東横電車区

Nゲージ(鉄コレ含む)・京急(NKTH)・東急(主に東横線)ネタが中心のブログ(最近はNゲージネタに偏りがち…)

東横電車区 トップページ

2101-01-08 00:00:00 | 東横電車区 トップページ
「東横電車区」へようこそ。
ここではNゲージ・鉄コレ・Bトレ・京急(NKTH)・東急(主に東横線関連)ネタを中心に、時々旅行記や撮影記等を取り上げていきます。
(最近は管理人多忙のため更新頻度は低くなっており、ほぼNゲージネタに偏ってます…)

トップ画像(※不定期で変わります?)

ついに京急直通運用にも充当が開始された都営浅草線の新車5500形。5504編成@横浜(2018.9撮影)

管理人所有のNゲージ車両を紹介しているサイト「東横電車区 車両館」はこちら↓(不定期更新)
http://access-exp17h.jimdo.com/

Twitter:@toyoko4101←乗車記録・速報を中心に随時ツイート中
コメント (2)

Nゲージ入線車両201808~10

2018-10-26 21:50:35 | Nゲージ・鉄コレ
約2ヶ月ぶりの更新、そして最近はNゲージネタに偏りつつあります…(多忙でなかなか更新できず5月および9月の鉄道旅行、成田山号&城ヶ島マリンパーク号、都営5500等ネタを溜め込んでいる状態…)

それはさておき今回はタイトルの通り、前回更新から今回までに入線したNゲージ車両の紹介。とりあえず入線報告(的な何か)のみです((
とはいえ3編成のみ(鉄コレ除く)ですが…

まずは8月に入線したKATOの205系5000番台武蔵野線(サハドア窓大窓)!


以前全車ドア窓が小窓(元山手)のM3編成が製品化されましたが(管理人も数年前に中古で入手)、今回サハのドア窓が大窓(元埼京)の仕様で待望の(?)再販となりました!
今回の製品のプロトタイプはM34編成。実車は行先表示がLED化され号車番号表示がステッカ式に変わるなど転属当初からの変化が見られ、付属のステッカも現在の実車に合わせたものが収録されています。

すでに持っている先述のM3編成と生え抜きの0番台(M64編成、武蔵野メルヘン)とあわせて、武蔵野線の205系はこれで3本目となりました。
さらにその気があれば素材を集めて例の2編成を作ってみたいと思っていたり…(ここまで来ると103系や209系500番台とE231系0番台も余裕があれば欲しいと思っていたり…)

続いては9月に入線したTOMIXの113系2000番台(JR東海仕様)!


湘南色にライトグレーの床下…2000番台の基本セットBをベースに作ろうかと考えていた矢先、まさか製品化されるとは驚きました。
今回は基本セット(4両)のみ購入。Hゴムは全て黒となっており、クハ111-2100はもちろんトイレ無しとなっています。

さて基本セットのみ購入している時点で勘の鋭い方はもうおわかりかとおもいますが、今回は静岡のT編成として東日本車(横コツ車)11連と連結させて東海道線東京口を再現する予定です!
ただ今回作ろうと企んでいる編成は前面窓などHゴムがところどころグレーになっている、その他諸々で整備に取り掛かってから完成まで相当時間がかかる見込み…あ、肝心の横コツ車もまだ整備途中だった((

そして今月入線したTOMIXのE235系山手線(通常生産品)!


先に限定品でオール新造のトウ04編成が入線済みですが、その出来の良さにやはり元サハE231-4600(→サハE235-4600)組込の編成もいずれ購入したいと思っていました。
最近になって某店で基本セットが特価品として売られていたのを発見! というわけで増結A・Bとあわせて購入決定となりましたw

基本セットの3両のみトウ02編成の車番が印刷済み。その他車両の車番と号車番号などの表記類は付属のインレタに収録されており、基本セットの3両も含め車番を変えることができます。さてどの編成にしようかなぁ~

他にも鉄コレの車両入線や線路の追加購入(ついにスラブ軌道のロングレールを導入!)もありますが、それは追々紹介するつもりとして(?)今回はこの辺で。
コメント

Nゲージ入線車両201807(東急車ばかり3編成)+α

2018-08-24 22:50:39 | Nゲージ・鉄コレ
7月付で新職場へ異動となり(実際に新職場での勤務開始は今月から、それまでは暫定的に別の場所で勤務していた)多忙だった為、約2ヶ月ぶりの更新です…

今回はタイトルの通り、先月入線したNゲージ車両の紹介です。が、今回入線したのは東急車ばかり3編成ですw

まず1編成目は東横線。KATOの5000系5122F(青ガエル仕様)!


