Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

チューブラータイヤの交換 ロードレーサー

2019-07-01 20:20:42 | ホイール
ロードレーサーのタイヤの交換をしています 使っているのはチューブラータイヤと
リムセメントです その作業風景をご紹介させて頂きます





前回までに古いタイヤを剥がした私のロードレーサーです チューブラータイヤと
リムセメントを使ったホイールですが 今回はホイールのベッド作りも必要になりました




リアホイールの作業を始めます






今回は取り外した古いタイヤのフンドシがリムに残り
これを剥がす必要が有ります






この剥離作業は結構手間が掛かります 専用工具が有る訳では無いので
市販のスクレバーを少し加工して使い易い様にしました






リムとフンドシの間にスクレバーの刃を両サイドから入れて
剥がして行きますが 結構力も必要で手先の怪我に注意しながらの
作業です






フンドシが残っている所は掃除をする事でリムの地肌が見えています
本来タイヤの張替えで古いセメントを剥離する必要は無く むしろ
残しておいた方が良いのでフンドシの無い所はそのままにしています




リムの掃除が終わったので次の作業に移ります






リムの地肌が見えている部分には タイヤの接着力を確保する為に
リムセメントやボンドを事前に塗布し ベッドを作ってやる必要が有ります






リムに必要量のセメントを出し 歯ブラシなどで塗り広げて行きます




昨日前輪に使った歯ブラシですが先が固くて使い難いです
新しい奴に交換します






古いリムセメントが残っている所もリムの地肌が見えている所も
同じ様に床(ベッド)を作りました このセメントが乾燥してから
次の作業に掛かります




セメントが乾くまでこのホイールは放置しておきます
前輪は昨日、同じ作業を行い もう床も完成しています




さて次に使う新しいタイヤの準備をします






タイヤを買った後に使っていないリムに入れて 折り癖を取っています
全体にラップをして埃などが掛からない様にして 軽く空気を張ってあります




Vittoria STRADA 21mm 巾の廉価なタイヤですが
割としなやかさも有り日常に使うなら充分だと思います






タイヤをリムから外しました




新しいタイヤのフンドシにリムセメントを塗ります
以前は必要と思わなかったのですが 最近は塗る様にしています






リムセメントを缶で買うと少し残る事が有り セメントが固くなります
それを一つの缶に集めて有機溶剤で粘度の調整をしています これを
プライマーとして使っていますが、結構使い途が有りますよ








セメントをフンドシに塗って行きますが そんな多くの量では有りません
塗って直ぐは湿っていますが、吸い込みの強い繊維は直ぐにベタツキも無くなります
これはこのまま使うまで置いておきます




ついでですからスペアタイヤの手入れもします




リムセメントを使っている場合のスペアタイヤは
使い古しの物を使います






スペアのフンドシの状態を確認すると乾燥しています






このフンドシにもリムセメントを塗っておきます 流石に吸い込みは有りません
出先でパンクをした時にこのスペアを使いますが リムのセメントに残った
接着力とこのタイヤのセメントで有る程度の接着力が確保出来ます

ただ強固な接着は望めないのでタイヤやホイールに無理をさせない気遣いは絶対に
必要です






タイヤを接着する為のリムセメントが足りません 徒歩圏に有る
SPORTS DEPO まで買いに行き 帰りにコーヒーを飲んで時間調整を
しています この間に先程作ったベッドが出来上がるでしょう





さて続きを始めます ベッドの状態やタイヤのフンドシの状態も OK です




リムにタイヤを入れる時は軽くタイヤに空気を入れておきます
タイヤが軽く膨らむ程度で入れ過ぎは返って作業を難しくします
この写真から空気を抜き調整します




買って来たリムセメントをリムに塗りタイヤを入れます
記事が長くなって来たので 今回その部分は書かずにおきます

今迄に何度かご紹介していますのでそれのリンクを末尾に貼ります
タイヤを入れる時の体勢などその記事で是非ご覧下さい






タイヤ張りが終わりました




注意する事が幾つか有ります まずバルブは真っ直ぐに差込み
左右に曲げない






進行方向に対してタイヤのトレッドに注意します この写真では
右側に走りますがトレッドのデザインはこの方向が良いでしょう
水捌けを考慮しての事です

加えてタイヤの横ブレが無い様にタイヤのセンター出しも行います




タイヤのトレッドでタイヤの方向を決めると たまたまメーカーロゴが
右側に来ました ロゴは右側と仰る人もいらっしゃいますが、私は
トレッドのデザイン優先で決めています




