Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

フレームの仕上げ塗装 クリアを吹く IRIBE

2014-08-29 20:23:52 | 自転車 塗装
塗装の補修を行っているイリベのトラックフレーム 今回は最後の仕上げ
クリア塗装をします





前回クリアを吹いたフロントフォークの塗装が乾いています フォーククラウンに
段差が無いタイプなのでどうしようかと思いましたが マスキングで見切りを付けました
マスキングに依る段差や毛羽立ちも無く上手く仕上がりました






エンド金物が酷く錆びていましたが 表面を少し
研磨してからクリアを吹いています




ただフォーク本体には細かな傷も有り 全塗装と
同じ様に全てが綺麗になった訳では有りません






チェーンステー右側の傷の補修は シルバーを
塗っています これだけでは少し淋しいので
ステッカーを貼ります






チェーンステーにはテープでガイドラインを作り
ステッカーの素材は薄く指先の体温でも伸縮するので
マスキングテープへ一度預けます






ガイドラインに沿ってステッカーを貼り 良く擦り
しっかりとフレームに密着させます 
その後マスキングテープを剥します






最後にガイドラインのテープを剥して ステッカーは
完了です






さて今回はクリア塗装までして フレームの塗装補修を
完了させましょう






右側のチェーンステーは 深い傷が多く有ったので
古い塗装を均しハンガーシェルを見切りにし シルバーを
吹きました でもハンガーシェルにはまだチェーンに依る
傷が残っています 
しかし今回、ここに補修塗装をすると又違う色が必要です 
そこまで色を多く使うのはあまり良く無いので ここは
表面を調整しクリアのみ吹く事にします





クリア塗装は新たに色を吹いた部分だけでは無く
フレーム全体に吹く事にしましょう






ハンガーの裏側も良く塗装が剥げ錆が出ています
ここも 1000番の耐水ペーパーで研磨してやります






フレーム全体に 2000番のペーパーで擦り
足付けを行います クリア塗装の食い付きを
良くする為に行う工程です






フレーム全体の足付けが終りました 軽く表面を
擦る程度です




研磨した後のフレームを洗います






雑巾で全体を綺麗に洗い流してやります






洗い流して綺麗になりました 水は良く切ります






塗装前にフレーム全体の脱脂が必要です
これはとても大切な事で 丁寧に隅々まで行います




これから塗装に掛かりますが 塗装をする時の
フレームの位置や自分の体勢はやはり塗り易い方が
良いですね その辺りを考えながらの簡易塗装台です






今回使うクリアは Holts' のカースプレーです






フレームの裏側や塗料の入り難い所から始めましょう
下の写真はシートステーの集合部を裏側から見ています




一度目の裏側が吹き終わったので フレームを
正立させました ここでもパイプが集合し入組んだ
所から吹き始めると良いと思います






一度で綺麗に艶を出そうとしてはいけません
その気持ちを抑えゆっくりと何度も吹きましょう






ハンガーシェル部は古い塗装を均しただけです
クリアは錆止めですね ステッカーは一度に多くの
塗料を吹くと皺になる事が有ります表面がザラザラな
砂吹きから始めます






何度か重ね塗りをしクリア塗装が完了しました




少し前の COLNAGO コルナゴの塗装では何度か
手直しをしたヘッドラグ周り 今回は綺麗に
マスキングが出来ました 少し嬉しいです





これでフレーム塗装の補修が完了しました 今回はあくまで補修と言う事で
主に錆びが発生している部分の進行を抑えるのが目的でした そんな事も有り
はっきりとした計画も決めずに進めた作業でした 色合わせが出来ない補修作業
クリアが乾燥したら全体像を見て頂きます

前回の作業 【 クリア塗装 フロントフォーク IRIBE 】

コメント

クリア塗装 フロントフォーク IRIBE

2014-08-28 20:20:04 | 自転車 塗装
前回フレームのヘッド周りに仕上げの色を吹きました 今回はすでに
上塗りが終わっているフロントフォークにクリア塗装をしましょう





フレーム本体とフォークに別け仕事を進め それぞれの塗装が乾く間に
次の作業に掛かっています 今回は上塗りが乾いたフォークにクリア塗装を
施します




メタリックの塗装には最後の仕上げに艶を出す為の
クリア塗装が必要です その前に塗装面の調整を
行います






2000番と 800番の耐水ペーパーを用意しました




フォーククラウンにマスキングをし金色を塗りましたが
マスキングの見切り部分にやや塗装の返りが出来ます
それを綺麗に均しましょう




もう一つはエンドに錆が出ています これを 800番で
綺麗にしてやります






塗装の返りは 2000番のペーパーをほんの軽く
当てるだけで終らせます あまり擦り過ぎると
メリハリが無くなってしまいます 
そしてフォーク全体を擦り足付を行います






