初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

アベリア  真夏の妖精  東京都江東区

2018-07-31 00:39:14 | みんなの花図鑑

つよくてうつくしく、

すてきな香り。

 

真夏の妖精。

 

(Abelia)スイカズラ科ツクバネウツギ属。

和名、ハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)。

花径、1cmくらい。花期、5~11月。樹高、1.5mくらい。

名の由来、19世紀のイギリスの医者かつ植物学者

「Abel(エイブル)さん」にちなみ。

19世紀中期にイタリアで作出された交配種。

大正時代に渡来。

 

アーカイブ。

 

7月。

8月。

1月。

2月。

コメント (10)

ユウゲショウ  大好きなピンク、つよくてきれい 千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2018-07-30 00:42:32 | みんなの花図鑑

酷暑に負けず、初夏からずっと、

ウチの園のあちこちで咲いてる。

大好きなピンク♪

つよくてきれい。

 

(夕化粧)アカバナ科マツヨイグサ属。

原産地は南米から北米南部。

明治時代に渡来。

花期、5月~9月ころ。花径1~1.5cm。

高さ、20~60cmくらい。

名の由来、夕方の開花で艶やかな花色、から、と。

昼間でも咲いている・・。

 

 

アーカイブ。

 

4月。

5月。

10月。

 

ユウゲショウ・シロバナ、5月。

今年、ウチの子は咲いてない!あれっ!

コメント (12)

モミジバフウ    ナツソラへの入口      東京都江東区

2018-07-29 00:11:09 | みんなの花図鑑

ナツソラへの入口。

セミたちは、知っている。

向こうのセカイを。

 

セミの抜け殻が、ない。

セミは樹を選ばず、土を選ぶとか。

300mくらい離れたトチノキとの違いはなんだろう。

 

(紅葉葉楓)フウ科フウ属。

北アメリカ中南部・中央アメリカ原産。

大正時代に渡来。

花期、4月ころ。雌雄同株、雌雄別花。

カエデはムクロジ科に属す。

樹高、40mにも。

 

 

 

アーカイブ。

  

 

4月。

上に向かって雄花序があり、その下方、花柄が下向きに

伸びて、先に球状の雌花序。

 

11月。

12月。

 

 

みなさん、ご存じでしょうか。

撮影する際に、蚊等に悩まされることが多いですが、

事務用のセロテープ等を、刺された箇所に貼ると、

数分でかゆみが消えます。ホント!

はがれないように、汗をふいて、ピッと貼るだけ!

簡単でしょ! 僕は、常に携帯してます。

個人差は勿論ありますが、皮膚を傷つけたり、

かき壊したりしなくなる効果も!

コメント (16)

トチノキ     花が舞うようにナツソラに飛び立つ   東京都江東区

2018-07-27 23:51:57 | みんなの花図鑑

 

大地にサヨナラしたおびただしいセミたちが、

トチノキの滑走路から、

花が舞うようにナツソラに飛び立つ。

 

まぶしいイノチに溢れた夏の光景。

 

(栃の木)ムクロジ科トチノキ属。

原産地、日本、中国。東日本、とくに東北に多い。

5月から6月に、葉の間から穂状の花。

初秋に実が。

樹高、25mくらいに。

栃の実の食用歴史は、縄文時代

(紀元前131世紀頃から紀元前4世紀頃)にも。

 

 

 

アーカイブ。

 

5月中旬の福島県会津中川。

 

8月下旬。

9月下旬。ちいさい方はフウセンカズラ。

シアワセ♡パターン♪

 

今日のイノチ。

すこしもらって、そばにおいて。

 

1976年から暮らすゼラニウム、

エノコログサとヒメジョオン。

コメント (17)

クマツヅラ   草の海を夏風に乗って渡るよう    東京都江東区

2018-07-27 00:02:22 | みんなの花図鑑

咲く、というより、

草の海を夏風に乗って渡るよう。

 

(熊葛)クマツヅラ科クマツヅラ属。

日本、ヨ-ロッパ、アジアにも広く分布。

花径4mmくらい。花期、6~9月。

草丈、80cmくらいに。

古代ローマでは聖なる草とされた。

名の由来、米粒状の実が穂状に付くので

 「米ツヅラ」 がクマツヅラになったとか。

同じ科には、ランタナ、ボタンクサギ、

デュランタ、コムラサキが。

 

 

アーカイブ。

 

8月中旬。

コメント (9)