tarpin翁のスローライフ

福井県奥越地方の季節たより、ガーディニングなど、
写真日記・・・そして・・・。

今年初「アマガエル」参上。

2012年04月16日 | 季節の便り(北陸、福井)
庭の花たちの手入れをしていたら「のっし、のっし」体長5cm。
すわ、「ウシガエル?の子供」。
昨年も今頃、冬眠から覚めた
蛙の主「ウシガエル」が出てきたのでは、
もしや・・・・。





色は似ていますが良く見ると違っています。
「アマガエル」でした。
このカエル、普通はみどり・青色ですが、
まわりの色で、著しく色が変化するものらしい。
こんな色もいました。





冬眠で土の中にいたのでしょうけれど、にぎやかになり
飛び出したのかな、ごめんね、
でももう暖かいからいいのでは。

アマガエル」は、
吸盤があること、アオガエル類と間違えられますが、
アマガエルには、鼻孔から鼓膜にかけて黒い筋があり、
鼻先が寸ずまりなのが、アマガエル類の特徴です。
皮膚から若干の毒を分泌しますが、毒といっても、
人間がアマガエルの毒で死んだなんて聞いたことが
ありませんから、まぁ無害でしょう。

これから、たくさん庭には、いる仲間たちです。


コメント (2)