EVOLUCIO WORKS INFO

EVOLUCIO WORKS INFORMATION

INFORMATION(固定ページ)

2025-11-11 11:11:11 | Diary

・・・・・INFORMATION(固定ページ)・・・・・

EVOLUCIO(エヴォルシオ)は、
手彫ZIPPOとアクセサリー、
そしてオリジナルプリントTシャツのメーカーです。
このブログを更新しているのは制作者です。


   ━━━UPDATE━━━
2021.1/19 up date.  ↓

コメント

20210119 Diary トランプバイデン。

2021-01-19 22:37:53 | Diary



今までドナルド・トランプを素晴らしいと思ったことも書いたこともないが、このジョーバイデンも大概である。
アメリカという国はこの動画ような行為には特にうるさいという私の認識であったが、バイデンの場合はウクライナの疑惑とともに有耶無耶にされている。アメリカでこの動画の行為は逮捕案件ではないのか。もし日本であっても首相にはなれないだろう。しかも動画最初の肩から髪に攻撃されてる女性は非常に不快であったと名乗り出ているにもかかわらず、である。

この怪しい行為の善悪云々の前に、カメラの前で自制が効かないことや、今後のハニートラップの心配や、すでに何かを握られている可能性などを危惧してしまうわけだが、さてこのバイデン次期大統領の就任式が予定されているワシントンは厳戒態勢らしい。

すでに数万人の兵隊が配備されているとのこと。情報も錯綜に次ぐ迷走で、とても私には真実を追いつめる能力も時間もない。しかしこのまますんなりと何事もなく政権が移行するとも思わない。内戦はないだろう。武力衝突もないだろう。トランプが最後にできるとしたら、何か決定的なことを暴露することだろう。退任前の恩赦が意味を持っているかもしれない。WikiLeaksのアサンジが出てくるようならそこに期待できる。なにはともあれ1月20日で終わりにしないというトランプの意志と計画はあるような気がする。上の動画を見てからトランプをちょっと応援している。

おつかれさまでした。

E V O L U C I O

コメント

20210118 diary 特別なし

2021-01-18 18:00:00 | Diary

20210118

厚労省のデータを見ると、感染者数の増加は1/8くらいで頭打ちしているようだが、これで峠は越した、あとは暖かくなるにつれて例年のインフルエンザや風邪と同じように徐々に減っていくのでは、などと油断したくなる頃だが、危険である。新型コロナは恐ろしい。

これでまた増加したら喜ぶ人がいるのかもしれない、などと考えることは不謹慎である、新型コロナは恐ろしい。

おつかれさまでした。

evolucio

コメント

20210117 Diary 芯がタコの名は大トロらしい。

2021-01-17 19:03:51 | Diary

20210117

新型コロナをゼロになるまで封じ込めろと主張する人がいるが、今までウイルス性の風邪やインフル肺炎を完全に封じ込めたことがあるのだろうか。いやしかし新型コロナは恐ろしい。

おつかれさまでした。

E V O L U C I O

コメント

20210116 Diary とくにありません。

2021-01-16 21:35:27 | Diary

今日は予報通り暖かかった。しかし夜になって寒気が下りてきたのか寒くなり風も吹いてきた。

遠くからサイレンがいくつも聞こえる。乾燥しています。火事に気をつけてください。

おやすみなさい。

E V O L U C I O

コメント

20210115 Diary 明日は春です。都内。

2021-01-15 17:46:23 | Diary

20210115

今日もまったく寒くない。
最高気温は8℃だったとのことだが、外で身体を動かすにはちょうどいいかもしれない。
なぜ寒くないかを考えたら、わかった、風がないからだ。まあ考えるほどのことでもないが。

しかも明日は最高気温が19℃だという。それで不要不急の外出はダメだという。
もちろん私はどこにも行かない。たぶん。

マスコミは日本がもう壊滅寸前のように煽るが、2019年に比べて2020年は死者数が1万6千人も減っていることを明確にわかり易く報道しているのだろうか。新型コロナが流行ったら日本国内で死ぬ人の数が著しく減ったということをである。

