tarpin翁のスローライフ

福井県奥越地方の季節たより、ガーディニングなど、
写真日記・・・そして・・・。

寂聴先生92歳、新刊「死に支度」、面白い。

2014年12月12日 | 老春・出合系など

タイトル「死に支度」で、

ぎょっとしましたが、妻の薦めでも有り、

もう10年もすれば考えなきゃならないテーマーだけに、

内容に興味深々、2014年7月の新刊書。

 

比較的具体的内容が多く、一気に破読してしまいました。

 

寂聴先生92歳と言うお年をむかへ

50年間余も仕えた用人や秘書などすべて

身の立つ様にして解雇、

今、28歳の才女秘書との二人暮らし(京都北野の「寂庵」)。

 

朝、目を覚ますと又今日も生きていたか、うんざりする」

「今は何時死んでも不思議で無いと思っています」と。

著名な老作家が、サインを求められ姓を書いたが名のほうがが出てこなかった実話、

また、ある老作家は、昨年出した原稿を悪意なくそっくり今年も出した実例など、

先生の知る秘実話。

そこで曰く「死ぬのは怖くは無いがボケるのが恐ろしい」。

 

すでに、棺おけに入るときの死出装束の準備、

「これから働かないと、あと幾年生活できるの?」と

「ギネスブックに載るほど長生きされても大丈夫です」との、秘書氏とのやりとり。

われわれ俗人が考えることなど、多々

 

最期は、先生曰く、

「春が過ぎてから啼くウグイスを、老鶯(ろうおう)と言うのよ、

声もしっかりしていて、いい声でホーホケキョと、はっきり鳴くでしょう」

とは、自分のことを言っていらっしゃるのでしょう、

瀬戸内寂聴92歳、

まだまだ、お元気の様子。

面白いので、お勧め。

 

数日前の朝日新聞朝刊に書評が乗っていますが、

私とは全然違ったプロの論評もまずまず

コメント

久々の「温泉宴会」

2014年02月07日 | 老春・出合系など
北陸に居ますと
温泉行きは、地元の気易さから、年に幾度かはあるものです、
それでも、勤めをやめてからは、大勢での「温泉宴会」は少ない。



今日は、某銀行の預金者会の集まり
、いわゆる新年会なのです。
芸者・コンパニオンさんたちを交えての無礼講は
芸達者な仲間も居て、
賑やかなもの、
私も余り飲めないお酒で、金太郎になりながら
楽しんできました。





石川県山代温泉「ゆのくに天翔」


コメント

新積雪35cm、外気マイナス3.0度。

2014年01月12日 | 老春・出合系など
おお寒い、朝マイナス3.0℃、
お昼でもプラス1℃でした。

昨日は早朝から所用で外出。
車は路面が凍り、ツルツル。
道路の水融雪は嬉しい施設、
それでもガレージ前と、玄関は除雪、之で大汗。
全部肌着を着替えての外出となりました。



ここは、人力除雪。








一日中、降雪は続いていますが、チラホラ。
積もるほどでもなく、おお助かりでした。

11日、庭の積雪、35cm降るとこんなものです。







朝、集まった知人も口々に「寒いね、そして新年挨拶」
その後は、
誰もが「当地では之くらいの雪・・・」と、平気宣言。
(たのもし~い)。

コメント

「バレンタインディ」って捨てたものでない?。

2013年02月14日 | 老春・出合系など
今日14日は「バレンタインディ」。
朝食のテーブルに3個並んでいました。
この年にしてまだ・・・「そうなの・・」です。
この日って、愛の告白の日なのでしょう。
なんとなくニャリ。
妻殿と浦安にいる娘から、
いまひとつはニャリである。



先の上京時に、あちらでも「早いけど」と1個ゲット。
これは、モットニャリで有る。

こんなにお腹に入れると
成人病を持つ私には毒、
主治医さまにしかられそう、年一度なのでいいかっ・・・。

コメント

また、来ました「バースディ」

2013年02月03日 | 老春・出合系など
この年になると、そんなにうれしいものではないことを悟りました>

2月3日、節分であり、私のバースディ。


起きざまに、妻からのご挨拶、早朝宅急便、そして94歳の母からのtel、
メールは10通以上、登録がしてあるからでしょう。
そして娘の孫ちゃんからも・・・と、けたたましい。
こうなると、そう簡単には早死にできないなの思い、
ふつふつ・・・・。

うれしかったのは老母から
「始めての子供だったし、この時間には生まれていたょ、きちんと覚えている」
との元気な声は、何物にも変えがたい。

これは、長男からの贈物、
今月発売されたSonyの8インチの「フォトフレーム」。


コメント (2)