Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

ワイヤー切り口の処理 ハンダ付け

2014-07-23 21:01:19 | 自転車整備 その他 
各ワイヤーラインの取付けと調整が終わりました 最近は切り口にワイヤーキャップを
使う事が多いですが COLNAGO らしくハンダ付けでしっかりと処理をしてやりましょう





各ワイヤーラインの調整が終りました この端末処理は伝統的な
半田付で行いましょう






ブレーキケーブルだけじゃ無く変速機の
ワイヤーも同様に処理します




インナーワイヤーにはオイルが付着しています
ハンダも油が残っていると施工が難しいので
良く拭き取ります 今回はシンナーを使いました






ステンレスワイヤーには ヤニが入っていないハンダを
使うのが普通です ハンダを乗せる為にフラックスを
使います これは強い酸なので自転車に付着させない様
気を付けましょう




ステンレスにはそれ様のハンダを使います 普通の
銅や鉄と比べるとやや乗り難いかも分りません






半田コテ あまり能力の小さな物より余裕の有る
大きさの物が慣れれば使い易いです ハンダは
温度管理が出来れば難しく有りません 温度が
低くても逆に高くてもハンダは出来ないですね






ハンダが終われば フラックスを良く洗い流し
オイルを塗っておきます




リアブレーキ






前後の変速機




ワイヤーの先端の半田付は特別な事では無く昔から用いていた方法です
世界的なレースシーンでも良く見掛ける様です 当然日本のメカニックや
整備の熟練者も行います 時間が有れば是非やってみて下さい

前回の作業 【 ブレーキの調整をします COLNAGO 】

コメント (3) |  トラックバック (0) | 

ブレーキの調整をします COLNAGO

2014-07-22 20:38:06 | 自転車整備 ブレーキ
前回は変速機の調整をした COLNAGO の軽快車仕様 今回はブレーキの
調整を行います





今回の組立てから始めて前後のホイールを装着しました やや腰が高いリムは
少し重そうに見えますが、手元に有る物を使っているので仕方が無いですね




表面の仕上げがもう一つだったので塗装をした
サイドプルブレーキ あまり期待をするのは
良くないですが効いてくれれば良いな・・・




仮にワイヤーを張っていましたが 調整が出来る
程度に張り直します






ブレーキゴムの位置調整は 4mm のアーレンキーを
使います シューセットはアルテグラの物に交換
しています リムの上端から下へ 1〜2mm 下った
所にゴムの上端が来る位置に固定します






リムとゴムの間隔が前後平行 又はトウインになる様
調整が必要です 前をやや狭くするトウインにする場合
ゴムの後ろ側に紙などを挟むと調整がし易いですね






左右のゴムとリムの間隔を揃え ブレーキのセンターを
出します






センター調整はブレーキの取付けナットを一旦
緩め キャリパーを左右に動かし行います
これは中々上手く行かないですね 一回で
決まらなければ納得が出来るまで行います






前のブレーキです アジャストボルトの黒いゴムが
劣化し沢山ひび割れが出来ています 今回の為に
新しく買ったブレーキですが いけませんね






この様な部品は直ぐに手に入らないので 幾つか
補修用に買い置きして有ります それに交換しましょう





アルミの部品 腐食がし易いのでネジにはグリスを
塗ってから使います






たまたま付いていた物と同じ形状の補修パーツでした






ブレーキワイヤーを取り付け この後ブレーキシューの
位置調整も後ろと同じ手順で行いました




全ての作業を終えブレーキワイヤーの張り調整も
完了です アジャストボルトを上限で使っているのは
クイック機能を持たないブレーキなので 車輪の脱着を
考えての事です






インナーワイヤーを任意の場所で切り落します
残す長さに決まりは有りませんが 整備をした
人のセンスが表れる部分ですね




リアブレーキのワイヤーもカットしました
レースメカニックは必要以上の長さは残さず やや
短く感じる位に切っているのが多いですね





最終的にアジャストボルトの位置は ホイールの脱着を行い必要な範囲で
最小限伸ばした位置に調整しました この位置からワイヤーを緩めるとホイールを
外す事が出来ます ここまで来ると後は仕上げの段階ですね 完成までもう少しです

