初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

ナツハナビ    僕の好きが全部ある    千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2021-06-15 00:01:38 | 千葉県市川・浦安アスファルト脇植物園

 

やさしい西風に乗ってわが園に。

 

ナツハナビ、初めて咲きました。

うつくしい響きのすてきなまえ、

すてきなにほんご。

 

僕の好きが全部ある

 

 

(夏花火) スベリヒユ科ハゼラン属。多年草。

原産、アメリカ南西部からメキシコ。

別名、草花火(くさはなび)。

花期、6~9月。花径、2cmくらい。草丈、20cmくらい。

ハゼラン(爆蘭)は、ツボミが爆ぜるように咲く、

ランのような花という説。

スベリヒユ(滑莧)。スベリは、独特のぬめりや光沢から。

ヒユ、は小さく可愛らしいの意、の説。

 

 

アーカイブ。

2021-2-24。

 

2021-4-5鉢増し。

 

 

2021-4-14.

コメント (14)

ヒナキキョウソウ   風のように   千葉県市川浦安アスファルト脇植物園

2021-06-09 00:01:09 | 千葉県市川・浦安アスファルト脇植物園

 

パセリの森で、

ヒナキキョウソウが咲きました。

咲く場所は風のように毎年移動して、

好きなとこに。

 

 

 

(雛桔梗草)キキョウ科キキョウソウ属。

北アメリカ原産。1931年に横浜市で確認。

花期、5~7月。花径、1cmくらい。

草丈、40cmくらいに。

キキョウソウは咲き上がっていくが、

この子は、先にひとつふたつ咲き。

たくさんの閉鎖花。

 

 

アーカイブ。

5月下旬。

 

 

 

覚めることのない、

ずっと胸の奥であたたかい、

魔法のことば。

コメント (8)

ハイビスカス ロバツス 、と、クロホオズキ   精霊の守り花      千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2021-06-08 00:01:10 | 千葉県市川・浦安アスファルト脇植物園

 

やさしい西風に乗ってきた、

精霊の守り花。

 

去年、どんどん成長するから、剪定して、取り敢えずの挿し木。

ところが、元の鉢がなぜか枯れた、が~ん!

幸、取り敢えず挿し木がなんとか生き延びて、咲いた。

でも、あんなに元気なようすからは程遠い・・。

 

マダガスカルは、地図では小さく感じるが日本の1.6倍。

気候も多様で、この花がどの環境なのか不明。

冬、早めに室内が安全かも。

 

 

 

(Hibiscus lobatus)アオイ科フヨウ属。常緑中低木。

原種ハイビスカス。常緑中低木。

原産、マダガスカル(アフリカ大陸の南東海岸沖)。

自然学者の『約束の地』とよばれる聖地。

花期、6~10月(適温であれば一年中)。

花径、4cmくらい。一日花。這性草丈、60cmくらい。

葵は葉の向日性、太陽を仰ぐ意。

 

 

アーカイブ。

3月中旬。コゴメホシノヒトミとなかよく。

 

 

8月末。

今日のイノチ。

こんな余裕もあったのに・・。

 

 

 

9月初め。

 

 

 

10月初め。

 

 

10月中旬。

 

11月初め。

 

 

クロホオズキ

 

(黒鬼灯・黒酸漿)ナス科オオセンナリ(ニカンドラ)属。

ホオズキは、ナス科ホオズキ属。

ペルー原産、オオセンナリ(大千成)の園芸品種。

花径:2~3cm。草丈:50~100cm。

開花期:7~10月。

ホオズキ名の由来、頬つき、が訛った、他。

実の紅が人の頬のようだと。

鬼灯は、赤い実が怪しげで、鬼の提灯に例えて。

 

 

アーカイブ。

今年、4月中旬。

オオフタバムグラを蒔いたはずが・・。

で、クロホオズキの鉢から、ミニトマトが発芽。

時空歪んだ!

