Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

Campagnolo チェーンホイール取り付け IRIBE

2014-09-02 20:25:07 | ピスト
前回 B.B小物を取付けたイリベのトラックフレーム 今回はチェーンホイールを
取付けましょう オールドカンパと呼ばれる時代の物です





前回取り付けた B.B小物とセットで私が使っていたものです
今回はこれをもう一度使う事にします






PCD151 時代の物です 5ピンとアームとの隙間を
見れば PCD144 の物とは区別が付きますね






ギア板は古い BIA の刻印が有るマイティコンペで 
この頃は裏側にリブが有りませんでした 歯数は
46t です






歯数は 46X14t を使っていましたが 今回は 49X15t に
します そして裏側にはリブの付いた物を探しましょう






49t のリブ付が有りました 未使用のギア板です
このリブが有るだけで凄くしっかりしています






ギア板を交換します 使うのは 5mm のアーレンキーです




アームの裏側のナットがたまに共マイする事が有ります






そんな時はナットを押える為にこの様な工具を使います
写真のものは Park Tool CNW-2 700円程度です






5 ピンが外れギア板も外しました






ギア板と 5アームの接触部には薄くグリスを塗っています
絶対に必要なものでは無いですが ここは汚れが溜まり
ますから塗っておいた方が無難だと思います






新しいギアを付けます これもマイティの歯です






今回も薄くグリスを塗っておきます カンパグリスです






5 つのピンを交互、対角順に締めて行きます




ギアの交換が終わりました




寄り道



ギア板には歯数が刻印されています その刻印は
クランクの裏側に持って来ます これは競走相手に
使う倍数を解らない様にする為ですが こんな事も
やりましたね 人に依ればここにテープを貼ったり 
刻印を削ったり・・








新しいギアなのでオイルを引いておきます 歯だけに
必要なのではみ出した分は拭いておきます






さて用意が出来たので自転車に取り付けましょう
取付けにはこのフィキシングボルトを使います




使う工具は 15mm レンチ






これは難しい作業では有りません 直ぐに終わりますよ






クランクシャフトの四角テーパー部にグリスを
塗ります ここも汗や汚れが良く溜まる所で
グリスを塗っていても錆が発生する程です




綺麗な形をした部品ですね とても硬いクランクです






クランクをシャフトに差し込みます シャフトの
中心にはメスネジが切って有ります




そのメネジに使うのがフキシングボルトです






このネジ部やワッシャーにもグリスを塗っておきます






フィキシングボルトをシャフトにねじ込みます
正ネジです






15mm レンチを使いしっかりと締め込みます
この長さのレンチなら 目一杯締めれば O.K です

ただギア板近辺では レンチが滑って怪我をする事も
有るので充分神経を集中して作業を進めて下さい




右側は完了です






左側も要領は一緒です




before and after



クランクを差し込んだ状態と 締め込んだ後です
シャフトには 2度のテーパーが付いています






左右のクランクが取り付きました この時点で
玉当りの調整がしっかり出来ているかチェック
します ガタもなく回転も快調でした





近くの河原ですが綺麗な黄色い花が撮れました 少し久し振りです

このクランクは先輩が使っていた物を譲り受け使っていましたが
日本記録や全国大会での優勝など優秀な結果を残しています
あ、私はそんな立派な記録は残していません・・

前回の作業 【 Campagnolo B.B小物取付け IRIBE 】

コメント

Campagnolo B.B小物取付け IRIBE

2014-09-01 20:34:50 | ピスト
前回ヘッド小物を取付けた IRIBE イリベのトラック用フレーム
今回は B.B小物を取付けましょう Campagnolo の小物を使います





塗装の補修に長く掛っていましたが補修が終わりヘッド小物まで取り付けました
今回は B.B小物を取付けましょう




B.B 周りは塗装後そのままにして有ります






この自転車には SUGINO 75 の小物が使われていました
今回は私が選手時代に使っていた Campagnolo の小物を
使います






取外し後洗浄しオイルを引いて保管して有りました
そのオイルを洗い流しましょう SPIN スピンの
パーツクリーナーを使います 綺麗なピンク色です




各パーツのオイルが落ちました ボールレースも
シャフトも虫食いが無くまだ良い状態です






Campagnolo カンパニョーロと JIS のピスト用を
表す刻印です






この小物には カンパグリスを使ってやります
これはこの当時の優れた部品に対する私の敬意です
ピーナツグリスと言われた所以の独特の色をしています 
匂いも独特です でももうそう簡単には手に入りません