前回の作業 【 変速機の調整をします COLNAGO 】

次の作業 【 ワイヤーの切り口の処理 ハンダ付け 】

コメント (2) |  トラックバック (0) | 

変速機の調整をします COLNAGO

2014-07-21 20:16:14 | 自転車整備 ディレーラー
シフトケーブルの取付けも終わり変速機が動かせる様になったので
変速機の調整を行います







今回の変速機は Shimano の CLARIS と言うシリーズを
使っています どのシリーズも基本的な調整方法は一緒です








リアディレーラーから始めます 軽く止めていた
シフトワイヤーを一旦解放してやります






最初にするのは 変速機のガイドプーリーを
スプロケットのトップギアの外面に合せます
この時シフターはトップの位置です






これの調整は変速機に付いている位置調整ネジ
で行います この変速機の場合こちら側です






その調整が終わればシフトワイヤーを張り
クランプボルトで止めます






ここからはクランクを回転させ作業を進めます
ペダルが付いていないと危険なのでダミーペダルを
使います Park Tool DP-1 一つ有れば便利です




シフターを動かしローギアまで変速機を移動します
ガイドプーリーをローギアの真下へ調整します




その調整はロー側の位置調整ボルトを廻して行います






変速機を何度も動かし確実に変速する事を確認します






動作に問題が無ければワイヤーの本締めを行います
その前に ワイヤーを引っ張り初期伸びと言われる
状態を強制的に作ってやります 結構強い力で
引っ張っています




ワイヤーは遊びが無い様に張りますが それは
この取り付けボルトで張り直すか








これらのアジャストボルトの何処かで張り調整を
行えば良いでしょう






リアが終わればフロントの調整をします






こちらも一旦ワイヤーを解放します シフターは
ワイヤーが緩む位置 今回の場合はインナー側です






変速機の高さ調整 ガイドプレートの外側下端と
アウターギアの歯先との距離を 1〜3mm にします






角度調整 プレートの外面とアウターギアが平行に
なる様にします






この調整はフレームの形状や 今回の様な直付け
アダプターの種類に依り多少違いますが 変速機の
取付けボルトを緩め 位置が決まれば再度締め込みます




変速機の取付け位置が決まれば シフトワイヤーを
やや緩めに張り 変速機に固定します




リア側をローギアに入れます






フロントギアはインナーでこの時 変速機のプレート
内側の羽とチェーンの隙間が 0.5mm 程度に調整






それは変速機の位置調整ネジのロー側で行います




チェーンとプレートが当るか当らないかギリギリの
位置です






リアはトップへフロントはアウターへチェーンを
掛けます






この時変速機の外側プレートの内側とチェーンの隙間を
0.5mm 程度に調整します




この調整は変速機のこちら側のネジで行います
そして前後の変速機を動かし 色々な位置で
問題が無いか確認します






調整が終わればワイヤーを本固定し ワイヤーを
強く手で引っ張ってやります






その後ワイヤーが遊びの無い程度に張りますが
それはこれらのアジャストボルトで行います






長いワイヤーは見栄えの良い長さを残し カット
しましょう




これで変速機の基本的な調整は完了です
あらゆる組み合わせで動作確認をしますが
個々の状況により微調整をしてやれば良いですね





今回のフロントのシフターは シマノ SL-RS47 レボシフター 3 速用を使っています
これは 2速用が見つからなかったのでそうしています トリプルもダブルもギア板間の
寸法はおそらく同じでしょう これの確証は有りませんが理屈ではそうですよね
それで有ればシフターの巻き取り量も 3S 2S 同じと言う事になります それで
この組み合せでも大丈夫だろうと判断したのですが 全く問題無く作動しました

もし私の考え方が間違いで トリプルとダブルのギア板間の寸法差が有り
それをご存知の方がおいでになれば 是非教えて頂きたく思います

前回の作業 【 チェーンの長さと 取り付け方 】

次の作業 【 ブレーキの調整をします COLNAGO 】

コメント (7) |  トラックバック (0) | 

新しくなった インド料理のお店 貧頭

2014-07-20 20:34:39 | よもやま話
兵庫県の西宮市に在るインド料理のお店 貧頭(ヒンズー) 昨年お店へ行くと
お店が無くなり更地になっていました その時は淋しい思いをしましたが
お店が新しくなって開店 一人ランチランで行ってきました





