ちいちゃんのひとりごと

ちいちゃんのひとりごとを勝手気ままに書いています。

御朱印同好会

2016年12月30日 | 日記
2012.12.30
たまたまFacebookで「御朱印同好会」なるものを見つけた。
早速「いいね!」をしてみた。
御朱印同好会からお誘いがあった。
何を隠そう意外と御朱印が好き!
と、言ってもほとんど去年からである。
それも主人の病気入院手術とあり、その後も新しい病気の発見やらで思うように行けなかった。
基本無宗教に近いのでどこへでも行く。
せっかく行くのなら神社仏閣は御朱印帖と思い立って善光寺に行ったときに初めて御朱印帖を買い御朱印をもらった。
あれからなかなかいろいろ回れずにいる。
御朱印は8個しかない。
今年はどうも最後の最後までついていなかった。
来年はぜひとも良い年にしたい。
病気の主人を伴っていくつの神社仏閣を回ることが出来るだろうか?
私も主人も少しでも元気になりたい。
しかし場合によっては来年早々の主人の病院の検査で再入院と手術もありうる。
ところで主人の母が亡くなって喪中ですがお参りに行っていいのですか?
かすかな疑問ですね。

見えない恐怖におびえています。

2016年12月30日 | 日記
2016.12.30
あの一件から毎日毎日見えない恐怖におびえています。
不安が心を過っています。
今更Facebookをやめたら私が本当の犯人と思われてしまうので再び新しく再開しました。
怖いですね。
目に見えない恐怖です。
犯人は今も誰かを狙っています。
私だって再び狙われないとも限りません。
あなたもいつか標的になるかも知れません。
何度も言います。
SNSはそういうリスクも覚悟のうえで初めてください。
明日は我が身です。
不安で不安で眠れない夜が続いています。
食欲も思うようにありません。
いつどこかの警察署から取り調べに来るかとおびえています。
地元の警察には被害届は提出しました。
物事を悪い方へと考えるようになりました。
SNSはやらなきゃあよかったとも思います。
地元の友達だけにしておけばよかったですね。
友達増えたこと喜んでいました。
ただし管理が出来ないのであまり増やす予定はなかったのです。
気が付けば100人を超えて…。
そしてこのたびの出来事です。
あっという間の出来事でした。
対処の仕方をパソコン教室の先生と模索しましたが時すでに遅し!
本当に何度お詫びしてもお詫びしても私の至らなさだったのですね。
楽しく毎日好きなことを投稿していました。
皆様へのコメントもそれなりのコメントを寄せていただいたつもりです。
失礼なコメントもあったかも知れませんね。
この場を借りてお詫び申し上げます。
失くした信用と信頼はすぐには戻って来ませんが気長に待つことにします。
本当に皆さんも気を付けてくださいね。

私のことを理解して新たにFacebookでお友達になっていただいた方に感謝します!

2016年12月29日 | 日記
私のことを理解していただいてFacebookで新たにお友達になっていただいた50名の方に心より感謝します!
私は月曜日から禁酒しています!
いい感じです!
少しずつですが食欲も戻って来ました!
だいぶ落ち込んで反省の日々を送っていますが、世の中には理解ある優しい人もたくさんいます!
まだまだFacebookのお友達は50名ですが、大切な大切なお友達です!
前のお友達で連鎖で被害を受けられたお友達はなかなか戻って来ませんが、現在のお友達を大事にしたいと思います!
しかしSNSは気をつけなければいけませんね!
怪しげな人とはやたらにお友達にならない!
むやみやたらにお友達は増やさない!
せっかくお友達になってくれた人は大切にしましょう!
自分がハッカーの被害に合ったことは悲しいですが、SNSの怖さも学習しました!
すべての人から信用と信頼を無くすのです!
みなさんも被害に合わないようにしてください!
しかしこれは突然自分のわからないところで起こるのです!
対処の方法もわからないのです!
気をつけていても突然です!
明日は我が身です!
多少のリスクが伴うことも覚悟しましょう!

