Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

シマノ ペダル 105 オーバーホール 洗浄、グリスアップ

2016-05-23 20:07:02 | 自転車整備 ペダル
前回分解をしたシマノのビンディングペダル 105 今回は洗浄しグリスアップを
行います 前回に続き解り易い様に写真を多く使い、ご覧頂きます





前回分解した シマノ 105 PD-5700 ビンディングペダルです 今回は
各パーツを洗浄しグリスアップまで行いましょう




パーツクリーナーにも好みが有ると思いますが
私はこの KURE の物を良く使います スプレー後
冷たいだけで乾燥が早く結局汚れが落ちなかった
と言う物も多く有ります KUREのこの商品は
乾燥迄に適度な時間が有るのが良いですね






今回のペダルのパーツはかなり細かな物が使われています
無くすと大変困る物も有るので 茶こしに入れてから洗って
います 各パーツの洗浄が終わりました






これからグリスアップを行います パレットの上では
ボールが何処へ行くのか分からないので ペーパー
タオルを敷いています




今回のグリスはフィニッシュラインのテフロングリスを
使います 特に特徴が有る商品では有りません メーカーは
水に強いと案内しています 私の感覚ではオールマイティに
使えるグリスと言う処でしょか






ペダルのシャフト全体にグリスを塗布します 錆びを防止
する目的も有りますが 他の部品との接触が多いこの軸には
多目のグリスを使った方が良い気がしています






シャフトの一番根元、クランク側に入れるシールです
方向が有るので注意が必要です 繊細な方がペダルの
内部側です






シャフトの奥まで入れ グリスを全体に塗っておきます








黒い樹脂で出来たロックボルト 内部にグリスを塗り
シャフトの奥まで差し込みます






金属で出来たリングです とても大切な役割を
していると思いますが 実際にはペダルの内部で
どの様な動きをしているのでしょう 見れる物なら
見てみたいです






先程のリングをシャフトに差し込みます 平らな方が
ボルト側です 形状から玉受けに見えますがそうでは
有りませんね




このペダルの回転部分はボールが 2ヶ所に使われます
そのうちの奥=クランク側の玉押しはシャフトのこの
部分になります






黒い樹脂製のブッシュをシャフトに差し込みます
これ以上奥まで入らないと言う所まで押し込めば
良いです






グリスを塗布し前出のシャフトの玉押し部に ボールを
12個並べます サイズは 3/32 今迄はあまり使われ
なかった小さなサイズです






回転部のケースで左右対称の形をしています 
両端の内側が玉受けになっています






内側にグリスを塗りシャフトに差し込みます
ボールが外や内側に逃げない様に注意






クランク側のボールが上手く収まっているか
確認を忘れてはいけません 




外側の玉受けにボールを並べます こちらも 12個です








玉押しをねじ込みます こちらもボールが重なったり
逃げたりしない様に注意して下さい






ロックナットを締め込みます




玉押しに 10mm のスパナ ロックナットに 7mm の
メガネレンチを使っています ここで玉当りの調整を
してロックナットを締め込みます 玉当りの調整は
一回で決まる事はあまり無いので、気にする事は
有りません 自分が気に入るまで何度でも行って下さい
※ ガタだけは絶体に駄目です






左右の回転部分のグリスアップと玉当りの調整が
終りました




回転部分をペダル本体に組み付けます






黒い樹脂のロックボルト全体にグリスを塗っています
これはねじ込む時の抵抗を少なくする位の意味しか
無いも分りません ただペダル本体内部のメスネジの
保護と言う事では塗った方が良いと思います






ロックボルト用の専用工具 TL-PD40 を使い
確実に奥まで締め込みます 工具の頭が 36mm
程度有るので大きく口の開く工具も必要です
※ ロックボルトは 左側、正ネジ 右側、逆ネジです





これでシマノ 105シリーズのペダル PD-5700 のオーバーホールが終了しました
このペダルに限らずデュラエース以外は基本的に同じ構造ですので同様に整備を
行えば良いと思います