貧頭と言うお店はこのブログにもコメントを下さる自転車愛好家の
知人に紹介してもらったのですが ズボっと私の好みにはまりました
今回も自転車の練習を兼ねて訪ねてみましょう






自転車の練習に明け暮れていた頃は 自転車の
ユニフォームなんてそうそう買えるものじゃ無かったし 
白い Tシャツで走っていましたが 最近は皆お洒落に
なりましたね 






ヘルメットはLAZER GENESIS レイザーのジュネシス
これの調整機能が良く気に入っています




靴はどれを取っても素晴らしく 変にペダリングの
事を考えなくても良い様に作られています 中途半端に
アンクリンクを意識すると返って良くない位、良い形を
していますね






昔は電話代の 10円か 20円だけ持って走りましたが
いつの間にかお札を持って走る様になりました(笑)
血管を拡げる薬 ニトロペン 自転車に乗っている時
これが必要ならちょっと危ないですね でも一応持って
走ります それより自転車に乗っちゃいけないだろう






私の所から 12〜3km の距離です ここまで河川敷の
サイクリングロードを 回転重視のクルクル回しで
来ました 私にとっては丁度良い距離です 場所は
兵庫県西宮市小曽根町4丁目6-10






久し振りです 1年程、間が開いたでしょうか
建物が随分普通になっていたので 中の人も
変ったのじゃないかと心配していましたが
懐かしいママとマスターの顔が見れました






お昼のランチメニューも健在です お値段が
消費税分程違うだけです 単品も頼めますが
今日はランチの チキンステーキをお願いしました




スープが出て来ました湯気が上っています






ランチのセットです ライスは少な目で頼んでいます
サラダにはたっぷりのマヨネーズ






メインのチキンにはしっかりとした味が付いています
フォークとナイフが随分と大人しくなりました 




お食事を頂いた後に飲み物が付きます 選んだのは
ストレートティ ここまでで 810円のお値段いかがでしょう

その他に単品やセットメニューも有りますが その全てが
美味しくしっかりとしたお料理です








以前のいかにもインド料理と言う雰囲気は無くなりましたが
とても落ち着いた雰囲気に変っています 久し振りに
美味しく頂きました




帰路に付きます 兵庫県の尼崎市と西宮市を分ける
武庫川と言う川です 見えているのは国道 2号線の橋
この河川敷のサイクリングロードを走ります






この河川敷に添って母校の報徳学園が有ります
幾ら横に有っても見に回る事は有りませんが
今日はちょっと回ってみました 校章と独特な
報徳の文字






ここは正門ですが在学中は違う通用門から通って
いたので正門から出入りしたのは数回だけかな・・






当時とは建物の全てが建て替わっています
二宮尊徳の像 報徳の教育方針はこの方の
以徳報徳の精神



 


報徳学園を後にして 雑貨屋さんの様な喫茶店
笹舟倶楽部さんへ寄りました 相変わらずの店内です
先客がいらしたので私の席作りから始まります
その後一人来店されましたが 諦めてお帰りに
なりました(笑)




少し天気が悪くお空が暗くなって来たのでおいとま
します





今回の貧頭グルメラン お店の方も口数が少なく言葉を交わす事もあまり無いのですが
更地になってからとても気になっていました それがまた開店し嬉しく思います
他のお客さんに不快感を感じさせない様気配りを忘れてはいけませんが
自転車のユニフォームでも入店出来ます しばらく続きそうです

 
コメント (2) |  トラックバック (0) | 

チェーンの長さと 取り付け方

2014-07-19 20:13:48 | 自転車整備 チェーン
組立てを進めているコルナゴのクロモリフレームを使った自転車
今回はチェーンの長さを決め、取り付けましょう





自転車の組み立ても進み変速機が動かせる状態になりました
自転車にとって大切なチェーン 今回はその整備を進めて行きます






チェーンはこの自転車の為に用意した 6〜8速対応の
シマノ CN-HG50 これは事前に良い状態に整備をして
います 使う工具はチェーン切りとチェーンフッカー

整備風景 【 使用前のチェーンの手入れ CN-HG50 】




チェーンの長さを決めるのにはリアホイールが
必要です






事前に整備をしたチェーンはとても良い状態です
このインナーリンクから チェーンを通して行きます






フロントディレーラーをアウター側に操作し 
チェーンをアウターギアに掛けて行きます






リアディレーラーはトップ側です チェーンを
トップギアに乗せ 変速機のプーリーにも正しく
乗せて行きます






変速機のプーリーケージにはチェーンの脱落防止の
爪が有ったりします その辺りは間違いの無い様に
チェーンを通して行きます 上の写真が正解です
ここは良く間違う所です






