Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

ホイールのメンテナンス ニップルの取替え

2015-07-06 20:34:48 | ホイール
前回ホイールのボスフリーを外していたらニップルが一個破損しました
それを取替えます





ホイールからボスフリーを抜く作業をしているとパン!と言う音と共に
ニップルの頭が飛びました この様な頭の破損は自分のホイールでは
初めてです






ニップルを外しましたアルミニップルですが ホイールを
組んでから 35年経っています、経年劣化でしょうか






最近はほとんどアルミニップルを使っています
予備を出して来ました




リムのハトメに古い頭が残っています






先の細い物で取りました 今回のニップルを観察すると
リムのハトメに接触している部分が良く解ります そして
ホイールを組む際 ニップルとハトメの間でとても強い
摩擦が生じているのが想像出来ました ホイールを組む時
この様な事が参考になります






新しいニップルを入れ振れ取りを行います






スポークにテンションが掛ったニップルを回す時
スポークを捩ってはいけません 左手が大事です




このホイールは 36穴ハブ+28穴リムを使った
変則組をしています スポークが飛ぶと普通の
ホイールでは出ない様な振れ方をします
センターゲージを使い再度調整して行きます








かと言ってそんな無茶苦茶になる物では有りません
振れを取る際 リムをどちらへ寄せるかの確認程度です





Campagnolo UT-HU010 カンパですがそれ程高価な道具では有りません






この工具の良い処はこのシンプルさですね とても
使い易いです






この様な昔の平リムでホイールを組む時には
テンションメーターはまず使いませんが
ニップルが飛ぶなんて、どの程度張っているのか
見て見ます Park Tool TM-1




スポークをメーターの支持子に挟みます





グリップを離すと真ん中の測定子がバネの力で戻りスポークを押し上げます
そのスポークの曲がり具合によりテンションを数値化して行きます




測定子の逆側には数値を示すポインターが有り
今回は 12 近辺を指しています






その数値はスポークの種類に依っても変わります
今回のスポークの種類と太さを知る必要が有ります
付属のスポークゲージで測定 1.6mm の太さです




先程の 12 と言うのは単なる数字で これから換算表を
使いスポークの張力に替えます






まずスポーク欄 ラウンドのスチール 1.6mm の
縦列を見ます






そしてテンションメーターのポインターが示した数字
12 を右へ進み 先程の縦列と交わった所が スポーク
テンションです 58kgf がこのスポークの数値です

私がリムに無理をさせない様 緩めに張っているのですが
この程度のテンションでアルミと言えニップルの頭が
飛ぶ事は有りません 製造上の問題か劣化のいずれか
なんだと思います






前回ボスを抜いた後のハブには 装着時のグリスが
残っています これも拭き取ってしまいましょう
当時のカンパグリスです




KURE のパーツクリーナー 汚れの落ち具合と
乾燥の速度が気に入っています クリーナーだから
と言って強力に全てを、カサカサになるまで落せば
良いと言う物ではなく 優しさも欲しいですよね






回転部分も近くに有るので直接スプレーするのでは無く
一旦ウエスに取ってからグリスを拭き取りました






ネジ山も綺麗になりました BSC 規格 国産のフリーが
使えます Campagnolo NUOVO TIPO






クイックシャフトと駆動部にもオイルを注しておきましょう
SUPER LUBE 超耐久潤滑剤です






カンパニョーロのクイック 直レバー でも TIPO は
やはり RECORD とは違うんですよね 
高校生の時、直ぐに使う予定は無かったのですが
欲しくて買ったハブでした それから 10年程経って
から組んだホイールです





これで今回のメンテナンスは終了です クロモリのロードのスペアホイールとして
バックに入れて保管していますが思い出した時に たまに開けて確認はしています
バッグの中で他の生き物が育っていても嫌ですしね(笑) この様にしてまた保管
しておきます