東横線開業90周年を記念して「青ガエル」こと初代5000系を再現したラッピングが施された5122F。このラッピング、当初1年間の予定でしたが好評につきもう1年延長(継続)となるそうで!
先にGMが製品化発表していましたが、いずれKATOからも製品化するだろうと思い購入見送りとしていました。結果その予想は的中し(?)製品化決定と同時に先行予約、そして入手しました。

先頭車同士を並べて1枚。もちろん前面の表記類やHMも再現されています!


肝心な前面および側面のラッピング、緑の色合いも良い感じです!
種別・行先表示は先に発売された5050系5173Fと同じく付属のステッカからの選択式となっています。さてどうしようかなぁ~(と言いつつ一応はステッカにも収録されている06Kの急行にする予定?)

続いて2編成目は田園都市線。念願の(?)8500系です!


GMのだいぶ前の製品(動力がコアレスじゃないやつ)を中古品で入手。
前から欲しかった車両の一つでしたが、ちょうど7月中の暫定的な勤務場所が田都沿線だったので(加えて外部研修で田都に乗る機会がそこそこ多いので)それが購入を後押しする結果となりましたw

製品は10連全車が軽量車体の8631~8633・8635・8636Fがプロトタイプで両先頭車はスカート設置後の仕様。今回はその中から、以前外部研修の時に乗車した8632Fにする予定です。

そして3編成目も田園都市線。GMの2000系2002F!


最近発売となったスカート設置後で種別・行先表示が幕式時代の2002F。とりあえずこの2002Fが欲しかったので(なぜなら一時期乗車する機会が多かったので)先行予約して入手しました。
今回は別のステッカを使用し、種別・行先表示LED化後(前照灯LED化前)の仕様に小加工する予定です。

こうなると同じ田都仕様の8590系(特に8695F)も欲しいところです! そのうち2020系や直通先の車両も(


オマケその1:6月入線車両(記事作成後)の追加分、あいの風とやま鉄道521系!


個人的にはあまり馴染みの無い車両ですがKATOから製品化発表があった際、なんとなく欲しくなったので入手しました。
左右で異なるブルーとグリーンのカラーリングが個人的にはお気に入りだったり…(

先頭車を並べて1枚。前面の転落防止ホロは別パーツで付属しています(未取付)。


オマケその2:管理人がNゲージを始めた頃から所有しているTOMIXの209系0番台京浜東北線。10連フル編成となってから数年経ちますが今回少し手を加えました。


最近の他の車両と同じくドア戸当り部に色差しを行い、さらに車番もウラ4編成からウラ11編成に変更しました(サハ208に付属のインレタを使用、だいぶ劣化していたがなんとか転写できた)。
車番変更の理由ですが、ちょうど京浜東北線の209系の置き換えが始まった頃、撮影していて一時期よく来た編成がウラ11編成だったからです(逆にウラ4編成は記録できずに廃車となってしまったが…)。

というわけで今回は以上です。
コメント

Nゲージ入線車両201806

2018-06-24 22:30:59 | Nゲージ・鉄コレ
今回はタイトルの通り、今月のNゲージ(一部鉄コレ)の入線車両紹介です。

最初はNゲージの入線車両から。紹介順序が入線時期と前後しますが、まずは本日(届いたのは昨日)入線した車両を2つほど…

1つはTOMIXの209系500番台京葉線!


