Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

ロードバイクのポジション サドルの調整

2015-11-24 20:10:35 | ロード
ロードバイクでフォームや脚の使い方が決まる、ポジション出しは大切な事です
今回は最も重要なサドルの位置を触ってみます





自転車愛好家でサドルの位置で悩む人は多いと思います これは色々な要素が
絡むパズルの様でそこに人の感覚が加わるのでとても難しいですね






私の自転車は選手時代のポジションをそのまま
再現しています 最近体型の変化から少しサドルの
高さを上げた方が良いと思い 今の状態から 3mm
上げる事にします








それ程難しい作業では有りません 現在の高さに
テープを貼っておきます 糊が残り難いマスキング
テープを使っています








サドルの上下位置を変えるのはシートクランプの
ネジを緩めます 4mm のアーレンキーを使います
※ 正ネジです






クランプ部品を緩めるとシートポストを動かす事が
出来ます ここでサドルの高さを調整すれば完了です






今回は自転車を組んでから 3年弱 一度もサドルを
触っていないのでシートポストを抜きポストの状態も
確認してみます






シートチューブの中を拭いておきます




シートポストのチューブに入っていた部分が少し嫌な
汚れ方をしています





折角なので汚れを綺麗にしておきましょう 取付けの際に使った摩擦増強剤を
ウエスで拭き取りピカールで磨きます






この自転車に装着した時は綺麗な状態でしたが
ピカールで磨いても落ちない汚れ方をしています
アルマイトの腐食の初期ですね雨天では一度も
使っていないので、洗車時の水の浸入なんだと
思います 危ない処でした






サドルの取付けには Tacx タックスのカーボン用
摩擦増強剤を使っていました 今回もこれを使います








中身は綺麗なピンク色です 添加されている粒子は
フィニッシュラインのファイバーグリップより細かく
私はこちらの方が好みです




シートチューブの中も指の届く所は塗っておきます






シートクランプ用のパーツです内部にグリスを
塗っています






シートチューブも拭いておきましょう






先程のシートポストの状態を見ると水が入り難い様
少し多めのグリスを塗っておきます






締め付け用のボルトも綺麗に拭き取り新しいグリスを
塗ります






クランプ金物を取り付けシートポストを
差込みます






シートポストを奥まで入れると摩擦増強剤が
はみ出して来ました






これは添加されたコンパウンドが結構パーツに
傷を付けます そっと拭き取っておきましょう






サドルの高さを決めます 今回は既存より 3mm
上げます この 3mmについては自分なりに色々と
考えて出した寸法です






サドルのセンター確認 シートクランプも曲がって
いないか確認します シートクランプの割りは
フレームの背割りと被らない様にずらしている
物が多いですね






サドルの高さと方向が決まったのでアーレンキーで
ボルトを締め付けます 4mm のアーレンキーで
この長さなら 強く締め付けたと感じる位で丁度
良い加減ですね それでおおよそ 6~7Nm では
ないでしょうか




カーボンではないのでそれ程シビアなトルク管理は
必要ないかと思いますが 自分の感覚の補正の為
にもトルクレンチを使ってみます






自分の感覚に大きなずれは有りませんがそれを
確かめる為にも たまにこの様にするのも良いですね






これで予定していたサドルの高さ調整をしました
途中でついでに、と言う作業が多く有り時間が
掛りましたがした事は無駄にはなっていません





エノコログサ この時期に少し色が変って来ました、ネコジャラシとも言いますね
今回サドルの位置を触りましたが これは何時まででも話が出来る程の理屈は有ります
それに加え自分の感覚を重視して 3mmの数字は出しました その中にはハンドル位置も
含まれています、次はハンドルを触ります

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロードバイク サドルの水平を見る | トップ | ロードバイクのポジション ハン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。