初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

ハナアマキ(クサギ)    植物たちへの感謝をことばにする、できるだけうつくしいことばで     東京都江東区

2019-09-19 00:10:59 | 植物の名前

 

タネが咲きました。

 

植物たちへの感謝をことばにする、

できるだけうつくしいことばで。

 

台風15号のダメージがありました。

この子だけでなく、森全体に渡りあちこちに。

昨年の塩害台風よりは小さいですが。 悲しいです。

でも、東側に入った房総の南に比べたら、

台風の中心が通過した東東京~浦安地区は、

ずっと軽微で難を逃れました。

 

花甘木(臭木)シソ科クサギ属。

原産、日本、東アジア。

花期、7~8月。花径、3cmくらい。

樹高、8mくらいに。パイオニア。

標準悪名の由来、葉や茎を傷つけると、

嫌な匂いがすることから。

花はすてきな甘い香りなのだから、

花甘木(ハナアマキ)、いかがでしょう。

しいちゃんとの共作。

 

 

 

去年の夏の発芽から1年。

 

 

 

アーカイブ。

7月中旬。

 

7月下旬。

 

8月上旬。

 

8月下旬。

 

9月初め。

コメント (15)

ハナアマキ(クサギ)    植物たちへの感謝をことばにする、できるだけうつくしいことばで     東京都江東区

2019-09-02 00:14:33 | 植物の名前

 

のこり夏のキッス。

またライネン。

 

植物たちへの感謝をことばにする、

できるだけうつくしいことばで。

 

花甘木(臭木)シソ科クサギ属。

原産、日本、東アジア。

花期、7~8月。花径、3cmくらい。

樹高、8mくらいに。パイオニア。

標準悪名の由来、葉や茎を傷つけると、

嫌な匂いがすることから。

花はすてきな甘い香りなのだから、

花甘木(ハナアマキ)、いかがでしょう。

しいちゃんとの共作。

 

 

 

アーカイブ。

7月中旬。

 

7月下旬。

 

8月下旬。

 

9月初め。

コメント (6)

ボタンハナアマキ(ボタンクサギ)   植物たちへの感謝をことばにする、できるだけうつくしいことばで   

2019-08-08 00:04:42 | 植物の名前

 

植物たちへの感謝をことばにする、

できるだけうつくしいことばで。 

 

きれいだけどつよすぎてかわいそう。

 

牡丹花甘木(牡丹臭木)シソ科(クマツヅラ科)クサギ属。

中国南部原産。

花序径約10cm。花期、7~9月。

樹高、2mくらいに。繁殖力強いため、鉢植え向き。

花穂は微かな芳香。ハナアマキ(クサギ)ほど香りはつよくない。

枝や葉に独特の臭い。

提案。

標準悪名、クサギをハナアマキに、

この子を、ボタンハナアマキ(牡丹花甘木)に。

 

 

 

 

アーカイブ。

6月中旬。

 

6月下旬。

 

7月末。

 

8月中旬。

 

8月下旬。

 

 

仲間。

ハナアマキ(クサギ)

花甘木(臭木)シソ科クサギ属。

原産、日本、東アジア。

花期、7~8月。花径、3cmくらい。

コメント (6)

ハナアマキ(クサギ)    植物たちへの感謝をことばにする、できるだけうつくしいことばで     東京都江東区

2019-08-05 00:33:00 | 植物の名前

 

植物たちへの感謝をことばにする、

できるだけうつくしいことばで。

 

夏の森に咲く、うつくしく甘い香り。

 

花甘木(臭木)シソ科クサギ属。

原産、日本、東アジア。

花期、7~8月。花径、3cmくらい。

樹高、8mくらいに。パイオニア。

標準悪名の由来、葉や茎を傷つけると、

嫌な匂いがすることから。

花はすてきな甘い香りなのだから、

花甘木(ハナアマキ)とかどうでしょう。

しいちゃんとの共作。

 

 

 

アーカイブ。

7月中旬。

 

8月上旬。

 

8月下旬。

 

9月初め。

コメント (6)

サオトメカズラ    植物たちへの感謝をことばにする、できるだけうつくしいことばで    千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2019-07-29 00:36:36 | 植物の名前

 

ホソナガカンバス花壇を造ろうとしたきっかけのひとつ。

サオトメカズラに、ノアサガオや、アケビ、ツタ、スイカズラ、ノブドウ、

ヒヨドリジョウゴ、フウセンカズラ等々の蔓性種でフェンスに絵を描かせようと。

日々変化する1m×6mのコンクリートカンバス。

永遠に描き上がらない絵。

 

花も葉も実もうつくしい。

植物たちへの感謝をことばにする、

できるだけうつくしいことばで。

うつくしいにほんごで。

 

標準悪名 屁 糞 葛(ヘクソカズラ)。

宇宙の果てに捨ててきたい。

 

 

(早乙女葛)アカネ科ヤイトバナ属。

原産地  日本、東アジア。

花冠は長さ約1cm。花期は7〜9月。

実の汁は、しもやけ、あかぎれに薬効。

 

古からの別名には、

ヤイトバナ(灸花)。

~灸をすえているようすや、花の中心の姿形をお灸の痕に見立てた。

サオトメバナ(早乙女花)・サオトメカズラ(早乙女葛)。

~早乙女の田植え姿や、早乙女の笠やかんざしに見立て。

 

また、葉に光沢がある以外ほとんど同じ、

海岸に生えるハマサオトメカズラ(浜早乙女葛)という種も。

 

花を早乙女に例え、伸びるようすを葛と重ねた、

サオトメカズラ(早乙女葛)。

この美しい花・葉・実にふさわしい、

 

標準悪名 屁 糞 葛(ヘクソカズラ)。

 

 

 

アーカイブ。

7月中旬。

 

7月末。1cm巾側溝脇植物園。自宅。

 

8月中旬。1cm巾側溝脇植物園。自宅。

 

8月下旬。

 

 

9月初め。

今日のイノチ。

すこしもらって、そばにおいて。

 

9月中旬。

 

 

10月下旬。

 

11月下旬。ホソナガカンバス花壇。自宅。

 

 

 

1月下旬。ホソナガカンバス花壇。自宅。

コメント (8)