新品のタイヤに付いてくるバルブのキャップ これは使わないですね
これの必要性を感じません 実際、私の周りの競技者でこれを付けている
自転車を見た記憶が有りません






ホイールを自転車に装着しました






メンテナンスを済ませたスペアタイヤを小さく畳みます




それをサドルに吊って今回の一連の作業は完了しました





皆さんには 2回に渡りお付き合いを頂きました 良く乗っている自転車は活き活きしていますが
乗る頻度が少ない自転車は元気が無くなってきます、それでは自転車も可哀想なので乗らない自転車ほど
気配りをしてやった方が良いですね 長く付き合うコツでも有ります

タイヤ張りの様子を紹介しています 是非ご覧下さい
過去記事 【 リムセメントを使ったタイヤ貼り 】

前回の作業風景 【 Panaracer Practice Dual 270 と言うタイヤ 】

コメント

Panaracer Practice Dual 270 と言うタイヤ

2019-06-29 20:00:08 | ホイール
私が定期的に整備をして保管しているオールドパーツで組まれた選手時代の自転車が有ります
そのチューブラータイヤを交換します 現在使っているのはPanaracer Practice Dual 270
パナレーサー プラクティス デュアル 270 と言うタイヤです





私が選手時代に乗っていた 1974年に National で製作したロードレーサーですが
今でも乗れる様に整備はしてあります 今回はこのチューブラータイヤを交換します






フロントタイヤの空気が抜けています 自転車を保管する時は
定期的に空気を入れているのでこれはパンクに間違い有りません




普段自転車の保管はタイヤに負担が掛からない様に
天井に吊っています この状態で何故パンクしたのでしょう






このパナレーサーのタイヤは黄色と黒色の境目がこの様に亀裂が入り
使えなくなります 今まで買ったタイヤ全てに同じ症状が出ます




これが Panaracer Practice Dual 270 パナレーサー
プラクティス デュアル 270 と言うチューブラータイヤです






リアタイヤもこの様に亀裂が入り その後、下の繊維が顔を出します
こうなれば危なくて使えません

10年程前に予備を含め 5~6本まとめて買った物を順次使って来ましたが
新しいまま保管していて 7~8年でこの症状が出て使わずに廃棄した物も有ります






それはさておき 今回のパンクの原因を調べて見ます




このタイヤは一度ガラス片を踏んでパンクをしましたが
それを修理して使っていました 小さな傷が有ったので
タイヤの内側にもパッチゴムを当てていましたが、その傷が
大きくなっています

何故タイヤの中のチューブにまで影響が有ったのかは分かりませんが
ここから空気が漏れていました これはタイヤの質の問題では無く
傷を付けた私自身の問題ですね




タイヤは前後共 新しい物に交換します






ホイールを外した自転車にはチェーンレストを付けて
チェーンを張っておきます






最近のロードレーサーではフロントがインナーでもこのチェーンレストで
チェーンが張れますが、この変速機はキャパシティが 26T ですから
チェーンレストの小さなホルダー部ではチェーンが張り切らないですね
これは新たな発見です






