活かして生きる ~山里の寺便り~

娑婆世界を生きる智慧/おシャカ様・禅・坐禅・法理・道のこと

只の消滅

2018-06-15 00:00:00 | 

例えば坐禅の力に因って静かになってきたことを「只に成った」というように

「錯覚」を起こすと、そのままで修行が止まってしまいます。


そこをもうひと踏ん張りしていただかないと「只が消滅しない」のです。


修行というものは、修行することによって修行を消滅していくことです。

そうすれば「何をしていてもそれが修行に成る」ということです。


別の言葉で言えば「日常のことが全て道に成る」ということです。

そこまで懸命に努力して頂きたいと思います。


「ああなりたい、こうなりたい、こうしたい、こうでなければならない」

ということを、色々と考えるからそれだけ「苦」が多くなるのです。


そんなことを考えずに「祇管(只管)(しかん)、ひたすら」に坐って頂きたいと思います。

コメント