Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

フロントブレーキの取付け ULTEGRA BR-6800

2016-02-13 20:23:58 | 自転車整備 ブレーキ
ロードバイクのブレーキの取り替えを行っています 今回使うのは ULTEGRA BR-6800
良く出来たブレーキだと思います、その取付け手順のご紹介です





シマノ アルテグラ BR-6800 デュラエースの下位グループの部品ですが
とても良く出来たブレーキだと思います 前回に古いブレーキを取り外し
準備も出来ているので新しいブレーキを取り付けましょう




前回に古いブレーキを取り外した際 ギザワッシャー部分の
塗装が剥がれたのでプラサフでタッチアップをしました
これは必ず必要な事では有りません






ブレーキ取付け用のナットです






新しいブレーキを購入すると 取付けボルトは
フロントフォークの多様化から 5つの長さの
ナットが付属しています




私の自転車には 30mm の物を選びました これは
フォークに依って現場合せで選ぶ必要が有ります






取付け用のシャフトにグリスを塗っています
ワッシャーはギザギザでは無くブラストされた物
これが実に良い、後にするセンター出しも一発で
決まります






ブレーキ本体をフォークの穴に差し込みます






本体の取付けはフォークの裏側から行います






先程選んだ取付けナットを 5mm のアーレンキーを
使い締め込みます






フォークにはネジの頭が隠れる様に座グリがして
あります






ブレーキ本体を取り付けましたがまだ本締めは
していません ワイヤーを張ってみましょう






ブレーキが小振りになりアウター受けがハンドルから
遠くなったので このままではワイヤーが短いですね
一度試してみます






ワイヤーがツンツンでアウター受けに収まりません
アジャストボルトを上に延ばせば一応取付けは
出来そうです(良い事ではありません)






取りあえず今回は作業を進めます 箱から出した状態では
本体に有るクイックは開放されています それを閉じます
通常の使用時は閉じた状態で使います






ブレーキワイヤーを操作が出来る程度に固定します
工具は 5mm のアーレンキーです インナーワイヤーの
長さはこのままで行けそうです






アジャストボルトをこれだけ伸ばしアウターは突っ張る
事が無くギリギリ使えます これ以上ボルトを伸ばす
必要が有れば作業を中断しますが 今回は先へ進みます






ブレーキゴムの位置調整を行いました 取付け用ネジに
4mm のアーレンキーを使い リムの上端から1〜2mm下へ
ゴムの上端をセットします






ゴム、ブレーキシューとリムの隙間が左右揃っていません
この隙間を同じにします ブレーキのセンター調整です






一旦ブレーキの取付けナットを緩めます 本体が
左右に動く程度で OK です






ブレーキレバーを強く握り込んだ状態で 取付けボルトを
締め込みます、これでほとんどセンターは出ます








センター出しで微調整が必要な場合 ブレーキ本体の
調整ボルトで行います 3mm のアーレンキーが必要です




ブレーキシューのトーイン調整です シューの後ろ側に
紙などを挟みブレーキレバーを握りながら進めると
手早く出来ます






クイックの裏側に張ってある保護材は剥してしまいます
たまにこれを貼ったままの自転車を見ますが格好の
良いものじゃありません 
これは箱に入った状態ではワイヤーのクランプ部が
本体に当るので、このシートで保護されています 
クイックが開放されているのも同じ理由です








ブレーキレバーの握り代をワイヤーの張り加減で
調整します これは自分の好みが有るので安全に
使える範囲で行います 微調整は本体のアジャスト
ボルトで行えば良いでしょう




取り付けと一通りの調整が終わりました はみ出した
油脂や手の脂を拭き取っておきます






取付けが完了しました 私の使っているフレームの
フォークが長いのでブレーキシューの位置がこの様に
下の方になります このブレーキのリーチは 51mmです






今回の取り替えでの問題点は アジャストボルトを
これだけ上げて装着した事ですね 上部から10mm
アウターケーブルが入っています、これでは一番
弱い部分で本体に取り付けている事になります
ここは要注意です





今回取り外した DURA-ACE BR-7403 このブレーキに問題が有る訳では有りませんが
ブレーキの効きの甘さが気になっていました これはブレーキの当り面の無いピスト用の
リムを使っていてそれが原因だと想像しています








取り外したブレーキのシューを見てみると、ゴムの
上部 1/4 程度しかリムに当っていません さすがに
これでは辛いですね





今回の ULTEGRA BR-6800 は前後共取り替えました 調整作業の時点では
タッチも軽く良く出来た部品だと思います この状態で制動力も試しながら一度
乗ってみましょう そして一番大切な事、フロントのアジャストボルトの部分に
不安を残すのは良く有りません この後バーテプを取り寄せアウターケーブルの
長さ調整を行う事にしましょう