ロックリングの凹部に傷が有ります これ位は
許容範囲ですが替えてやりましょう




カンパの純正では有りませんが補修部品として
幾つか買い置きをしています




この傷はこのタイプのフックレンチを使い
凹部一ヶ所に力が掛るから仕方がないですね






今回は折角この工具が有るんだから こちらを
使いましょう 5つの爪で銜えます






ここからはメンテスタンドの上での作業です




まず塗装が終わったままの状態のハンガーシェルです
内部やネジを綺麗にしてやりましょう






分解時に内部とネジの掃除はしていますが 塗料が
飛散し付着しています ネジにオイルを塗り B.Bわんで
ネジを浚えてやります






右わんを入れたり出したりしながら奥まで
ねじ込んで行きます  入れたネジを一旦
戻すのは汚れを排出しながらの作業です




新しく綺麗なオイルがこれだけ汚れました
その分内部が綺麗になったと言う事ですね






先程は JIS 規格 国産の B.B わんを使いました
同じ JIS 規格でネジの外径とピッチが同じでも
カンパニョーロのネジはすんなり入りません ネジの
角度が異なるからですね

この辺の事を検証し以前記事にしています
宜しければどうぞご覧下さい 【 カンパ 互換性 】




もう一度カンパの小物でネジを浚えました これは
かなりの手応えを感じながらの作業です ネジが
補正され光っています






左側も同じ作業を行いました




事前準備が終わったので作業を進めます
少し DURA-ACE のグリスを使います






B.B小物の取付けは右側からです
ハンガーシェルの内部とネジにグリスを塗ります
錆とネジの固着を防ぐ為です この用途には
カンパのグリスよりデュラの粘着性の高いグリスが
良さそうな気がします




右ワンのネジ部にもデュラグリスを塗りました






右ワンをハンガーシェルにねじ込み
工具をセットします JIS 規格の右側は逆ネジです






ハンガーの右側はしっかりと締め付けます
この長さのハンドルでも目一杯の力を加えています




はみ出したグリスは直ぐに拭き取ります
置いておくと色々な所を汚す原因になります




回転部分にはカンパグリスを使います 今回の部品達が
現役の頃はそれ程選択肢がなった時代です そんな中で
このカンパグリスを使いトラブルが起きた事が有りません
ツールドフランスやオリンピック選手の自転車にも
きっと使われていたグリスですね






指先にグリスを取り右ワンの中に塗布します








ハンガーシャフトにも薄く塗り拡げます 部品を長く
使うつもりならしておいた方が良いですね 40年以上
経ったこのシャフトの状態を見て頂ければ その効果が
解ると思います






リテーナーにもグリスを塗ります




リテーナーをシャフトに装着します リテーナーの
方向を間違ってはいけません グリスの量は使用
目的に応じ加減すれば良いですね 
ただこの様な防水対策がされていない物は多少多目で
良いと思います 極端な事を言えばグリスの内側からの
圧力で水の浸入を止めるのも一つの方法です








シャフトを右ワンに当るまで差し込みます




今迄はウォーターシーフは使わなかったのですが
クロモリのフレームはパイプ内の錆がハンガー内に
落ちるので 今回の様な古いフレームには使った方が
良いですね 錆が回転部に回るのは良く有りません







ウォーターシーフの先にグリスを塗り ハンガーの
奥まで差し込み 右ワンに当ててやります






左ワンの内部にグリスを塗ります






リテーナーにもグリスを塗りワンに収めます
方向はこのベアリングの写真のままワンに入れるのが
正解です






左ワンをハンガーにねじ込みます こちらは正ネジです
指先をネジ山で切る事が有るので ピンスパナを使った
方が安全です






ロックリングを装着します




ここから玉当りの調整です ガタが出ない一歩手前の
一番回転の軽い部分に調整します 指先でそれを感じて
下さい 幾ら軽い方が良いと言ってもガタが有るのは
絶対にいけません






ここからはしっかりした工具を使います 左ワンに
使うカニ目レンチ






ロックリングに使うフックレンチです




一番良い場所でワンをカニ目で押え ロックリングを
締め込みます 一発で決まれば儲け物です、納得が
行くまで何度か繰り返す事も多く有ります

理屈と要領
指先で良い感じの一点でカニ目を使いワンを保持
その状態でロックリングを締め込むと 構造上ワンは
表に引き出される力が働きます この僅かな事で
回転にガタが出る事が有りますね 小物に依り癖も
有りますがこんな事も考え見込みながらの調整です




B.B小物の取付けと調整が完了です





CAMPAGNOLO 私達選手の憧れでも有り耐久性が高く試合で安心して使える部品でした
お金が無くても他の事を我慢してでも揃えた部品です 決して粗末には出来ません
40年以上前にこの様な部品を作る事が出来た Campagnolo 本当に素晴らしい会社だと
思います

前回の作業 【 ヘッド小物取付け IRIBE 】

次の作業 【 Campagnolo チェーンホイール取付け IRIBE 】

コメント (6)

