ワタナベ酒店

さぬき高松にある地酒地焼酎専門店、渡辺酒店のブログです。
日々の情報を発信中!!ご来店お待ちしております。

勇心の会

2014-02-27 10:16:15 | 食べ歩き

先日の日曜日、古新町にある、「あうん」さん主催で、「蟹づくしで勇心を飲む会」に参加してきました!!

 *日曜日は通常は営業していません。この日は会のみの営業でした。

勇心酒造の徳山さんも参加!!

今回はカウンターの中での接客を!!

徳山さん、緊張してます(^u^) 

 

 夕方5時よりスタート。まだ夕方で明るいです(笑)

 

徳山さんが、勇心酒造のお酒の紹介をして・・・

「まずは純米吟醸9号からお召し上がりください」 

  

 蟹は松葉ガニ!!

蟹の生と一緒に頂きま~す♪

 生の蟹はもっちりとした甘みがすごいです!!

さすが鮮度の良い蟹です!

勇心 純米吟醸9号はお米のふくよかな旨みと、後に広がる甘みが特徴。

9号は冷えている時よりも常温に温度が上がってきたころと合わすとよかったです。

 

続いて、蟹で出汁をとった、蟹しゃぶです!!

 野菜を入れることで、出汁に旨みがプラス。

 勇心9号も燗をつけてもらいます。

おっ!!良い感じに燗上がりしてますね!!

燗冷ましで甘みの濃縮感がでて、しゃぶ蟹に合わせやすかったように思います。

 

 蟹の爪を炭火で焼いてもらいました。

 勇心 吟醸、勇心 純米吟醸14号も登場!!(↓写真は9号が写ってますね(笑))

 吟醸も純米吟醸もそれぞれの表情があり、日本酒って楽しいなぁ~(^v^)v

 

 

待ってました~!! 蟹味噌が来ました~!!

 勇心 純米大吟醸生原酒24BY無ろ過生原酒と合わすと・・・・?!

これはすごいです!!

純米大吟醸生原酒を熟成させると、純米大吟醸とは思えないほどの濃縮感と旨みの押しの強さ!!

蟹味噌の濃厚さにも全く負けませんし、双方の旨みがよく絡み合い、目が覚めるマッチングを見せてくれました!!

今回の会でのベストマリアージュ賞を私は勝手に受賞致しました(笑)!!

 

勇心の酒粕味噌です!

白味噌を合わせたものと、ラー油、玉味噌などを合わせた、二種類の酒粕味噌を大根につけて食べます。

 

 この味噌がとても美味しかったです

 

まだ市場に出回っていない、今年の25BY新酒4種類のサンプルを持ってきて頂いておりました。

 純米大吟醸・山田錦80・純吟9号・純吟14号です。

 搾って間がないため、とてもフレッシュで、まだガスを含んでピチピチしてます♪

 

お酒もだいぶ進み、みなさん良い感じになっています ↓ ↓

 

最後に蟹雑炊!!

美味しかったから、おかわりしちゃいました~(*^^)v

 デザートのチョコレートアイスクリームと、リセノワール(黒米のお酒)

 蟹づくしということで、テーマが明確で分かりやすかったのが私的には大満足の一日でした!!

日本酒の奥深さと楽しさを十分に感じることの出来た、素晴らしい会となりました!

あうんの大将、奥様、そして勇心酒造の徳山さん、本当にお疲れさまでした!!

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 


勇心酒造さん訪問

2014-02-21 10:01:31 | その他

先日、綾川町にある「勇心酒造」さんへ、妻と一緒に蔵見学に行ってきました~!!

今回妻は、初蔵訪問!!

蔵元であり、三男の徳山敬明さんの案内の元、今年のお酒のお話などをお聞きしましたのでご案内いたします!

 

勇心酒造さんは、蔵自体は大きいですが、日本酒を造っている場所は極小です。

大量生産ではなく、手造りで小仕込みの酒造りをされています。

 

 

仕込みタンクは全部で7本!

 

   

         ↑

真剣な表情で、酒造りの話を聞く(^u^)  

 

今回初めて、さぬきの飯米「おいでまい」で仕込んだ純米酒!!

バナナジュースの様な果実の甘い香りが心地よかったです♪

               ↓

 

一通りお話を終えた後は、試飲を!!

今まさに成分を分析するために搾ったお酒も含め飲ませていただきました!!

 

今年からはなんと本醸造と吟醸は造らず、アルコール添加なしのオール純米仕込みにするとのこと!!

香川ではまだどこの酒蔵も使用していない、さぬき米(飯米)の「おいでまい」で酒造りに初挑戦!!

そして香川の契約農家さんに依頼して有機農法で栽培してもらっている山田錦を80%精米仕込みも今回香川の酒蔵では初挑戦!!(お米をあまり削らず、お米の味わいを出すため)

入荷がとても楽しみですね~(^O^)/

 

最後に、徳山さんとツーショット!!

