ちいちゃんのひとりごと

ちいちゃんのひとりごとを勝手きままに!時々素人作詞家もやっています!シャンソンと浪曲大好き!4月から地元の高齢者大学に!

気ちがいは気ちがいらしく余生を送るのだ!

2018年08月31日 | 日記
2018.8.31
ほぼ寛解したうつ病も母に言わせると病気だそうです。
おまけに気ちがいのレッテルを!
このところ耳が遠くなった母に大声で話せば気ちがい扱いに!
それなら気ちがいは気ちがいらしく人生を終えるのだ。
私は街中で刃物をかざして暴れようとも思わない。
私が気ちがいだと思うなら友達はやめてくれても構わない。
無視してくれても構わない。
人前で刃物は振り回さないし、叫んだりもしない。
ましてや暴れたりもしないのだ!
聞こえないので大声で叫べば気ちがいらしい?
このところ数回気ちがい扱いを母からされ、気ちがいを産み育てたのは母なのだ!
一生懸命作った料理に文句を言われ、さんざん怒られるのだ。
私は何でもないのに気ちがいのレッテルを貼られ、残された人生を気ちがいで生きるのだ。
街中で私は首から「私は気ちがいです!」と言うプラカードは下げていない。
でも、母に言わせると気ちがいなのだ。
刃物を持って歩いていなくても気ちがいなのだ。
人前で叫ばなくでも怒鳴らなくても気ちがいらしい?
気ちがいは差別用語だと思いませんか?
あなたが身内から気ちがいと面と向かって言われたらどんな気持ちですか?

集中豪雨がひどかった。

2018年08月31日 | 日記
2018.8.30
4時過ぎからの度々の集中豪雨に雷も鳴り、何度か近所に落雷の様子!
説明しても同居の母は聞こえないし、理解が出来ていない様子。
聞こえないからと大声で言えば気ちがい扱いされる始末。
近所にどうみても2回も落雷が!
説明してもわからない様子。
夕食に残り物と冷凍していた餃子を焼くも、この間13個焼いただけで怒られたので6個しか焼かないと「1人前!」だと、言われる始末。
この間13個焼いて怒られた話をするも、覚えていない様子。
13個で多いとは言っていないと言い張る。
言った言わないは水掛け論なので、あきらめる。
本当に母はあっという間に耳が遠くなり、私がゆっくり食事をしていることにも怒って来る。
毎日呑んではいないアルコールもしまいには毎日呑んでいるように言ってくる。
説明はしても無理な様子。
その前に私が4時からパソコン教室なのに忘れていて整形外科から電話をかけたら出なかったと!
どこに行っていたと言われる始末。
パソコン教室の話をするも、聴いていないの一点張りで「行くなら言ってから行け!」と!
毎週金曜日の4時からはパソコン教室と知っているだろうに!
実に実母はひどいのだ!
大声でじゃべれば虐待だと思いかねない。
私はさっさと夕食を済ませ、食べた食器も洗い、その場を退散した。
午前中に行った心療内科の先生は私は気ちがいじゃあないと言われてきた。
しかし、母は私をこのところ気ちがい扱いするのだ。
そもそも気ちがいを産んだのは母なのだ!
育てたのも母なのだ!
だったら産まなきゃあ良かったものを!
連日のように私は実母から気ちがい扱いされ、気ちがい呼ばわりされるのだ。
人殺しも世間に後ろ指をさされるようなこともしたこともないのに!
ゆっくり夕飯を食べることすらいけないのだ!
今日も私の愚痴はこんなところでしか言うことが出来ないのだ!
皆さん!私のこと気ちがいと思ったら友達やめてもいいですよ!
気ちがいが友達でいたら世間体が悪いものね。
因みに今日の心療内科の先生は私のことを「気ちがいじゃあないですよ!」と!

私は気違いじゃあありません!

2018年08月31日 | 日記
このところの母との会話が通じない。
すっかり耳が遠くなった母に会話を後ろからすると母は聞こえないらしい。
仕方なく大声で言うと「お前は気違いだからね!そんな大声で言うのね!」みたいなことを言われた。
そもそも気違いと言うのは立派な精神疾患の患者に対する差別用語だと思う。
気違いなら隔離されるのだ。
病院の閉鎖病棟に隔離されるのだ。
私は人前で大声で叫んだこともない。
ましてや刃物を振り回したことさえ無いのだ。
気違いを産み育てたのは何あろう母なのだ。
母は気違いを製造したのだ。
私はそれは差別用語だと思っているので、誰に対しても使わない。
ましてや地元で出来た友人などは気違いと友達になったことになるのだ。
私はSNSを通じて知り合った人にわざわざ「私は気違いです!」と、言ったことさえ無いのだ。
ましてや私の好きな芸能人に至っては気違いのファンが出来たことになるのだ。
ファンの中に気違いがいたら芸能人はいい気がしないだろうと思う。
若者はロックを聴いて発狂する。
それさえも母に言わせれば気違いと言うかも知れない?
劇場の入り口に「気違いの人はお断り!」と掲げた看板や貼り紙を見たことがない。
映画館で発狂する人を見たことがない。
そもそも気違いの定義がわからないでいる。
心療内科の先生に聞いたら「あなたは気違いじゃあありませんよ!」と、言われた。
母は何を基準に私のことを気違いと言うのか?
ましてや私と結婚した主人は気違いと結婚したことになるのだ。
ロック会場で叫ぶ若者は気違いになるのだ。
閉鎖病棟に入れられないだけましなのだ。
隔離されないだけましなのだ。
気違いは恋愛もし、結婚もするのだ。
子供がいないのはいいが、子供がいたら、子供は気違いに育てられたことになるのだ。
母は私に気違いと言ったことは反省もしていない。
言い過ぎたと言うこともない。
気違いは日々ご飯を作り多少なりとも家事はするのだ。
うつ病になったとき、母は自分の妹や弟に娘のうつ病のことを話した。
母は気違いの娘を産み育てたのだ。
気違いが街中を歩くのが嫌なら、はっきり街中にも「気違いお断り!」と、貼り紙をするべきだ。
すいません!
このブログの読者は気違いのブログの読者になるんですよ!