京葉線は個人的にあまり馴染みがない路線ですが、すでに205系(普通顔・メルヘン顔)とE233系5000番台を持っているだけに209系500番台も欲しいと思っていました。が、その時すでに入手困難…
今回嬉しいことに再生産され、先行予約にて購入しました。

前面のスカートが強化型でVVVFは更新前の仕様。つまりケヨ31~34編成のいずれも再現できます。すでに持っている京浜東北線の500番台がウラ81編成(後のケヨ34編成、現在も京葉線で運用中)なので、今回はケヨ31~33編成のいずれかにする予定です。
あとは前照灯が例のごとく白色LEDなので、前回の209系2100番台と同じく色差しして電球色(風)化する予定です。

もう一つはこちらもTOMIXのE217系横須賀・総武快速線未更新車!


TOMIXのE217系において、横須賀・総武快速線の未更新車は量産先行車(当時のF-01・F-51編成)のみ製品化されていましたが、今回ついに量産車の方が製品化となりました! もちろん以前から製品化を希望していたので、予約開始とほぼ同時に先行予約しました。
先述の通り量産車(4次車)の未更新時代がプロトタイプで前面のスカートは強化型に変更される前、また列番表示はマグサイン式の仕様。個人的にE217系というとまずこの形態のイメージが未だに強いです。そしてあの独特のVVVF音…

車番はすでに持っている機器更新車とは別にする予定で、一時期よく見られた未更新+更新の連結15連も再現したいものです。

続いては日頃の仕事等のストレスの気晴らしに自棄買い購入したGMの千葉ニュータウン鉄道9800形9808編成(京成3700形のリース車)!


何の車両にするか迷った末、すでに実車も見ることができた+特価品で少し安くなっていたのでこれになりました(
これで千葉ニュータウン鉄道所有車両が一通り(9000・9100・9200・9800形)揃うことになりました! 一方でなかなか揃えようとしない北総車と京成車…

…と言いたいところですが、京成車の方は鉄コレの3500形更新車(3532+3544編成)が今月入線しております!


今回はつい最近まで見られた直通運用の8連を再現すべく4両セットA・Bを購入。塗装はいつもの鉄コレクオリティですが、更新車の特徴がよく再現されており実車同様かっこいいです! 付属のステッカもけっこう充実しています。
種別・行先は特急成田空港行が印刷済みですが、上野・羽田空港方に連結する3532編成についてはもちろん快速特急羽田空港行にする予定です!(成田空港方に連結する3544編成はどうするか未定…)

N化パーツも一通り揃えてあるので、近いうちに(?)N化等の整備に取り掛かる予定です。

他にも最近N化した鉄コレがいくつかあるのですが、それについてはまた後日…(
コメント

京急創立120周年記念ラッピング車2編成

2018-06-24 21:43:48 | 京急(NKTH)
今回は久々に京急ネタでも。(先月行ってきた旅行の土産話はもうしばしお待ちを…)

今年2月で創立120周年を迎えた京急ですが、それを記念してラッピングが施された編成が現在2本あります。

まずは1500形1521編成「京急120年の歩み号」 主に大師線で運用されていますが、たまに本線で走っていることもあります。
先日の仕事帰り、京急川崎の大師線ホームにてようやく撮影できました。


1521の側面を強調して(?)1枚


1号車(1521)はデ51形を模した茶色でシルヘッダーやリベット、木製のドアもラッピングにより再現されています(10年前、今は無き初代1000形の1321編成に同様のラッピングが施され「京急110年の歴史ギャラリー号」として大師線を走っていたのを思い出す…)。
次の2号車(1522)は500形を模した赤をベースに窓回りが黄色。赤の色合いが現在と少し違うのも再現されています(こちらも10年前に1000形の1309編成に同様のラッピングが施され「ありがとうギャラリー号」として走っていた…)。

そして品川方先頭車である4号車(1524)は2100形を模した赤をベースに窓回りがクリームがかった白の現行仕様。よく見ると前面の白い部分もクリームがかった白となっています。


この塗装は現在2100形以外にも600形や新1000形アルミ車と16次車以降および1800番台で見られますが、1500形では初です。
なお3号車(1523)はラッピングが施されておらず1500形本来の塗装=赤い車体に白い帯となっています。