話は変わるが、千葉の成田あたりでスリランカ人同士の抗争が激化しているという。おいおいそんなのスリランカでやってくれよ、成田はいいところなんだから。いっそ空港のどこか使ってない広場で日時を決めて対決でもさせればいいと思う、すっきりと。

おつかれさまでした。

E V O L U C I O

コメント

20210114 Diary とくに書くこともないのですが、

2021-01-14 18:28:50 | Diary

20210114

今日は寒くなかったというより暖かかった。都内は15℃あったらしい。
明日はまた少し寒くなるということで、ご注意ください。
おつかれさまでした。
E V O L U C I O

コメント

20210113 Diary とくにありません。

2021-01-13 18:35:17 | INFORMATION

穏やかないい天気ですね。とくにありません。

コメント

20210112 映画「砂の器(1974)」(時系列メモ) 簡単な年表

2021-01-12 20:45:00 | 映画

20210112

時系列を箇条書きにしますが、映画を観た人の確認用に書いているので、観ていない人にはわかり難いでしょう。

昭和16年12月(1941) 戦争始まり

昭和17年夏(1942) 親子、家(石川県)を捨て流浪の旅に出る。父36才くらい。子は5才。

2年間の親子流浪。

昭和19年夏(1944) 親子、三木さんに保護される。
         親子の別れ。
         父は療養所へ。
         子は三木さんに引き取られるがすぐに家出する。

昭和19年暮(1944)     家出をした子、大阪の自転車屋の住み込み店員になる。7才。

昭和20年3月(1945)   大阪大空襲で店が焼け、店員の子だけ助かる。8才。

昭和20年8月(1945) 戦争終わり

昭和23年      三木さん退職、岡山に帰り雑貨屋を始める。

昭和46年6月(1971) 東京都大田区蒲田にて事件起こる。


以上、たぶんこれで合っていると思います。あくまでも1974年映画版での設定です。

E V O L U C I O

 

コメント

20210110 映画「砂の器」感想少し 1/12加筆訂正アリ 加筆3回目アリ

2021-01-12 01:34:25 | 映画

20210110

昨日は予定通りコーヒーを買いに行き、5種類計1キロの豆を手に入れて、少し寄り道をして戻る頃には暗くなり始め、空気もすっかり冷たく感じられた。

いつもは決まって1.4キロを買うのだが、最近コーヒーを飲み過ぎているような気がしていて、少し減らすつもりで今回は少なめにしておいた。

スペインのバルセロナでは50年ぶりの大雪とのこと。大雪は地球規模の気象なのか、我が国の日本海側でもほとんどの地域が大雪らしく、各地で皆さん難儀している模様。連休中がせめてもの幸いなのか、またその逆なのか私にはわからないが、あれだけ積もると屋根からの雪崩でも命の危険があるだろう。

私はというと、昨夜はCS放送で映画「雲霧仁左衛門」からの「砂の器」とどちらも70年代の邦画の名作を続けて鑑賞し、とくに雲霧仁左衛門はよかった。すっかりと満足した。久しぶりに仲代達矢に酔った。一方砂の器はもちろん泣かせにくる映画だからほろっとはきたが、今ひとつの気持ちが残った。

私は今まで松本清張原作のドラマや映画で完全に満足したためしがなく、この有名な砂の器も何度も観る機会があったのに観ずにきて、昨夜はとうとう決心をして観たわけだが、ごく僅かに抽出量を間違えたコーヒーを飲んだような感覚を覚えた。何かが足りないような、もしくは少し多いような、そんな気持ちである。

十分にまだ戦後であり、我が国の発展途上において豊かさ以前の「最低限」や「基本的人権」などが行き渡らず、掬った指先から溢れた砂のような貧しく被差別の父子に焦点を当て、その親子を日本の四季の花や雪や風の中に流浪させ、彼らを追う刑事ですら涙を流す境遇と別れをドラマチックな音楽でより一層に感傷を高め、私に泣け泣けと迫るが、さすがに加藤嘉の渾身の演技には降参しかけたものの、ほろっとはしただけで私は崩壊はしなかった。

