Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

クリンチャー用チューブ パンク張り

2014-10-01 20:32:34 | 自転車整備 その他 
クリンチャータイヤを使っている時 出先でパンクするとチューブを交換します
そのパンクしたチューブは持ち帰りパンク修理をします やってみましょう





クリンチャーホイールに使うチューブです これを携帯しパンクをすれば
パンクをしたチューブと入れ替えます




パンクをしたチューブは持ち帰り修理しまた使います 
これは皆さんがすでにやっていらっしゃる事ですが 
これからされる方もおいでになるでしょう そんな
作業をご紹介致します






パンク修理を行いましょう まずチューブに空気を
入れます 少し固くなる程度で良いでしょう






穴が開いている場所を探します 穴の状態で
音で解る場合も有りますが 解らない時は
容器に水を入れ 水調べを行います






普段はこの様な物で印は付けませんが 今回は
分り易い様にマーキングしました 2ヶ所穴が
開いていました




マーキングに使った POSCA これは色々な使い途が
有りとても重宝します






普段は穴が開いた部分をハサミで少し切り取ります
これはこの後ペーパーを使い表面を研磨しますが
こうしておくとマーキングが消える事が有りません




次の工程へ進みます






穴の周辺をペーパーで擦ってやります 180番手を
使いますがこの位荒い物が良いですね






表面を荒してやりました






もう片方は チューブに段差が有ります これは
削ってやった方が良いですね 




チューブの用意が出来たのでパッチゴムの準備です
この様な物も有りますね ただ大きさが決まって
しまいます






今回はパッチゴム一枚では少し穴が離れすぎています
小さなゴムを二つ用意します おおむねの大きさで
切りましたがこのままではいけません 
ここから角と直線部の面落しをします パッチゴムが
剥がれ難くする為に必要な事です






直線部分は斜めに切り落し 角は面取りをしています
穴に応じた物を二枚作りました






パッチゴムより広い範囲にゴム糊を塗ります
あまり少ないのは良くないですね 指先で
滑らかに塗り拡げられる位の量は欲しいです






ゴム糊の表面が乾いて来たらパッチゴムの
裏布を剥します




穴を塞ぐ様にパッチゴムを張ります
今回は 2ヶ所有りましたが同時に張りました






パッチを張った後は樹脂やゴムハンマーで良く叩き
圧着します かなり強く叩きますが台やハンマーの
角などに当ててチューブに傷を付けない様にしましょう






パンク修理が上手く出来ているか確認します
もう一度チューブに空気を入れました






パッチゴムを張った部分だけでなく チューブ全体を
確認します 大丈夫でした空気が抜ける所は有りません





パンク修理の部分 パッチゴムをこの様に切ると捲れ難くなります
必ず必要な切り方です 今回小さなゴムを 2枚使ったのは 1枚では
大きな物を飲み込んだヘビの腹みたいになるのでそれを避けました




これでパンク修理は完了です






このチューブは又使うので保管します チューブ内の
空気を抜いてしまいます




携帯する時の形に畳みました






ウエスを適度な大きさの帯にします でも
これは絶対に必要なものでは有りません






そのウエスをチューブに巻きテープで巻いておきます
このテープは車のワイヤーハーネス用で熱の影響を
あまり受けず糊も湧き難いものです 端は捲り易い
様に折り返しておきました




他の物と区別できる様に修理日を書いておきます





とても綺麗に写す事が出来ました これから種になって行くのでしょうか

今回の修理は皆さんがやっている事だと思います シティサイクルのパンクと
する事は同じです でもこんな事も自転車の楽しみの一つですね

コメント (3)

珈琲所 コメダ珈琲店

2014-09-29 20:15:47 | よもやま話
珈琲が美味しいと言うお店は沢山有ります そんな中で名古屋に知り合いが居れば
良く耳にするコメダ珈琲と言うお店 今回初めてお店に行きました





今日はお買い物のお付き合い ここは商業施設の中にある駄菓子屋さん
最近こういうお店が多くなりましたね ここは兵庫県尼崎市の北部に
有る つかしんと言うショッピングセンターです






何処かで見た事がある坊やが居ます・・
空流(くうる)くん






今日はお兄ちゃんと一緒です 
お会計を一人でしています 多分まだ計算は
出来ないと思います




頭に Cool クールと剃りが入っています
無茶するな・・・ 大きくなったらどんなタトウを
入れるか今から考えているらしいです(笑)




ムーミンの可愛い器 電子レンジ用らしいです




ビアグラス 陶器をビールに使うのは好みが
別れるところですね






お昼の食事にしましょう
カツ丼とざるそばのセット






ざるそばとざるうどん 蕎麦が油で揚げてあります
珍しくビールのアテにならないものを頼んでしまいました




私のブログでは初めてかな 空流くんのお兄ちゃん
唯斗(ゆいと)君




この商業施設の中にも多くの珈琲専門店が入っています
今日は始めてこのお店に入ってみましょう 名古屋に
本社が有る コメダ珈琲店 全国に 580 店舗も有るの
ですね