 

7月下旬。

 

8月下旬。

 

 

10月中旬。

コメント (14)

ブラックベリー    ヨーロッパなまつ毛   千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2021-05-28 00:01:56 | 千葉県市川・浦安アスファルト脇植物園

 

ヨーロッパなまつ毛。

妖しく、野生的。

みつめられると石になる。

 

 

 

 

 

 

(Blackberry)バラ科 キイチゴ属。

セイヨウヤブイチゴ(西洋藪苺) 。

ヨーロッパから北アメリカが原産。

北海道でも生育するが適地はもう少し南。

花期、5~6月。花径、2cmくらい。

樹高、2mくらいに。

7月ころに実が熟す。

 

 

栽培記録。

2017/8月挿し木。

 

2018/3月に地植えに。

 

2020年には猛者が集まる

約6mのホソナガカンバス植物園のほぼ全体に行き渡った。

ただ、スイカズラとツルニチニチソウ、アイノコセンダングサが

猛威をふるう一角だけは侵入できずにいる。

コゴメホシノヒトミも同様に手前で止められ、

エノコログサはスガタが消えた。

スイカズラとブラックベリーは、一日で優に数cmは伸びるから毎日剪定。

当初のコンセプトができつつあり、夢のように楽しい♪

 

 

アーカイブ。

5月下旬。

 

 

 

6月初め。

 

 

6月下旬。

 

 

 

 

7月初め。

 

 

蚊対策に魔法のテープ。厄介な季節が近づいてます。

コメント (12)

キクノハアオイ   スカレーットなヒカリ   千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2021-05-25 00:01:06 | 千葉県市川・浦安アスファルト脇植物園

 

スカレーットなヒカリ。

初夏の、

オワリノハジマリ。

 

スカーレット(黄味の赤)の花色は、

ウチでは、アカバナルリハコベも。

アカバナルリハコベのようなドウモウさはなく、おとなしい。

熱帯の子だけど、南関東でも屋外越冬が平気。

 

 

(菊葉葵) アオイ科キクノハアオイ属。多年草。

一年草との記述もあるが、ウチでは多年草。

原産地、:熱帯アメリカ。1913年に横浜市で確認。関東以西に野生化。

花期、5~7月(一般的は6~7月)。花径は1cmくらい。草丈、30cmくらいに。

名の由来、菊の葉のような葵で。生育中に変化する。

葵は葉の向日性、太陽を仰ぐ意。

 

 

アーカイブ。

4月下旬。

 

5月上旬。

 

 

5月中旬。

 

 

5月下旬。

 

9月初め。

同じ鉢なのにこんなに葉のカタチが違う。フシギ。

 

アカバナルリハコベ

(赤花瑠璃繁縷)サクラソウ科ルリハコベ属。1年草。ヨーロッパ原産。

  

 

 

アオイ科ちいさな花。アーカイブ。

 

ハイビスカス ロバツス

(Hibiscus lobatus)アオイ科フヨウ属。

原種ハイビスカス。常緑中低木。

原産、マダガスカル(アフリカ大陸の南東海岸沖)。

自然学者の『約束の地』とよばれる聖地。

花期、6~10月(適温であれば一年中)。

花径、4cmくらい。一日花。這性草丈、60cmくらい。

葵は葉の向日性、太陽を仰ぐ意。

 

 

 

エノキアオイ

(榎葵)アオイ科エノキアオイ属。多年草。

原産地、熱帯アメリカ。

南西諸島小笠原諸島、本州の温暖な地域に帰化。

花期、6~9月ころ。 花径 1~2cm。草丈、80cmくらいに。

名の由来、葉がエノキに似ていることから。

 

 

 

 

ニシキアオイ

(錦葵)アオイ科ヤノネアオイ属。

メキシコ原産。昭和初期に渡来。

花径4cmくらい。草丈50cmくらいに。

名の由来、葵は葉の向日性、太陽を仰ぐ意。

錦は金糸で文様を表現した織物。うつくしいという表現に使われる。

 

 

コメント (10)