雨曇子日記

ご近所散歩日記です。だけのつもりでしたが、だんだんカテゴリーが増えました。

熱闘甲子園 第 100 回大会準々決勝

2018-08-18 19:37:17 | 野球談義

例年より 7 校多い 56 校から勝ち上がって決勝に進む 4 校を決める準々決勝の 8 月 18 日(土)、甲子園の入場券は午前 5 時に売り切れたと、 TV が言っていた。

午前 8 時、第一試合に先立ってレジェンド始球式があった。

 

          (中西太氏(85)は堂々と始球式を終えた)

 

第一試合は大阪桐蔭 (北大阪)VS. 浦和学院(南埼玉)

 

            (豪打の桐蔭は 4 HR で圧勝)

 

日本ハム中田選手をはじめプロ野球界に多くの HR 打者を送り込んでいる桐蔭だけに、今年のチームも打ちまくり、同校の甲子園での HR はこれで 71 となり、これまでの PL学園の持つ 70 の記録を抜いたそうだ。

 

第二試合は、報徳学園(東兵庫)VS. 済美(愛媛)

報徳は最終回、一打同点まで追い上げたが攻めきれず、3 ー 2 と涙を飲んだ。

済美は、2回戦での石川県星稜との一戦も凄かった。7 ー 1 の劣勢を終盤に追いつき、さらにタイブレークの 13 回、ここでも 2点差がついていたが、劇的な満塁弾が出て勝利した。

 

 

第三試合は 日大三(西東京) VS. 下関国際(山口)

下関国際の鶴田投手は 7 回 2 死まで無安打に抑えていたが 8 回に集中打を浴び 3 ー 2 で敗れた。

それまでの試合の展開から、まさか日大三が一気に逆転するとは誰も思わなかっただろう。

 

 

そして注目の第四試合 近江(滋賀)VS. 金足農(秋田)の一戦となった。

 

 

結果は、唯一の公立校金足(かなあし)農高の勝利となった。(2 ランスクイズの逆転サヨナラだ)

優勝候補横浜高校を 3 回戦で倒し勢いに乗る吉田投手、満面の笑みである。

これで、大阪桐蔭、済美、日大三、金足農の 4 校が残った。

 

さて、優勝はどこになるか?

 

 

 

 

コメント

ある水彩画展

2018-08-15 14:03:43 | 展覧会

柏のランドマーク柏ビル 3 階「パレット柏・市民ギャラリー」で 8 月 12 日(日)~ 15 日(水)開催された水彩画展です。

 

               (パレット柏が入る柏ビル)

 

彩友会は「増尾近隣センター」を本拠に毎月 2 回水彩画を楽しむサークルです。

連絡先 : 黒須英雄(tel 04-7174-6659)

 

               (受付におられた 黒須会長)

 

        (ここ 10 年間講師をつとめておられる雨宮先生の作品)

           (清水照子 コーヒータイム)

 

手賀沼、新宿御苑、水元公園、土浦、などのスケッチ旅行の作品が多々みられました。

 

                                    (手賀沼風景)

           (下手賀沼に注ぐ金山落・今井の桜で知られる)  

                 (新宿御苑)  

                  (新宿御苑)

 

                 (水元公園) 

                 (土浦港)

 

             (戸田喜隆  ベネチア)

 

会員 17 名 計 50 点の作品の展示です。(目録と照らし合わせれば作者名が分かると思っていましたが、分からなくなってしまい、作品を羅列しました)

   

         (会場を出るときは会員の杉山博光さんが受付におられました)

 

会とは全く面識のない私ですが、昨年、たまたまこの展覧会を拝見し、長く続いていることと、身近な風景が描かれていることに親近感を持ったのです。来年こそもっとましな形で紹介したいと思っています。

 

 

 

 

 

コメント (2)

風呂掃除

2018-08-12 08:46:08 | エッセー
お題「残暑をどうしのぐ?」に参加中!

一番近い避暑地が家の中にありました。

そこでここに朝から乗り込むことにしました。

目的は風呂掃除です。今までの名湯を思い出しながら丁寧に清掃し、暑さを忘れます。

 

     最短の避暑地我が家の風呂掃除     雨曇子

 

 

 

 

コメント

雑草魂

2018-08-11 15:49:01 | 花散歩

 

今年も高砂百合が咲いた。

去年の種が落ち 2 m 以上に成長し花開いた。

桜と違い、温暖化などに左右されず決まった時期( 8 月中旬)に咲く。

繁殖力が強く侵入外来種ということで、むしろ駆除が求められているようだが、見上げた雑草魂だと花を見上げた。

 

コメント (4)

第 10 回 悠遠忌

2018-08-07 14:57:43 | つれづれ

作家吉村昭氏が 79 歳で亡くなられたのは、平成 18 年 7 月 31 日。

氏は、その 6 年前、新潟県湯沢町の町営墓地にご自身の墓を建て、その自然石に彫られた「悠遠」に因んだ「悠遠忌」が毎年命日の近辺で行われるようになり、2018. 8. 4 第 10 回悠遠忌が荒川区東尾久のアクト 21 で行われた。

この情報を知ったので、私は都営荒川線で会場に向かった。

 

