『地水火風空』

【TamuraTech Japan】のブログ

『公開セッション』in福岡 のお知らせ

2022-06-29 | 2022年
きたる 9月18日(日)・19日(月)
福岡駅近くの会場で、
『心体環境力学 公開セッション』
を開催します。

今回のセッションは『量子セッション(体のセッション)』となります。

⚠️公開セッションですので、見学のみはなく、参加者皆さんにセッションをお受け頂きます。


🔵心体環境力学によるセッション



気分のいい時とそうでない時
優しい穏やかさに包まれる時とそうでない時
どうしてもイライラしてしまう時とそうでない時
理由のわからない不安に襲われる時とそうでない時
見るもの全てが輝いて見える時とそうでない時
愛されている幸せを感じる時とそうでない時

だいたいの人間は、こうした「気分」の上がりさがりを経験するようになっています。
それは、脳の仕組み、心の感受性、湧き出てくる思考や感情の種類などからみても、明らかです。

体の調子が悪い、どこかに不具合を感じている…
こうした時の、あなたの「気分」はどのようなものでしょう?

まあ、ほとんどの場合「いいワケないじゃん」となりますよね?
「身体的不調の時に気分いいなんて信じらんない」と、怒られてしまうかもしれません。

では、そういう「イヤな気分」という状態から抜け出したとしたら、どうでしょう?
身体的不調自体に何か変化を起こす、というのでなく、その「気分」に焦点を向けて、そこを変えてみる。
やってみたことありますか?
まあ、なかなか自分では難しいことですけれど…。



そのイヤな「気分」は、あなたの身体的不調からきているのかもしれません。
けれど、そうでなく、もっと別の理由から起きているのかもしれません。
その別の理由が、まっすぐにあなたの心に表面化せず、身体的不調という形をとってを起こしているのかもしれません。

…ということは、その理由が判明すれば、不調は消えてしまう…かもしれませんよね?


「心体環境力学」でのセッションは、「心は体の上位概念」という立ち位置から始まります。
つまり、ここでいう「別の理由」に最初から着目し、それに応じた方法をとっていく、ということです。

ボク自身は、もともと整体施術を20年以上やってきているので、特に筋肉や骨格のズレ、こわばり、詰まりなどからくる身体的諸症状については、相当に経験を積んできています。

「心体環境力学」というのは、そうしたボクの無数の「なぜ?」から生まれてきたひとつの発想です。

今回の「公開セッション」では、訪れていただいた皆様に、その実際を体験もしていただきつつ、自分以外の方の変化も目にすることのできる、なかなかない機会となります。

特に、今回は福岡(市内)に初見参!となります。
他県でのセッションの様子などを見たり聞いたりしていて興味があったけど…という方は、今回の機会を是非ご活用ください。

また、たとえば、「電子書籍3冊読んだけど、実際たいした変化起きないよね?」と思っている方も中にはおられるかもしれません。
あるいは、「やってみたけどさ、全然よくわからない」という方もいるでしょう。
そうした実際面での疑問を持たれている方にも、是非訪れていただければと、思っています。

「公開セッション」ということもあり、そこまで(心の奥に)突っ込んだことは…必要がなければ致しませんが、受けていただければ、一人一人また異なった体感、感想が湧き出てくるかと思います。

そういった場面に出会うことも、ボクとしても楽しみです。



【心体環境力学による公開セッション】

◯ 日時
9月18日 13時から16時
9月19日 9時15分から正午

◯ 場所
JR博多駅から徒歩数分圏内のレンタルオフィス

◯ 参加費:15,000(会場費含む)

※ 詳細な場所は、お申し込み後、参加が決定した段階でのお知らせとなります。

🔵お申し込み・お問い合わせは、公式LINE@(https://lin.ee/QRpQrlz)よりお願いいたします。


ダブル・バインド

2022-01-27 | 2022年
『現時点での最善策は「追加接種」――というのが世界の共通認識だ。イスラエルは世界に先駆け、4カ月間隔で4回目接種の実施を発表した(12月22日AFP通信)。
「同じようなワクチンを繰り返し打つだけで意味があるの?」と思う人もいるかもしれない。しかし最新研究を見る限り、ファイザー製もモデルナ製も、3回接種を受ければオミクロン株にもギリギリ対抗できそうだ。
ファイザーについては12月14日、イスラエルの共同研究の成果が示された(査読前論文「medRxiv」)。
ファイザー2回目接種から5~6カ月経った人の血液では、オミクロン株に対する十分な「中和抗体価」(無力化し予防する能力)は確認できなかった。
それが3回目接種で100倍に回復。デルタ株への効果に比べれば4分の1にとどまるが、それでも十分との見方だ。
モデルナ製についても12月15日、研究結果が公表された(査読前論文「medRxiv」)。
やはり2回接種者の血液では、オミクロン株の中和能力は従来株と比べて1/84~1/49と、大幅に減少した…(以下、続く)』



↑2021年12月28日の「東洋経済オンライン」の記事です。
リンクをクリックで、その記事に飛べるはずですので、ご興味あれば。

この記事のタイトルは、シンプルな「ダブル・バインド」になっています。
「A or B」、「〇〇と△△、どちらを選びますか?」という形式。
強制的でも命令的でもないけれど、こう言われると、「どちらかといわれれば…」なんて、なんとなくこの2択しか選択肢がないように錯覚してしまいますよね?

