花鳥虫風月

α9とX100Vで、主に京都の花鳥写真で綴る重め写真ブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

青羽せせり蝶 6

2020年05月17日 22時40分21秒 | 蝶・蛾
コロナ禍の事態は段階的に明けていくということで、まずはめでたく、
いろいろな季節は飛んだが、今はこの花と蝶の季節だ。



あいにく良くないコンディションで、いちおう撮れたというくらいの写真。
しかしなんとなく自粛していた写真を再開して、楽しかった。
コメント

金目銀目の地域猫

2020年04月06日 23時59分26秒 | ねこの風景
コロナ禍はあまり気にしていなかったが、とうとう仕事先の大阪で緊急事態宣言だ。
このところ桜の写真はぼちぼち撮っていたが、あまり気乗りもしきれず、微妙な気分なので
とりあえず今回はその辺にいた猫の写真。
前回の猫もそうだが、片耳の先を切っている地域猫だ。
オッドアイは、そういえば初めて見た。



夕方の写真なので光具合がちょっといい感じ。
コメント

山茱萸 9

2020年03月23日 01時02分03秒 | 春夏の花
丈が低い、かわいらしい感じのサンシュユ。


これはトイカメラ風。
フィルムシミュレーション遊びは楽しいが、陽気か陰気かでいえば陰の気がある。
コメント

桜 30

2020年03月22日 01時01分26秒 | 春夏の花
このお彼岸の連休に極端に暖かくなって、早くも桜が咲き始めた。
写真は、下京の旧・成徳中学校の桜。ここだけすでに20日には満開だった。妙な構図なのは、撮るときに思っていたよりがっつりと人が写ったため。

 
コメント

白木蓮 18

2020年03月18日 01時08分33秒 | 春夏の風景
毎年の、御所の大ハクモクレン。
今年は見慣れた花もフジカラーで写そうキャンペーンであるので、ちょっと新鮮に楽しめる。

 

露光具合、色具合がミノルタ/ソニーとは、何がどうとはいえないが違うので、よくも悪くも戸惑うところだ。
コメント

近所の猫

2020年03月15日 23時50分34秒 | ねこの風景
近所だが、普段行かないあたりにいた猫。
写真の仕上げは地味系ポジフィルム風。



X100の35mmレンズは外の猫を撮るにはすこし広すぎるが、
これくらい近い距離を許してくれる猫なら、これくらいが好ましい遠近感だ。
コメント

大和郡山城

2020年03月11日 00時28分37秒 | 秋冬の風景
奈良の郡山城は、大和大納言羽柴秀長、豊臣秀吉の弟さんが短い間だったが拠点にした城だという由緒がある。



その後いろいろあって、現在いちばん目立つ建物は明治につくられた奈良県立図書館を移築した城跡会館で、
次には正門になる追手門が、昭和に再建されたいちばん城跡らしき建造物だ。

  

本丸と天守台は石垣のみだが、せめてきれいには整備されている。
上からは北に薬師寺の双塔と金堂、平城宮跡の大極殿と工事中の南門のなにやらが見える。



天守台の石垣の石のなかに逆さにぶっ込まれているお地蔵さん。
織田軍団の築城では珍しくない風景だが、若干、引くところではある。



後にこの城を整備した柳沢吉保が「公」の呼び名で神社に祀られている。水戸黄門の敵役の、徳川綱吉の側用人の彼だ。
未来がなくても、いま出世できればいい人向けのご利益があるのだろうか。
写真はポラロイド写真風の色設定。

コメント

大和郡山城下

2020年03月08日 22時41分13秒 | 秋冬の風景
奈良の鄙びた城跡の城下町。
古い町並みと城の外堀の構造をなかなかしっかりと残しているので
散歩コースとしては優れている。
城の方は次に。

   
コメント

天龍寺

2020年03月07日 22時31分39秒 | 秋冬の風景
コロナの影響で最近、嵐山がガラガラだという記事を見たので、たまたま休みを取れた平日の朝に行ってみたが、わりと人はいた。
とはいえ、昨今の中国人モリモリモードでは行列レベルの人並みになることを考えれば閑散といえなくもないのか。

