ちいちゃんのひとりごと

ちいちゃんのひとりごとを勝手気ままに書いています。

昨日からの下痢が治らない

2020年08月31日 | 日記
昨日からの下痢が治らないでいる。
とりあえずストッパ下痢止めを飲んだが、治らない。もしかしたら過敏性腸症候群かも知れないと思い、夜はストッパ下痢止めの他にポリフルも飲む。
昼間ふてくされてうたた寝をしていたら、左の横腹を蹴られたように痛い。
動くのもしんどいが、家事をする人が私しか居ないので、夕食を作る。
久しぶりの下痢に、すっかりトイレが友達と化した。
左の横腹も痛いので、度々トイレに行くのは苦痛である。
出来れば一日中トイレに籠っていたいが、我が家にトイレは一つしかないので、無理である。
明日は朝から母の病院の付き添いなので、下痢が治っていることを願いたいと思う。
下痢さえ無ければ左の横腹が痛いだけなので、何とかなると思います。
この下痢というものは経験者でないとわからない苦しみがあるのだ。
幸い寝てしまえばほぼトイレには行かない。
横腹を蹴られたような、ねじれたような痛みは原因さえもわからない。
しかし、後年病気ばかりしているように思う。
更年期に始まり、うつ病になり、自律神経失調症まで患っている。その中で自律神経失調症の一つが過敏性腸神経症なのだ。普通の腰痛に始まり、腰椎すべり症になり、ぎっくり腰を2回し、坐骨神経痛も経験した。
足底腱膜炎も両足の踵で経験した。
膝も変形性膝関節症になりかけた。
まあ、私の病気はストレスから来ることが多いので、出来るだけストレスはためないようにしたいと思うが、いささか無理である。
何分自宅には認知症でペースメーカーを埋め込んだ母がいるのだ。
若い頃のような元気は無いのだ。
そう言えば下痢について言うと、若い頃から下痢をしていた。
若い頃は比較的市販の下痢止めが効いてくれた。
しかし、更年期を過ぎた辺りから効かなくなったのだ。
普通の下痢ならすぐに治るのだが、一旦過敏性腸症候群になったら長くて8日も続くのだ。
明日も下痢なら過敏性腸症候群だと思う。
そうなったらポリフルを飲むのだ。
明日、下痢が治っていることを願いたい。
治れば何でも食べられるのだ。
冷たい物も飲んだり食べたり出来るのだ。
これ以上病気にならない体にしたいと思う。

お昼のとうもろこしが原因か?

2020年08月30日 | 日記
午後からお使いに行ったら、帰りにお腹の調子が良くなかった。
お昼は旦那と昨日もらったとうもろこしを食べた。
レンジでチンしたとうもろこしを食べた。
旦那は何でもないのに、私だけお腹を壊す。
自宅に帰って何度もトイレに行き、ついにストッパーを飲んだ。
それでも夕食の支度をしなければと、餃子を作る。
いつも100個以上作る餃子は半分にした。
途中まで包んで、お腹のこともあり、焼いた。
旦那と母が食べる。
私も2つばかり食べてみた。
いやあ、やはり餃子は自分で作ったのが一番美味しいと思う。
過敏性腸症候群を心配していたが、どうやらただの下痢のようです。
少し様子を見ることにします。
久しぶりの下痢だったので少々驚きました。
ほぼ人生で便秘という経験が無いので、母のように便秘の人の辛さや苦しみはわかりません。
その代わり下痢の人の気持ちや辛さはわかります。
安倍首相がこの度、潰瘍性大腸炎の悪化で退陣なされること、わかるような気もします。
ひどくなると大腸を全摘するんですよ。
国指定の難病を抱えながらの公務はいかばかりかと思われます。
別に安倍さんを支持しているわけではありませんが、難病や何らかの病気を抱えての仕事は大変だったことだと思います。
病気と言うものはとかくなった本人にしか痛みや苦しみはわからないものですね。
病気になったらきちんと病院に行きましょうね。
一つの病院に通って治らなければセカンドオピニオンも必要です。
信頼できる先生と病院を見つけましょう。
ところで冷蔵庫に無花果がまだあります。
そろそろレシピもお菓子以外は思いつかなくなりました。
ネットで調べてももう、お菓子以外は見つかりません。
無花果も飽きてきたので、やめようかとも思います。
お腹が治ればただの太ったおばちゃんです。
あっ、YouTubeで浪曲聴いています。
残念ながら師匠の浪曲ではないけれど、師匠のお仲間の将来有望な浪曲師です。
若手もいいけど、師匠もいいよね。
ペースメーカーを埋め込んだ母はすっかり心臓が数秒間止まるということは無くなりました。
一人でシャワーは浴びれます。

