海男、日本百名山に挑戦! Vol.2

百名山に限らず、四季毎の登山、山スキー、沢登り、子連れ登山、キャンプなど。最近は、ファミリーアウトドア。

立山ー剱ー五竜ー鹿島槍縦走【登山記録】~Vol.5(4日目)水平歩道、祖母谷温泉

2009年09月10日 | 温泉
2009年8月9日 今回秘湯巡り 祖母谷温泉 (ばばだにおんせん)
天候: 雨時々晴れ


6泊7日のロングコース。 その4日目。
扇沢から入り、立山、剱を登頂し、仙人・阿曽原・祖母谷温泉を経由し、
後立山:唐松、五竜、鹿島槍を縦走し、扇沢に出る周遊縦走をしてきました。

*水平歩道、標高1,000m前後のスリリングな黒部渓谷を堪能できますね。


<<<本山行目次記事はこちら<<<

◆4日目 基本情報
 ・ルート:阿曽原温泉小屋~水平歩道~欅平~祖母谷温泉
 ・総距離:約10km
 ・標高差:約-300m程度
 *手書きルートはこちら。



◆4日目 詳細

本日早起き。本日ゴールは、餓鬼山避難小屋
頑張る、予定です。





昨夜の雨で、道はあまりよろしくないですね。





水平歩道(すいへいほどう)
「・・・道は黒部渓谷の左岸の絶壁を「コ」の字にくりぬいて作られており、70cmから100cm程の幅で標高約1,000mの等高線に沿って水平に伸びる。・・・」(wiki「水平歩道」より)





分かりにくいと思いますが、とにかく高度感はあります。





途中の滝も美しいです。





アジサイ?




「・・・黒部川の水力開発を目的として1920(大正9)年に東洋アルミナム株式会社によって開かれたが、後に東洋アルミナムが日本電力株式会社に経営を譲渡したため、日本電力の管理下に置かれることになる・・・」(wiki「水平歩道」より

何やら、歴史を感じます。





崖に、横線が水平に続いていきます。





黒部渓谷の迫力を感じます。





洞窟もあります。





とても、ひんやり。 正直気持ち悪いです。





かつかつ、足音響きます。





こえー。





高度感あるのに、貧弱な丸太の道を歩かされます。





こえー。





洞窟もあります。





水平に、歩きます。





写真の枠にはおさまらない、自然の迫力です。





しかしまあ、約1世紀前に、崖を切り抜き、人はよく作ったもんです。 偉大です。

ちなみに、「・・・当時は今ほど道が整備されておらず、重荷を背負った歩荷の転落事故が相次いだ。また、水平歩道が通過する志合谷では1938年に泡雪崩が発生し、84名もの犠牲者を出す大惨事も起きている・・・」(wiki「水平歩道」より)だそうで、


本当に、偉大です。






と、自然の雄大さと、それと戦った人の偉業を想像しながら歩いていると、
遠くに何やら駅?が見えてきました。

そろそろですかね。




途中、人とすれ違うことありませんでした。
マイナーな道でしょうか。





一気に高度を下げると・・・。


そこは、観光地
欅平駅到着。




アイス、なーんて、食べました。
人が多いので、祖母谷に向かいます。





しばらく歩くと、温泉見えてきました。

途中、通行止めの看板ありましたが、通れました。





川沿いにある、よい温泉です。





よいです。





よいです。





よいです。





女湯は別にあります。





またやる気が失せて、こちらでお世話になることにしました。





寝るのはテントですが、夜食は、、、小屋で食べさせてもらいました。
お刺身、コロッケ・・・ なんとも贅沢でした!!






・・・・あらあら、またdelayです。 確実に予備日も使うことになりました。

明日は、祖母谷から唐松山荘まで、標高2,000mあがります。
びびります。



>>>続きます。


<<<本山行目次記事はこちら<<<


◆関連リンク

祖母谷温泉 (食べログ)

山小屋 祖母谷温泉 (旅館 / 欅平)★★★★ 4.5




---
*2009年山行記録一覧はこちら

↓清き一票を。  ↓清き一票を。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ  


つっこみコメント、山行記録トラックバック大歓迎です。
コメント   この記事についてブログを書く
« 立山ー剱ー五竜ー鹿島槍縦走... | トップ | 天国のナメ・樋ノ沢【沢遡行... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

温泉」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事