前回の作業 【 シマノ105 ペダルのオーバーホール/分解 】

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

シマノ 105 ペダルのオーバーホール/分解

2016-05-20 20:13:20 | 自転車整備 ペダル
シマノの105シリーズ PD-5700 SPD-SL ペダルのオーバーホールを行います
沢山の写真で解り易くご案内させて頂きます





シマノのビンディングペダル PD-5700 105シリーズです DURA-ACE 以下のグレードは
基本的に同じ構造です 使用頻度の少ない今回のペダルですが分解整備を行いましょう






シマノのアルミプレートの SPD-SL ペダル PD-5700




分解に必要な工具はまずこれだけです シャフトを
外した後に次の作業へ進みます






ペダルの回転部分の分解は、この黒い樹脂の
ロックボルトを緩めます






ロックボルトを緩める為の工具 シマノの純正です
TL-PD40 これは絶対に必要です、使わないと後で
酷い目に合います






ペダルのロックボルトに工具を装着します






工具の四角部分は約36mm 有ります 少し口が大きく
開く工具が必要です ここで使っているのは設備工事で
良く使うトラップレンチと呼ばれるものです 使える物が
他に有ればこれに拘る必要はありません




結構固く締まっているのでペダル側も何かで
保持した方が良いと思います






ネジを最後まで緩めシャフトと回転部分を抜きます
※ ロックボルトはペダルの左側は正ネジ 右側は
  逆ネジです






シャフトと回転部分の一式が取り外せませた ケースの
端が茶色いのが少し気になります 良く観察しながら
作業を進めます




ペダル本体の内部デス奥にネジが見えています
入口付近はロックボルトがきつく入っている部分です





左右のシャフトが抜けました 次は回転部分の分解に進みます






先程気になったケースの端の色 左側は銀色をしています
この原因が分からないですね・・








回転部分の分解には 10mm のスパナ 出来れば
薄い物が有れば良いと思います




この回転部分の玉押しにスパナを掛けるのですが








薄いスパナと通常の物ではこの様な違いが有ります
この後上のロックナットにレンチを使いますが、通常の
スパナではレンチの掛りが浅くなってしまいます






ロックナットに使うのは 7mm メガネレンチが良い
でしょう






カップ&コーンの構造です 玉押しとロックナットの
両方に工具を使い ロックナットを緩めます








次は玉押しを外します 全て正ネジです




玉押しの奥にはボールが使われています 3/32 の
小さな サイズが 12個です






ベアリングのケースも簡単に引き抜けます






このケースに方向は有りません表裏同じ造作の様です




奥にも 3/32 のボールが 12個使われています






ベアリングのケースに隠れていた内部です
シャフトのこの部分が奥の玉押しになっています




シャフトに差し込まれた樹脂製のブッシュを
抜きます 差し込んであるだけなので少しの
手応えを感じながら引き抜けます








ロックボルトの端に金属製のリングが入っています
片方が玉受けの様な形状をしていますが そこには
直接ボールが触れている形跡は有りません








黒い樹脂製のロックボルトは差し込んで有るだけです






シャフトの一番クランク寄りにゴム質のシールが
入っています




とても貧弱な感じがします 傷めない様に気を付けないと
これだけの部品の供給はされていません






これで回転部分の分解は完了です
始めに気になったケースの色ですが ベアリングの
焼けかとも思いましたが内部まで均一に同じ色を
しています 玉受け部は白い色をしているので
焼けた訳ではなさそうです 理由は解りませんが
このまま使いましょう





左右の回転部分を分解しました 初めてオーバーホールをした時には
考えが及ばなかった事も少しずつ違う見方が出来る様になって来ました
この小さなボールと回転部分 これが本体の片側だけで脚の力を受け止めて
いる事に大丈夫なの? と感じていましたが、思いの外しっかりしているじゃ
ないのかと最近思い始めています

この後の作業 【 シマノ ペダル 105 オーバーホール 洗浄、グリスアップ 】

今回の作業で専用工具は絶対に必要と書きましたが それを使わなかった為に
ロックボルトが破損し、次の様な酷い目に合っています
過去記事 次の三部作 述べ7時間の物語は結構面白いですけどね・・ 
【 ペダルの整備 悪戦苦闘 】 【 ペダル こやつは手強いぞ 】 【 ペダル 雪辱戦の行方は 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第 70回兵庫県民体育大会 自転車競技大会

