ちいちゃんのひとりごと

ちいちゃんのひとりごとを勝手気ままに書いています。

遠い存在

2019年04月19日 | 日記
あの島倉千代子は私にとってもはや遠い存在になりつつある。
いゃあ!とっくに遠い存在なのだ。
私が子供の頃から憧れていた島倉千代子は遠い遠い存在に!
あんなに好きだった島倉千代子はいないのだ。
どこを探してもいないのだ。
それに代わりクミコさんと言う存在が現れたが、それとて身近ではないのだ。
しかし彼女が現れてから彼女はスター気取りがなくどこかに庶民の顔も覗かせ親しみ易くなったのは言うまでもない。
それは彼女のブログから伺える。
気軽に電車に乗ることや、気軽にその辺のお店で買い物をすることからも伺える。
毎回外出は運転手付きの車ではないし、タクシーでも無いのだ。
着ている服がユニクロだったり無印良品だったりする。
気取ったところが無いのだ。
メガネにマスクに帽子は定番です。
その向こうに素顔が垣間見れるのだ。
あの島倉千代子さんはウォーキングをしても帰りはタクシーだったと聞いたことがあった。
自分で料理は作れないのだ。
彼女は食べ物の好き嫌いが激しいのだ。
食物アレルギーでない限り食べられるのだが、彼女は嫌いな物は口にしないのだ。
そして今や私が興味を持ったのが浪曲となった。
浪曲は肩肘張らない庶民の娯楽だと思うのだ。
何しろ木戸銭が安いのだ。
比較的安いのだ。
それこそ前出の島倉千代子などはコンサートでもそれなりの料金は取るのだ。
クミコさんもそれなりに料金は取るのだ。
それに比べればゆうに4時間は楽しめる浅草木馬亭の浪曲定席は2000円なのだ。
2000円で楽しめて、時には勉強にもなるのだ。
そこには涙と笑いの要素もあるのだ。
ましてや終演後はどの浪曲師も気さくだ。
終演後に出てきた浪曲師に気さくに話しかけることも出来るのだ。
お目当ての浪曲師と一言二言話が出来るのだ。
そこには気取らない気さくな浪曲師が多いに他ならない。
私はほぼ嫌いな浪曲師がいないので、帰り際に一言二言話が出来るのは嬉しいのだ。
ましてや木戸銭が2000円なのだ。
木戸銭と交通費だけあれば大丈夫なのだ。
私はペットボトルのお茶とコンビニのおにぎり持参で楽しんでいた。
それが前回からは自宅からお弁当持参で楽しんだのだ。
仲入りで買うモナカアイスも一つを夫婦で分けるのだ。
こんなに安価な娯楽は無いのだ。
そこそこご贔屓も出来たのだ。
と、言っても私はおひねりやら心付けを渡したことはない。
自分の懐と相談すれば安価な手作りのお菓子になるのだ。
この安価な手作りのお菓子は某師匠には好評のようです。
その某師匠は只今入院しています。
退院して復帰するまで生の浪曲は聴けません。
が、私は他の浪曲師でも以外と楽しんでしまうのだ。
なぜならほぼ嫌いな浪曲師がいないのだから!