Kinoの自転車日記

自転車と共に過ごす日々

ホイールの振れ取り MAVIC COSMIC ELITE

2018-07-02 20:17:28 | ホイール
完組ホイール マビックのコスミック エリートの振れ取りを行います
アルミのクリンチャー用で スポーク数 20本のホイールです





MAVIC COSMIC ELITE アルミのクリンチャー用ホイールで後輩が使っていた物を
メンテナンスをする為に預って来ました 私もこのホイールを触るのは初めてです






随分前のコスミックは一時手元に有りましたが
凄く重量の有るホイールだった印象が残っています
今回預ってきた物は重量は測っていませんが軽く感じます






ニップルレンチやスポークホルダー センターゲージを用意し
仕事に掛ります






振れを取るにしろホイールのセンターを確認して
センターがずれているなら その方向へリムを寄せる様に
スポークを張って行きます




このセンターゲージは Campagnolo UT- HU010 軽くて
使い易い道具ですが、残念ながらもう手に入りません






スポークはラウンド部分は 2.0mm 扁平部分は 1.1mm × 3.0mm
エアロ形状のスポークです






スポークが捩じれている処が何本か有ります スポークホルダーを使い
真っ直ぐに戻しておきます






完組ホイールはスポークがカンカンに張って有るのかと思っていましたが
それ程でも有りません テンションにバラツキも感じるので一度メーターで
測ってみましょう Park Tool TM-1 です 




普段はあまり使わない道具です シビアなテンション管理を要求される
ホイール以外ではあまり必要としない道具だと思います しかしいざ
測ってみると へ~と言う様な数値が並びました




前後のホイールを測りました ハブフランジの左右別に測っています
本来この数値から換算表に照らし張力を求めるのですが 換算表に
今回のスポークが無いのでテンションメーターの数値をそのまま
記載しています






フロントとリアですがかなり数値にバラツキが有ります
スポークテンションを揃えるとホイールの振れが出ないと
書いていらっしゃるブログ等を良く目にしますが、そんな事は
まずあり得ません かと言ってここまで見事にバラバラだとは
思わなかったです 




余程振れが酷かったら一旦分解して組み直す必要も有りますが
ホイールを回すとそれ程酷くは無いので センター出しと
振れをこのまま取って行きます ニップルレンチは Park Tool
SW-1 2面が 3.3mm のニップル用です




扁平で雁首がストレートのスポークではスポークホルダーは必ず必要です
スポークを保持しながらニップルを回さないと雁首だけが回ったり
扁平部分があさっての方を向き エアロ効果どころか風の抵抗を増して
しまいます






ニップルが固いかとオイルも用意していましたが固着も無く回りました

長く使っているホイールではニップルとスポークのネジが固くなって
いる事が良く有ります これはニップルのネジ部に水や埃が入り
固着するのが原因の一つです
スポークプレップやロックタイトのネジの緩み防止剤を使うのは
ネジの隙間を埋めて異物の進入を防ぐのも大きな目的です
緩み止め剤はニップルを回らなくする為と、間違った思い込みを
されている方も多くいらっしゃる様です






フロントが終わりリアも同じ様に進めて行きます






ホイールの振れ取りの横振れは誰でも簡単に出来ると思います
でも縦振れを綺麗に取るのは難しいですね 私の技術では結構
妥協する事も有ります これで振れ取りは完了です 
このフリーも折角ですから、この後に分解してみましょう





ホイール組やメンテナンスは色々な考え方が有りその方法も様々です
これが正解と言う答えが有るならどのメーカーのホイールも同じ構造になる訳ですが
全く正反対の形状や組み方をした物も存在する程です それが間違っていないなら
自分の信じた方法で進めれば良いかと思います

今回整備が終わった後で今でも現行商品だと言うこのホイールのお値段を聞いて
想像していたよりお安く買えるのに驚きました 練習用なら良いホイールじゃないでしょうか

この後の作業 【 フリーの分解整備 MAVIC COSMIC ELITE 】

コメント (2)