ヘッド小物取付け IRIBE

2014-08-31 20:56:27 | ピスト
先日塗装の補修が終わった IRIBE イリベのトラックフレーム 塗装も乾燥したので
フレームのお披露目とヘッド小物の取付けも行います





私の友人が競輪競走で使っていたフレームですが ヘッド周りに錆が出始めて
いましたので 錆の進行を防ぐ為に補修をしました




部分補修で済ませるには同じ色を用意出来ないので
違う色を使いながら どの様に落ち着かせるかが
難しい処でした




ボカシ塗装なども考えましたが ステッカーを
生かしながらの狭い範囲では難しく マスキングテープで
見切りを付ける方法を取りました、これは思った以上に
上手く塗り別けが出来 自己満足の出来栄えでした




さて補修が終わったフレームにヘッド小物を装着
しましょう 外した時の状態で保管して有ります






油脂類で汚れたパーツを丁寧に洗浄します
パーツクリーナーは強い洗浄力を誇る SPIN を
使います




汚れていたヘッド小物が綺麗になりました
1インチスレッドの JIS 規格 Hatta SWAN ハッタの
スワンです NJS の刻印が入っています






パーツと必要な工具を用意しました




グリスは水に強いと謳われている フィニッシュラインの
テフロングリスを選びました






まずフレームのヘッドパイプの内側にグリスを
塗ります これは錆を防止する為でそれ以外の
意味は有りません 絶対に必要な事では有りませんが
フレームを長く使うのならやっておいた方が良いでしょう






ヘッドパイプの上部にはヘッド小物の上部玉押しが
入ります 下部には下わんです




ヘッド小物の圧入工具をセットします




before and after



上部玉押し 圧入前後






下部わん 圧入前とその後




フレームに圧入した後はみ出したグリスは
綺麗に拭き取ります




フロントフォークのクラウンにもパーツを
圧入します






クラウンレースです フォークのスレッドから入れ
フォーククラウン上部に取り付けます






ここで使う工具は何種類か有りますが私が用意
したのは 玉押し用のスライドハンマー
フォークコラムに添ってスライドさせ 玉押しを
かち込みます




上手く圧入出来ました




ヘッドの回転部分を組立てます






リテーナーにはグリスを塗布します グリスが多いと
手応えが重くなりますが今回の分解時この付近は汗に
依る影響が大きかったので やや多目のグリスを
使う事にします






上部玉押しにもグリスを塗布しリテーナーを
置きます リテーナーには方向が有るので注意が
必要です






同じ要領でフォーククラウンにもリテーナーを
置きました






フォークをヘッドチューブの下から差込みます
上部にはスレッド(ネジ)部が見えます






上部ワンをねじ込み 舌付のスペーサーを
入れます






最後は最上部の袋ナットを入れ ウエスで汚れた
部分を拭き取ります






玉当りの調整ですが 32mm のヘッドスパナを
2本用意しました 上部わんと袋ナットにスパナを
掛けお互いを締め付けロックします ただこの状態では
調整が難しいので前輪を付けてから もう一度調整を
行います




これでヘッド小物の取付けは完了です




これで自転車のフレームらしくなりましたね




before and after



ヘッド周り 全く印象が変わりました






フォーククラウン上部のクモの巣の様な
塗装下の錆の除去








ヘッドパイプ下部の錆 研磨し補修をしました
部分補修ですが思い描いた補修は済ます事が
出来ました





組み替えるのなら 分解した時にやってしまおうと以前から気になっていた処の
補修作業でした これで心置きなく組む事が出来ます

前回の作業 【 フレームの仕上げ塗装 クリアを吹く IRIBE 】

次の作業 【 Campagnolo B.B小物取付け IRIBE 】

コメント (4)

第13回 おのみどりさんの絵本展

2014-08-30 20:21:26 | よもやま話
毎年兵庫県芦屋市で開催される絵本作家 おのみどりさんの てづくり絵本展へ
今年もお邪魔しました





とても清楚な空間です 会場は兵庫県芦屋市に有る喜楽苑と言うお年寄りの施設
その中のギャラリーが会場です この施設の従業員の方達はとても素晴らしい
方達だと評判です