  

天気予報に反して寒く、霰は降るし酷い目にあったが、写真の雰囲気はとても良いX100のネガフィルムモード。




これだけ、きれいなRAW現像でノイズなしのデジタル写真。
コメント

緋連雀 2 / 黄連雀

2020年03月06日 00時24分18秒 | 
この季節にだけ姿を見せる渡り鳥、レンジャクの緋色と黄色。ヒレンジャクとキレンジャク。尾羽根の先の色でわかる。
しかし、肉眼で区別できるほどには近づいてくれないタイプの鳥だ。
そもそもそうそう見られない鳥で、緋色のほうは昔いちど見たが、黄色の方は今回はじめてだ。

  

これがヒレンジャクで、

 

これがキレンジャク。
コメント

梅 28

2020年03月04日 23時34分43秒 | 秋冬の花
新しいカメラの写真はまだまとまらないので、すこし前の写真。
城南宮の梅と椿まつり。
何回かこのブログにもアップしていて、特に変わったところはないが、きれいなことも変わらない。

  
コメント

X100V

2020年03月02日 23時28分17秒 | Weblog
富士フィルムのデジカメには興味があった。それこそS5(nikonD200互換機)とかの頃から。

それはともかく、カメラ屋でX100Fをさわって、たまらなく欲しくなったのが半年ほど前のことだった。
その時点でそのカメラが2年ほど前のモデルだったので、次のモデルが出たら買おうと思っていたら案外早く出た。
これもそういうめぐり合わせかと、発売日に入手。

このカメラは昨今の流行には遠い、ズームなし単焦点レンズでボディ大きめの高級コンパクトカメラというやつだ。
しかも光学ファインダーに力を入れながら電子ファインダーと共存する独自路線。
で、触ってみると、いや、やはり、光学ファインダーは良い。
電子ファインダーも充分上等になったが、スリープモードから回復する一瞬の闇がまだストレスだ。
このファインダーはそのぶんの取り回しがスピーディーで爽快、画質も目で見たままに良い。
レンジファインダーカメラ式の素通しの窓なので見えている範囲と撮れる範囲が違うが、デジタル補助で撮れる範囲にガイドラインが出るのも格好いい。

お目当てのフィルムシミュレーションも楽しい。かつて好きだったベルビアフィルムモード(昨日の寒桜の写真)は、こんなんだったかなぁと
ちょっと不承であるが、クラシックネガフィルムモード(昨日の猫の写真)はデジカメらしくないという意味ですごく好みの具合。
フィルムの粒状感というオプションは適当にやってもただのノイズっぽいのでちょっと考え中。

色々いい感じであるので、色々ためしてみたい。

コメント

新しいカメラで街角スナップ

2020年03月01日 23時51分07秒 | Weblog


新しいカメラを買った。フィジフィルムのX100Vというやつだ。



雰囲気はすこぶる良い。
詳細は、また今度。
コメント

椿餅

2020年02月29日 23時38分55秒 | Weblog
先週の梅の盛りの写真。城南宮の梅と椿まつりのときに売っているが、すぐ売り切れになる椿餅。
桜餅とだいたい同じだが、葉っぱの塩味がない、プレーンな味わい。

織部志野の皿と藤の盃は自前。
コメント

イタリアンのランチセット

2019年12月12日 00時43分47秒 | Weblog
奈良に行くときはいつも近鉄奈良駅から興福寺向きの東向商店街からならまち方面にまず足を向けていたが、今回は東大寺方向に用があったので、反対側の花芝商店街のちょっと上等げな店で昼飯にした。
おいしゅうございました。



飯写真は仕事っぽい気分になるので普段はしないが、せっかくだから雑ながら撮ってみた。
今回は場当たりなのでFE24-105で撮ったが、ガチでこの方向をやるなら寄れる35mmF1.4がいるな。
コメント (1)