バリウム日記 がんの早期発見をめざして
おもに胃X線検査など医療に関する話題提供です。最近はファイナンシャルプランナーの勉強中。
 



こんにちは。すきくぴです。先日、胃がんB認定試験 読影部門合格の通知が届きました。
合格して良かったです。これでよい年を越せそうです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




“誤診”に学ぶ―貴重な症例から
クリエーター情報なし
中山書店


こんにちは、すきくぴです。
皆さんは大掃除はかどっていますか??
さて、大掃除をしていると眠っていたりする書籍がでてくるものです。
そのひとつを紹介しますが“誤診”に学ぶ―貴重な症例から という本です。
医療において学習していても、症例によっては苦戦し判断が誤ってしまうことが少なからずあります。そういった症例を嘘なく豊富に収録されているのがこの書籍といえます。
読まれたことのない方は一度ご覧ください。

本を読みだすと、掃除が止まりますよね(苦笑)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




胃X線造影検査専門技師になるための必携テキスト
クリエーター情報なし
ぱーそん書房


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




消化管造影ベスト・テクニック 第2版
クリエーター情報なし
医学書院


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おつかれさまです。
いかがお過ごしですか? 今日はクリスマスイブイブですね。うちはクリスマスプレゼントを今朝仕掛け、一緒になってそのおもちゃで子どもたちと遊んで過ごしました。
本来ならばプレゼントを25日に渡すと思います。しかし25日は平日であり、子どもは三歳と一歳なのですが、二人とも保育園に通っているため、今日渡し、昼前までプレゼントで遊びました。
平日は仕事のため、子どもたちと遊ぶ時間が限られます。今日は有意義に過ごすことができました。皆さんはいかがですか?クリスマスはワクワクしますね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




お疲れさまです。すきくぴです。
今日は認定資格についてです。診療放射線技師に限ったことではありませんが、昨今認定資格が数多く存在します。認定をとるためにはある程度の知識や技術が必要とされます。専門性を担保することで、質を維持することができるわけです。診療放射線技師では、肺がんCT認定技師をはじめ、胃がん専門技師やマンモグラフィ認定技師などがあります。
私は肺がんCT認定技師と胃がん専門技師認定を習得していますが、この度マンモグラフィも撮影することになりましたので、マンモグラフィ認定技師を習得しようと考えています。
そのため、今後は、乳がんやマンモグラフィに関する内容が多くなるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




実践 上部消化管造影臨床画像評価法
クリエーター情報なし
金原出版


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




お疲れ様です。すきくぴです。
今日は先日行われました日本消化器がん検診学会に参加した内容についてです。
この度の学会では、胃がん検診に関する精度について発表しましたが、座長や会場の方から、胃がん発見率が高いに要精検率が低いことに関してお褒めの言葉をいただきました。
全国平均より高い精度の当センターですが、これからも精進して検診に従事したいと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




マンモグラフィ診断の進め方とポイント(第4版)
クリエーター情報なし
金原出版


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは、すきくぴです。
先日、徳島で開催された学会へ参加してきました。
二日目は佐賀の中原先生の講演を聴くことができました。
内容は胃X線読影でした。
胃の辺縁から読み、そして胃の粘膜面を読む手順を丁寧に解説されました。
隆起した胃がん、陥凹した胃がんなどをもとにわかりやすく教えていただきました。
会員発表も無事に終わりました。
参加された方々、お疲れ様でした。

今日は持ち帰った徳島ラーメンが夕食です。家族みんなで食べます!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんばんは、すきくぴです。
今日は、徳島にきております。
第45回日本消化器がん検診学会中国四国地方会へ参加しております。
ABC分類をはじめ、今後のがん検診のあり方に影響を受けるでしょう。
明日は、中原先生がこられます。胃X線読影法"虎の巻"と題して講演されます。
明日が楽しみです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




低線量肺がんCT検診の知識と実務 (改訂2版)
クリエーター情報なし
オーム社


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