リムセメントを剥す チューブラーホイール

2017-10-02 20:17:21 | ホイール
チューブラーホイールでリムセメントを使っていると それを剥す事も有ります
今回は塗料の剥離剤を使って剥離します その様子をご覧下さい





古いリムセメントを剥す理由は色々有ると思いますが 理由は何であれ、する事は同じです
今回は SOYO の白セメンを使っていますが 違うリムセメントを使う為に、これを綺麗に剥してしまいます




この作業はその方法にも依りますが 今回は水も使いたいので
水が豊富に使える環境で行います








今回使う剥離剤はシールも侵すので
原液が付かない様にテープで養生しておきます
使っているのは建築で多用する養生テープです






塗料用の剥離剤です これは色々な種類が有るらしいですが
私は何時でも簡単に手当が出来る様にホームセンターで
売っている物を買っています 必要量、別容器に取り別けます






剥離剤を塗るのには刷毛を使います






塗る量は出来るだけタップリと塗ります 出来るだけ
多い方が良いです




タイヤの接着面全体に塗り終り しばらく時間を置きます






今回の一回目は 15分程放置しました




これから剥離剤で柔らかくなったリムセメントを剥しますが
その道具はこの様な物を使うと良いでしょう スプーンや
バターナイフなど、リムの凹んだ部分に合う物が良いですね



少し汚いです



柔らかくなったリムセメントを剥して行きますが 一度で
全てが取れる訳では有りません ここは意地にならずに
取れる部分だけ取って行けば良いと思います 
余り時間を掛けると柔らかくなった物が硬くなって行きます




一回目で取れるのはこの程度です




もう一度剥離剤を塗ります 一度目と同じ様に
タップリと・・




やはり 15 分程度置き同じ事を繰り返しました
まだ全てが綺麗に取れていません もう一度
剥離剤を塗りましょう 次で綺麗になるはずです






三回目はほとんど粘度も無くなっているので 
歯ブラシで擦ってやります ニップルのハトメの中は
細いマイナスドライバーと併用すれば良いでしょう




歯ブラシで擦るとほとんど綺麗になりました
剥離剤はアルミに攻撃性が有る物も有るらしいので
水で良く洗い流します








いかがでしょう 古いリムセメントは残っていません
ハトメの中も上手く取れています
リムの中にも水が入っています、バルブ穴を下にして
良く水を切ります




自転車小屋に帰って来ました もう少し手を掛けます






リムの色々な所でテープを剥した跡の様なベタツキを感じます
ペイント薄め液を使い拭き取ります 簡単にベタツキは無くなりました






これでリム全体が綺麗になりました






アルミ素材の表面は直ぐに酸化します このピカールを使うと
添加された油脂が表面を保護してくれます 
水洗いをしペイント薄め液も使ったので リムのニップル側を
磨いておきます






アルミ素材の深い艶が綺麗です ウエスや手が真っ黒に
なりますが、嫌いな作業では有りません




ARAYA のシールも無事でした



豆知識



固定ギアは 15T を付けています 120mm 巾の両切りですが 
決戦用のホイールなのでイタリアンで組んでいます
練習用なら JIS で組むのが普通です




お付き合いを有難うございました 剥離剤を塗り始める準備からここまで約 4 時間強の作業です
チューブラーホイールを使い続けるとリムセメントの塗り重ねは避ける事は出来ません
その量が多くなり重さを感じたり リムセメントが乾燥して風邪を引いてしまうと剥離の必要が有ります
その様な時に、こんな記事がお役にたてば幸いです

コメント

リムセメント除去の準備 ホイールを外す

2017-09-30 20:13:12 | ホイール
チューブラーホイールのリムセメントを除去します 今回はリムセメントの種類を変える為の作業です
その準備として自転車からホイールを外しておきます