フロントをアウターにすれば OK でした チェーンホイールは
Campagnolo RECORD Ⅲ型 PCD151 52×47Tを使っています




さてタイヤを外す用意が出来ました






フロントホイールから始めます タイヤを剥がす為に
空気は全て抜きます






バルブの反対側からタイヤを剥がします タイヤを傷める様な
無理はいけませんがこの作業は力技です リムセメントはまだ
生きています




しかしタイヤのフンドシが剥がれリムに残る部分が有ります






タイヤを剥がしました 残ったフンドシですがこれは後の処理が
大変です








リアタイヤも剥がしました




沢山フンドシが残っています このままタイヤを張る訳には行きません






リムセメントで張り付いた布は指先では剥がせません 彫刻刃と
スクレバーを用意しました スクレバーは使い易い大きさに加工しました






少し時間が掛かりましたがリムは綺麗にしました
しかしこれは床から作り直す必要が有りますね






ニップル穴に残ったゴミをブロワーで掃除します






床はパナレーサーのリムセメントを使います








適量リムに出したセメントを歯ブラシでリムに塗り広げます






リムにセメントが乗っていない時には 今回の様にリムセメントや
ボンドを使い床(ベッド)を作る必要が有ります 接着強度を確保
する為の事前処理です



 


タイヤの亀裂やこの様にフンドシが剥がれたタイヤはもう
スペアタイヤにも出来ません








これは以前 新品を購入後 7~8年経った物をホイールに入れ
全周に亀裂が出来ている事に気が付き 直ぐに取り外したタイヤです
タイヤの中も全く汚れていないので未走行なのが解ると思います








これは先程のタイヤのバルブ部分です 下の繊維まで見えています
折角製造された商品を悪く書くのは本意では有りませんが 
手間が掛かり経済的にも良くない、この商品はこれからは使えないですね
私はもうこのタイヤを買う事はしない様にします





黄色くて可愛い花が公園に咲いていました

チューブラータイヤの張替えは通常それ程手間の掛かるものではありません
今回は余計な作業が増えて一日では終わりませんでした この続きは次にご紹介します
どうぞお付き合い下さい

次の作業 【 チューブラータイヤの交換 ロードレーサー 】

コメント (4)

スペアタイヤ 点検

2019-05-03 20:07:20 | ホイール
自転車で走る時に携帯するチューブラーのスペアタイヤの保守点検を行います 
長く吊ったままのタイヤは 定期的にこの作業を行った方が良いでしょう





最近は W/O のタイヤを使う人が多いのでタイヤを携帯する事は無いと思いますが
チューブラータイヤを使っているとスペアタイヤを持って走ります これを我々の
時代にはタイヤを吊ると言い表します




吊っているタイヤを外します 使っているのは使い古した
トウ・ストラップです これは色々な場面で使えるので
大変便利です






スペアタイヤを整備台の上に持ってきました
畳んでいたタイヤを広げます




このタイヤは昨年からスペアに使っている物で
多少折り癖が付いていますが トレッドやサイドに
問題は無さそうです




タイヤが丸くなるまで空気を入れました






タイヤの装着にリムセメントを使う場合 スペアタイヤは
使い古した物で大丈夫です このふんどしに残った古い
リムセメントの状態を確認しています

古いリムセメントが完全に乾いている状態はスペアとして
良く有りません 幾分残った接着力がスペアとして使った時に
リムのセメントと共に幾らかの接着力を確保します




今回のタイヤはもうセメントの柔軟性も無くなっているので
新たにリムセメントを塗っておきます






タイヤのふんどし全周にセメントを塗ります 量は表面が
濡れる程度で結構です






塗り終わった時の状態です




直ぐにタイヤは畳めません セメントの表面が乾くまで
一晩このまま放置します






私の所にはこの様にスペア用のタイヤが何本か有ります

予備のスペアタイヤを持って少し走って来ました
この日はまだ足首の関節が固いのでスニーカーで
軽いギアで脚をクルクル回しています 最近は
この様にして徐々に自転車に乗れる身体に戻しています