前回の作業 【 ボスフリーを抜く サンツアー Perfect 】

コメント

ボスフリーを抜く サンツアー Perfect

2015-07-03 20:52:50 | 自転車整備 フリーホイール
現在主流のカセットスプロケットと呼ばれる以前のフリーホイールはボスフリーと
呼ばれていました これをホイールから外しましょう





マエダ工業のボスフリー Perfect パーフェクト このボスは初めて
歯数が自由に選択できる商品だったと記憶しています 私の手元にも
多くの替刃が残っています 今回はこれをホイールから外します






フレームのリアエンド巾が 120mm時代の 5段フリーです
この後、同じ巾で 6段の物が登場し徐々に多段化が進んで
行きます






この車輪も丁度 35年経っています ハブは Campagnolo
NUOVO TIPO スモールの 36穴 リムは SUPER CHAMPION
ARC-EN-CIEL 28穴 これでアルカンシェルと読んでいました




物が経済的にも供給面でも自由に買えなかった時代
この様な 36穴ハブ+28穴リムの組み合わせで良く
組みました




あまりスポークを強く張らず ソルダリングで調整
しています スポークを一杯に張るとホイールの
寿命が短くなるので 長く使える様に限界まで
スポークを張らないのは私のやり方でした




フリーを外しましょう 工具はこの 2点です






ボスフリーの抜き工具 これはフリーに依り爪の掛る
部分の形状が違うのでフリーに合った物を使います






まずハブからクイックシャフトを外します






ボスフリーのトップ側の表情です これはそれぞれ
違った顔を持っていますが ボス本体の内部機構の
基本構造はほぼ同じです






フリー抜き工具の爪をフリーの穴へ収めます






一旦外したクイックレリーズを再度装着し
コニカルナットで抜き工具を押えます




この時クイックの渦巻きスプリングは外して
おきましょう 付けておくと傷みます






モンキーレンチを抜き工具に掛けます サイズは
ハイブリッドタイプなら 250mm 従来の物なら
300mmの大きさが欲しいです モンキーを掛ける
方向にも基本が有ります 正ネジを緩める場合
この方向が正解です 裏向けで使うのは良く
有りません




どの程度の締まり具合か解らないので 初めから
目一杯力は入れずじわっと行きましょう 一気に
緩むとスポークで指などを挟み痛い思いをします
ここは気を付けた方が良いですよ




モンキーを使いネジを戻すのは緩む切っ掛け作りです
コニカルナットで押えているので多くは回りません






コニカルナットを外してからフリーを緩めて行きます
ネジに塗っているのはカンパのピーナツグリスです






ボスフリーが抜けました 外す、抜く これは
どちらでも良いですが ボスに関しては昔から
抜く、と良く言っていました




ボスフリー本体のネジ これをハブに切られたネジに
締め込みます このネジ規格にもヘッドや B.B シェルの
様に何種類か有るので交換する時は注意が必要です
日本の JIS規格は BSC 規格と呼ばれる物に合います






パン! と言う音がしました 特に力を加えて
いた訳では無いですがニップルの頭が飛んでいます
ここが飛ぶのは自分のホイールでは初めてです
これも直さないといけませんね





マンションの中庭に有る百日紅です これが綺麗に紫になるのは 10月ですが
こんな時期に小さな花が咲くのですね
最初の予定には無かった事ですが ニップルの交換は次回に行いましょう

次の作業 【 ホイールのメンテナンス ニップルの取替え 】

コメント

ロータリーハンマードリル HILTI TE24

2015-07-02 20:13:41 | よもやま話
工事現場で使う工具で 主にコンクリートに穴を開ける為の
ロータリーハンマードリルと言う物が有ります 色々なメーカーが
同様の物を出していますが 今回の奴は HILTI ヒルティと言う会社の物です