私のトラックレーサーです 先日リアホイールのタイヤがパンクして今は仮にタイヤを入れています
この後輪のリムセメントを除去するためにホイールを外します






しばらく保管していたタイヤなので適度に空気管理をして
エア漏れが無いか確認していました




全く関係の無い事ですが チェーンホイールは Cmpagnolo RECORD
カンパのレコードを使っています 私が選手時代からの物で 50年近く経っています






Campagnolo の刻印です PCD 151 クランク長 165mm です
中京大学時代の先輩が使っていた物を譲り受けた物ですが
先輩はこのクランクで日本記録を出しています 
まだ何処にも不具合は無く 使っていて不安は有りません






ホイールを外しましょう ハブナットには 15mm の
レンチを使います ※ 正ネジです




特に難しい作業では有りません




リムセメントを剥す間 自転車の保管をしておきますが
チェーンの処理をしておきましょう




自作のチェーンレストを使います






色々と自作しましたが 保管中、自転車に無理をさせないなら
この片持ちのチェーンレストが使い易くて良いですね
クイックはわざと内側で使っています






乗る訳では無いので神経質になる必要は有りませんが
チェーンもしっかり張っておきます






これでまた保管しておきます




取り外したホイールです




養生していたビニールを外します ホコリ除けです






空気の漏れもなく トレッドも綺麗です 次はこのタイヤを
使いましょう SOYO RED シームレスタイヤです






タイヤを外す為に空気を抜きます 小さな英式の
競輪バルブです 日本だけで使われているバルブです






リムセメントは塗っていないので簡単に外れますが
シームレスタイヤは繊細なので無理をさせてはいけません






これには Vittoria PISTA EVO と言うタイヤを使っていました
この古いセメントを除去します






SOYO の金リム用のリムセメントです 色が白いので
白セメントと呼んでいます 私も昔は良く使ったのですが
最近は速乾タイプを多用するので 次はそちらに換えます





今回は余り重ね塗りをしたホイールでは有りませんが 白セメンの上に速乾のセメントを使うのは
良くないので白セメンを剥してしまいます それでも 3~4 時間は掛るので続きは日を改めましょう

この後の作業はこちら 【 リムセメントを剥す チューブラーホイール 】

コメント

チューブラータイヤ パンク修理道具

2017-09-15 20:53:47 | ホイール
古くから自転車愛好家に使われて来たチューブラータイヤですが 最近はパンク修理が出来ない
使い捨てなどと誤った情報も良く目にします チューブラータイヤのパンク修理も可能でその為の
修理道具をご案内します





チューブラータイヤとはチューブの外側にタイヤを縫い付けた 丸タイヤ と呼び
ホイールに装着する時にはリムセメントと言う接着剤やリムテープと言う両面テープで
貼り付けるタイヤの事を言います 以前は27×1 1/8 丸タイヤ と表記していた時期も有りました






そのタイヤの裏面にはフンドシと呼ばれる布が貼ってあり
それを剥すと縫い目が見えます






縫い目の糸を切りタイヤの腹を開きます




その中には全てのタイヤでは有りませんが この様な
チューブを保護する布が縫い込んで有ります






保護布の糸を切ると中のチューブが見えます
このチューブは一般の自転車と同じ様にパンクの修理が可能です





この様にチューブの穴は塞ぐ事が出来ますが、最近主流になっているクリンチャーや
一般車と違うのは この後タイヤを元通りに縫い直すと言う作業が必要です






その為のパンク修理セットがこれです Velox これは
古くから有る自転車のアイテムを供給していた会社です
このセットも 47~8年前の物です




内容は現在の修理セットと変わりませんが そこに
裁縫に必要な道具が加えられています






これはパンク修理に使うパッチゴムですが 修理に使うのは
この位の大きさに切って使います 1辺は 7mm 程度でしょうか
何度も修理をしている間に解ったのが 空気も漏れずタイヤに
段差も付き難い大きさがこの辺りです