気にしないでくださいね!

2018年08月31日 | 日記
気にしないでくださいね!
私に対するお気遣いは無用です。
すべては私が好きでしていることです。
誰にでもしますから!
私と言うファンが来たことを認識してもらうだけですから!
「あのおばちゃん今日も来たのね!」それだけでいいのです。
私と言う存在を認識してほしいだけです。
お金が無いので基本高価な物は差し上げません。
その証拠に島倉千代子さんの時にはのど飴だったり、下手くそに刺繍したガーゼのハンカチだったのです。
「今日もあの子は来てくれたのね!」と、思ってもらうだけですから!
おひねりや心付けは渡せないので!
ましてやシャンソン歌手など、おひねりを渡すファンなどいませんから!
一度新宿のコマ劇場でファンのおばちゃんが舞台に野菜を!
あれにはさすがの島倉千代子さんも驚いていましたから!
私は好きな芸能人に何かをあげるのは私と言う存在を単に認識してほしいだけなのですから!
私に対するお気遣いは無用です!
相手から見返りを求めてはいないのです。
ほんの一時を楽しめればいいだけなのです。

グループが苦手?

2018年08月30日 | 日記
自分から誰かに話しかけるのが苦手です。
そういえば最近は大丈夫になりましたがお使いに行ったスーパーで知り合いに会うのが苦手だった。
知り合いの姿を見つけるとスーパーの中を知り合いに気づかれないように歩く。
なぜなら挨拶が苦手なのだ。
自ら「こんにちは!」が言えないのだ。
相手が「こんにちは!」と、言ってくれれば何とかなるが、こちらからは声がかけられないのだ。
それが最近は出来るようになった。
大きな進歩だと思う。
初対面の人と話が出来ない。
まあ、隣近所でも挨拶くらいしかしませんから!
よほど相手が話しかけて来たら話はします。
ひどい人見知りでした。
自ら近所の人と世間話が出来ませんでした。
旦那に至ってはもっとひどいんですよ。
向かいの家のご主人が同級生なのに、挨拶しかしませんから!
その点、母は誰とでも話をします。
バス停でバスを待っている人に話しかけたりするんです。
後で「さっきの人知り合い?」と、聞くと「知らない」と!
「バスまだ来ませんね?」「どこまで行くんですか?」「雨ですね」とか話をします。
知り合いでもないのに!
整形外科でも知らない人と話をします。
それで知らない人から飴などもらって来るのです。
ある時などは駅前でランチを!
何年も整形外科に通っていると名前を知らなくても知り合いらしいのです。
それ!私は無理ですね。
だいたい主人と居酒屋に行っても知らない人とは話はしませんから!
カウンターの隣の人とも隣の人が話しかけてこなければ話はしませんから!
最近は少しはマシになりましたが、基本的に人見知りです。
最近不思議に思うのはFacebookで友達申請たくさん来るんです。
私の実態を知らないからですね?
それから時々行く日曜日の午前中の朝カフェ、いいですね。
私のようなものでも素直に受け入れてくれるんです。
最近は夫婦で参加しています。
皆さんいい人ばかりですね。人見知りの主人も会話に参加しています。
本当にマジで友達少なかったのに!
いえいえ、主人はいまだにいませんから!
朝カフェにもたまに何かは持参します。
独身の男性も何人か参加していますので!
で!友達は待ってても来ないんですね。自ら作るんですね。
子供の頃には考えられなかったことですね。
本当の友達でなくても、その場だけの友達でも楽しいですね。
そこには子供の頃には無かった優しさや労りや思いやりもあるんですよ。
昔のようないじめは無いんです。
誰でも受け入れてくれるんです。
ただ最低限の決まりはあります。
例えば宗教の勧誘はしない。
物品の販売はしない。等々あります。
喫茶店でコーヒー飲んで世間話を!
私たち夫婦を煙たがったりしませんから!