チェーンフッカーを使いチェーンを仮止めします
その時の変速機の状態です チェーンの長さを
決めるのはこの変速機が頼りです






リア変速機には上下のプーリーが有ります
その中心には取り付けボルトが有ります




その上下の中心を結んだ線を 地面に対して
垂直にするのが基本です この時ギアは前は
アウター 後ろはトップ アウター・トップ
に掛けています




変速機のプーリーケージを基本の状態にすると 
この自転車の場合 チェーンを 4 駒切る必要が
有ります






でもまだ早まってはいけません チェーンを
フロントをインナーに掛け インナー・トップにします 
この時にチェーンが張れているかを確認します 
この変速機にはまだ余裕が有ります O.K です






次にチェーンをアウター・ローに掛けて見ました
これは少しキツイですね 変速機のテンションが
一杯です 4 駒短くするのは止めた方が良さそうです






もう一度インナー・トップで 3 駒切った時の状態を
試します これでも大丈夫ですね 今回はチェーンを
3 コマ切る事にします






チェーンの長さが決まったのでチェーンを切りましょう




チェーン用の工具です これは頻繁に使うので
自分で整備をしようとする方は 是非用意して
おきたい工具です






工具にチェーンをセットします 3 コマ切るので
場所を間違わない様に・・ 
チェーンは インナーリンクとアウターリンクが
一つのセットで一コマと呼びます






チェーンのピンの中心に工具のピンを当てます
ここは正確に中心を狙って下さい






チェーンが動かない様に指で押えると良いでしょう
ハンドルを廻し工具のピン=矢 を送ります 
そうすると矢がチェーンのピンを押し出します






ピンが最後まで抜けると 矢を戻します
これでチェーンが切れています






工具にはチェーンのピンが残っています




チェーンを切った状態のアウタープレート
次はここでチェーンを繋ぎます




これからチェーンを繋ぎます 作業はチェーンステーの
上下どちらでも良いですが 私は下の方がやり易いです






これがチェーンを繋ぐ時に使うアンプルピン このナロー
タイプの薄いチェーンは一度抜いたピンは使いません
使う前にオイルを塗っておきます






チェーンを合わせそこにアンプルピンを差し込みます
この時 チェーンステーの下で作業する場合 チェーンの
アウターリンクは前方でインナーリンクが後方に有ります
これがチェーンの強度を保つ方向だと シマノさんは案内
しています






再び工具を正しくセットし ハンドルを慎重に
回し矢を送ります




アンプルピンが徐々に入って行きます この入り加減は
チェーンの表裏に同じだけピンの頭が出ている事を確認
します これは大切な処です




チェーンにピンが入りました 裏側にはピンの
ガイド役をした頭が突き出ています






ここはプライヤーを使い折ります






折り取ったピンのガイド部分です これはもう必要は
有りません






ピンの状態を良く確認します 表裏の出具合が
揃っていなければ 再度工具を使い微調整を
してやれば良いでしょう






チェーンを繋いだ時のお約束の作業 繋いだ部分の
動作確認をします 動きが渋ければ下の写真の様に
チェーンを折る様に苛めてやる事が必要な時も有ります






最後に繋いだ部分にオイルを塗布しておきましょう




チェーンの長さの決定 今回は基本より 1コマ長く
調整しましたが チェーンステーの長さやギア枚数
変速機の取り付け角度などが関り必ずしも基本通り
に行くものでは有りません 基本を大きく外れない
範囲で柔軟に構えたら良いと思います





消耗品で有るチェーン 自転車に乗る以上必ず交換の時期がやって来ます
自転車愛好家の人達には是非覚えて欲しい作業だと思います 自転車が
もっと楽しくなりますよ

前回の作業 【 ブレーキケーブル 取り付け COLNAGO 】

次の作業 【 変速機の調整をします COLNAGO 】

コメント (12) |  トラックバック (0) |