これなんかは恐らく何処を調べても出て来ないと思いますが
当時競輪競走で使っていた SOYO 50匁(モンメ)のチューブです
ラテックスのチューブにはこれを小さく切って使います ゴム糊を
両方に塗ると剥がれる事は有りませんでした




チューブの表面を整えるペーパーはやはり必要です




べロックスの修理用の糸ですが 案外これが早く無くなり
高く付いたものです 初めてパンクを直した時に良く知らずに
普通の木綿糸を使った事が有りますがやはり強度が無くて破裂しました






練習浸けの毎日を過ごす学生時代には修理セットを買うのも
大きな負担です それで畳屋さんで別けて貰った畳糸を使っていました
同期の自転車部員が 4年間使ってもまだこれだけ残っています




瓶の首には同期全員の名前がマジックで書かれています 
懐かしい思い出です。 糸はパンク用の物が手に入らなければ
麻糸に蝋(ロウ)引きをして使えば良いでしょう 水糸やタコ糸は
少し強度が足らないと思います




私のマンションの中庭で紫式部が綺麗な色を出していました
チューブラータイヤでパンクした物は、捨てずに修理をして最後まで使ってやって下さい
雨で練習が出来ない日はする事もないのでそんな時に直せば良いですね

チューブラータイヤの中には SOYO のシームレスタイヤの様に縫い目の無い物も有ります
さすがにそれは同じ方法では無理です、シーラントを注入すれば直る物も有る様です

パンクの修理方法はこちらです 【 チューブラータイヤ パンク修理方法 その1 】

コメント

Vittoria Pista EVO 赤いバルブの構造とパンクの原因

2017-09-11 20:18:01 | ホイール
先日走行距離の少ない Vittoria ビットリアのチューブラータイヤを保管していたら
空気が抜ける不具合が起りました 赤い色のバルブの構造とパンクの原因を調べてみました





私が使っているトラックレーサーです このホイールに装着してあるビットリアのタイヤの空気が
抜ける症状が出ました その原因を調べてみます






リアホイールのタイヤの不具合です ホイールを外す為に
倒立台を使います






タイヤは Vittoria PISTA EVO CS 新しいタイヤを貼って
自転車競技場を 150周 60km 程度の走行距離です
バルブは赤色のタイプで タイヤのサイドにすだれが出来ています






トラックホイールのハブにはナットが使われています
これには前後共 15mm のレンチを使います







レンチを使いナットを緩めます ※ 正ネジです






左右のナットを緩め 車輪を前に送りチェーンを緩めます
チェーンを前の大ギアから外します






ホイールを後ろに引くとホイールが外れます






タイヤはリムセメントを使って貼っています
タイヤを外しますが良く引っ付いています






何処か少しでも作業のし易い場所を探し マイナスドライバーを
差し込みました この後タイヤとリムに無理をさせない様に
ゆっくりとタイヤを剥して行きます






この様な状態でリムセメントが効いています SOYO の
金リム用 白セメントです




有る程度剥がれると手を使う方が良いですね






タイヤが外れました 跡を見るとリムセメントも良く付いています




チューブラータイヤを使い捨てだと言うショップや net で配信している
所も有り それを信じている人が居る様ですが チューブラータイヤは
パンク修理をして使う事が出来ます その為にタイヤを傷めない様、
丁寧に剥しています




さて外したタイヤを持って整備テーブルの方に来ました






Vittoria PISTA EVO CS 22mm 巾 実測 154g のタイヤで
赤いバルブが使われています このバルブのコア(弁)は
外せませんが 赤い部分は取り外す事が出来ます