前回の作業 【 フロントブレーキの交換 ULTEGRA BR-6800 】

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フロントブレーキの交換 ULTEGRA BR-6800

2016-02-11 20:20:26 | 自転車整備 ブレーキ
先日からロードバイクのブレーキを交換をしています 古いタイプの DURA-ACE から
新しい ULTEGRA への換装です 今回はフロントブレーキの取り替え手順を
ご紹介させて頂きます





Shimano ULTEGRA BR-6800 2013年5月に発売された新しい構造を持った
デュアルピポットのブレーキです 綺麗な形で良い雰囲気を持った部品だと思います






リアブレーキは前回までに終わらせていますので
今回はフロントブレーキの交換を行いましょう






現在使っているブレーキは DURA-ACE BR-7403
シマノの 7400系のパーツはとても良い部品だと
思います






フロントブレーキを取り外します ワイヤーを
外してしまいましょう 5mm のアーレンキーを
使います






クランプボルトを緩めインナーワイヤーをフリーに
します ※ ボルトは正ネジです






アウターとインナーワイヤーの両方を本体から
抜き取ります




緩めたクランプボルトは軽く締めておきます
どちらでも良い事ですが パーツの紛失を防ぐのが
目的です このネジ一つ無くなっても次に使う時に
大変困ります






ブレーキ本体を外します 取付けネジはフロントフォークの
裏側に有ります ナットの頭がフォークに収まる枕頭ナットです






5mm のアーレンキーを使いネジを緩めて抜いて
しまいます ※ ネジは正ネジです






これでブレーキはフリーになっています
本体をフォークのブレーキ穴から引き抜きます






取り外した BR-7403 遊びやガタもなくまだ充分
使えます 枕頭ナットも元に戻しておきます








ブレーキが無くなったフロントフォーク 今迄掃除が
出来なかった部分の汚れを落しておきます






ブレーキのギザワッシャーにフレームの塗装が
引っ付いて来ました 少し厚みが有ります






このまま次のブレーキを取り付けるのは少し
抵抗が有ります






塗装の段差が気になるので ワッシャーの部分に残っていた
塗装を剥しました 黒く見えるのは錆止めだと思います






カッターの刃で金属部分に傷を付けてしまいました
そのままでは良くないので補修をします 油脂を
拭き取っています




サフェーサーを塗っておきましょう でもスプレーを
する程でも有りません






紙コップの底にスプレーし面相筆でタッチアップします
でもこれをすると乾燥するまで 作業が出来ません・・




ここまでする必要は無いのかも分りませんが
この部分は体指や汗 また道路の汚れなどが
溜り易い所です 自転車を長く使おうとすれば
これくらいしておいた方が良いですね






剥がれた塗装は 0.5mm の厚さが有りました
やはりこれだけの段差が出来た上にブレーキを
取り付けるのは良くないでしょう




今迄使っていたワイヤーの汚れを拭き取り
状態を見ておきます






インナーもアウターも問題は有りません 長さが
足りるならこのまま使いましょう




3年前にこのアウターの先端処理をした時には 
外部の被覆をこの様にカットをした記憶が有りません
ブレーキのアウター受けの内部の形がこうなっているの
でしょうか 自然に削れたのでしょうね





さてプチ塗装をしたお陰で仕事が進まなくなりました 自転車小屋から歩いて直ぐの所にある
モスバーガーに来ました 採光豊かな店内で気持ち良くゆっくりしました
折角した錆止めなので一晩置いてから作業の続きを行います 次回は取付けを行いましょう

前回のリアブレーキはこちら 【 ロードバイク ブレーキの取替え ULTEGRA BR-6800 】

次の作業 【 フロントブレーキの取付け ULTEGRA BR-6800 】

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとしたお買い物 Vipro's グレサージュ

2016-02-09 20:05:49 | よもやま話
少し前までは寒波が到来という様なニュースが度々有りましたが
さすがにそんなに寒い日は少なくなって来ました 自転車に乗って
ぶらりとお散歩です




後輩がしているスポーツバイクの専門店 NRS
兵庫県の西宮市にお店が有りますが メカニックの
腕とオリジナルホイールを主力に展開しているので
売り物の完成車の展示はほとんど有りません




店主の橋本武彦君 自身も競技経験者であり
レースメカニックの経験も有り、併せて研究熱心です
一時体調を崩していましたが身体の自己管理を徹底し
体調と体型も元に戻り 身体から良い雰囲気が出ています






体調が良くなれば色々な事が積極的に出来る様になり
それに人が寄って来る様にもなります 今日も私以外の
お客さんが良く来ていました 以前には無かったコーヒー
サーバー これの使い方も上手になったらしいです(笑)






以前から気になっていた Vipro's ヴィプロスのメンテ用品
先程のコーヒーサーバーの横に並べて有ります NRS でも
使っていると言うのでそれを指先で触らせてもらいました
その感触は凄く良いですね グレサージュの方を一本頂いて
帰ります 




お昼前になったので二人で近くの食堂でお昼にします 
ここは毎日の献立が変わるらしく それは飽きなくて
良いですね お任せ定食は 500円






長くお邪魔して仕事の手を止めるのも良く有りません
そろそろおいとまします 19mm巾のチューブラータイヤ
TUFO JET PRO やや高めの空気圧で乗りますがゴロゴロと
路面を良く拾います 全くしなやかさの無いタイヤです
試してみます? 




