはそんなに前向きに観ることもないなと思っていたから、
この「ジャッキー・ブラウン」もずっと観る機会がなかったが、
観てみればやっぱりけっこう面白い。

ロバート・デ・ニーロがひどい役━━だいぶアタマの足りない━━で出演していて驚いた。

以前にも書いたが、
タランティーノという人の一番優れているところは、
映像に合った音楽を選曲する能力ではないか、と思っている。

「パルプ・フィクション」なんかはその最たるものだが、
この「ジャッキー」のエンディング・テーマもかっこいい。
ファンク、ソウル系にまったく詳しくないので、何も書くことがないが、
このエンディングにはこれしかないという選曲ではないか。

そういえば「イングロリアス・バスターズ」も2年くらい前にCS放送で観て、
まあまあ面白かった印象がある。どちらももう一度観ようとは思わないが。

タランティーノ作品は、会話の面白さが作品の価値に等しいので、
ネイティブ並に英語がわからないと、たぶん本当の面白さはわからないと感じる。

わからないだろう、ということも明瞭にわからない、このもどかしさ。

歌のボブ・ディランを完全に理解できないのと同じかと思う。

本でいえば、たとえばフィツジェラルドのグレイト・ギャッツビーなんかも、
訳で読んでも、おそらく面白さは全然理解できないのではないかと思っている。
以前、3人の訳で読んだが、ぜんぜんよくわからなかった記憶がある。

それにしてもこの動画、どうやって撮ったのかと想像すると面白い。

運転しているパム・グリアを真正面から撮影しているから、
彼女が運転していないのは間違いないが、
おそらく、車の前部を切り離したようなセットの座席にパム・グリアを座らせて、
真正面のカメラで撮っているのだろう。
車が揺れているのは、スタッフが人力でやっているのではないだろうか。
そんなことを想像すると笑ってしまう。よくこんな切ない演技ができるものだ。
だいたい運転をしていたら、瞳がクルクルと動き回るはずだから、
映画のエンディングにふさわしい映像にはならないよね。

寝起きだから、なんだか変な文章のような気がする。

時計を買う夢を見た。

引っ越し

2018-04-03 19:25:17 | Diary
そんな季節だからか、先週、隣の家の家族が引っ越してしまって、
窓越しに毎日聞こえた子供たちの声が突然一切聞こえなくなってしまい、
少しサミシイ。

あまりにも静か。