初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

ハナアマキ(クサギ)    植物たちへの感謝をことばにする、できるだけうつくしいことばで     東京都江東区

2019-09-19 00:10:59 | 植物の名前

 

タネが咲きました。

 

植物たちへの感謝をことばにする、

できるだけうつくしいことばで。

 

台風15号のダメージがありました。

この子だけでなく、森全体に渡りあちこちに。

昨年の塩害台風よりは小さいですが。 悲しいです。

でも、東側に入った房総の南に比べたら、

台風の中心が通過した東東京~浦安地区は、

ずっと軽微で難を逃れました。

 

花甘木(臭木)シソ科クサギ属。

原産、日本、東アジア。

花期、7~8月。花径、3cmくらい。

樹高、8mくらいに。パイオニア。

標準悪名の由来、葉や茎を傷つけると、

嫌な匂いがすることから。

花はすてきな甘い香りなのだから、

花甘木(ハナアマキ)、いかがでしょう。

しいちゃんとの共作。

 

 

 

去年の夏の発芽から1年。

 

 

 

アーカイブ。

7月中旬。

 

7月下旬。

 

8月上旬。

 

8月下旬。

 

9月初め。

コメント (13)

ハマセンダン   あたたかい胸     東京都江東区

2019-09-18 01:05:49 | みんなの花図鑑

 

柑橘類の印象が圧倒的なミカン科。

さらに、科の違うセンダンの名を持ってくるというすごいセンス・・。

まぁ、僕も、何年もセンダンと勘違いしてたくらい似てるけど。

ようやく花が撮れた。 

雄花。

 

(浜栴檀)ミカン科ゴシュユ属。

別名シマクロキ(島黒木)。

原産地日本(三重県以西)、中国南部、台湾、東南アジア。

雌雄異株。樹高、10~15m。

花期、7~9月。花径、5mmくらい。

名の由来、

センダン(センダン科センダン属)に似ているからと。

こちらは、多様なミカン科。 紛らわしい。島黒木にしたほうが合理的。

生薬として中国から渡来したゴシュユは観察記憶がない。

 

 

 

 

アーカイブ。

12月初め。

 

1月初め。

 

 

 

 

センダン

(栴檀)ムクロジ目センダン科センダン属。

日本(北限宮城県あたり)、アジア各地の熱帯・亜熱帯域に自生。

 

コメント (13)

ショウジョウソウモドキ     アマサヒカエメセイジン     東京都江東区

2019-09-17 00:07:43 | みんなの花図鑑

 

野にあって、ソラからヒカリが下りたようにかがやき咲く。

 

ユーフォルビア(トウダイグサ)属の仲間は熱帯の子らしいインパクトを持つ。

モドキなどと失礼ななまえで呼ばれるこの子がいちばん好き。

アマトウセイジンであるが、植物の好みは甘さ控えめ(笑)。

 

 

(猩々草擬)トウダイグサ科ユーフォルビア(トウダイグサ)属。

原産地:北アメリカ南部~アルゼンチン。明治に渡来。

南関東以西に帰化のもよう。

花期、8~10月(熱帯では周年)。草丈、1mくらいに。

同科にポインセチア(poinsettia標準和名はショウジョウボク)。

名の由来、古代中国の空想上の獣、

赤い髪のショウジョウから。

 

 

 

 

 

仲間。

ショウジョウソウ

(猩々草) トウダイグサ科ユーフォルビア(トウダイグサ)属。

原産地:北アメリカ南部、ブラジル。

花期、8~10月。草丈、1mくらいに。

 

 

ユーフォルビア・マルギナタ

Euphorbia marginata

別名、ハツユキソウ(初雪草)

トウダイグサ科ユーフォルビア(トウダイグサ)属。

北アメリカ南部原産。

花期、7~9月。 草丈、1mくらいに。

コメント (14)

ベニニガナ    野生と知性    東京都江東区

2019-09-16 00:58:33 | みんなの花図鑑

野の花なカタチに纏ったヴィヴィッドレッド。

野生と知性。

カッコイイね。

 

 

 (紅苦菜) キク科ウスベニニガナ属。一年草。

熱帯アメリカ原産。

花期5月-11月。花径1~2cmくらい。

草丈、60cmくらいに。

名の由来、ニガナ(キク科ニガナ属)は草液が苦いことからで、

その姿に似た紅の花色から。

 

 

 

 

アーカイブ。

8月中旬。

 

10月中旬。

 

10月下旬。

 

12月下旬。

 

コメント (12)

アフリカフウチョウソウ    夏をたたんで花仕舞い    千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2019-09-15 00:09:08 | 千葉県市川・浦安アスファルト脇植物園

 

凛として、迷わず、うつくしく。

夏をたたんで花仕舞い。

 

 

(阿弗利加風蝶草)フウチョウソウ科クレオメ属。

熱帯アフリカ原産。1年草。

1999年(平成11年)に神戸で確認。

花径5~8mm。花期は7〜10月頃(南関東)。

草丈、10~20cmくらい(南関東)。

名の由来、風蝶は、風に舞う蝶。

 

 

 

 

 

アーカイブ。

7月中旬。

 

8月上旬。

 

8月中旬。

 

9月中旬。

 

 

10月下旬。

 

11月上旬。

 

11月中旬。採種のためにチャック付き袋を利用。

飛び出す完熟タネをキャッチ。

コメント (10)