それぞれの工程が終わりました エンドは錆も深く
これ以上するなら 酸洗いでもしないと取り切れません




クリアを吹く前に全体を良く脱脂します






やはり使うのは Holts' のカースプレー これは
粒子が細かくて仕上りが綺麗ですね






最初はほんの少し、砂吹き程度から始めます
クリアは塗料も柔らかく注意をしないと直ぐに
垂れます




エンドも空気に触れなければ錆びが進む事は
無いでしょう でも直ぐに剥がれる部分ですね




何度か重ね塗りをし良い艶が出て来ました





クリアが垂れる寸前まで吹いています 塗装を進めていると もう少し、もう少しと
綺麗にする為の欲が出て来ます そしてつい限界を超えてしまう事が有ります
その手前で妥協するのも大切ですね クリアを垂らすと少し悲しくなります(笑)

前回の作業 【 上塗り塗装 ヘッド周り IRIBE 】

次の作業 【 フレームの仕上げ塗装 クリアを吹く IRIBE 】

コメント

上塗り塗装 ヘッド周り IRIBE

2014-08-27 20:09:06 | 自転車 塗装
先日より塗装の補修を進めている IRIBE イリベのトラックフレーム
今回はヘッド周りの上塗りを行います





前回塗装をしたフォーククラウンです やや癖の有るゴールドなので
この上に別の色を薄く塗装しこの色を透かそうかと考えましたが 
私にそんな技術も無く 多くを望むのは止め、この色のままで行く事にします




今回は下地の処理の後サフェーサーまで
吹き終わっているヘッド周りを進めて行きます






サフェーサーのマスキングの部分に段差が出来ています
それを耐水ペーパーで均して行きましょう 1000番を
使います




ペーパーを水で濡らしながら使います






元の塗装の上に吹いたサフェーサー 
その見切り部分を全体に研磨します






指先で触り段差を感じ無い程度まで水研ぎしました
この上に上塗りをしますが その前に油脂分を脱脂
します






ヘッドのラグ周りをマスキングします
ここは慎重な作業が必要ですね






マスキングで塗装の出来具合も変わってきます
出来るだけ丁寧に行いましょう





本職の人が見れば笑われるかも分りませんが 私にすれば上手く行った方です
少し前にコルナゴのフレームでかなり手こずったので 少しは進歩したかも分りません






フォーククラウンと同じ色を使います 細い
パイプのクロモリフレームはあまり色数を
増やさない方が無難です






一度に厚塗りはせず砂吹き程度から始め
徐々に濃くして行きます






塗装の完了後 マスキングテープは塗料が完全に
乾燥するまでに剥した方が上手く行きます
ラグの形も綺麗に出ました





マスキングも綺麗に剥がれました 拘りの有るイリベさんのラグワーク
それは出来るだけそのまま生かしたいですね それを意識してか 実際
元の塗装もかなり薄い塗装がして有りました 
さてこのヘッド周りは塗料が乾燥するまで置きます その間にフロント
フォークにクリアを吹き仕上げが出来るかな・・

前回の作業 【 フレーム塗装の補修 チェーンステー IRIBE 】

次の作業 【 クリア塗装 フロントフォーク IRIBE 】

コメント

フレーム塗装の補修 チェーンステー IRIBE

2014-08-26 20:06:08 | 自転車 塗装
前回から塗装の補修を始めた IRIBE イリベのトラックフレーム
今回はチェーンに依る傷が多いチェーンステーの美装に掛かります