私の恋はいつも片思い

2020年08月30日 | 日記
子供の頃から私の恋はいつも片思いだった。
実った試しがなかった。
初恋の相手が思いっきり片思いだった。
叶わぬ夢ばかり見ていた。
自由と言うものとは程遠い暮らしを強いられ、育った。
恋愛は片思いばかりだった。
子供の頃から芸能人が好きだった。
その芸能人も自由に追っかけることは許されず、3回行っても1回だと嘘をついた。
嘘をついても母にはバレるのだ。
ハンドバックにコンサートの半券がある。
劇場の半券がある。
同じ芝居を3度見る。
同じコンサートに昼夜行く。
少ない小遣いからそのお金を捻出する。
おしゃれをして出かけたい。
しかし、おしゃれに使うお金は無いのだ。
結婚するなら身長のそこそこあるイケメンが良かった。
結婚をしたことを好きな芸能人に報告したかった。
子供が出来たら子供のことも報告したかった。
結局何も報告せずに終わった。
結婚をしたが相手が身長が低く、イケメンでも無かった。
子供も出来ずに30年も連れ添っている。
どうもこの亭主と私は同じ境遇にあるらしい?
同じ境遇だとわかったら亭主が愛おしくなった。
結局30年近くも一緒にいる。
夫婦喧嘩は亭主が大人でけんかにならない。
一方的に私がヒステリックになるだけだ。
亭主の前で好きな芸能人の話はする。
長年歌手の島倉千代子さんが好きだった。
その後、母と同居し、更年期からのうつ病になったら、たまたまテレビで見たシャンソン歌手のクミコさんを好きになった。
そのあとにたまたま聴いた浪曲で五代目天中軒雲月師匠のファンになった。
いやあ、その間にもいろんな芸能人に心を寄せた.
名前を挙げればきりがない。
ちょっとテレビで見ただけで好きになる。
だけど金が無いのだ。
あの芸能人、この芸能人と追っかけは出来ないのだ。
テレビを見るのが関の山。
芝居も好きで何度か見に行ったが、少ない小遣いでは無理である。
出掛けられるのはせいぜい都内近郊です。
母がうるさいときているので、遠くへは行かれません。
それでも島倉千代子さんで大阪に日帰りで1度と長島温泉に泊まりで1度行きました。
クミコさんは大阪に1度と石巻に3度行ったっきりです。
宝塚ははまると大変なので3度しか行ったことがありません。
歌舞伎は1度行ったら途中から寝てしまったのでそれ以来行きません。
自由にあっちこっちに行ける人はうらやましいです。
辛いとき、苦しいときも病気の時も歌が私を救ってくれました。
そして今、勉強の出来なかったバカな私は浪曲と言うものを知り、浪曲から多くの物を学んでいると思う。
浪曲も聴き、シャンソンも聴く。
これからは自由に好きなことをしたいと思った矢先に、母は認知症になり、その後、心房細動からの洞不全症候群となってペースメーカーを埋め込んだ。
益々、自由とは程多くなった。
さて、あと何年生きるのか?
男女の恋愛は片思いではなくなり、結婚をし、30年も連れ添っている。
腐れ縁かもしれないが、巡り合うべくして巡り合った夫婦だと思う。
私にとっての芸能人はあこがれです。

結局1日何にもしない!

