バリウム日記 がんの早期発見をめざして
おもに胃X線検査など医療に関する話題提供です。最近はファイナンシャルプランナーの勉強中。
 



胃と腸 2018年 5月号増刊号 早期胃癌2018
クリエーター情報なし
医学書院


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは、すきくぴです。

ファイナンシャルプランナーの勉強をし始めて1か月ちょっとになります。

通信教育でファイナンシャルプランナーの勉強ができますが

通信教育にはいくつかあります。

私が選んだ通信教育は、ECCビジネススクールです。

ECCビジネススクールを選んだ理由は

10日に一度、メールで学習スケジュールが届くからです。

メールには、内容が理解できなくてもあせらず学習することなどメンタル的なところも書いてあります。

不安にならずに学習し続けることができるのが、ECCビジネススクールの良さと言えます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





こんにちは、すきくぴです

今月からファイナンシャルプランナーの資格習得をめざして勉強しています。

ところでファイナンシャルプランナーとは何かご存知でしょうか。

ファイナンシャルプランナーとは、その人の資金計画を提供する人のことを言います。

人生において、住宅の購入や結婚、子育て、そして老後など。

あらゆるところで資金計画が必要です。

その人にあった将来の夢をかなえる、サポートするのが

ファイナンシャルプランナーなのです。

今日もファイナンシャルプランナーの勉強をします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は原点回帰の気持ちをもって仕事や家庭などに臨んでいきたいと思います。

原点回帰とは自分が原点であると思った場所に帰ること。初心に戻ること。です。

2017年は皆様のご協力もあり過去最高の講演や学会発表をさせていただきました。

数にすると13回です。

2016年が8回で最高だったのですが、記録更新で喜びもつかの間、達成感があり最近では脱力した状態でした。

また日常業務や講演、家庭においてもこ日々をなすことに追われており、物事を振り返る気持ちがありませんでした。

自分を見失う今日この頃。

この原点回帰という言葉をもち、初心に戻ろうと思います。

皆様の今年の目標や決意は決まりましたか?


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




胃癌取扱い規約 第15版
クリエーター情報なし
金原出版


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんばんは、すきくぴです。

今日は、函館にきています。

第33回日本診療放射線技師学術大会が函館にて開催されるため、函館にきています。

明日、一般演題で大腸CTに関して発表します。

実りある学会になるよう勉強したいと思います。

ちなみに今日は五稜郭公園や五稜郭タワーへ行ってきました。

平日にも関わらず、外国人をはじめ観光客がたくさんいました。

修学旅行生もいましたね。

土日祝日だと間違いなく混雑しそうなスポットでした。

天気も良く空気が気持ち良い一日でした。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




内視鏡力をあげろ! クイズ消化管診療
クリエーター情報なし
金芳堂


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは、すきくぴです。
先日、ブルーライトカットの眼鏡を購入し、胃透視や、CTの検査に携わっています。
非常に眼が楽になりました。
疲れにくいです。
パソコン作業の多い人などもおすすめの眼鏡です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは
すきくぴです。

この11月に後輩が胃がんX線検診読影部門B資格検定試験を受験します。
後輩にその試験対策を聞かれました。

近々、テキストが配布されるということなので、テキストが届いてから対策を練っていきたいと思います。

私は3年ほど前に受験しましたが、その際には早期胃癌アトラスからの症例が数多く出題されました。

テキストが届くまでの間は、早期胃癌アトラスを勉強すると良さそうです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