バルブの構造



バルブを取り外してみましょう この様な工具を使います
バルブの赤い部分の先端は小判型の形状をしています




そこに工具を使いバルブを緩めます この時バルブの根元を指で
保持し、チューブに無理をさせない気遣いは必要です






やや手応えを感じながらバルブが外れました 赤い方は
メスネジ タイヤ本体側にはオスネジが使われています
黒い物は空気漏れを防ぐパッキンです






このバルブの締め込みから空気が漏れる不具合も有る様で
私の友人達も経験しています ここに設備配管等で使う
シールテープを巻いてバルブ部分の不具合のチェックを
行ってみます




バルブを確実に取り付けました






空気を入れて水調べをします どうもバルブ部分ではなさそです
触っている間に空気の漏れ方が酷くなって来ました




では次の確認です タイヤの中のチューブの状態を
見てみましょう これからの作業はパンク修理の時も
同様に行う作業です






チューブラータイヤの内側、リムの接着面には布が貼って有ります
一般的にフンドシと呼びますがそれを破らない様、丁寧に剥します






フンドシを必要分剥しました 一ヶ所ハサミで切って
縁を切ってしまいます 一旦剥すとフンドシが伸びて
元の様に復旧出来ないのでパンク修理の時も同様にします




フンドシを剥すとタイヤの縫い目が見えます
中にチューブが入っていますがタイヤを縫う事で
高い空気圧にも耐える事が出来ます
15kgf/cm2 程度の空気圧で使う事も有ります






中を見てみましょう カッターで縫い目の糸を切って行きます
タイヤの中のものに傷を付けない様 細心の注意が必要です






タイヤの表面の糸だけ切ってタイヤを開けました






糸の切り屑も取り 中を見てみます 白い物が見えます






この白い物は中のチューブを保護する為の布です
これもタイヤに縫い付けて有るので糸を切ります
最近は少し重く丈夫なチューブを使ったタイヤでは
この布が使われていない物も有ります




これでチューブが引き出せます そっと引っ張り出します






パンクの箇所は概ねバルブ付近との見当を付けていました
シャープペンシルの先の所に穴が開いています 
丁度バルブの補強がされている部分とチューブ一枚の
薄い部分との境目です




ロードバイクや一般車の WO のチューブではたまに
見る不具合ですが チューブラータイヤでは初めて見ます
どうしてタイヤの内側でこんな状態になるのか不思議です






空気の漏れ方から他にも穴が有るはずです・・・
バルブの反対側に有りました こちらは避けています




こちらの不具合はおそらく何度もバルブを触っている間に
不具合が大きくなって行ったんだと思います 裂けてしまう
前の状態が見たかったですね






外から見てタイヤのサイドにすだれが出来ていました
これの内側はどうなっているのでしょう






すだれはバルブの両サイドとも中まで進んでいます
こうなるとまだ脹らんではいませんが、競技場を走る
トラックレーサーでは使わない方が良いですね
何時破裂してもおかしく有りません



パンクの場所



今回チューブに不具合が有った場所はいずれもバルブ付近で
トレッドの逆側、タイヤの内側でした チューブラータイヤを使い
50 年程の経験が有りますが、今回の状態は始めて見ました




修理

今回チューブの穴を確認しましたが そこは通常のチューブと
同じ様にパッチを貼り穴を塞ぎます その後修理用の糸を使い
タイヤを元の様に縫い付けます そうする事でタイヤは使う事が
出来ます、ただパンクを直したタイヤは練習用やスペアにするのが
普通です





今回のタイヤはそれなりに気を使いながら保管をしていましたので空気が抜けると言う事が
不思議でした 加えケーシングにすだれが出来ていたのにも驚きが有りました 空気が抜ける
原因はチューブに有ったと言う事は解りましたが どうしてあそこが? と言う思いは残ります
いずれにしろ軽量タイヤの扱いは慎重に行わなければいけませんね

今回のタイヤはパンクを直してもそのまま使えないですから 親子タイヤの中に使うのに
丁度良いですね 【 チューブラー 親子タイヤ制作 】

コメント (4)