初夏が一番好き

初夏がいちばん好きだから、
ショカ。
幼いころから植物好き。
ずっといっしょに
暮らしています。

マメグンバイナズナ   早春ダンス      東京都江東区都立の森

2019-12-15 00:06:23 | みんなの花図鑑

 

軍配あげて早春ダンス♪

12月、初冬恒例の迷い咲。

ショカの図鑑では、花期1月からにしてるけど、

12月からに変更でいいかも。

 

(豆軍配薺)アブラナ科マメグンバイナズナ属。越年草。

北アメリカ原産。 明治に渡来。

花径、3mmくらい。 花期、1~6月(一般的には5~6月)。

草丈、50cmくらいに。

名の由来、「薺」は「撫菜」(なでな)からの変化。

なでたいほどかわいい菜、の意。

また、夏に枯れて無くなることから 「夏無(なつな)」、が変化したとも。

グンバイは、果実の形が軍配に似ていることから。

ナズナ(アブラナ科ナズナ属)の別名ペンペングサは,

果実の形が三味線のバチの形に似ていることから。

 

 

 

アーカイブ。

12月中旬。

 

2月末。

 

 

仲間。

 

ナズナ

(薺)アブラナ科ナズナ属。越年草。

日本全土、北半球に分布。

花期、 1/中~5/中頃。花径、3mmくらい。

草丈、40cmくらいに。

別名、風に揺れた音からぺんぺん草、シャミセングサ(三味線草)。

春の七草。

 

 

コメント (2)

シロザ     ずっと待っていたんだよって、風がささやく    千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅

2019-12-14 00:04:32 | 千葉県市川・浦安アスファルト脇植物園

 

今年の初夏に野で採集、ホソナガ花壇に。

好みのうつくしい葉だったから。

タケニグサ(ケシ科タケニグサ属)かなと思ったら大きくならず、

そのまま忘れていた。

4か月後、気づくと見知らぬ花が咲いて、シロザと判明。

ぼんやりした遠い記憶にしかない子。

何度も何度も観てるけどなまえが分からなかった子。

 

ずっと待っていたんだよって、風がささやく。

 

(白藜)ヒユ科アカザ属。1年草。

ユーラシア原産、日本全土に分布。

花期、9~10月。

草丈、1.5mくらいに。

葉や種子は食用で薬草。

名の由来、藜(アカザ)は若芽が赤いことからで、

シロは若芽が白いことから。

しかし、アカザはシロザの変種とされていて、

ほとんど観られなくなっている。

 

 

アーカイブ。

7月初め。

コメント (12)

ハマセンダン    あたたかい胸    東京都江東区都立の森

2019-12-13 00:38:42 | みんなの花図鑑

 

この子は黄葉が遅れている。

樹の種によっては例年通りもあるけど、今年の暖かさは尋常ではない。

 

2年前、

何年も、いつまでたっても、

センダンと勘違いしてるショカに、

人目を忍んですべすべの木肌にハグまでしてるショカに、

実を落として知らせた。

違うからって!

 

 

(浜栴檀)ミカン科ゴシュユ属。

別名シマクロキ(島黒木)。

原産地日本(三重県以西)、中国南部、台湾、東南アジア。

雌雄異株。樹高、10~15m。

花期、7~9月。花径、5mmくらい。

名の由来、

センダン(センダン科センダン属)に似ているからと。

こちらは、多様なミカン科。 紛らわしい。島黒木にしたほうが合理的。

生薬として中国から渡来したゴシュユは観察記憶がない。

 

 

 

 

アーカイブ。

9月中旬。

 

 

 

10月末。

 

12月初め。

 

 

1月初め。

 

 

 

ともだち。

センダン

(栴檀)ムクロジ目センダン科センダン属。

日本(北限宮城県あたり)、アジア各地の熱帯・亜熱帯域に自生。

  

 

2016/7/19 発芽。

千葉県市川浦安アスファルト脇植物園・自宅。

 

 

コメント (10)

シバツメクサ    花の少ない時期ならショカも気づくんかしらん、と     東京都江東区都立の森

2019-12-12 00:08:09 | みんなの花図鑑

 

以前から観ていたはずなのに花が咲くことを初めて確認した。

屈んで、寄って、初めて、・・もしかしてこれ花♪

花の少ない時期ならショカも気づくんかしらん、と。

しびれを切らして、

迷い咲。

 

 

(芝爪草)ナデシコ科シバツメクサ属。一年草。

ヨーロッパ原産。

花期、3~6月。花弁なくガク片。花径、2mmくらい。

草丈、20cmくらいに。

名の由来、鳥の爪のような葉からの説。

芝は匍匐して分岐していくようすと推測。

似たなまえ、シロツメクサ(白詰草・マメ科)は

緩衝材として詰められたことに由来。

 

 

 

仲間。

ツメクサ

(爪草)ナデシコ科ツメクサ属。

日本全土、東アジア温帯に分布。

花径、4mmくらい。草丈、20cmくらいに。

花期は3〜7月。

 

 

 

ノハラツメクサ

(野原爪草)ナデシコ科オオツメクサ属。1年草。

ヨーロッパ原産。世界中に帰化。

花期、3~7月(一般的には5~7月)。花径、8mmくらい。

  

 

ともだち。

シロツメクサ(白詰草・マメ科)。

コメント (10)

アキグミ     ソラからふりそそぐように       東京都江東区都立の森

2019-12-11 00:54:19 | みんなの花図鑑

 

花も葉も実も、

ソラからふりそそぐように咲く。

 

ふたつのおおかぜにあっても、

例年以上に豊作。

実はしばらく追熟すると渋さが消えて、

仄かな甘みが咲きます。

 

(秋茱萸)グミ科グミ属。

日本(道央以南)、東アジアに分布。

花期、4~6月。9~11月に実が熟す。食用。

雌雄同株。高さ2~5m。

名の由来、グイ(棘)のある木の実から、他。

細長く、夏に結実するのは、ナツグミ。

5~6月の苗代のころに結実のナワシログミ。

結実の季節を纏う、うつくしいなまえ。

お菓子のグミは、ドイツ語のゴム「gummi」、が語源のよう。

 

 

 

 

アーカイブ。

3月初め。

 

4月初め。

 

 

9月末。

 

 

10月下旬。

 

 

 

 

コメント (12)