「京急120年の歩み号」は今年2月25日より運行開始。約1年間の予定だそうで、今回は大師線運用で撮影しましたが、機会があれば本線運用時にも撮影してみたいものです。

もう1本は新1000形1201編成「京急沿線の風景ギャラリー号」 主に新逗子-羽田空港間の✈急行で運用され、平日朝夕には自社線内の快特特急としても運用されています(現時点で直通運用には入っていない)。
こちらは4月の頭に仕事帰りに乗車した際、上大岡にて撮影。


ステンレス車体に全面塗装となった17次車のうち、8連は120周年にちなんで1200番台となりましたが、今回はそのトップナンバーにあたる1201編成にデビュー後早速ラッピングが施されています。
前面扉の番号(車番の下3桁)の頭に「1」が追加され、その横には120周年仕様の「けいきゅん」が。もちろん側面にもラッピングが施されています。

「京急沿線の風景ギャラリー号」も今年2月25日より運行開始。さてラッピング期間中にこの編成を含む16・17次車と更新された1001編成の直通運用開始を果たすことはできるのでしょうか?(

今回はこの辺で。
コメント

209系2100番台他、最近整備した車両

2018-05-24 21:31:27 | Nゲージ・鉄コレ
前回に引き続きNゲージネタ。
ここ最近になって入線整備した車両の紹介です。

まずはTOMIXの209系2100番台!


6連と4連の連結部。内房線の10連運用を再現。


前面表示は製品状態の内房線のまま、車番は6連の方はC626編成(以前内房線で乗車したことがある編成ということで)、4連の方はC402編成としました。
付属パーツの取付の他、ドア戸当り部分への色差しと各車両連結部のアーノルドカプラーをKATOカプラー密連型(黒)への交換を行っています。

そしてもう一点、すでにお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、前照灯の小加工を今回施しています。


左が製品状態、右が小加工後です。
製品状態だと白色に光りますが、実車はHIDや白色LEDではなく電球なので、小加工して電球色(風)にしました。

で、どこをどのように小加工したのかというと…


プリズムの裏側、赤丸で囲った部分をマッキーのオレンジで塗っただけです。基板は加工していません(そもそも基板を弄るような技術が無い…)。
写真ではわかりにくいですが少々オレンジっぽくなってしまったのと、若干の色ムラ(角度によっては白色に見える箇所がある…)が生じていますが、白色よりは良いかと((

そのうち209系1000番台(未整備)やE233系2000番台、都営10-300形4次車(編成が決まらず未整備のまま…)にも同様の小加工を施して電球色(風)化する予定です。

続いても房総の車両。KATOのE257系500番台NB-15+NB-17編成!


もう1枚、NB-15編成単独で。


かれこれ3年近く、ケーズを移し替えた以外は手付かずの状態でしたが、209系2100番台を整備するついでにようやく整備に取り掛かったのでした(
両編成とも前面表示を「わかしお」に変更。また特急型ということで各車両に白色室内灯を組み込みました。

そういえばこの車両に限らず、KATOの一部車両で黒染め車輪の劣化が見られるようになりました…キャスコのウレタンとの相性が悪いのか、製品自体の不良なのかは不明です…

JRの車両をもう一つ。KATOのE233系6000番台横浜線H008編成!


付属パーツの取付とドア戸当り部分への色差し、さらに優先席ステッカ(常磐快速線のE231系0番台に付属の現行デザインのもの)の貼り付けを行っています。
これで管理人が所有するE233系は122両となりました! 今後もさらに増える見込み…?(

ここからは東急の車両。まずはKATOの田園都市線5000系5103F!


運番は13K、種別および行先は急行中央林間としました(いずれも付属のステッカより)。
あとは優先席ステッカと1・10号車の女性専用車ステッカの貼付、ドア戸当り部分への色差しを行っています。

で、整備中に気づいたのですが…


車いすステッカとベビーカーマークが3号車海側のみ高い位置(新造4ドア車や5177Fと同じ位置?)になっています。

参考までに他の車両


不思議に思い調べてみたところ、エラーではなく実車もこの位置になっているそうで…細かい部分の再現もさすがです!(ただ床下機器が5050系と共用なのと10号車の車両間貫通扉がなぜか省略されている…)

お次も5000系列。GMの目黒線5080系!