トラックフレームは走行中にチェーンステーに傷が付く事は有りませんが
車輪を脱着する時に気を付けていても傷が付きますね このフレームも
表裏両方に傷が有ります






ホイールを外す時に前ギアからチェーンを外し
内側に落すとこの様な傷が付きます チェーン
ガードの保護シールも貼って有りますが全てが
カバー出来ない様です






まず保護シールをドライヤーで温めながら
剥して行きます




シールを剥し残った糊もシンナーで拭き取りました






傷が付いた部分を耐水ペーパーを使い均して行きます
裏側の傷は自転車を逆さまにする整備スタンド 倒立台を
使うからですね

倒立台とはこの様な物です 【 自作 倒立台 】




チェーンステーの塗装の研磨が終わったので 
錆が発生するまでにマスキングを行いましょう








手が思う様に入らないハンガーシェル部分ですが
手早くマスキングを済ませました






時間を置かず錆止めを吹き付けました この後
しばらく乾燥させます






頃合いを見て補修の塗装も行いました 全く同じ色を
用意するのは無理なので シルバーを吹きました
自転車を組んだ時にどう見えるかはお楽しみですね




フレーム本体はシルバーが乾くまで触れません
前回サフェーサーを吹いたフォーククラウンの
塗料が乾いているのでこちらを進めます






サフェーサーのマスキングの境目 見切り部分の
段差を耐水ペーパーで無くしました






この補修部分をどの様に処理をしようかと思って
いました ボカシ塗装も頭に有ったのですがこれは
この狭いスペースでは無理なのでマスキングで
見切りを付けます






買い置きのカースプレーです フレームの色に
合せるとやはりこれくらいでしょうか ただ使い方を
間違うと とてもくどい色になってしまいます






一度に厚塗りをせずに何度か重ね塗りをします




一応選んだ色を塗り終えました





かなり主張の強い色です この上からフレームに近い色を透かして吹き
この色を大人しく見せようかとも考えています ただどの様な感じになるか
全く見当が付きません これが完全に乾燥するまでに結論を出しましょう

前回の作業 【 フレーム塗装の補修 ヘッド周り IRIBE 】

次の作業 【 上塗り塗装 ヘッド周り IRIBE 】

コメント (3)

フレーム 塗装の補修 ヘッド周り IRIBE

2014-08-25 20:16:25 | 自転車 塗装
組み替えの為に分解した IRIBE イリベのトラックレーサー フレームに細かな傷が目立ちます
塗装の下から錆が発生している部分も有りその辺りの補修を行います





イリベのトラックフレームです 私が乗る為にこれから組立てる予定ですが
その前に塗装の傷などの補修をする事にします






ヘッドチューブの下部ワンが圧入されていた部分です
ここに塗装の下から錆が出て来ています ワンとパイプの
間に汗が溜まるのが原因でしょう






フォーククラウンです ここにもクモの巣の様な錆が
出ています これはこれから拡がる錆です是非今の
間に補修をしておきたい部分です
その他チェーンステーにもチェーンに依る傷が有り
そこは見た目が良くないので化粧をしたいですね

ただ今回の部分的な補修はかなり難しい仕事に
なりそうです 私の手に余るかも分りませんが
取りあえず前に進みます






塗装の補修は傷や錆の研磨、均しから始めますが
シールが有っては出来ません これを剥しましょう






ドライヤーでシールを温めてからカッターでシールを
剥ぎ取ります ただこの気温の高い時期にはそのまま
でも良いかも分りませんね




残ったシールの糊をペイント薄め液で除去します




塗装を研磨する為の耐水ペーパーを用意しました






この作業は表でやります 結構周囲が汚れる作業です






耐水ペーパーは水に濡らしながら仕事を進めます
これでペーパーの目詰まりが防げます






塗装の補修は傷が小さくても 研磨する面積は
その数倍広く均して行く必要が有ります






ただ今回は次の塗装の事も考えると何処までも
研磨を拡げる訳に行きません ギリギリで終え
ました 
今回のクモの巣の様な錆は見た目以上に深く
サンドブラストでも底まで取れないと言われます
底まで研磨するとフォーククラウンの形まで変ります
手作業では有る程度の妥協も必要です




この後錆止めの塗料を吹きますが その為の脱脂を
行います 塗装ではとても大切な事です






錆止めを吹くためにマスキングをします
金属を水研ぎすると恐ろしく早い時間で
錆が浮いてきます ゆっくりとしていられません






使う塗料は車用のカースプレー これもメーカーに
依り使い勝手が違いますね 私は使い慣れた Holts
の物を使います





錆止めと塗料の食い付きを良くするサフェーサーを吹き終わりました
マスキングは完全に乾燥するまでに剥した方が良いですね






フォークのサフェーサーが乾燥するまで
ヘッドチューブの補修を始めます






ヘッドチューブのシールも剥しました




糊の除去や脱脂は状況に併せ有機溶剤も
使い分けます






今回はヘッドチューブの右側にも深い傷が有ります
何かに当てたのか少し凹みも有ります






ヘッドラグの下部だけでは無くヘッドチューブの傷を
補修する為にはさらに仕事を難しくします でも行って
しまいましょう






この様にチマチマと狭い場所を研磨して行きます






補修をしたい部分の錆落しと塗装の均しを終えました






塗装をしたい部分の脱脂とマスキングが終わりました







今回も塗装の下地と錆止めを兼ねたサフェーサーを
吹きました





サフェーサーが有る程度乾いた時点でマスキングを外します
フォーククラウンも適当なマスキングですが一応先の事は考えています
上塗りをする時にはもう一度この部分の研ぎ出しを行います

この後する事はまだまだ有ります、塗装の工程も多くなりますね
次はチェーンステーの美装に掛かりましょう

前回の作業 【 ヘッド小物の取り外し IRIBE 】 

次の作業 【 フレーム塗装の補修 チェーンステー IRIBE 】

 
コメント