根津甚八さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます!

2016年12月29日 | 日記
2016.12.29
根津甚八さんが亡くなりました。
生前根津甚八さんは私と同じうつ病を患っていました。
最終的な死因は肺炎でした。
うつ病はどんなに辛かったことでしょう?
同じ病気の物として心中お察し申し上げます。
奥様の仁香さんの心中もお察し申し上げます。
晩年数々の病気と共に生きたあなたの人生はいかばかりかと思われます。
69歳という人生はあまりにも早すぎた人生ですね。
とっても素敵な俳優さんでしたよね。
うつ病は辛いですよね。
この病気の辛さはなったものにしかわからないものです。
私もいまだに心療内科に通い薬を飲んでいます。
いやあ本当に辛いですね。
まず私の場合は極端な意欲低下で何もするきが起きず、その後毎日気持ち悪くなりました。
どこへ行っても何をしていても気持ち悪いのです。
一日中気分がすぐれない。
そんな日が相当続きました。
幸い措置入院はなく心療内科の通院だけですんでいます。
もう少し悪ければ精神科の閉鎖病棟への入院もあったかも知れません。
あの大島渚さんの奥様の女優の小山明子さんは2度も入院したそうです。
うつ病の人、芸能人ではかなりいるんですよ。
私の知る限り、黛ジュンさん、木の実ナナさん、音無美紀子さん、生田悦子さん、千葉麗子さん、などなど皆さん病気を見事に克服なされたり、病気と上手に共存している方々です。
リストカットなどもする人もいるようです。
幸い私は自殺願望もなく過ぎてしまいました。
どんな病気でもそうですが本当の辛さは本人でないとわからないものですね。
うつ病は寛解する人もいればこうやって私のように共存して生きてゆく人もいるんですね。
うつ病の私を受け入れてくれ改めてFacebookでお友達になってくれた人たちにこの場を借りて心より感謝申し上げます。

良からぬ想定!

2016年12月29日 | 日記
2016.12.29
主人と買い物の帰りに良からぬ想定をしていた。
自宅に埼玉県警の3人の刑事が来ていた。
家宅捜査をされ、パソコンとスマホを没収され、私は連行される。
埼玉県警の一室で「証拠はあがっているんだぞ!はけ!はけ!」と、言われ、前髪をつかまれ机に頭を叩きつけられ拷問を受けるのです。
弁解しても聞き入れてもらえず、被害者のラインのコピーを見せられ「これ?お前の仕業だろう!わかってるんだぜ!白を着るなよ!」
と、言われ前髪をつかまれ机に何度も頭を叩きつけられ、しまいにと栃木か広島の女子刑務所に送り込まれるのである!
まったく見見覚えのない無実の罪で収監されるのだ!
何度目かの裁判でとうとう私もあきらめて刑務所での生活を余儀なくされる。
17年の刑期を迎えることになるが、その間に私は無実の罪で収監された刑務所で最後を迎えるのだ!
主人は1度面会に来たっきり、その後主人の兄に離婚を勧められ離婚をするのである。
主人は兄に老人ホームに無理やり入れられ、そこで最後を迎えるのである。
こんなことを想定し買い物から帰ってきたら家には母しかいなかった。
ホッとした!
自分も一被害者なのにこんなことを考えてしまう。
直接的にも間接的にも今回の件は私の知らないところで知らない人の起こした仕業です。
これは誰にでも起こりうる問題です。
私はたまたまその被害者の一人でしかないのです。
どうぞ連鎖で被害にあわれた方、すぐにでもお近くの警察に行って被害届を出してください。
早めの対処をお勧めします。
これからSNSを始める方の、現在始めている方もあなたにもこのことは起こりうることです。
そのことを十分に踏まえたうえで始めましょう!
これは氷山の一角にしかすぎません。
SNSは多くのリスクもあることを覚悟のうえで踏まえて始めてください。
怪しいと思ったらお近くの警察に相談しましょう!
なりすまし被害もありますよ。