HILTI の印は赤い箱 工事現場でこれを使うと
羨望の眼差しで見られた時期が有りました





この工具は阪神大震災直後の頃の物ですが この当時は取引先の道具屋さんでは
買う事が出来ず、わざわざ HILTI ヒルティの営業所まで買いに行った時代でした
そして価格も国産の同等品と比べると飛んでも無いお値段でした






そんな道具が手元に有りながらほとんど使わず
小振りで取り回しがし易い国産の道具ばかり
使っています







先端のアタッチメントを交換する事で用途がぐっと増えます
これだけで先程の国産の道具が買えるかも・・





一度でも使った道具と言うのは使わず置いておくのは実際良く有りません
ほとんど汚れも無く取説や付属品もそのまま完備・・
道具が好きな者とすればこのまま置いて置きたい気持ちも有りますが
仲の良い同業者の人に使って貰う事にしました 倉庫の肥しにするより
その方が良いでしょう 次の人に大切にして貰って下さい





まっ白な花です とても甘い香りがしています

仕事用の倉庫を整理しているとこの様な道具が色々と出て来ます
仕事で使う物は使用頻度が低くても買う事が良く有るので当然なんですが
道具が揃っていると仕事を強気で取れるという目に見えない効果も有るんですよね

 
コメント

ウッドテラス 最後の仕舞いと費用

2015-06-30 21:05:45 | よもやま話
長くお付き合いを頂いた素人が作るウッドテラスの工事ですが 前回に本体が
完成しました 今回は現場の片付けをし費用を簡単にお知らせします





建築現場では本工事が完了した後でやはり細かな部分の仕舞いと
残材の撤去や掃除が残ります ここでも仕事を始めた時以上に
綺麗にし本工事を完了とします



ケレン



現場打ちしたコンクリートの土台(束石)ですが
仮枠を据えた時のパッキンが未だ残っています






仮枠の高さ調整をする為の薄べニアなので 
インテリアバールでこじると簡単に取れます






はみ出したコンクリート これはまた違う道具で
ケレンしてやります






ハンドルが付いた小さな斫り用の道具です これを
コンクリートに当ててハンマーで殴ります






小さな斫りなら チスやタガネとは又少し使用感が違い
一般の方なら手応えが易しく使えて良いと思います 
こんな細かな事ですが 目に付く所は綺麗にしておきました



雨仕舞い



建物の外壁に固定した床束との金物 ここに
ビスを使っていますがそこから壁の中に水が
回らない様にコーキングを打っておきます
ブルーのテープはマスキングです






このシリコンタイプは一発勝負 何度も擦ると
汚くなります 色々なヘラが有りますが指で
擦るのが一番綺麗ですね




このコーキングを触る時は不思議と周りや
服が知らない間に汚れているので要注意です
今回のシリコンは塗料が乗りません 
今後塗装の可能性が有る時は 変成シリコンを
使う方が良いですよ



テストピース



この現場初日に束石のコンクリート打ちをした時
練ったモルタルを木端(こっぱ)=余ったコンパネに
塗っておきました それを今日まで放置






どの程度の強度が有るのか 板から外して見てみましょう
モルタル片をハンマーで軽く殴って割ってみました






今回使ったのは最初からセメントと骨材(砂)を混ぜた
インスタントモルタル 割れた小口を見ると結構色々な
骨材が混ざっていますね、こんな見方をしたのは初めて
です 
思っていたより簡単に割れました、もう少し強度を出すには 
やはりセメントと砂を別に用意し、セメントを効かした
モルタルを練った方が良さそうですね 良い勉強です 



掃除



テラス下の床の掃き掃除をして完了です



ついでに

掃除が終わった後ですが 余った材料でちょっと
出来る事をします






水道の横の束に L型の金物を取り付けます




金物は左右に取付け 45mm 角の寸五を平行に
取付けました




現場に居る間いつもちり取りが足元に有り それを
私が踏んで割ってしまいました これで少しは整理が
出来るかな ホウキは倒れない様に柄を挟む様 左右に
ビスを打っておきました