おのみどりさんの経歴です 色々な所で
活躍されています




入口を覗くとすでに多くのお客さんがいらっしゃいます




テーブルには絵本が これはオリジナルのお話で
全てが手作りです 壁には絵画が掛けられています






これらの絵画は画家だったみどりさんのお父さんが
描かれたものです






そしてお母様は俳句を詠まれる俳人だとの事で
この様な本を何冊か出されているそうです






これは今年初めてみました みどりさんの
お嬢さんの絵本です







語学が達者なお嬢さんらしいです







こちらは違う絵本 お子さんが誕生しそのお子さんに語りかけています



  
壁にはポップアップカードが展示されています




今回とても魅かれた絵本です 少し見て頂きましょう





はじめてもらったのは三時しか差さないとけいです





少し大きくなってもらったとけいです



  
お揃いの時計になりました
記念の時計は宝物です



  
お父さんは時間を合わせ奥さんは掃除をします
好きな時計に囲まれて幸せです





おとうさんが一人で天国へ行きました




時間を合わせてくれるお父さんが居なくなり
お母さんは時間がわかりません



  
あなた今何時? さんじ・・・
ひまごの腕にはお父さんが描いたのにそっくりな 
いつもさんじのうでどけい





子供やみんなが来てくれて幸せだからお父さん安心してね・・
ちょっとせつなくなるお話しですね





みどりさんの携帯のストラップ さすがに緑です

こんな素敵な絵本が一杯でした 私も一度に全部が読めないので一年に一冊づつ
読ませて頂いています 後何年お邪魔すれば良いかな・・

コメント (2)

フレームの仕上げ塗装 クリアを吹く IRIBE

2014-08-29 20:23:52 | 自転車 塗装
塗装の補修を行っているイリベのトラックフレーム 今回は最後の仕上げ
クリア塗装をします





前回クリアを吹いたフロントフォークの塗装が乾いています フォーククラウンに
段差が無いタイプなのでどうしようかと思いましたが マスキングで見切りを付けました
マスキングに依る段差や毛羽立ちも無く上手く仕上がりました






エンド金物が酷く錆びていましたが 表面を少し
研磨してからクリアを吹いています




ただフォーク本体には細かな傷も有り 全塗装と
同じ様に全てが綺麗になった訳では有りません






チェーンステー右側の傷の補修は シルバーを
塗っています これだけでは少し淋しいので
ステッカーを貼ります






チェーンステーにはテープでガイドラインを作り
ステッカーの素材は薄く指先の体温でも伸縮するので
マスキングテープへ一度預けます






ガイドラインに沿ってステッカーを貼り 良く擦り
しっかりとフレームに密着させます 
その後マスキングテープを剥します






最後にガイドラインのテープを剥して ステッカーは
完了です






さて今回はクリア塗装までして フレームの塗装補修を
完了させましょう






右側のチェーンステーは 深い傷が多く有ったので
古い塗装を均しハンガーシェルを見切りにし シルバーを
吹きました でもハンガーシェルにはまだチェーンに依る
傷が残っています 
しかし今回、ここに補修塗装をすると又違う色が必要です 
そこまで色を多く使うのはあまり良く無いので ここは
表面を調整しクリアのみ吹く事にします





クリア塗装は新たに色を吹いた部分だけでは無く
フレーム全体に吹く事にしましょう






ハンガーの裏側も良く塗装が剥げ錆が出ています
ここも 1000番の耐水ペーパーで研磨してやります






フレーム全体に 2000番のペーパーで擦り
足付けを行います クリア塗装の食い付きを
良くする為に行う工程です






フレーム全体の足付けが終りました 軽く表面を
擦る程度です




研磨した後のフレームを洗います






雑巾で全体を綺麗に洗い流してやります






洗い流して綺麗になりました 水は良く切ります






塗装前にフレーム全体の脱脂が必要です
これはとても大切な事で 丁寧に隅々まで行います




これから塗装に掛かりますが 塗装をする時の
フレームの位置や自分の体勢はやはり塗り易い方が
良いですね その辺りを考えながらの簡易塗装台です






今回使うクリアは Holts' のカースプレーです






フレームの裏側や塗料の入り難い所から始めましょう
下の写真はシートステーの集合部を裏側から見ています




一度目の裏側が吹き終わったので フレームを
正立させました ここでもパイプが集合し入組んだ
所から吹き始めると良いと思います






一度で綺麗に艶を出そうとしてはいけません
その気持ちを抑えゆっくりと何度も吹きましょう






ハンガーシェル部は古い塗装を均しただけです
クリアは錆止めですね ステッカーは一度に多くの
塗料を吹くと皺になる事が有ります表面がザラザラな
砂吹きから始めます






何度か重ね塗りをしクリア塗装が完了しました




少し前の COLNAGO コルナゴの塗装では何度か
手直しをしたヘッドラグ周り 今回は綺麗に
マスキングが出来ました 少し嬉しいです





これでフレーム塗装の補修が完了しました 今回はあくまで補修と言う事で
主に錆びが発生している部分の進行を抑えるのが目的でした そんな事も有り
はっきりとした計画も決めずに進めた作業でした 色合わせが出来ない補修作業
クリアが乾燥したら全体像を見て頂きます

前回の作業 【 クリア塗装 フロントフォーク IRIBE 】

次の作業 【 ヘッド小物取付け IRIBE 】

コメント