2016-05-18 20:14:44 | 自転車競技
お天気の良い 5月15日に兵庫県明石自転車競技場で大会が開催されました
その様子をご案内致します





今回は競技役員の依頼が無かったので観戦と選手のサポートで出掛けました
プログラムの表紙は JCFの強化選手、伊藤歩登(アルト)君







選手受付が午前9時〜9時30分 9時50分から開会式が始まりました 前回 4月の記録会から
朝練習が無くなり選手達はいきなり競技を走る事になります 選手達に話を聞くと概ね不評です
選手宣誓はプログラムの表紙にもなっている伊藤選手






DURA-ACE のチェーンホイール チェーンは金色を
配した IZUMI です 綺麗ですね






今回は珍しく競技場のバック側からも観戦してみました
ホームの審判棟と 1コーナー〜2コーナーです





1KmTT が始まりました 松岡 亮選手 1分14秒100 7位





伊藤歩登選手 1分8秒299 優勝





伊藤君のクールダウン 絵になりますね





スタート地点に向う小原洋未選手は元競輪選手です 1分10秒367 2位





BOMA のピストフレームのリアエンド付近 ホイールは CAMPAGNOLO GHIBLI 格好良いですね





ホーム側へ帰って来ました 4Km スクラッチ予選 黒いキャップは松元徳泰 元国体選手
少し前からピストに乗り始めていますが まだ昔の勘が戻らない様です ロードは良く
練習していますがやはりピストとは別物の様です





ケイリン予選 白い帽子の 1番車は小原選手 後方から最終バック一気の捲りで快勝
決勝戦も鐘過ぎの 1コーナーから早目の仕掛け 後方から一気に前団を飲み込み
ブッチギリの大差で優勝しています 上がり 12秒390






明石自転車競技場は JR明石駅前の明石公園の
中に有ります






公園内は緑が豊富でとても良い環境です
自転車競技場の隣接には明石城も有ります
お城の石垣です






明石市は日本標準子午線の街です 遠方に見えるのは
明石天文科学館 標準子午線上に建っているそうです
道路に有る消火栓の蓋はその科学館と明石海峡大橋です






明石で有名な魚の棚と 地元名物は明石焼き
たこ焼きのもの凄く柔らかい物ですが 地元では
玉子焼きと呼ばれています だし汁で食べます






こんな感じかな・・ 680円(だったと思う)




明石の紹介もさせて頂きました 来年はスポーツマスターズが
開催されます 明石にお越しになった選手や応援の方々も
是非明石焼きをお召し上がり下さい





KOGA KIMERA TRACK 1974年にオランダで設立されたブランドですね 伊藤選手が
ANCHOR から乗り換えています JCF の強化合宿で初披露するので Kinoさん写真は
それまで待って下さいと言われていました(笑)
久し振りに役員を離れての試合会場 とても楽しい一日を過ごさせて頂きました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホイールカバーのお手入れ