とはいえ役者も音楽も映像も最高である。しかしこれで満足しないということはつまり私が擦れて捻くれてしまったということではないか。

それにしても名優を揃えた作品であることは確かで、それぞれの存在感を楽しむだけでも見る価値は十二分にある。中でも私が好きなのは野村昭子。大好き。今回はチョイ役。なんでこんなに好きなのかわからないが、とにかく好き。前世か何かで繋がっているのかもしれない。






──以下加筆20210112その2──
深夜に書いた下の加筆部分を再読したが、これで他人が読んで理解できる?といった文章なので笑ってしまった。

しかし明確に説明すると物語の核を明らかにしてしまうので、その加減がけっこう難しく、しかも眠かったこともあり、わかり難いことになった。ご理解いただきたい。

なにしろ、もう一度観ないと答えは出ませんね。2回観たが、どちらも片手間に観ていた。だいたい犯人の現在設定の年齢が何歳だったか憶えていない。そこが一番重要なのに。

それからもうひとつ。刑事丹波哲郎が事件を説明しながら一瞬涙する場面、この涙は親子の境遇に対してのものだと最初は私は思っていたが、あれは三木さんに対しての涙だったかもしれない。そこの部分も私はぼーっとしていたので、やはりもう一度観ないと結論は出ない。

といったところです。寒いですね。雪は降らない様子。しかしいろいろご注意ください。20210112昼




──以下加筆訂正20210112その1──
上の下線の部分、戦後と書いたが、今夜もう一度映画を放映していて観たら、そうではなく、時代設定は戦前もしくは戦中だった。私の理解不足でした。訂正したい。

観た人はわかると思うが、話は現在と過去との因果を描いていて、作品中の現在とは事件が起こり、それを刑事たちが調べている1960年か61年くらいのことを指す。原作の小説が1960年から新聞に連載されたとのことで、小説の中の設定もその頃を指しているらしい。そしてそこから約20年ほど前の「あの親子」が乞食姿で彷徨った2年くらいの期間が作品中の過去である。(私はこの現在と過去の部分をどちらも15年くらい後にズレて誤認していた)

だから過去とは1940年か、もう少し前か、くらいの時代で、真珠湾攻撃が1941年の年末だから、そこから考えると親子が彷徨ったのは戦争突入前夜であるといえるかもしれない。

しかしこの映画は戦争の色や匂いが皆無といっていいほどで、だから今夜も私は時代設定に疑問を持たずにぼんやりと観ていたのだが、家出をした少年が大阪で住み込みで働いていた店が空襲で焼けたという事実を刑事が突き止めるシーンで首を傾げた。

大阪大空襲は1945年のことなので、そこを基準とするなら自分が考えていた設定とはかなり違ってくるのだ。

一度目に観た時、私は親子が彷徨ったのは戦後のだいたい1950年代くらいだとなんとなく思い込んでいた。それは「現代」がこの映画の制作された1970年代だとやはり思い込んでいたからだ。とここまで書いて、いやでも現代が1960年だというのもおかしいなと思い始めた。今ふと映像を想い返したが、映画の現在に出てくる車が60年代の車ではなかったような気がするのだ。あれはやはり70年代の車ではないか。しかし空襲は間違いなく戦中だから、親子が彷徨ったのは戦中かその前のことであるのは確定である。するといろいろおかしくなってくるのだが、ちょっとよくわからなくなってきた。私の足し算引き算がおかしいのか。もしくは車種の見間違いか。また調べて、はっきりしたら別のページに書きたい。とにかく親子が彷徨ったのは戦後ではないということは間違いない。それが言いたかった。20210112 02:00深夜



──加筆その3  20210112夜──

20210112

アマゾンにあったから、観直しました。
何かがおかしいと思っていたことが解決しました。私の頭がおかしかった。
ちゃんと見ればちゃんと書いてあった。悩むことはなかった。
以下時系列を箇条書きにするが、観ていない人にはわかり難く書いてある。


昭和17年夏(1942) 親子、家(石川県)を捨て流浪の旅に出る。父36才くらい。子は5才。

昭和19年夏(1944) 親子、三木さんに保護される。
         親子の別れ。
         父は療養所へ。
         子は三木さんに引き取られるがすぐに家出する。