一時期売却も考えたほどでしたが、結局窓ガラスを部品取り状態になっていた同じGMの5175Fのものと交換し、ドア窓が複層ガラスでかつ強化型スカートではない5186F(側面赤帯の太さ等の都合上、厳密には"タイプ")としました。

運番は01K、種別および行先は急行日吉に。また先頭車前面窓にデコレーションシールの運転台部分のみ両面テープで貼り付けています(車体側への貼付は今回未実施)。
あとは優先席ステッカ等表記類の貼付や付属パーツの取付の他、ドア戸当り部分への色差しと各車両連結部のアーノルドカプラーをKATOカプラー密連型(黒)への交換を行っています。

もう一つ、こちらもGMの大井町線6000系6103F(6連仕様)!


なんとなくローアングルで1枚。速そう…?(


実車はすでに全編成7連化されてしまいましたが(その仕様もGMより製品化済)、今回はあえて6連仕様のままとしました(そのうち7連仕様も買うかも?)

運番は121、種別および行先は急行溝の口としました。
あとは5080系と同じく優先席ステッカ等表記類の貼付や付属パーツの取付の他、ドア戸当り部分への色差しと各車両連結部のアーノルドカプラーをKATOカプラー密連型(黒)への交換を行っています。

余談ですが5080系と6000系の前照灯が撮影時点灯していないのはコアレスモーターの起動電圧が低く、ライトが付く前に走り出してしまうためです(通電区間を区切るレールは残念ながら持ってない…)。

というわけで珍しく(?)短期間で複数車両の入線整備を行いました。しかし未整備の車両もまだまだ多数…
長くなりましたが今回はここまで。実はこれら車両の整備と並行して鉄コレのN化も一部車両で行っていますが、それについては追って紹介予定…?(
コメント

TOMIX E235系トウ04編成

2018-05-16 21:55:15 | Nゲージ・鉄コレ
今回はタイトルの通りNゲージネタ。
先月発売・入線したTOMIXのE235系山手線、限定品のトウ04編成の紹介です!

まずは限定品ならではの特製ケース(外箱)、かっこいい!(


その特製ケースの中にはブックケースが2つ(11~6号車と5~1号車に分けて収納)。こちらも限定品ということもあってかラベルが特別仕様です。




両先頭車と今回のセットのメイン(?)、新造の10号車であるサハE235-501を並べて1枚。


今回のE235系、同時にKATOも製品化・発売されましたが、どちらも出来が良く正直どっちが良いか迷うところです…
E233系は最初に入線した0番台がKATOだったので2000番台を除きKATOで統一しましたが、今回あえてTOMIXにした決め手となったのがこのオール新造編成だったりします(そのうちKATOからも特別企画品で出そう…)。

個体差なのかグラデーションの印刷が若干ズレてる箇所があるものの、ステンレスの質感の違いの再現やLED前照灯の再現、床下機器が外せる構造など、全体的にはなかなか良さげです!

E235系のオール新造編成はトウ04・05編成の2本ですが今回の製品のプロトタイプはトウ04編成の方で、TOMIXの製品としては珍しく(?)車番や号車番号などの表記が全て印刷済となっています! そのためインレタは付属していません。
前面表示は標準の(?)山手線 Yamanote Line表示が装着済で、交換用として季節ごとに異なる最後尾のイラスト表示が付属しています。また列車番号は0804Gが印刷済…ではなくステッカが貼り付けてあり、こちらも付属の列車番号ステッカにより変更(貼り替え)が可能です。

アンテナ類は付属のパーツを取り付けますが、2号車と10号車の台座部品を取り付けるにあたり屋根に穴開け加工が必要です(穴開け用のガイドパーツが付属)。
…と、ここまでは入線報告(レビュー)的な何かでした(


さて今回は直近に運転会が控えていたこともあり、珍しく(?)入線したその日から入線整備に取り掛かり、翌日には一通り完了。早速11両組成して撮影しました!

