tarpin翁のスローライフ

福井県奥越地方の季節たより、ガーディニングなど、
写真日記・・・そして・・・。

「八代草」は、リンドウに似た花です。

2014年05月31日 | がーディニング・園芸

この花、茎は直立不動で、その頂上に、多数集合して上向きに花が咲く

先端が5裂した鐘形をしています。

キキョウ科の落葉多年草です。

 

 

 花名のヤツシロソウ(八代草)は、

熊本県八代市に自生することに因んでいます。

原産地:阿蘇山山地の草原。

 

今は、生息地の環境悪化で、

環境省レッドデータブックで絶滅危惧B類に指定。

 

母の家から、我家の庭に来て10年、

手間いらずの山野草。

切花用として重宝しています。

花壇以外にも。

コメント

「白蝶草」なのに赤色も。

2014年05月31日 | がーディニング・園芸

たくさんの白と赤混じりの花を咲かせます。

名前は、この花のかたちが「チョウチョが舞うよう

見えることから。

 別名で「ガウラGaura)」、「ヤマモモソウ山桃草)」とも。

 

毎年花を咲かせる、多年草です、

今から秋まで止まることなく、次々と花をつける面白さ。

放置でもよく育つ、強健な植物です。

昨秋の落種が飛び、発芽、庭のあちこちに花を咲かせる予定です。

草丈は50cmにもなりますが、

小さい植木鉢で育てたものは、僅か10cmの丈で花をつけています。

 

 

白色のほか、濃いピンク色の花の「シスキューピンク」、

白とピンクのグラデーションの花「コロナ」、

斑入り葉、などの名前が付いています。

 

 

コメント

家庭菜園「きゅうり」の花がさいて。

2014年05月31日 | 家庭菜園

今朝、2つ花が咲いていました。

小規模で庭片隅「家庭菜園」、1m×3mの土地。

 

毎年、「夏野菜の栽培」に挑戦していますが、

上手に採れると嬉しいこと、この上ない。

 

今年は、「きゅうり4本、トマト1本の苗、購入」。

昨年美味しかった、「トマトの実生からの栽培2本」、

合計7本が今年の菜園です。

 

毎日の朝夕の水遣り、月一の液肥、マルチフィルムを張っているけれど、

周囲の除草などなど、

暇が無い。

それでも愉しみ。

 

途中で枯れたり、虫におかされたり、

色々あるのですが、今年は今のところ順調。

 

後は収穫を待つのみ・・・、そんなに甘くは無いか。

それや之、「楽しむのが家庭菜園の妙味」でしょうね。

 

コメント

「キリンソウ」も、盛り上がり、見事なお星さま。

2014年05月30日 | がーディニング・園芸

 

大きな株になっていますが、これで1株です。

そして、見事なお星様。

キリンソウ」は、ベンケイソウ科に属する多年草

和名は「麒麟」でなく「黄輪草」と書くらしい

日本では以下(奈良・兵庫・千葉・長崎・高知・徳島県)で、

絶滅危惧I類 などレッドリストの指定になっている、

珍しい草花なのでしょうか。

 

先年、山野草愛好会の仲間からの到来もの。

もう3年になります。

常緑キリンソウで、環境緑化、屋上緑化・壁面緑化

・法面緑化の草花としても活用。

コメント

長野県「松本市へ出張」。

2014年05月30日 | Weblog

どのように行こうか、交通手段を迷う行程。

荷物も有り結局、自動車になりました。

 

国道158号の奥越街道から白鳥ICで東海北陸道、

同行のクライアントの部長氏を乗せ、

飛騨清見ICから高山、上高地から再び158号、

途中の安房トンネルから松本市へ、延々250km」。

 

私の運転で、カメラを持つわけには行かないので残念。

平湯入り口では、真っ白な冠雪の「北アルプスの槍」

目の当りに、どか~ん。

快適な「安房トンネル(中部循環道なのに有料1270円)」。

 

お昼は、松本市には一杯有る、お蕎麦屋さんで昼食(有名店の「浅田」)

10割ソバに辛味ダイコンの付け麺」、

当地の「おろしそばに似て異なもの」でした。

仕事一時間で、帰途。

GW明けでも、日本の観光地、「上高地近辺」では、車が渋滞。

 

 

通りなれた、「九頭竜ダム」など、

 

大野市の山間部から岐阜県境まで、「卯の花(うつぎ)」の花盛り、

 

仕事とはいえ、快適ドライブにも。

500kmは、疲れました。

コメント