初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

ノアサガオ   魔法のことば      千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2019-07-16 00:18:22 | 魔法のことば

 

早春は、

つめたい魔法が解けて、開くこと、

春は降りてくること、

初夏は降りそそぐこと、

梅雨は、かくれていること、

咲き終えたノアサガオはダンゴムシのお菓子の家になること、

君のこと、ずっと大好きなこと、

 

覚めることのない、

ずっと胸の奥であたたかい、

魔法のことば。

 

 

(野朝顔)ヒルガオ科サツマイモ属。蔓性宿根多年草。

別名にケープタウンアサガオ。 聖地南アフリカの地名がつく。

原産地、熱帯~亜熱帯地域 。

花期6月下旬~11月。 花径、10cmくらい。

花色を微妙に変えながら夕方までしぼまない。

秋が一番華やかになってうつくしい。

10数mも伸びる。

名の由来、アサガオは奈良~平安時代に渡来。

早朝から昼に咲くようすを

朝のカオバナ(顔花/容花-うつくしい顔)に例えた。

野は、野原・野生か。

 

  

 

 

中でダンゴムシが食事中。

 

 

まるでノアサガオのような色合いで咲くこどもたちのシューズ♪

 

 

栽培記録。

2017/11/15。 少し根付きを採集。

 

2018/12/21。 初めてツボミを確認。 しかし、寒波で開かず。

 

2019/6/上旬。初めての開花。以降、毎日途切れずに咲き続けています。

  

 

 

 

アーカイブ。他所の。

7月上旬。

 

7月下旬。

 

8月中旬。

センダンをクズとともに登ってる。6~7mくらい!!

 

8月上旬。

 

11月下旬。

 

12月下旬。

コメント (10)

ヴェロニカ シムバラリア(コゴメホシノヒトミ)   魔法のことば   千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2019-04-30 00:06:37 | 魔法のことば

早春は開くこと、

 

春は降りてくること、

 

初夏は降りそそぐこと、

 

コゴメホシノヒトミは、ぼうしをとってそこにおくように散ること。

 

風とあそびながらころがって、

 

ゆっくりと地上におりて、

 

ゆっくりと土にかえること。

 

植物たちへの感謝は、

できるだけうつくしいことばですること。

 

君のこと、ずっと大好きなこと。

 

覚めることのない、

ずっと胸の奥であたたかい、

魔法のことば。

 

 

ゴマノハグサ科クワガタソウ属。越年草。

学名:(Veronica cymbalaria)、ヨーロッパ原産。

花期は2~4月。草丈、20cmくらいに。

花径は、5mmくらい。ホシノヒトミより少しちいさい。

1961年東京・小石川植物園に渡来。逸出し野生化。

残念ながらホシノヒトミのようなうつくしい別名はないようです。

コゴメホシノヒトミだったらいいですね。

標準悪名 コゴメイヌノフグリ(小米犬の陰嚢)。

 

 

 

 

アーカイブ。

11月下旬。 気づくとこのようす。これからが長い。

 

2月中旬。ホソナガカンバス花壇・自宅にフラサバソウと。

 

2月下旬。

 

3月中旬。

 

 

 

ゴマノハグサ科クワガタソウ属の仲間。

標準和名に、役に立たないことを、

犬に例えるセンスのなさがここでも使われてる。

 

ホシノヒトミ(星の瞳)

標準悪名 大 犬 の 陰 嚢(オオイヌノフグリ)。

花径、1cm前後。

  

 

ヴェロニカ アルベンシィ(タチホシノヒトミ)

ヨーロッパから来た、青い瞳の少女のような、

ヴェロニカ アルベンシィ。花径、4mm前後。

標準悪名 立 犬 の 陰 嚢(タチイヌノフグリ)。

犬の陰嚢(イヌノフグリ)に似ていて、直立してるから、と。

コレハニホンゴデスカ?

 

 

フラサバソウ

オオバコ科クワガタソウ属。

ヨーロッパ原産。

明治初期に長崎県で初めて確認。

草丈10~30cmほどの越年草。

花径、3~4mm。花期は4~5月。

  

コメント (10)

ツクシ     魔法のことば   千葉県市川浦安アスファルト脇植物園

2019-03-04 00:05:11 | 魔法のことば

ツクシとスギナは土の中でつながってること、

公園ができてからツクシが生えるまで10年かかったこと、

ホシノヒトミのすてきななまえのこと、

アセビの花は、初めての口紅のようなこと、

 

早春は、

つめたい魔法が解けて、

開くこと、

 

君のこと、ずっと大好きなこと、

 

覚めることのない、

ずっと胸の奥であたたかい、

魔法のことば。

 

ツクシ

(土筆)トクサ科トクサ属。シダ植物。

草丈、15cmくらい。

ツクシと呼ばれる胞子茎(ホウシケイ・胞子をつける)、

その後に出るスギナ(杉菜)とよばれる

栄養茎(エイヨウケイ・胞子をつくらず、光合成を行う)

が一体となっている。

名の由来、土筆、袴と呼ばれる葉のようすを筆に見立てた説等。

杉菜は杉に似たスガタから。

 

 

 

トクサ

(砥草)シダ植物門トクサ科トクサ属。

北半球温帯に広く分布。日本では中部以北に。

草丈、1mくらいに。

 

アーカイブ。

2018/初夏

コメント (19)

ゼラニウム    魔法のことば   千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2018-12-18 00:27:10 | 魔法のことば

早春は開くこと、

春は降りてくること、

初夏は降りそそぐこと、

夏はとどまること、

のこり夏は見上げること、

秋は登っていくこと、

晩秋はみえなくなること、

冬は、とどまること、

 

クリスマスには毎年、ゼラニウムを添えて本をあげること、

 

君のこと、ずっと大好きなこと、

 

覚めることのない、

ずっと胸の奥であたたかい、

魔法のことば。

 

(テンジクアオイ)フウロソウ科テンジクアオイ属。多年草。

南アフリカ原産。江戸時代に渡来。

四季咲き、適していれば一年中開花。

南関東では、夏休みと冬休みが少しあります。

草丈、1mくらいに。

 

真夏と真冬の一時期以外通年咲いている。

ふたりでつつんだ子は、もう42年に。

 

こぼれ種から発芽してた。 ホソナガカンバス花壇に。

 

アーカイブ。

 

 

7月下旬。

今日のイノチ。

すこしもらって、そばにおいて。

ゼラニウムとエノコログサ。

コメント (10)

アイノコセンダングサ   魔法のことば   千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2018-12-04 00:09:50 | 魔法のことば

早春は開くこと、

春は降りてくること、

初夏は降りそそぐこと、

夏はとどまること、

のこり夏は見上げること、

秋は登っていくこと、

晩秋はみえなくなること、

 

冬は、とどまること、

アメリカから来た、アイノ、コセンダングサのこと、

君のこと、ずっと大好きなこと、

 

覚めることのない、

ずっと胸の奥であたたかい、

魔法のことば。

 

 

(合の小栴檀草)キク科センダングサ属。1年草。

アメリカ大陸原産。

コシロノセンダングサとコセンダングサの自然交配。

筒状花は、さまざまにばらつきがある。

この3種を区別せず、コセンダングサとする傾向にある。

花期、9~11月。花径、1cmくらい。

草丈、1m以上に。

 

ホソナガカンバス花壇に。

定期的に剪定すれば、まとまったカタチで咲きます。

ハイアワユキセンダングサ(這淡雪栴檀草)と並んで咲く予定だったけど、

台風の影響か咲かなかった。 来年の課題♪

コメント (10)