初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

イヌタデ   強くてカッコイイ♪   東京都江東区

2017-10-31 00:25:52 | 植物の名前

今年、真冬1月にも投稿してる♪

強くてカッコイイ♪

 

(犬蓼)タデ科イヌタデ属。

アジアの温帯から熱帯に分布。

花期、4~11月。

果実を赤飯に見立て、アカマンマと。

野趣に富むうつくしいスガタ。

 

役に立たないからイヌという世界観は

理解できない。

 

2017/10/26 撮影。

 

  2017/1/12!!  東京都江東区猿江恩賜公園

 

    

アーカイブ。

 

 

コメント (7)

ミゾソバ    レーシングサウンドを聞きながら   千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2017-10-30 00:33:24 | 千葉県市川・浦安アスファルト脇植物園

2017/10/15 栃木県芳賀郡茂木町ツインリンクもてぎで採集。

レーシングサウンドを子守歌に育ちました。

 

1週間過ぎから発根。

さて、この子の生育環境は湿地だから、

専用かしらね。

 

(溝蕎麦)タデ科イヌタデ属。

分布、日本全土、朝鮮、台湾、中国、ロシア、インド。

花径4〜5mmくらい。

花期は8〜10月。

花弁に見える部分は萼で、花弁はない。

タデ科の特徴の1つ。

名の由来、溝・湿地に成育し、葉がソバに似ているから。

別名、牛の額(うしのひたい)。葉の形から。

ママコノシリヌグイ、イシミカワに似ている。

 

2017/10/27 撮影。

 

 

2017/9/5 五色沼(ごしきぬま)。福島県北塩原村 磐梯朝日国立公園。

 

 

 

2017/10/15 MotoGP 世界選手権シリーズ 日本グランプリ。

栃木県芳賀郡茂木町ツインリンクもてぎ、開業20周年。

 

1949年、マン島(Isle of Man)で始まる。

モーターサイクルロードレース、世界最高のレース。

1987年に鈴鹿サーキットで日本開催が復活。

1戦を除き、すべてを観戦しています。

 

音や、空気の震え、匂い。

何より、ファンの歓声。

サーキットでしか伝わってこないことがあります。

コメント (5)

コブクザクラ   フシギキレイ   東京都江東区

2017-10-29 00:38:48 | みんなの花図鑑

紅葉の気配にフシギキレイ。

 

(子福桜)バラ科サクラ属。

原産地:日本。

「十月桜」と「支那実桜(しなみざくら)」の交配。

花期は、秋から冬と春の年二回。

花径2~3cm。

名の由来、1つの花には1つの実ができるが、

2つ以上の実をつける「子宝」の桜ということで。

 

2017/10/26 撮影。

 

 2017/10/4

 2017/4/5。

 2017/3/23。

 2017/1/5。

 2016/11/30。

コメント (6)

教えてみん花   アキグミと判明  東京都江東区

2017-10-29 00:35:15 | 教えてみん花

4月の花と樹形を観たときはオリーブを疑いませんでした。

 

幼いころ、実家にナツグミがあり、

とても神聖な樹の印象が残っています。

結実の季節を纏う、うつくしいなまえ。

 

(秋茱萸)グミ科グミ属。

日本、東アジアに分布。

花期、4~6月。9~11月に実が熟す。食用。

雌雄同株。高さ2~5m。

名の由来、グイ(棘)のある木の実から、他。

細長く、夏に結実するのは、ナツグミ。

5~6月の苗代のころに結実のナワシログミ。

結実の季節を纏う、うつくしいなまえ。

食べるグミは、ドイツ語のゴム「gummi」、が語源のよう♪

 

2017/10/26 撮影。

 

   

2017/4/12。

コメント (7)

サオトメカズラ  うつくしいなまえ   東京都江東区

2017-10-28 00:45:35 | 植物の名前

植物たちへの感謝をことばにする、

できるだけうつくしいことばで。

 

(早乙女葛)。

標準和名 屁 糞 葛(ヘクソカズラ)。アカネ科。

原産地  日本、 東アジア。

 

普通の、日々の暮らしのなかで、

植物を表現する日本語として、

僕がこの花の名前に感じた違和感は、

ここみんなの花図鑑のみならず、

ずっと以前から多くの人たちに共有されてきたことです。

 

古からの別名には、

ヤイトバナ(灸花)~灸をすえているようすや、

花の中心の姿形をお灸の痕に見立てた。

サオトメバナ(早乙女花)・サオトメカズラ(早乙女葛)。

~早乙女の田植え姿や、

早乙女の笠やかんざしに見立て。

 

また、葉に光沢がある以外相違がない、

海岸に生えるハマサオトメカズラ(浜早乙女葛)があります。

 

花を早乙女に例え、姿を表す葛と重ねた、

サオトメカズラ(早乙女葛)。

この美しい花・実にふさわしい、

美しい名前、うつくしい日本語と思います。

    9月

    

 8月

 

コメント (8)