11号車(クハE235-4)側より


11号車(クハE235-4)と10号車(サハE235-501)の連結部。10号車の窓配置が特徴的。


1号車(クハE234-4)側より


整備内容としては2・10号車の穴開け加工を含む一通りの付属パーツの取り付けの他、
・1号車の列車番号を1225Gに変更
・ドア戸当り部分への色差し
・各車両連結部のアーノルドカプラーをKATOカプラー密連型(黒)に交換
を行っています。

ここまで出来が良いと通常仕様(10号車がサハE231-4600の改造車)の編成も欲しくなる…いや、欲しくなったので追々購入しようかと思ってます!((

最後にトウ04編成の実車写真を。肝心の10号車が写ってないですが…@品川(2018.4撮影)


今回はここまで。他にも最近入線整備が完了した車両がけっこうあるので順次取り上げていきます。
コメント

Nゲージ入線車両201801~03

2018-04-05 21:17:14 | Nゲージ・鉄コレ
約2ヶ月ぶりのブログ更新です…
ネタが溜まりつつあるのですが、とりあえず今回は2018年1~3月に入線したNゲージ車両の紹介をざっくりと(いずれも詳しくは入線整備完了後に取り上げる予定)。

まずは1月分


2018年に入って最初の入線車両はKATOのE233系6000番台横浜線! 各編成の駅スタンプが無くなった現在の仕様となって再販となりました。
今回はH008編成がプロトタイプ(前回製品はH001編成)。印刷済の前面表示は快速桜木町行(前回製品は快速八王子行)となっています。

もう一つ。GMの京急2100形2125編成!(車体更新後)


機器更新車までは製品化されていましたが車体更新後の仕様は今回初の製品化となりました。今後2133編成「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」の製品化にも期待…
更新後の特徴でもある開閉化された車端窓は印刷表現、換気扇が1つ減った屋根は新規部品とのことです。ただ前面の「けいきゅん」の印刷が荒いのが少々残念…(未撮影)

続いて2月分


待望の発売となった(?)KATOの東急5000系田園都市線! 特別企画品として10両セットでの発売となりました。
ちなみに田都の車両が入線したのは一応今回が初です(実を言うと田都の車両は以前東武50050系を購入しているが、現在50070系タイプに改造中で未だ完成しておらず…)。

先頭車を並べて1枚


プロトタイプはオール初期車(2次車)の5103F。もちろん単なる5050系の塗り替え品ではなく、単板のドア窓や種別と行先が別々の側面表示、さらに前面やスカートなど初期車の特徴を新規金型でしっかり再現されています(但し床下機器は5050系と共通部品)。
今後ドア窓複層ガラスの編成(6ドア車やそれを置き換えた新造4ドア車も含めて)やY500系など、5000系列の製品展開に期待したいところです!

もう一つ。GMの京急新1000形1057編成「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」2017!


ドアも黄色くなった現在の仕様が早速製品化されました。なお床下機器は相変わらず近似のものの流用…
また付属のステッカは1800番台と同じもの(新1000形用で共通?)のようです。

そして3月分


TOMIXの209系1000番台! 常磐線各駅停車~千代田線直通で活躍している車両でわずか2編成のみの存在で、だいぶ前に千代田線内で一度だけ乗車したことがあります。
シングルアームパンタとなった現在の仕様がプロトタイプで、車番は付属のインレタからの選択式です(乗車したことがあるマト82編成にする予定)。

最後にもう一つ。車両ではありませんが…


TOMIXの車両基地レールセット(+延長部)! とりあえず20m車10両が余裕で留置できる長さにしたいと思いこれだけ購入(
これを使っていろいろと車両を並べて遊びたいと思っていますw

今回購入した製品はいずれも先行予約して入手した新品です。そういえば最近中古で買ってないなぁ…

てなわけで少々駆け足気味でしたが、2018年1~3月に入線したNゲージ車両の紹介でした。
コメント

大師線干支HM2018&2011編成「賀正」装飾

2018-02-02 22:32:32 | 京急(NKTH)
今回は京急ネタ。本当は先月更新する予定だったのですが超多忙だったもので…
先月2日に毎年恒例の大師線(1500形)の干支HMを京急川崎で撮影してきました!