お店の中は特に変わった装飾はしていません
どちらかと言うとかなり質素な造りです






初めてのお店はメニューが頼り 目に付くのは
面白い形の容器・・





良く私が一緒にランチをする Honoka さんも合流 先日もパンク修理をし
メキシコ料理を食べた処です さて何をお願いしようかな






私は冷たいウインナーコーヒー 少し甘めのお味です
唯斗君はクリームソーダ― 器が靴の形をしています
このつま先の内側はどうして洗うんだろうか なんて
話で盛り上りました スポンジは入らないよね・・






Honoka さんはコーヒーシェイクを この器は
私がデグリーザーを保管している物と同じとは
言えませんでした(笑) 
空流くんはソフトクリーム 最初から倒れています





明るくて綺麗な所で写せました 白い花が清楚で良いですね

お買い物やお食事など色々な事にお付き合いをした一日でした
最近は出不精になって外に出る事が少なくなったので たまに
こんな時間も面白くて良いですね

コメント

チューブラータイヤの 構造

2014-09-28 20:51:13 | 自転車 部品・用品
自転車のタイヤの中にチューブラータイヤと言う物が有ります 丸タイヤと
呼ばれるこのタイヤの構造を見てみましょう






今回構造を見る為に用意したタイヤですが
使い古したものです 最近は 700c とか 27インチ
22mm とかで表示されますが随分昔には 27 X 1 1/8
丸タイヤと言っていました




タイヤのリム側には一枚布が張って有ります
この帯状の布をフンドシと呼んだりします






フンドシをめくってみましょう






タイヤには縫い目が有ります この中にチューブが
入っています






縫い目の糸を切ってみましょう パンク修理の時も
この様に作業を進めて行きます チューブに傷を
付けてはいけません






パンク修理の方法も書いてみましょう 小さく開けた
切り目からチューブを引き出します




その切り口は後で修復するので小さな方が良いです
切り口は 5cm 程度です この場所はタイヤに空気を
入れ音や水調べで見当を付けてから糸を切っています






パンクの修理方法は普通のチューブと同じで ゴム糊と
パッチゴムを使います パッチを張ればチューブを元の
様に戻します 糸くずは綺麗に取り省きます






そして針と糸を使い元通りに縫い合わせます






チューブラー用のパンク修理セットが有り 一連の
修理材と共に裁縫道具が入った物です VELOX
これを多くの人が使っていたと思います






私が使っていたパッチゴムです 穴を塞ぐだけの
小さな物を切り取って使います




パッチゴムだけでなく チューブを使う事も有りました
SOYO の 50番のタイヤのチューブには ゴム糊を塗り
同じチューブを貼り付けます これで大丈夫でしたよ
全く段差が出来ない修理方法です






タイヤを縫う糸は ロウビキの物が多かった様に
思いますが 私は畳用の糸を使っています






横道に随分それてしまいました タイヤを大きく
開けてみました チューブはこの様に入っています




縫い目の部分はケーシングを折り返して強度を
稼いでいますね





最近はパンクを直さずに破棄してしまうと言う話も良く聞きますが
高価なタイヤです パンクを直してとことん使ってやって下さい

パンク修理の方法は過去記事で詳しく紹介しています
【 チューブラー パンク修理方法 その 1 】 どうぞ一度ご覧下さい 

コメント (2)

チューブラー シームレスタイヤの構造

2014-09-27 20:56:25 | 自転車 部品・用品
最近は使う人が少なくなったチューブラータイヤ そのタイヤには縫い目の無い
シームレスタイヤと言う物が有ります その構造を写真を使って見てみましょう