さて一晩置いたタイヤの状態を見てみましょう






リムセメントの状態を指で触れて確認しています






一晩置いたリムセメントがどの様な状態か キムワイプを
押し付けてどうなるのかご覧頂きます






この様に薄い紙が接着する様な状態では有りません
しかし指を滑らそうとしても動かす事は出来ません




この様な状態のタイヤと パンクしてタイヤを外した リム側の
リムセメントがお互い幾分かの接着力を発揮します 






トレッドも充分残っているタイヤなので これはまだスペアとして
使って行きます




タイヤを畳みます まず空気を全部抜きます

タイヤを小さく畳む方法はこれだけでは有りませんが
一つの方法としてご覧下さい






バルブ部分をこの様に折り畳みます








最初に畳んだバルブ部分を内側にタイヤを巻いて行きます




最初からこの様にぴったりと大きさが決まらないと思いますが
自分が気に入る形になるまでやり直せば良いですね




この白いのはウエスを細く折った物ですが 絶対に必要な
ものではありません






用意したスペアタイヤをサドルに吊ります
古い皮製のトウ・ストラップは Alfredo Binda アルフレッドビンダ
ストラップの名品ですが今はもう手に入りません




これでスペアタイヤの保守点検が完了しました

チューブラータイヤが出先でパンクした時はリムテープを
使っている時とリムセメントでは修理方法が異なります

テープの場合は出先でパンクしたタイヤを外した後
新しいリムテープを使いタイヤを貼ります その後そのまま
通常通り使いますから あまり古いタイヤより何時までも
使える新しい物が良いかも分かりません




リムセメントを使ったホイールでは パンクしたタイヤを外した後
スペアタイヤをそのまま入れて使います その後、帰宅してから
スペアタイヤを再度外し 新たにリムセメントを塗ってタイヤを
貼ります 依ってスペアタイヤは仮のタイヤと考えて良いでしょう





今回の様にスペアタイヤの点検をしましたが これを使ったからと言って確固たる
接着力が確保出来るわけでは決して有りません スペアタイヤを使ったホイールでは
タイヤを苛める様な乗り方をするべきではなく それ相応の走行技術は必要です

コメント

リムセメントを使った タイヤ貼り

2019-04-27 20:09:10 | ホイール
リムセメントを使ったチューブラーホイールは定期的なセメントの貼り替えが必要です
最近はリムテープを使う人も多いですが安全確実なリムセメントを使ったタイヤ貼りの
様子をご紹介します





古いタイヤを外しリムセメントを新たに塗りタイヤを貼りますが 古いリムセメントの
状態に依りその方法も変ります
今回は古いセメントの状態が良く無かったので下地作りから作業を進めています
リムセメントの状態が良ければそこまでする必要はありません






下地の事は 床(とこ)やベッドと言います このリム側のセメントは
古いセメントを溶剤で一旦緩めそこへ新しいリムセメントを使い
床を作っています




床の状態を確認しています とても良い状態に仕上がっています
床作りの様子は 記事の末尾にリンクを貼るのでそれをご覧下さい




タイヤに問題は無いので外したタイヤをそのまま再利用します






タイヤに残っているリムセメントの状態も OK です






ここからタイヤを貼る為の作業です リムセメントは
何を選んでも大丈夫です パナレーサーの速乾タイプを
使います ただ一つだけ注意が必要です SOYO の金リム用
白セメンと呼ばれる物と混ぜるのは良く有りません






リムセメントをリムに塗る時には歯ブラシを使うと良いでしょう






セメントをリムに出します ニップル穴間 3スパン程度に
しておきます それ以上出すとセメントが垂れて始末が
悪いです






1スパンの量はこの程度 これをブラシで綺麗に
均して行きます




リムの全周にリムセメントを塗りました




タイヤを用意します タイヤを貼る時に気を付ける事は二つ




タイヤを貼る方向は タイヤのメーカーロゴを右側と言う人も居ますが
トレッドを基準に決めた方が良いでしょう 今回の様なトレッドなら
水捌けの事を考え左右のトレッドが作る V字の尖った方を進行方向に
向けると良いと思います