      (荒川区の施設「アクト 21」は荒川線「熊野前」駅の近く)

 

お昼時だったので、商店街の食堂に入った。

 

        (カフェ「こひきや」の厳選食材のランチ1200円)

 

肝心の 10 回忌の集まりの方は、講演の途中で眠ってしまったらしい。

 

          (桑原文明氏「イネをめぐって吉村昭と司馬遼太郎」の講演)

       (朗読家田中泰子氏が「ふおん・しいぼるとの娘」の一節を朗読)

 

私にとって今日のいろいろな体験は、吉村昭入門というところでした。

 

     読み継がる吉村昭悠遠忌     雨曇子

 

 

コメント

吉村昭記念文学館

2018-08-06 20:16:58 | 美術館

吉村昭「わが心の小説家たち」平凡社新書 を図書館で見つけ一読以来、この作家について興味を持ち、荒川区の記念文学館を訪ねました。

 

   (吉村昭記念文学館を併設した「ゆいの森あらかわ」・平成 29.3.26 オープン)

 

千代田線町屋駅を出て、自転車の整理をしていた初老の職員の方に文学館への道順を尋ねたら「吉村昭は大好きな作家だけれどそんな文学館あるの?」と言われた。「ゆいの森という施設にあるらしい」と私が答えると、それならばと教えてくれた。

下町らしさを宿した街並みを数分歩き、目的地に到着した。

 

                (こんな風景は懐かしい)

             (めずらしい稲荷神社だなあ)

 

ゆいの森は荒川区立の図書館なんだろうが、何というか、超モダンな文化施設だ。

その中に確かに「吉村昭記念文学館」があった。

 

             (夫人は芥川賞作家津村節子だ)

 

「ゆいの森ホール」では、吉村昭氏に関する講演会も時々行われるらしい。

 

5 階にエレベーターで上り「ガーデンテラス」に出た。

 

 

開館から 5か月で 30 万人の来館者を迎えたとパンフレットにあったが、さもありなんと思った。

 

 

近いうちに是非再訪したい。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

カレーライス

2018-08-02 20:09:05 | じいさんの味

夕食にカレーライスを作りました。

 

 

カレーは玉葱と牛肉のみ。あと、ポテトサラダを作ります。

 

                   (玉葱、中 2 ・ 小 2 をみじん切りにしました)

 

酒につけておいた牛肉 100 g をバターで炒めいったん取り出しました。

 

 

玉葱は 20 分ぐらいかけて中火で炒めました。

 

 

水 500 cc にコンソメの素を入れ、スープを作りました。

 

 

カレールーは SB の物を使いました。

  

 

少しソース、ケチャップを加えて出来上がったカレールーです。

 

 

次に、適当な量のマカロニを加えポテトサラダを作りました。

 

            (即席漬けの胡瓜を加えました)

      (酢大さじ一杯、マヨネーズ適量を加え、ポテトサラダの出来上がりです)

 

 

家族の評価は、ふつう、とのことでした。

 

 

 

コメント (4)

百日紅の寺

2018-07-30 17:14:20 | 神社仏閣

サルスベリは 7 月から 9 月末まで、散っては咲き、散っては咲いて百日間も紅い花をつけている。

 百日紅と書いてサルスベリと読ませる。

皮がはがれ落ちて滑らかになった樹肌は、猿も滑って登れないだろうということで、サルスベリとなったようだ。

 

           (柏市大島田泉蔵寺の墓地にあるサルスベリ)

 

いつも門前を通っているのに氣づかなかった。もしかしたら宝永 5 年(1708 )の青面金剛像に匹敵するのかもしれない。

 

 

 

コメント (2)

いなり寿司

2018-07-27 20:45:30 | じいさんの味

いなり寿司を作ろうと近くのスーパーに油揚げを買いに行った。

3 枚入り単価 68 円を 2 コ、寿し揚げ 10 枚入り半額 49 円 小計 185 円 外税 14 円がついて 199 円の買い物をした。

 

ベターホーム「母さんの味」のレシピに従って、油揚げを 2 度ゆでこぼし、 2 カップのだしに砂糖大匙 4 1/2 みりん大匙 2 しょうゆ大匙 3  の中に入れ、落し蓋をして中火で煮汁がなくなるまで、焦げ付かせないように煮た。

 

 

ごはんは、米カップ 2 に、昆布 5 cm 酒小匙 2 を入れ炊飯器で炊いた。

 

 

後は、袋に詰めるだけ。

不器用なので、これがなかなか大変だった。

 

 

あとは、インスタントの味噌汁で我慢してもらった。

 

コメント (2)

アブラゼミ

2018-07-24 10:50:11 | つれづれ

 

本当は暑さが苦手なんです。

5 年間の幼虫時代がなつかしい。

仲間と一緒に一斉に羽化したものの

この暑さは、いささかうんざりです。

 

 

40 年前団地がまだ雑木林だったころからの楠の大木のまわりに無数のセミの穴があった。

 

 

この楠の木は大昔からセミたちの育ての親だったのだろう。

 

 

木の下に立つとアブラゼミの声が降るように聞こえてきた。

 

 

 

 

 

コメント (2)