2016-05-16 20:39:33 | よもやま話
自転車のホイールとタイヤを保護するカバーですが それの補修をします
大事にして長く使ってやりたいですね






この様なホイールカバーが有ります 最近多く見られる
ホイールバッグとは少し違いますが自転車にホイールを
装着したまま使える便利さも有ります




この便利なカバーも使えば汚れるしゴム紐が伸びて
しまいます 今回は洗濯をしてゴムを交換します






これも今回が初めてでは有りません 手芸屋さんで
ゴムを買ってきました その中にゴム紐通しも付属
されていますが、これは短くて使い難かったです




そんな事も有り先日ブログで紹介した スポークを
使った自作の紐通し これを使いましょう






先端は滑らかに進む様にボールベアリングが付いています
後ろには紐を通す所を曲げ加工し、半田付がしてあります








では道具にゴム紐を通し袋の中を進んで行きましょう




長い道具なのでかなり素早く進んで行きます






先端とゴム紐が出て来ました 以前した時の煩わしさが
無く、あっと言う間の作業です この道具は作って
良かった・・・






両サイドのゴム紐が通りました 次はその紐の処理です






ゴム紐の先をループにしそこへフックを取り付けます
パーツは全部再利用しています






ゴム紐をループにする為に使った金具の部分を袋の
中に収めます 






そして別の金具を使い袋に固定します これが 4ヶ所
有りますが全てが固定出来たら完了です




出来ました・・




先のフックをスポークに掛けカバーを伸ばしながら
ホイールに被せて行けば O.K 自転車に車輪を付けた
ままでも使えるのが良いですよ





緑色が綺麗な色になりだしましたね

今回の仕事も自転車に係わるものの一つですが男がこんな事に悪戦苦闘している姿は
見ていると面白いでしょうね

紐通しの制作風景 【 ゴムひも通しを 作る 】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロードバイク 後輪に違和感

2016-05-13 20:09:28 | ホイール
自転車で走っていると後輪に違和感を感じます 良く観察してみると
その原因が判明、お尻を突き上げる様な感じは何だったのでしょう






ロードバイクで走っていると後輪から何かを
感じます 昨日からかすかに感じていた事が
今日酷くなってきました 




走っている途中で良く観察すると原因はこれですね
タイヤが回ってバルブがいがんでいます こうなると
外では手が付けられないので直ぐに帰って来ました 




ホイールを外します 空気を入れる時には大丈夫
だったので 出掛けてから回ったのでしょう




原因はリムセメントの劣化に依るタイヤの剥離でしょう
ペダルを踏むと進行方向へリムは回ろうとします 
タイヤは地面に踏ん張ろうとし逆の力が掛ります
バルブが曲がるとタイヤの一部が脹らみ それが
規則的にお尻を突き上げる症状を起こします

下り坂などでブレーキを多用した時はこの逆の力が
お互いに掛り結果として同様にバルブが曲がる事が
有ります いずれにしろチューブラータイヤの
接着強度が弱くなると起る事です




空気を抜かなくてもタイヤとリムの縁が切れます
恐い状態です






空気を抜いてタイヤを外しました






リムセメントの状態です 風邪を引き接着力が有りません
タイヤを張り 1年少し パンクもしないのでそのまま使って
いました、反省しないといけません








前輪もタイヤを外しました 状態は後輪と同じです
前回は古いリムセメントを綺麗に剥離し ベッドを
新たに作って 一度目のタイヤ張りでした まだ床も
薄いので早い時期にこんな状態になるのでしょうね




タイヤはバルブの損傷もなくまだ使えます






リムのセメントの状態はまだ完全に死んでいる訳では
有りません 爪で押すと柔らかさが残っています






その様な状態なら リムセメントを塗ってやると
古いセメントも生き返ります ベッドを造る要領で
セメントを塗っておきます






今迄はタイヤにセメントを塗る事はしなかったのですが
私自身、昔の様に自転車を操る技術も落ちています 
タイヤ側にもセメントを塗って しっかりした接着力を
確保します






これで少し放置します タイヤのセメントが濡れた
ままでは、さすがにリムに入れるのが難しいです




リムにセメントを塗っている間に表面は乾きます
10分も有れば充分です




折角タイヤも外したのでホイールの振れ取りも
しました






タイヤを張る準備をします






タイヤを入れる前に少し空気を入れますが このタイヤは
サイドが固いので空気の量はほんの少しで良いですね
この辺りはタイヤに合せて調整しています 上は入れ過ぎ
です






リムセメントを塗ります 良い感じですね 
先程の分と合せ 9グラムのセメントを使っています






タイヤを入れ 8キロまで空気を張りました バルブも
真っ直ぐに入っています(笑)





前後のホイールのタイヤの貼り替えを終えました リムセメントが乾けば使えます
今回の症状は半年に一度程度 タイヤを張り替えると古いセメントも絶えず生きた
状態で使えます 普通ならそれまでにパンクやタイヤの寿命が来ますが、距離を
乗らない自転車は気を付けないといけませんね 何時まで経っても勉強です・・ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加