Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

チューブラータイヤ パンク修理 方法 その1

2009-09-24 20:37:13 | ホイール
最近は衰退の一途を辿るチューブラータイヤ 自転車販売店で
使い捨てタイヤ と称して販売している所が有るのには驚いた
その様な誤った情報はいけません 今回はパンク修理の作業工程を
多くの写真を使い 細かな処までご紹介します






タイヤがパンクしたフロントホイール
今回は矢印の所に小さなガラス片が刺さっていました






ホイールからチューブラータイヤを外します
この時 タイヤの内側のフラップ(裏布)をタイヤから剥がさない様に
丁寧に作業をします あまり固い様でしたらドライバー等を使うのも
良いでしょう






有る程度 指が入る位タイヤが外れたら そこからゆっくりと
フラップ(ふんどし とも言う)を剥がさない様にタイヤを外します 
廉価版のタイヤは良くこのふんどしが外れるので注意して下さい




道具

チューブラータイヤのパンク修理には この様な道具を使います




VELOX ヴェロックスのチューブラー用 パンク修理セット
針や糸を含め 修理道具一式セットです しかしこれは
コストが高く付く為 私は他の物を用意しています








畳屋さんに分けて貰った 畳用の糸 これは学生時代から
自転車部員が皆これを使いましたが まだこれだけ残って
います
針は結構折れるので 手芸屋さんで太めの物を買っています
パッチゴムは 大きなサイズの物を切って使います




修理

今回は初めからパンクの場所が分かっていましたが
分からない場合は 空気を入れ、音や水に浸けおおよその
見当をつけます






パンクの箇所 その部分のふんどしを剥がします






ふんどしを剥がすと縫い目が見えるので パンク箇所の糸を
タイヤやチューブに傷を付けない様に切ります 6~7cm も
切れば充分でしょう






タイヤの切れ目からチューブを引き出し パンクの箇所を確認します
今回は目視で確認できましたが 分からなければ空気を入れ 
音や水に浸け確認します






チューブの穴の周りをサンドペーパーで荒します
この辺は一般車のパンク修理と同じです






チューブの穴の大きさに合わせ パッチゴムを切ります
ここで大きな物は必要有りません 穴が塞がれば良いので
7~8 mm角で充分です 大きなパッチゴムを貼ると空気を
入れた時 タイヤに段差が出来てしまいます






パッチゴムの用意が出来たら チューブに薄くゴム糊を塗ります






ゴム糊が指に付かない程度に乾いたら パッチゴムを貼り
良く圧着します チューブに当て物をしハンマー等で叩くのも
良いでしょう




チューブの穴を塞いだら 他にも穴が開いていないか空気を入れ
確認します これでチューブのパンク修理は完了です

これで終わらないのが チューブラータイヤのパンク修理
まだお裁縫が残っています

まだ修理作業が残っていますが 長くなってしまったので今日は
ここまでにします たかがパンク修理で 引っ張る様で申し訳ない
ですが続きは次回に・・・

この続きはこちら 【 チューブラータイヤ パンク修理 方法その 2 】

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロードレーサー レストアの ... | トップ | チューブラータイヤ パンク... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (高津)
2009-09-25 01:01:09
シリーズをわくわくしながら読ませていただいております。
チューブのパッチ貼りまでなら自信がありますが、縫合にはまったく自信がありません。実績2回ですが、2回とも失敗しました。1回目は、縫合の最終ステージでブスッとチューブを縫い込んでしまいました。2回目は2日後に糸が切れてさく裂しました。orz
kinoさんのご指導を仰いで精進いたします。
参考になります。 (奥田)
2009-09-25 04:41:22
 いつも拝見させていただいています。
チューブラータイヤを使っているのですがいつも使い捨てでした、とても面白く早く続きが読みたいです。
昔はどうしていたんでしょうか… (鉄好きオヤジ)
2009-09-25 06:54:28
大根の葉は…船のいかりに見立てていると…昔兄弟子に教わりました。

ところで、リムセメントしか無かった時代に出先でパンクした場合どうしていたんですか?それが心配でチューブラーは使えませんでした。現在テープで使用しております。(パンクの経験は無いです。)セメント派の方にはテープは信用出来ないんですかね…?
高津さん (Kino)
2009-09-25 08:11:17
おはようございます
私も始めてパンク修理をした時に 普通の裁縫で使う糸を使った処 見事に爆発しました

でも修理用の糸を使い炸裂は珍しいですね

今回は作業手順だけで 技術的な事はそんなに
有りませんから あまり期待して頂くと
次の記事が書き難いです(笑)
奥田さん (Kino)
2009-09-25 08:17:06
初めまして コメントを有難うございます

最近は奥田さんの様に チューブラタイヤを
使い捨てにされる方も多い様ですね
またその様に言って タイヤを販売しているお店が有るのも驚きます

少し面倒なパンク修理ですが修理してやれば
練習や普段乗りでは充分使えます
是非最後まで使い切ってあげて下さい

これからも宜しくお願い致します
鉄好きオヤジさん (Kino)
2009-09-25 08:26:16
おはようございます
そうですか 料理のお仕事をされているのですか?
あの様な細工は 覚えれば楽しい技術でしょうね

リムテープは主流にはなりませんでしたが
40年位前にも有りました
このパンク修理セットを出している VELOX ベロックスもリムテープを作っていました

当時の物を一回だけ使った事が有るのですが
直ぐにカピカピになり 使い物にならず
私はリムセメントを使い続けています

パンクをした時 タイヤを交換したら
当然 セメントが効かなくなりますが
合同練習で ガチンコ走りをしてもタイヤが外れる様なトラブルは見た事は有りません

ただ タイヤをあまり捻らない様な走り方は必要ですが それも技術のうちでしょうか

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。