京急川崎に到着し、大師線ホームへ。早速HM付の1500形を撮影開始しました!

まずは81運用の1505編成。




続いて85運用の1517編成。




ご覧の通り、今年は戌年にちなんだ2種類の絵柄が採用されています。いずれも公募の中から選ばれたものです。
また例年同様、日中は6分間隔で2番線を降車専用、3番線を乗車専用として短い時間で折り返していました。

とりあえず2種類共撮影できたところで撤収。帰宅しました。

さて今回は行き帰りの乗車編成(いずれも新1000形)も比較的豪華(?)でした!

行きに京急川崎まで乗車した快特は京急のステンレス車第一号、1073編成!(撮影したものの逆光で凄い事になってますが…)


そして帰りはちょうどやって来た快特黄色い1057編成でした!


けっこう混んでいましたが、もちろん乗車しました。
その後上大岡では青い2133編成との並びが! 新年早々縁起の良いものが見られました。


もう一つ、正月の京急ネタを。

2000形2011編成(2扉塗装)の品川方先頭車(2018)に2018年にちなんで「賀正」装飾が施され、1日に臨時特急「初日号」に充当。
その後しばらくの間、装飾はそのままの状態で運用に就いていました。

昨年の1017編成の2017装飾は残念ながら撮影できなかったのですが、今回はある日の仕事帰り(宿直明け)に上大岡で偶然遭遇、撮影できました!


側面の2018の車番付近の装飾(山側)。「賀正」の文字と門松が! なお反対側(海側)は獅子舞が付いていたそうです。


さて2011編成の正月装飾(ラッピング)といえば、2011年のこれを思い出します…(2011年1月2日撮影、上大岡にて)


この時も1日に臨時特急「初日号」に充当後、しばらくそのままの姿で運用されていました。
まだ3扉塗装だった時代で8両全車にラッピングが施されていましたが、2011年にちなんで浦賀方先頭車(2011)の車番付近に初日の出をイメージした装飾がありました。

…それから7年、すでに他の編成の廃車が進む中、2011編成がここまで生き残れたのは奇跡だと思います。
ステンレス全面塗装の新1000形17次車の導入により年内での引退が予想される2000形にとっては今回が最後の正月、そして最後の特別装飾(ラッピング)となるかもしれません…

今回はこの辺で。
コメント

【自宅】Nゲージ年越し運転会20171231→20180101【運転会】

2018-01-02 21:04:05 | Nゲージ・鉄コレ
新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

2018年一発目の更新は昨年と同じくNゲージネタ。今回も自宅の和室にて(ガキ使見ながらw)年越し運転会を行いました!
ほぼ毎年恒例(?)、Nゲージを運転しながら年を越すという単純なもの。昨年同様31日と1日がいずれも出勤日だったため、運転本数1本のみの小規模なものとなりました。

今回年越し列車として充当したのは西武40000系40101F(「S-TRAIN」仕様)!




他にもいくつか候補はあったのですが、2017年にデビューした車両という事で結局この車両となりました。

そして無事2018年を迎える事ができました!
先述の通り、今回はこの1本のみで年越し運転会は終了、朝からの出勤に備えて早々撤収しました。


オマケ


31日の仕事帰りに渋谷から横浜まで「S-TRAIN4号」に乗車したのですが、この日充当されていたのはなんと今年度増備編成の40104Fでした!(渋谷にて)
今年度増備編成もようやく東横線に入るようになったんですねぇ… 車内に普通の中吊り広告がズラリと並んでいる点が40101・40102Fとの大きな違いで、ガラガラの車内に新車独特の匂いが漂っていました。

今回はこの辺で。果たして今年はどんな1年になるのでしょうか?実は今回の文章、昨年のものをコピペして少し改変・追加しただけというのはここだけの話((
コメント