帰って来ました 私は自転車屋さんに行っても今は気に
入った自転車が有るので、もう大きなお買い物をする事は
しばらく有りません それだけに遊びに来るだけの面倒な
奴で、自転車屋さんに何時も申し訳ないと思っています





今回のグレサージュはやはりテフロン系で水置換の性格も有る様です メーカーの HPの案内を
読んでいるともう少し手触りが重いのかと想像していましたが、私にとっては丁度良い粘度です
今、洗車後に使っているワコーズのチェーンルブに不満が有る訳では有りませんが 一度使い
比べてみます 使うのが少し楽しみなオイルです

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ロードバイク ブレーキの取替え ULTEGRA BR-6800

2016-02-08 20:21:13 | 自転車整備 ブレーキ
私のロードバイクのブレーキの取替えを行っています シマノの DURA-ACE BR-7403 から
ULTEGRA BR-6800 への交換です





今回は前後のブレーキを交換しますがリアの BR-6800R から始めています
凄く機能美に溢れた綺麗な容姿をしています 発売後3年近く経ちますが
評判が良いのでこれを選びました




前回までに古いブレーキを取り外し ブレーキの
大きさの違いに依るアウターワイヤーの長さ調整まで
行っています 今回はその続きを行います






アウターケーブルをカッターで切り落すと切り口は
この様な状態です これを何も考えずにそのまま
使うのは決して良くない事です この先端処理は
丁寧に行いましょう






切り口が荒れた金属部分はヤスリで擦って平面を
出してやります






ヤスリは固い金属が削れても樹脂で出来た被覆は削れません
金属の頭が覗く程度にカッターで被覆を切り落します






最後にカットした時に変形した内部のライナーを成形します
私はくじりを使っていますが 先の尖った物なら何でもOKです




アウターケーブルの端末処理 自転車にはこの端末が何ヵ所か有ります
そこを整えてやることでワイヤーの皺り(しわり)等が無くなり手応えの良い
自転車に仕上がります これだけでは有りませんが細かな事の積み重ねが大切ですね






アウターの処理が出来たので作業を進めます
最初にカットした時から少し短くしました
この何ミリの違いで見栄えが変わる部分ですね
組み手のセンスが表れます








インナーワイヤをブレーキ本体に固定します
この時は操作出来る程度の張りにしておけば結構です






クイックは閉じています 新しいブレーキにはその裏側に
保護テープが貼って有りますがこれは必要の無い物なので
剥してしまいます






ブレーキゴムの位置調整を行います リムの外周端から
1mm〜2mm 下へ離した所にブレーキゴムの上端をセット
します






ブレーキゴムのトーイン調整 これはブレーキの音鳴りを
防ぐ効果が有ります
ゴムの後部とリムの間に紙を挟み 一旦ネジを緩めてから
ブレーキレバーを握りシューホルダーの取付けネジを締め
込むと ゴムとリムの隙間が後ろより前の方が狭くなります
この加減は紙の厚さで調整出来ます シューホルダーの
トーインは 0.5mm 取付けネジの締め付けは 5〜7N.mです








次にブレーキのセンター出しを行います 一旦本体
取付けナットを緩めブレーキレバーを強く握りながら
再度ナットを締め込むと、ほとんどセンターが出ます
5mmのアーレンキーを使い 締め付けは 8〜10N.m です






今回はセンターが一発で決まったので触りませんでしたが
微調整が必要な時は ブレーキアームに付いている
センタリング調整ボルトを回転させて行います これに
使う工具は 3mm のアーレンキーです




最後にワイヤーの張り調整を行います






ブレーキレバーの握り代は人に依って好みが違います
自分が思う所でブレーキが効く様に確かめながら
インナーワイヤーを張りワイヤークランプのボルトを
固定します ここも 5mmのアーレンキーを使い
6〜8N.m で締め込みます






これでリアブレーキの取り替えが終わりました
今回使った工具達 取り外した古いブレーキは
また綺麗にして保管しておきます






フレームからブレーキまでのアウターのラインも
綺麗に出ました アウターを長くした分、インナーが
足らなくなるかと思いましたが丁度良い長さで収まって
くれています





今回のブレーキの取り替え作業、一つひとつの作業を丁寧に進めました
このブレーキを触っていて感じるのは凄くしっかりしています メリハリが有る部品ですね
取り付けて綺麗と感じるパーツです 次はフロントの交換を行いましょう