費用



今回は事前に材料関係を調べ使う物を概ね決めました 同時に簡単な図面を起こし
材料の取り方を考え、無駄なく材料を使える様に考慮し 予算を弾きだしています
ここでの当初予算 43184 円(税別)

ただ現場を進める間に材料の変更や追加が発生します これは私の本職の
給排水工事でも減る事は無く概ね増えて行きます



実行費
 
実際に支払が生じた物をまとめてみまた P.C の画面なら読めると思いますが
小さな画面だと見えないかも分りませんね
 
1) 束石(土台)関係 2135 円 
2) 塗料関係 5988円 
3) 木材関係 23651 円
4) 建築金物類 5691 円 
5) フェンス(本体のみ) 5940 円 
6) ビス他雑材 2774 円
7) センサーライト 2362 円
合計 48541 円  
消費税(8%) 3883 円 
改め合計 52424 円

上記材料費に併せ 手間工は延べ 8.5 人工(にんく)掛っています
これを外部に発注すると 人件費と経費を幾ら見るかで変ってきますが
おおむね 25万円以下と言う事はなさそうですね





素人職人がするウッドデッキ工事 特に手待ちをしたり問題が有った訳では有りません
ほぼ計画通りに進んだ方かと思います 色々と知らない事を考えながらする工作は
とても楽しかったです みなさんもご自宅での日曜大工是非楽しんでみて下さい
今回は 16回の記事にお付き合い頂き誠に有難うございました

作業開始はここから 【 本職ではありませんが ウッドテラスを作ります 】

前回の記事 【 素人が作るウッドテラス 足元を固めて完成 】

コメント (4)

CINELLI 1A and GIRO D'ITALIA ステムとハンドルセット

2015-06-28 20:46:30 | 自転車 部品・用品
古くから自転車愛好家達の憧れのパーツ CINELLI チネリ ハンドル周りにも
歴史が有ります 少し珍しい物をご覧頂きましょう







CINELLI のハンドルやステムも 双方鉄の時代が有り 特にロードに使う
パーツは軽合金へと移行して行きました この写真の物もハンドルは軽合金の
マース型ドロップ Mode. GIRO D'ITALIA ジロドイタリア ステムも軽合金の
1A 平行ステムです





これらのハンドルは今でも人気が有り数年前に復刻版が出た程です
ただ多くの人に知られているのは復刻版を含めアルマイト加工がされた物です





実はこのハンドルとステムにはアルマイトがされていない時期が少しの期間有りました
これはご存知無い方も多いかと思いますが 実際にこの写真の物は私がアルマイトを剥離
した訳では有りません 実際この様に金属磨きで手入れをして来ました これは他の部品
特にリムなどはアルマイトがされていない物が多かった時代です







アルマイトがされていない物は磨けば光ります このハンドルはトラックレーサーに使って
いた物でブレーキレバーを付けた事も無く コットンのバーテープを巻いています






CINELLI 1A これにはもう少し角度が浅く少し前下がりになる 中角と呼んでいた物も
有りましたが これは自転車に取り付けるとホリゾンタルフレームのトップチューブと
平行になる角度の物です 私達は平行ステムと呼んでいました





このステムはこの角度からが綺麗ですね 引上げ棒も錆びず六角の穴も
綺麗な状態で保管されています







ステムのマークは小判型の CINELLI MILANO 刻印 です





このハンドルとステムを使っていた時期の写真です 1971年だったと思います
手に持っているのは Campagnolo の 15mm レンチ







CINELLI の歴史的なハンドルとステム 世界中の多くの選手が使いました







Mode. GIRO D'TALIA と 鉄仮面の CINELLI のマーク とても美しいです

この時代には多くの選手が好んで使ったハンドルとステムですが アルマイト加工がされた
当時物も状態の良い物が少なくなって来ています このアルミ合金の地肌のものはどのくらい
存在するのでしょう

コメント