この話しをすると 自転車のスピードなら関係は無い、と仰る方も
いらっしゃいますが この様に謳っているタイヤメーカーも有ります
私はメーカーの考え方に従っています




もう一つ大切な事はリムにタイヤを嵌める時にバルブは真っ直ぐに入れます






タイヤを嵌める前に空気を少し入れます タイヤが丸くなる程度で
結構です 空気の入れ過ぎは返って仕事を難しくします




では始めます

リムのバルブ穴にバルブを差込みます 左右にいがまない様に注意





バルブを中心に左右へタイヤを伸ばしながらリムにタイヤを乗せて行きます
ここでタイヤを伸ばすと言うのはとても大切な事です
※ ただ SOYO のシームレスタイヤの様な繊細なタイヤは伸ばし過ぎはいけません
繊細なタイヤにどの程度の力を加えるかは自分で経験するしか有りません




さらにタイヤをリムの下方向へ嵌めて行きます




リムを立ててタイヤを嵌める限界が来たらリムを持ち上げバルブ側を自分の腹で支えます
残りのタイヤを最後までリムに乗せて完了です




リムにタイヤがはまりましたが チューブラータイヤは
ここからも大事な仕事が残っています




タイヤに空気を少し入れます 3キロ程度でしょうか






タイヤをリムと良く馴染ませ ホイールを回転させて
タイヤのセンター出しと振れを取ります




タイヤの振れ取りはタイヤの位置を左右にずらして行います




センター出しと振れが取れたら使用圧まで空気を張ります






今回は 7キロまで張りました




これでリアホイールのタイヤ貼りは完了です








バルブの状態も OK です タイヤの方向も合っています
今回はたまたま タイヤのロゴも右側に来ていました






タイヤのセンター出しについては リムから見えるタイヤの
ふんどしを左右揃える事で上手く行く物も有りますが それは
絶対確実な事では無いので、ホイールを回転させ自身の目で
確認する必要はあります






フロントホイールです する事は後輪と変りません






リムセメントはこの程度塗っています この後タイヤを入れます

リムセメントを有る程度乾かせてからタイヤを入れる方法も
有りますが私は昔から セメントを塗って直ぐにタイヤを
入れています




使った歯ブラシですが これは使い捨てですね






以前に使って置いていた奴ですが ブラシが固くなって
もう何にも使えなくなっています




捨てるにしろ置いておくにしろ リムセメントで周りが汚れるのを
避けるためケースに入れておきます リムセメントで汚れると
後始末が本当に厄介です








リムにセメントが付いていたら溶剤で良く拭き取っておきます
完全に乾いてしまうと中々取れなくなります






今回はパナレーサーのチューブタイプを使いました 33ml の容量です
今回のホイールはリムセメントが乾き強度が出るまで、一晩置いてから
使う事が出来ます






ホイール 2本でこの程度のセメントを使っています





ホイールの床作りから 2回に別けて作業風景をご紹介しました
最近のクリンチャータイヤと比べ優位性 安全性も多く有りますが それらは正しく
チューブラータイヤを装着しての事です 是非ご自分でタイヤ貼りが出来る様になって
下さい 新しい楽しみが増えると思います

前回の作業 【 リムセメント タイヤの張り替え 下準備 】

コメント

リムセメント タイヤの張り替え 下準備

2019-04-25 20:23:34 | ホイール
リムセメントを使ったチューブラーホイールは定期的にタイヤの張り替えが必要です
ホイールにタイヤを貼ったままにしているとリムセメントが風邪を引いたと言う
状態になり接着力が無くなります





私のロードレーサーですが昨年の5月にタイヤの張り替えを行っています
それ以来殆ど走っていませんがセメントの劣化に走行距離は関係有りません
時間が経つにつれて接着力が低下して行きます






