tarpin翁のスローライフ

福井県奥越地方の季節たより、ガーディニングなど、
写真日記・・・そして・・・。

雨は降っていますが、「静かな大晦日」。

2014年12月31日 | 季節の便り(北陸、福井)

予報では、「明日から大雪の天気予報」。

それでも、大晦日の当地は「静かな雨降り」です。

一瞬雲間から見えた、陽光。

 

こんなカレンダーが出されました。

当地の時の人、バトミントンの「山口茜」さん。

ふるさとはありがたいものと分かる人」であって欲しい。

 

皆様、良い新年を、2014年に感謝。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

今、「玄関松飾り」終わりました。

2014年12月30日 | 季節の便り(北陸、福井)

新年まで後2日になりました。

新年の設えは、昔とは随分簡素化され、方法も自由な形になってきています。

それでも玄関「注連飾り」、座敷の「三宝と鏡餅」、新年用の「お軸」、

其の他は、今日30日取り替えました。

すなわち正月飾りの「一夜飾りを忌み嫌う」風習は、

我が家でもあるからです。

 

今、こんな風習だけでなく、注連飾りも付けないお宅も有るようですから、

それがどうというものではありませんが、

なんとなく「新しい年の始まりの日」、一区切りと言うことですから、

我が家では続けています。

 

「何時からあるのでしょう。

予期せぬことで起こる「葬儀の飾りつけ」が一夜でしなければならないことに比して、

おめでたい新年の飾りは、「一夜にしないこと」などの故事によるとも

 

床の間のお軸は、
例年、野村徳庵(野村財閥の創始者・徳七翁)直筆の「日の出」だったのですが、
今年は、山内直枝氏(大正時代の女流画家、尼僧、我家の4代前の縁者)
の直筆「日の出と越前万歳」を飾ってみました。

こちらは「三河万歳」です。

 

 

玄関のウエルカムです。

獅子舞が2匹居ることに成ります。

 

 

此れで、新年の朝、「お神酒をそれぞれの徳利に注ぐ」と、

新年を迎えられそうです。

私の書斎の新年。やはり「山内直枝」さんの短冊です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年、見納め「霊峰雪の白山」頂上。

2014年12月29日 | 季節の便り(北陸、福井)

当地は、今朝から雨降り、このまま

雪になり新年を迎えるようです。

 

 

 

昨28日午後、今年最後と見極め

撮影行き(レンズ200mm望遠)。

場所は、福井県勝山市荒土地区2ヶ所からの眺望。

白山の頂上は、らくだの背のような2つのこぶ、

側が頂上「御前峰(2702m)」左側が「大汝峰」。

見事な神々しさです。

どれくらいの積雪が有るのでしょう。

 

この勇姿、新年2015年は、何日に見られるのか、

当地では「見るのでなく拝む」人も多いとか。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「バンカーズ(銀行家)ライト」がトレンディ。

2014年12月28日 | ちょつぴりの薀蓄

最近、気になり出したことです、

TVドラマや映画で、社長室や重役など偉い人の

デスクの緑色の「スタンドライト」です。

シェードが緑色、気になりました。

探してネットで購入。

 

このスタンドライト「アメリカの銀行で使っていた」

のが名前の由来、

伝統的な「バンカーズ(銀行家)ライト」です。

ノスタルジックな雰囲気をもってます。

 

たくさんの種類があり価格は5000円くらいから15000円まで。

安いのを買いました、大失敗。

見かけは同じですが、緑のシェードが手作りガラスか否か、

私のは形、真鍮柱も同じですが、「アクリル製シェード」です、

しっかり見極めて買うべきでした、

それでもあこがれただけ有って、気に入っています。

ガラスシェードは、どのような雰囲気か?、

やはりガラス製を買いなおすか迷っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今朝の「冷込み今冬最高」。

2014年12月28日 | 季節の便り(北陸、福井)

マイナス5度以上だったのでは、

家中、屋外・内とも凍り付きです。

「放射冷却現象」です、

今日は快晴(予報では午後から雨に変わる様子)。

 

和室寝室の障子を開けるとガラス面は真っ白、初めて。

窓は凍りついて開放できない。

 

ガレージの窓もご覧の通り

 門扉の頭も氷立っている。

それでも晴はうれしい。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加