初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

アレチヒナユリ     魔法のことば     千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2021-03-27 00:01:51 | 魔法のことば

 

春は降りてくること、

やがて初夏がふりそそぐこと、

 

ひかりの色が澄んでる地中海沿岸からやってきたこと、

キュートなピンクの雌しべを、

天使のキスと呼んでること、

 

世界中のヒトが戦っていること、

 

君のこと、ずっと大好きなこと、

 

覚めることのない、

ずっと胸の奥であたたかい、

魔法のことば。

 

 

 

(荒地雛百合)ツルボラン科(ユリ科)ツルボラン属。多年草。

ハナツルボラン(花蔓穂蘭)とも。ハナアロエは同科異属。

原産地、地中海沿岸。20世紀初めに渡来、野生化。

花期、3~7月(一般的には4~5月頃)。花径、15mm くらい。

草丈、50~80cm。種子は薬用。

 

 

緊急事態宣言が解除になって、

久々に二人のマゴ姫が遊びにきました。

何気ない、当たり前のことなのに、

奇跡なんだったと気づいた春。

 

 

アーカイブ。ショカ園。

2018/5 採種。蒔く。

 

 

2018/9 発芽確認。

 

2019/7 この時期にアレチヒナユリだと確信。

 

2020/3/10 初めてのつぼみ確認。

 

2020/3/24 初開花。

 

2020/4/末。

 

 

 

 

2021/2/末。

コメント (14)

ヒナキキョウソウ   魔法のことば     千葉県市川浦安アスファルト脇植物園

2020-06-01 00:04:16 | 魔法のことば

 

アオカモジグサの草の森で、

ヒナキキョウソウが咲きました。

 

近くて、遠い距離。

短くて、無限な時間。

 

逢えない日々。

 

 

ウチの子もあちこちで咲いてる。

 

 

アーカイブ。魔法のことば。

 

ヒナキキョウソウは咲き上がらないこと、

去年までここにはいなかったこと、

北アメリカからやってきたこと、

ヤブガラシとクズとサオトメカズラはヒトよりずっとつよいこと、

 

ヒトよりずっとやさしいこと、

 

春は降りてくること、

初夏は降りそそぐこと、

夏はとどまること、

君のこと、ずっと大好きなこと、

 

覚めることのない、

ずっと胸の奥であたたかい、

魔法のことば。

 

 

 

(雛桔梗草)キキョウ科キキョウソウ属。

北アメリカ原産。1931年に横浜市で確認。

花期、5~7月。花径、1cmくらい。

草丈、40cmくらいに。

キキョウソウは咲き上がっていくが、

この子は、先にひとつふたつ咲き。

たくさんの閉鎖花。

 

 

アオカモジグサ

姫たちは名の由来とも知らずに、髪につけて遊んでいました。

ラプンツェル♪

 

(青髢草)イネ科エゾムギ属。多年草。

日本全国、東アジアに分布。

花期、5~7月ころ。草丈、1mくらいに。
名の由来、髢はつけ髪の意。草を髪につけて遊んだことからの説。

青は色合いから。

 

 

仲間。アーカイブ。

キキョウソウ

(桔梗草)キキョウ科キキョウソウ属。

原産地は北アメリカ。

花径、1~2cm。花期、5~6月。

下から上へと咲き上がる。

草丈、30~40cmくらい。で

明治中ごろから関東以西野生化。

 

 

コメント (12)

スズメノカタビラ    魔法のことば       千葉県市川浦安アスファルト脇植物園

2020-03-21 00:05:55 | 魔法のことば

 

春は降りてくること、

やがて初夏がふりそそぐこと、

スズメノカタビラは、

南極大陸でも生きていること、

つぎの春にはこの公園に、コゴメホシノヒトミがたくさん咲くこと、

 

世界中のヒトが戦っていること、

 

君のこと、ずっと大好きなこと、

 

覚めることのない、

ずっと胸の奥であたたかい、

魔法のことば。

 