前回の作業 【 ブレーキを交換する BR-7403 から BR-6800 【

フロントはこちらです 【 フロントブレーキの交換 ULTEGRA BR-6800 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブレーキを交換する BR-7403 から BR-6800

2016-02-05 20:06:41 | 自転車整備 ブレーキ
現在私が使っているロードには DURA-ACE BR-7403 のブレーキを使っていますが
今回 ULTEGRA BR-6800 に交換します 作業風景をご覧下さい





SHIMANO ULTEGRA BR-6800 新しい構造を持ったデュアルピポットのブレーキです
と言っても発売されたのが 2013年5月ですから目新しい物では有りません これの
評判が良かったので使ってみる事にします






前後共交換しますがまず後ろから始めます
価格は定価フロント 7272円 リア 6721円です
この価格に見合った造りのパーツだと思います






現在使っている BR-7403 これの取り外しから始めます






ブレーキ本体にクランプされているインナーワイヤーを
外します ここでは 5mm のアーレンキーを使いますが
工具はネジの頭の奥までしっかり入れましょう






クランプネジを緩めるとワイヤーが開放されます
※ ネジは正ネジです








アウターケーブルを持ち上げ本体からワイヤーを
外してしまいます この時、ワイヤーを折ったり
しないよう丁寧に作業は進めて下さい






ブレーキ本体を取り外すのはシートブリッジの裏側
ここにブレーキ取付け用の枕頭ナットが有ります
使うのは 5mm のアーレンキーです






ナットを最後まで緩め ナットを抜いてしまいます
※ ネジは正ネジです






ブレーキ本体は真っ直ぐ引っ張ると外す事が出来ます








外したブレーキ本体 そこに枕頭ボルトを取り付け
ワイヤークランプ用のネジも軽く締めておきます
パーツを無くさない様にする為です 無くすと次に
使う時に困りますから・・






ブレーキ本体を取り外したフレームのブリッジ
傷や不具合が無いか良く見ておきます






こんな機会はあまり無いので汚れを拭き取り
ワックスも掛けてやります




綺麗になりました こんな事は自転車の性能とは
関係の無い事ですが 絶えず気に掛けてやる
自転車に対する気持ちですね






ワイヤーの古い油脂も拭き取っておきます






アウターの端末の状態 インナーの先端の状態にも
問題は無さそうです 再利用するつもりでいます






新しいブレーキ本体を取り付けます






ネジ部のシャフトにグリスを塗っています ブリッジの
中に隠れる部分の防錆が目的です ワッシャーを入れて
おきます






ブレーキ本体をブリッジのブレーキ穴へ差込みます
今迄はギザギザのワッシャーを使っていましたが
この平面のワッシャーは良いですね 摩擦力も高く
しっかりと止ります






本体取付け用のナットです 私はここにもグリスを
塗っています 余分な油脂は使わないと言う人も
居ますが 今迄この様にして古い部品も長く維持
出来ているので悪い事では無いと思います




取付けナットはブリッジの裏側から使います
ナットの頭が沈む様に座グリがしてあります






ここで使う工具は短い方が使い易いです 短かい
5mm のアーレンキーです




取付けネジは軽く締めておきます 本締めは後で
行います






ブレーキワイヤーを取り付けます ワイヤークランプの
ボルトを緩めます 5mm のアーレンキーです






インナーワイヤーをアジャストボルトの中へ通します








ワイヤーはアジャストボルトから本体のクランプ部へ
持ってきます






ワイヤーを固定する前に開放されたクイックを
閉じてやります






インナーワイヤーを仮に固定しようとしましたが
アウターが短いですね さて・・






一度ブレーキゴムを取り付け位置にセットし
どれだけアウターが短いのか正確に測ってみます
4mm のアーレンキーを使います






一旦ブレーキシューセットを取り外しました
そして必要な部分にグリスを塗ってから取付けます
この工程は絶対に必要な事では有りません自分の
良いと思う様にすれば良いと思います






ブレーキゴムの位置をリムに当る所まで上げます






ブレーキ本体を実際にブレーキを掛けている状態の
模擬動作をしてアウターケーブルの長さを決め
必要な長さにカットします





新しく切ったアウターケーブル 以前より長くなりましたがインナーもそのまま使えそうです
今回のブレーキを見た時に小振りになっていたのでアウターが足りるかな? と感じましたが
それが当ったと言う事ですね 記事が長くなって来ました、この後もう少し長さの微調整をし
ワイヤーの端末処理をしてから作業を進めて行きます 次回もお付き合い下さい

次の作業 【 ロードバイク ブレーキの取替え ULTEGRA BR-6800 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加