しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

《きっどさんのG1予想》第141回天皇賞(春) 無視された大阪杯馬テイエムアンコール

2010年05月01日 22時19分58秒 | きっどさんのGⅠ予想と反省
最近、どうも春天の威光・レベルが下がっているような気がして仕様がない。
極右の橋下大阪都知事なんかが怒ってこないか心配である。
明らかにドバイWCのせいでしょな。
金に目が眩んでって訳では決してないが
日本馬がワールドクラスとなった今
チャレンジングスピリッツに溢れた馬主達は
世界を目指すのは当然の流れ
有力馬は殆ど、ドバイWCへ回ってしまって
春天は前哨戦から、お留守番しているイマイチ馬の争い、
てなのは言い過ぎか?

4歳馬、しかも菊花賞馬が有力馬
は判るが、菊花賞2着でその後も長距離路線とは言え
どちらかというと裏路線を歩んできた
(表路線の有馬は4着)
③フォゲッタブル
が如何に血統が良くてもこれだけ推されるというの、
このレベル低下によるものか?

なら阪神大賞典を勝った
⑥トウカイトリック
が8歳と高齢とは言え、もうちょっと評価されても良いのでは?

マックイーンとトイカイテイオーの時代には
阪神大賞典と並んで前哨戦として重要視された大阪杯。
当時に比べて最近は軽視されがちだが
なんやかんや言いながらここ3年間
前走大阪杯の馬が3着までに来ている。だから
⑩テイエムアンコール
がもうちょっと人気が出ても良いのでは?
オペの例を出すまでもなくオペラハウス産駒は
たま~に出る数頭の名馬でリーディングを稼ぐ
その候補がこの⑩テイエムアンコールであると考える。
皆が無視して人気薄ならきっどさんが買ちゃうよ!
って事できっどさんの本命はコチラ。

後、日経賞の1着2着馬も無視できない
⑮エアシェイディ
⑯マイネルキッツ

③フォゲッタブルも3連単候補には復活だ!

にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ 三連単・三連複へ

【結論】
3連単 軸1頭 マルチ
⑩-③⑥⑮⑯

にほんブログ村 トラコミュ 第141回 天皇賞(春)(GI)へ第141回 天皇賞(春)(GI)

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 無謀なスタンリッジ先発でも... | トップ | 《解説編》意味がわかると怖... »
最新の画像もっと見る