2020年08月29日 | 日記
結局1日何にもしないで終わってしまうようです。
地元のショッピングモールにお目当ての無花果を買いに行くも、無花果農家のおばさんは昨日は来ませんでした。
電話をしたけど留守電です。
この留守電が苦手です。
お目当ての無花果農家のおばさんのお得な無花果が無かったので、少し高い無花果を少量買いました。
100円ショップで干し網を買ったので、電子レンジではなくドライ無花果が作りたかったのです。
結局昨日は何にもせずに1日が終わりました。
やることは山積みなのに、片付きませんね。
夜は夜でテレビを見て過ごすと言う体たらくです。
手紙を書くと言うこともしていません。
掃除や片付けも出来ずにいます。
母と同居してからと言うもの掃除や片付けは放棄しています。
なぜなら掃除や片付けをしている側から手伝いに来て、何でも捨てたがるからです。
ましてやプライバシーを見たがります。
私たち夫婦のお宝は母にとってはゴミも同然です。
コロナ騒ぎになってからと言うもの、遠くへ外出をしていません。
外出すれば人混みではマスクを強いられ、電車に乗ったのも税務署に行ったことと、私の病院と、一度だけ都内のシャンソニエに行きました。
他には木馬亭に一度浪曲を聴きに行っただけのような気がします。
そうそう、大宮の高島屋にお中元を買いに行きました。
あとはほぼ市内に居るだけです。
毎日2階の物干場から新幹線は見ているのに!
見ているだけなんです。
電車も家の近所を走っているのですが、毎日眺めているだけです。
東京は最早近くて遠いところになったような気がします。
母の服薬管理もあるので、遠出は無理ですね。
母は来月で満90歳になります。
良く生きた人生だと思います。
さて、私はあと何年生きることやら?
90歳までは無理でも、これ以上病気を増やさない。
一番大事なことだと思います。

もう、何か月も生の浪曲を聴いていない。

2020年08月27日 | 日記
浪曲ファンになってから2~3年近く経つ。
以前師匠が病気で入院した時には数か月生の師匠の浪曲が聴けなかった。
その間、お弟子さんの浪曲を聴いた。
巷でコロナ騒ぎになってからというもの、ますます師匠の生の浪曲は聴けずにいる。
他の師匠の浪曲も好きだが、やはり私がこの人と決めた師匠の浪曲が聴きたいと思う。
それぞれどの師匠も素晴らしいし、素敵だと思うが、やはり私が聞きたいのはあの師匠の浪曲なのだ。
それが今、聴けないでいる。
連日朝の8時から8時半の間に、母の脈拍を1分間図る。
母の服薬管理もする。
巷ではまだまだコロナの収束は見られない。
連日の報道の数字が正しいのかは定かではないが、増えていることは確かだと思う。
密を避ける。
人混みに行かない。
マスクをする。
浅草の木馬亭は近くて遠いところになった。
母は食事を作っても認知症になったら好みが変わってしまった。
今まで美味しいと食べていたものも受け付けない。
味噌汁を作ってもその日によって美味しいと言ったり、不味いと言う。
一人前が食べられない。
外出するなら母の食事のことも考えなければならない。
ペースメーカーを埋め込んだらIH系の電気製品は要注意です。
母の側ではスマホは控えています。
幸い母は電子レンジは使い方がわかりません。
市内のショッピングモールに行っても、用事が済んだら帰ってくる。
幸いお昼に呑む薬が無くなりました。
薬は朝晩だけです。
で、私が言いたいのは師匠の生の浪曲が聴きたいということです。
母がきちんとどこかのデイサービスに行ってくれればその間は自由になるのです。
出来れば施設を決めてショートステイなどに行ってくれれば、コロナが収束したら1泊2日の旅行も可能です。
外出をしても母のことが心配で思うように楽しむことは難しいのが現実です。
あっ!今私が聞きたいのはクミコさんの生の歌と師匠の生の浪曲です。