(雀の帷子)イネ科イチゴツナギ属。1~2年草。

原産地不明。世界中に分布。

花期は年中。草丈、20cmくらい。

農業地や緑地での繁殖がすさまじく、ヒトには害草の代表のひとつ。

名の由来、スズメはちいさいことを、

穂のようすを一重の着物を指す帷子に例えた説。

 

 

今日のイノチ。

すこしもらって、そばにおいて。

三人の姫からのプレゼント♪

ヒメオドリコソウ、ミチタネツケバナ、

オランダミミナグサ、スズメノカタビラ。

 

 

ショカ ヒト科ミンハナホシノヒトミ属。

コメント (16)

ヒメオドリコソウ、と    魔法のことば     千葉県市川浦安アスファルト脇植物園

2020-02-27 00:07:54 | 魔法のことば

 

早春は、

つめたい魔法が解けて、

開くこと。

春は、

降りてくること。

 

足を止めて声を聴いたら、

ヤハズエンドウ、ネンジュソウ、オランダミミナグサ、

ツクシ、スズメノカタビラ、ホルトノキ、キュウリグサ、

コゴメホシノヒトミ、アベリア・・

春にあふれていること。

 

君のこと、ずっと大好きなこと、

 

覚めることのない、

ずっと胸の奥であたたかい、

魔法のことば。

 

 

(姫踊り子草)シソ科オドリコソウ属。

ヨーロッパ原産の越年草。明治時代に渡来。

花期、1~5月(一般的には3~5月)。

花冠、長さ1cmくらい。草丈、10~30cmくらい。

名の由来、踊り子草は花序が環状に並ぶ様子を、

踊り子に例えて。 ちいさいから姫と。

とてもすてきななまえ、すてきなにほんご。

 

 

 

アーカイブ。

2月中旬。

フラサバソウと。

 

3月初め。

 

3月下旬。

ホシノヒトミと♪

 

 

 

仲間。

ホトケノザ

(仏の座) シソ科オドリコソウ属。越年生。

別名、段々な茎から、サンガイグサ(三階草)。

アジア、ヨーロッパ、北アフリカに分布。

日本では、本州以西。

花径、0.8~1.5cm 開花期、10~6月(一般的には3~6月)。

 

 

オドリコソウ

(踊子草)シソ科オドリコソウ属、多年草。

日本、東アジアに分布。

花期、4~6月。シロとピンクの花色。

草丈、30~50cm。

 

コメント (12)

タニウツギとスイカズラ     魔法のことば       千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2020-01-20 00:31:59 | 魔法のことば

 

早春は、

つめたい魔法が解けて、

開くこと。

 

11回目の誕生日のこと、

奇跡の出逢いのこと、

お祝い咲きのタニウツギのこと、

エヴァーグリーンのスイカズラのこと、

 

君のこと、ずっと大好きなこと、

 

覚めることのない、

ずっと胸の奥であたたかい、

魔法のことば。

 

 

 

(谷空木)スイカズラ科タニウツギ属。

別名、紅空木(ベニウツギ)。

原産地 日本。

花期は4~6月、8~10月(一般的には5~6月)。

花、長さ2.5-3.5cm、径2cmくらい。樹高2~5m。

田植えの時期に花が咲くので「田植え花」とも。

うつくしいなまえ。うつくしいにほんご。

名の由来、ウツギは中空の茎、谷は自生環境から。

 

 

アーカイブ。

4月末。

 

 

5月中旬。

 

8月中旬。

 

8月末。

 

 

11月中旬。

 

 

 

スイカズラ

(吸い葛)スイカズラ科スイカズラ属。常緑。

別名、ニンドウ(忍冬)。ハニーサックルHoneysuckle。

日本、東アジアに分布。

花期、5~7月。甘い香り。

初め白く、次第に黄色に変化。

果実は9~12月に熟す。

スイカズラ・ハニーサックルは花を口にくわえて甘い蜜を吸ったことから。

忍冬とは、冬場を耐え忍ぶ葉のようす。

 

 

アーカイブ。

5月中旬~下旬。

  

 

 

コメント (9)