勇心酒造様、仕込みで忙しい中、本当にありがとうございました。

 

 


酔舞の会

2014-02-11 14:34:52 | 食べ歩き

 先日土曜日、高松の老舗料亭、料亭二蝶さんで「酔舞の会」が開催されましたので行ってきました!

酔舞の会と言えば、香川の酒米である「さぬきよいまい」で仕込んだお酒とお料理を楽しむ会として、会を重ねて開催されていましたが、

今回の酔舞の会は全国のお酒とお料理の仕立て合わせの会となります。

 

普段飲んだことのないお酒もたくさん出るので、この日を楽しみにしていました。

食べ合わせて来ましたので、ご案内です♪

 

 

 

まずは「ゆず酒」と赤飯白味噌仕立てです。

 ゆず酒がちょっと濃い感じではありますが、良い按配です。

最初に飯物をお腹に入れてからのスタート!有り難いお心遣いです。

 

もう一品、お酒が出ます。

梵 しぼりたて初雪・・・うすにごりでやや香り系のお酒

 

二品目のお料理は、香り蕗(ふき) 薄揚げ です。

写真をいきなり撮り忘れていましたが、ここで醸し人九平次 純米大吟醸山田錦と合わせます。

九平次 山田錦の上品な甘みとシャープな切れが、出汁を含んだ蕗(ふき)とマリアージュしました!

 

三品目は牡蠣真丈トリフ庵です

牡蠣と魚のすり身と合わせて蒸し、トリフ庵を加えることで、見た目以上にとてもあっさりと旨みが広がります。

 梵のうすにごりは香りのイメージからして、合いませんでした。

九平次 山田錦がベストマリアージュとは言えませんが、意外に面白い相性を見せてくれました。

お互いの甘みの余韻が近いからでしょうか(^u^)!

 

今回は、二蝶の山本社長曰く、このお料理にはこのお酒!という一方通行ではなく、何種類かのお酒を飲んでみて、お客様がお料理に合うお酒の相性を探すという流れで進められました。

私も最近思うのですが、じっくりお酒とお料理の相性を味わいながら飲むと、お酒もお料理も、その素材の味がよく分かると実感しています。

 

 

 

四品目は甘海老酒盗和え蕪(かぶら)麹巻きです。

 こちらは、梵 しぼりたて初雪と合いました。

 

お酒は、呼友(こゆう)純米大吟醸が出て来ました。

久保田で有名な朝日酒造のお酒です。

これぞ新潟酒!!というような、マイルドでやさしい口当たりの酒。

 

五品目のお料理は越前ずわい蟹しゃぶしゃぶ塩ぽん

 越前蟹の証明札もちゃんと付いています(笑)↓ ↓

 

ふぐヒレ酒ならぬふぐヒレ湯です ↓

もう一度言います。

「湯」です(笑)!

お口直しの意味で・・・

初めて飲みました!! 

 湯にヒレを漬けてますので、若干生臭さを感じましたが、呼友と合わすと、生臭さが消えました。

 

六品目のお料理は、蕪(かぶら)鯛スープ煮です

 鯛の出汁がよく出ています!!

 

店内こんな感じです ↓

 

ここで白岳仙 特別純米生が登場!!

木樽を連想させる香ばしくてドライな含み香、食欲をそそるお米の旨みがあります。

 

七品目はハタハタ一夜干しです!

こんがり香ばしくて中がふわっふわ~!!

 白岳仙とマリアージュしました!!

 

 

静岡の喜久酔です!!

 これを飲むと落ち着くんです♪

 

八品目は小芋味噌幽庵焼き

 

九品目は、蟹味噌大根おろし

 大根おろしで、あっさりとした蟹味噌の風味が味わえます!

しかも金陵の熱燗を少し垂らし、味わいに奥行きを持たせています~

 

これに合わせたお酒はこちら

   ↓ ↓

 武勇 辛口純米無ろ過生原酒!

本日ピカ一のマッチングを見せてくれました~!!

酒は間違いなく出品酒の中では一番濃潤でパンチがあります。

なんて言ったらいいのでしょう。

武勇を飲んだら蟹味噌が欲しくなるし、蟹味噌を食べたら武勇が欲しくなる・・・感じ!?

相思相愛のマリアージュでした

 

最後のお料理、十品目は、柴漬け雑炊です。

 喜久酔のぬる燗と合わせたら、なんとも幸せな心地になり最高でした!!

 

 こんな感じで、老舗料亭二蝶さんによる、お料理とお酒のマリアージュ会を終えました!!

今回も本当にいろいろ勉強になり、食べ合わせの奥深さを実感いたしました。

また、お客様に美味しい話題を提供できるように頑張りま~す(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


結婚しました!

2014-02-08 14:17:04 | その他

ブログをいつも楽しみにしていただいている皆様、しばらく更新できず申し訳ありませんでした

ここで、ご報告があります!

私、この度1月26日に結婚致しました~!!

妻の由梨と二人で力を合わせてがんばりますので、これからもワタナベ酒店をどうぞよろしくお願いいたします。