昭和19年暮(1944)     家出をした子、大阪の自転車屋の住み込み店員になる。7才。

昭和20年3月(1945)   大阪大空襲で店が焼け、店員の子だけ助かる。8才。

昭和23年      三木さん退職、岡山に帰り雑貨屋を始める。

昭和46年6月(1971) 東京都大田区蒲田にて事件起こる。

以上、たぶんこれで合っていると思います。あくまでも1974年映画版での設定です。

E V O L U C I O

 


おつかれさまでした。

E V O L U C I O

コメント

20210111 とくにありません。

2021-01-11 16:05:39 | INFORMATION

20210111

とくにありません。風邪にご注意を。連休おつかれさまでした。

E V O L U C I O

コメント

20210109 Diary 特にありません。

2021-01-09 22:09:00 | INFORMATION
大雪は秋田だけではないんですね。日本海側どこも大変のご様子。

近所で遭難と言うこともあり得ますので、ご注意ください。
お疲れ様でした。
evolucio
コメント

20210108 Diary アバランチは朝のうち

2021-01-08 19:41:01 | Diary

20210108

秋田は記録的な大雪の様子。
秋田のどこか工場のような大きな建物の屋根にこんもりと高さ1メートル以上積もった雪を従業員たちが下から棒のような物で軒下を突ついて、そのわずかな振動で全ての雪を落とすという動画を見たが、見事に落ちて、それはまるで雪崩。数十トンは落ちただろう。私は動画で雪崩発生の原理を目撃したという感じで、もし屋根の下にいて頭から被ったらあれはもう動けないな。実際にそういった事故もこの冬、多発しているらしい。

動画の10人ほどの若い従業員たちはわりと楽しそうで、しかし屋根から落とした後のつづきが動画になかったが、あそこから重機が登場するのだろうか。シャベルじゃきびしいな。ママダンプ? たしかそんな名前の便利な雪かき道具が雪国にはあったはずだがネーミングが面白い。ダンプみたいなママということはないだろう。ママでもダンプのように雪かきが捗るという意味だろうな。

そういえば先日、富士山の近くを通った時も小型の除雪車を専門で販売しているホンダの店が目に入り、その時はまだ寒くはなかったが、やはり都内とは違うなと感じた。

まあなにしろ危険はいろいろありますから、気をつけましょう。

おつかれさまでした。

E V O L U C I O

コメント

20210107 Diary 風が強いので外へは出ません。

2021-01-07 17:48:00 | Diary

20210107

アメリカの議事堂突入の件、情報が錯綜していて、もう何がなんだか、誰の発言が正しいのかまったくわからない。

とはいえ、突入自体はほぼコントロールされていて、あまりたいしたことはなかった様子。人は少し死んだらしいが。

情勢としては、トランプさんが包囲されつつあるようだが、今後20日まで何がどうなるかはわからない。突入の動画などを見ていると、不謹慎だが結局また南北戦争やってんの?という気持ちにならないでもない。

しかし選挙というものは民主国家の根幹なのだから、それがちゃんとできないとなると、いろいろ危ういなと思ったり思わなかったり。

今日はまったく寒くないが風が強くて外へ出る気がしない。行くところもあったのだが、あっさりと止めた。私は風の音を聞くのも嫌い。明日からは寒くなるらしい。しかし風でも雨でも雪でも土曜日にはコーヒーを買いに行く予定。しかし毎年思ったり書いたりするが、東京の冬は楽です。日本海側の北陸や東北に住んだらまず生きてゆけないだろう。と、昔、東京の西の外れ青梅に住み始めてたった半年の11月に雪がちらついたのを見て即引っ越しをした私が書いています。

E V O L U C I O

コメント

20210106 Diary 累計3719

2021-01-06 20:28:59 | Diary

20210106

厚生労働省によれば、新型コロナで死んだ人の累計は国内で今日現在3719人とのこと。
感染者の累計は約25万人で、そのうち約20万人はすでに治って退院している。

一方、毎年感染症のひとつインフルエンザでは年に1000万人以上が感染し、そのうち数千人が死んでいるわけで、比べると新型コロナの脅威の規模が明確になるのだが、すでに新型コロナ対策には何十兆円も使っていて、今の子供たちにそれを背負わせるつもりなのか、私は心配している。

E V O L U C I O

コメント