「ダブル・バインド(二重拘束)」

こうやって、比較的冷静な状態で文章を読んでいるだけなら、「ええ、私打たないし…」みたいな選択肢もすぐに浮かんでくるかもしれません。

でも、ですね。
たとえばどこかのショップで、「こっちのお皿もすっごいステキですよね?でも、私はこっちのもいいと思うんですよ〜♪この絵柄もなんとなくひかれますよね〜♫」といわれたらどうでしょう?
もともと欲しいと思っていたお皿と、さらにもっとスタッフさん目線でステキだといわれたお皿…もしかしたら、両方購入してしまうかもしれませんよね?

「ダブル・バインド」は日常です。
普通に、日常のコミュニケーションのなかで、活用されています。

「ええ…?」と思うかもしれませんが、あなたも、知らないうちに使っています。

たとえば、お子さんの進学時に「〇〇校だと条件が厳しいけど、△△校なら少しレベルは高いけど、狙えるよね?(家から近いし、朝が楽だし…)」という
感じで、お子さんの揺れる気持ちをコントロールしようとしたり、したことはありませんか?
似たようなコントロールは、家庭、学校、塾、オフィス…あらゆる生活空間で為されている…ない、と言い切れる方は、もはやいないでしょう、ね。


2か月に1度、九州(大分)で開催するセミナー。

『Hypnotic illusion(ヒプノティック・イリュージョン)』

日常に潜む様々な【仕掛け】。
それは、あまりにも当たり前であるからこそ、あなたの警戒心や疑いの気持ちを逆利用しているからこそ、気づけないことも数多くあります。

「ダブル・バインド」に関わらず、アプローチの展開や趣向を変えて、日常に深く広く浸透しています。

社会的信用、認知度、ブランドイメージ…
上記の記事にみられるように、もう、そこに信頼を置ける時代ではないなと感じる今日この頃。

よろしければ、ご参加ください。

公式LINE@   https://lin.ee/QRpQrlz

↑お手間ですが、こちらよりご登録いただいた後に、お申し込みとなります。





2021年 セッションの予約締切のお知らせ

2021-12-15 | 2021年
年の瀬。

この言葉は、慌ただしい年越し時期を、川の瀬(流れの速いところ)に見立てて言われるようになったもので、12月初旬だと使用するのはやや早いのだそうです。
「年の瀬押し迫る」などのように使われますが、どうやら12月も終盤、本当に年末時期に使うのが適切、ということのよう。

13日くらいが、確か片付けやら年越し準備が始まる時期。
これからどんどん、「年の瀬」へと、近づいていきますね。


さて、
現在、僕のホームページは、改装中になっています。
そこにも出ていますが、今年の東京でのセッションは、すでに締め切らせていただきました。
大変恐縮ですが、これから…とお考えいただいている場合は、2022年に入ってからの予約受付となります。
何卒ご了承ください。



少し早いですが、
本年もお世話になりました。
心より御礼申し上げます。

2022年も、
何卒宜しくお願い申し上げます。





2022年 九州セミナーについて

2021-12-09 | 2021年
お陰様で大好評、九州では毎月恒例になっております「TTJ特別セミナー」。
2021年は、「無敵のカラダ」「ヒプノシス・ゲーム」という2つのセミナーを開催させていただきました。

さて、来年(2022年)はというと…

まず、「無敵のカラダ」は、セミナーではなく「クラス」。
カルチャースクールのようなスタイルで、気楽に毎月開催といたします。
会場の広さ次第では、大人数でもできる内容ではあるので、たまにそうした会場で開催してもいいかもしれません。

「意識」「気」といったことの本質的な作用、働きを、ワイワイしながら気楽に体感・体験・体現していくクラスとなっています♪
そういったことに興味ある方なら、年齢が幾つでも、老若男女を問わず参加できます。



そして、「ヒプノシス・ゲーム」は、今月(12月)、1年間(4回)の最終回を迎えます。
3ヶ月に1度、無限ともいえる意識を有限にさせるものの正体について、そして、その有限にさせるものから無限を引き出す、いやそもそも無限であることを思い出す手立てを、さまざまな例を用いて開催させていただきました。


こちらは「セミナー」として継続します。
ただし、2022年は名称を変更して…

『Hypnotic illusion(ヒプノティック・イリュージョン)』

となります。
2ヶ月に1回(年6回)の開催を予定しています。
こちらについてはまた近日、ブログ、およびメルマガにてお知らせいたします。
内容、募集要項などは、そちらをお待ちください。



【TamuraTech】メルマガ、始めます!

2021-10-01 | 2021年
『スクール』の募集が終了したことで、ようやく、8月末から続くさまざまな忙しさも一段落。
このタイミングで、以前から開始しようと思っていたことに、ようやく着手することができそうです。

メルマガ。
SNS全盛の時代に、「今更メールマガジンなんて…」という方もいるかもしれませんが…いやいや、「いま」だから、メールなんですよ。



『【TamuraTech】メールマガジン』

10月初旬、配信開始!

昨年出版した3つの電子書籍、そのうちのいづれか、あるいは全ての特典をご希望いただいた皆様には、これから無条件で届きます。

もともと、特典希望者の方々にはサポート的なメールが随時届いているはずですが…そのどれもが未完状態で休止になっているかと思われます。
それぞれの書籍に、ぶつ切り的な情報を掲載していくよりも、一括的なメールマガジンとして、様々な内容の情報をお届けしていこう、というのが今回の趣旨。

配信の頻度としては、週に1〜3回程度を予定しています。
慣れてきたら増えるかもしれないですけれど。

配信解除は、例によって届いたメールの下部に掲載するので、「いらない」という場合でも、カンタンに解除することができます。


ご希望の方は、


から、興味のある1冊を購入し、特典を応募ください。
自動的にメールが届くシステムになっています。

また、公式LINE@でも、同様に配信いたします。
こちらの方が便利だという方は、上記リンクよりご登録ください。


では、配信を楽しみにお待ちいただければ幸いです。