定期的にリムセメントを塗り直すのは 1年に1度は
行った方が良いでしょう その理由等も書き進めて
行きます








まず外したホイールのタイヤの汚れを拭き取り
傷などを確認します 致命的な不具合が無ければ
タイヤの再利用に問題は有りません






タイヤの空気を抜きます






タイヤの片側を両手の親指を使いリムから剥がして行きます
片側からではそう簡単に外れません これで外れる様では
リムセメントが死んでいます






ホイールの片側のタイヤを剥がせる所まで剥がし
ホイールを反転させて 反対側からタイヤを剥がします






リムセメントの状態や強度で異なりますが 丁寧に作業を
進めればタイヤは外れます




タイヤを外しました 今回の状態は思っていたより
粘着力=強度が落ちていました このタイミングで
タイヤを剥がして良かったと思います






リムセメントの状態を見てみます まだ完全に風邪を引いている訳では
有りません、セメントが乾燥して粉を吹いている状態を風邪を引くと
言いますが そうなると古いセメントを剥がしてしまう必要があります




タイヤの裏のセメントもまだ柔軟性が残っています




タイヤもリムもまだ何とかこのまま使えそうです
セメントに柔軟性が残っている間は次に塗るセメントで
古い物も生き返ります








今回のセメントは次のセメントを塗り重ねる事が可能な
ギリギリの状態です リムセメントに溶剤を混ぜて
浸透力を良くした物をプライマーとして先に塗っておきます








既存のセメントにプライマーを塗って行きます
これで古いセメントが柔らかくなります




この状態で時間をおきます








タイヤの接着面のセメントをワイヤーブラシで擦ってみます
これで粉が吹く様ではいけませんが まだ大丈夫です








タイヤの裏にも先程のプライマーを薄く塗布しておきます




ここまでが古いリムセメントを緩める作業です






前輪も同じ様にタイヤのチェックから始めます
汚れを拭き取っています






フロントタイヤも大きな不具合は無くこのまま
再利用します




タイヤを外します






リム側もタイヤ側も後輪と良く似た状態です
セメントは1年を超えると接着力も無くなり
とても危ない状態で自転車に乗っている事になります




前輪もセメントにプライマーを塗り古いセメントを
柔らかくします 完全にセメントが風邪を引くと
この様な方法も取れず古いセメントの除去が必要になり
これには凄く手間隙が掛かります

一年以内のセメントの塗り直しは前記の様な理由で
自分の身を守る為にも行わないといけません






古いセメントが落ち着くまでしばらく時間を要します
このままの状態で放置しておきます





リムセメントが落ち着くまで昼食にします ピストバイクに乗り喫茶店に来ました
普段自転車を触る時はご飯も食べずにしている事が良くあります 今日は幸せ(笑)




お昼から帰って来ました 先程から 4時間が経ちました
リムセメントの状態を見てみましょう






随分と艶が有りますが指先で触れるとそれ程
指にへばりつく訳では有りません 






親指で強く押すと指の指紋が残ります 柔らかさとすれば
特に問題は有りません ただ・・・ 次に塗るセメントの
床=下地とすれば少し接着力の手応えが弱いです








タイヤの方はこれで問題は無さそうです このまま行きましょう







リム側のセメントはもう少し床をしっかり作ります
フロントから始めます ハブは HB-7800 です




これは昨年新しく買ったリムセメントです






中身を良く混ぜました 新しい時より少し固くなっています
これを均一に塗りましょう今の状態の床作りには丁度良いでしょう






塗り残しの無い様に塗りました






リアホイールも同様に作業を進めました ここまで
限界に近いリムセメントのお陰で、かなりの手間が掛かりました
短期間にタイヤの入れ替えをしていたら 新しいリムセメントを
塗るだけで終わる作業です




さてこの状態で一晩置きます 若い頃はここまでタイヤの接着力を
求める事は有りませんでしたが 歳を重ねて今までと同じ様には
行きません 安全 確実 安心 これを求めた作業です





ランチへ行った時に見掛けました 鮮やかなブルーですね

本来もっと早く終わるタイヤの入れ替えですが、今回は下準備だけで続きは次の記事に
させて頂きます 次は新しいリムセメントを塗布しタイヤを張る所までご覧頂きます
次回もお付き合い下さい

タイヤ貼りの様子 【 リムセメントを使った タイヤ貼り 】

コメント