チューブラーのシームレスタイヤです これは SOYO ソーヨーの商品ですが
ロード用 トラック競技用 競輪用が作られています その構造を見てみましょう




今回私の手元に有るのは競輪競走で使う物です






SOYO RED R-供.筌好衞椶 22mm 巾 190g 程度です






SOYO GOLD STAR ヤスリ目のサイドに独特な模様が
入っています やはり 190g 程度です




この 2種類のタイヤにだけ この様な競輪バルブと
呼ばれる物が使われています






上のネジを外すとコアを外す事が出来ます






コアにはパッキンが 2ヶ所に使われています
先端はスプリングが入っており上下に動きます
チューブ内に空気を入れたり抜いたりする為の
物です




構造と形は英式バルブと同じですが 一般車の物と
比べると小振りな造りです






競輪バルブの空気を抜く時の為の道具です
スポークを加工して作っています






バルブに差し込み中のコアを押し込み空気を
抜きます






タイヤの方を観察しましょう 裏側(リム側)には
通常のチューブラーと同じ様にフンドシ(フラップ)が
張られています




フラップをめくると縫い目が有りません これが
シームレスタイヤの大きな特徴です






タイヤを切って内部を見てみましょう




タイヤを断ち切った断面です 中に見えているのは
チューブです






もう少し良く見える様にサイドを切り裂きましょう






中にはとても薄いチューブが使われています 色や
感触はラテックスでしょうか






シームレスのもう一つの特徴 真円に近いケーシング
それに加硫、成型されたトレッドです






バルブ部分を見てみましょう ここにもフンドシが
張って有ります






バルブの周囲にはフンドシの下にもう一枚
保護繊維が張られています




裏側のフンドシとバルブ周りの保護布です






チューブを出してみましょう








バルブが付いていたケーシングの穴です






チューブは一本の筒状の物をバルブ部分で継いで
ある様です そこにバルブが付けられています






どの様にバルブが付けて有るのか バルブを外して
みます 接着剤で付けて有る様です






バルブの金属にゴム質の物が融着してあります






チューブにはバルブのゴムと同じ大きさの穴が有り
上手くこの穴同士を合わせてありました
チューブに印字された文字です 意味は解りません





河原で良く見掛けます モジャモジャ 華やかな花も咲きませんが綺麗だと思います

Seamless シームレス
縫い目が無いご婦人用のストッキングをシームレスなんて言いましたね
継ぎ目の無い引き抜き鋼管をシームレスパイプとか・・
この様に触っていると縫い目が無いため凄く繊細でしなやかさを感じます
タイヤを張る時にはかなりの技術が要りますね それを完璧に張る技術は
まだ私には有りません

  
コメント (4)

STI レバー内部の清掃 ST-7801

2014-09-25 21:03:38 | 自転車整備 その他 
普段あまり手入れが出来ない手元変速の STI レバー 今回はこれの内部の
掃除をしてみます






以前より変速の具合があまり良くなく色々な部分を
見直しています 今回バーテープを巻き替えるのに
併せレバー内部の清掃も行います




STI レバーを分解する知識と技術は持ち合わせて
いません この状態で内部だけ洗浄してみたいと
思います




後ろの変速に少しストレスが掛るのでかなり
シビアな調整を行い






変速機取付用のリプレイスエンドの増し締めや
歪みのチェックも行いました それでも納得出来る
状態にならないので今回 STI レバーに手を付けます




ハンドルバーテープを剥したのでこの状態で
作業を進めます






私以外の人が使っていた物を譲り受け使っています
この様に外見も綺麗なので 正常に動くと思って
いました でも内部の油脂類が時間が経つと固く
なり調子を落とす事も有る様なので 一度納得
出来るまでやってみます






このタイプのレバーは レバーを握り変速を
する時の様に倒すと駆動部が視認出来ます
ここもそんなに悪い状態には見えないんですが・・




この状態で内部の洗浄をするには 何かの
パーツクリーナーを使う必要が有ります
Microlon マイクロロンのメタルトリートメントスプレーを
使います これはクリーナーでは有りませんが凄い洗浄力を
持っています 220ml 3800円と、とても高価な商品です






容器を良く振り内部を撹拌し レバーの隙間から
駆動部にスプレーします




レバーの先から汚れたメタルトリートメントが
出て来ました 金属粉も少し確認出来ます






スプレーを何度か繰り返し 透明の液体が出て来る様に
なったので洗浄は置きます マイクロロンを定着させるのに
熱を加えます 今回はそれが目的では無かったですが折角
なので 一手間掛けておきましょう




内部の駆動部はおそらくほとんど油脂類は残って
いないと思います 新しいオイルを塗布してやります
ワコーズのチェーンルブを使います これもフッ素系の
オイルです






やはり良く撹拌してから使います このオイルは
スプレー直後は粘度が低く時間が経過すると固く
なる性質を持っています




何度もレバーを動かしオイルを内部に馴染ませました
オイルなどが付着した部分を綺麗に拭き取り完了です

これで出来る限りの手を尽くしました変速状態が
改善されなければいよいよレバー内部のパーツに
不具合が有るのでしょうね




そして・・



またまたお客様がいらっしゃいました






今日はママと一緒です ママ、ジュースもおやつも
有るから行こうって誘われたらしいです(笑)







吉田空流(くうる)君のお散歩コースに ここはきっと
入っているのでしょう





みかんですね まだ実は固いですがこれから黄色くなるのかな

STI レバー これは一度の操作で 3ノッチ動かす事が出来るますが
どうも 1ノッチの巻き取りが少ない様です ロー側へ一段変速すれば
ややチェーンの音鳴りがします 3ノッチ操作すると 三段目へチェーンが
上がりません レバー内の何かのパーツ交換で解消出来るのでしょうか・・

コメント (4)