迷宮映画館

開店休業状態になっており、誠にすいません。

冷たい熱帯魚

2011年04月26日 | た行 日本映画
小さな熱帯魚さんを営んでいる社本。再婚した若い妻と、お年頃のいまどき娘がいる。適当妻の料理はすごい!弁当に冷凍食品の一品・二品はどうか許して!!と思っているのだが、ああいう食卓も可能なんだ、と目からうろこでした。

まずい食事を途中でぶん投げるのもわからないでもない。電話で呼び出され、すっ飛んで行く娘。いつもの風景のよう。そして、万引きをしたという電話がかかってくる。あせって娘を迎えにいく父と義母。平身低頭、ひたすら謝る親たち。そこに一人の救世主が現れる。娘の万引きを通報した男、村田。

愛想のいい村田は、店長をなだめて、ここは穏やかに・・・と場を納めてしまう。うーん、怪しすぎる。村田は大規模な熱帯魚屋を経営する辣腕の社長。同じ商売をしている何かの縁だと、娘を自分の店で勤めさせてやると言いだす。いきなりの話に戸惑う社本だが、村田の押しの強さにぐいぐい押されて、いつの間にか彼のペースになっていた。

ほとんど崩壊していた家庭に、突然の救世主が舞い降りた。劇的にいろんなことが変わる。これできっと人生が変わるかもしれない。なんだかちょっと未来が見えてきたかも・・・。そう見えてきた。それはとんでもない地獄の未来。変わった、それも劇的にとんでもない方に・・・。

強引で、無理やり自分のペースに引っ張り込む村田は、マジにやばい奴だった。金づるをうまく取り込んで、金を巻き上げると殺しちゃう。それも跡形もなくの技で。。。。普通の人代表の社本は、そのトンデモのあれこれに付き合わされる。なぜに自分がこんな目にあってしまったんだろう。どこでボタンを掛け違えたんだろうか。

自分でもわかっている。どうしようもなかった・・・じゃない。何とか出来たはずだ。その「なんとか!」の部分を村田に突かれる。ちょうど痛いところを突かれるもので、どうしようもない。にっちもさっちも行かなくなった社本の残された道は・・・。

ということで、真面目に飯が食えなくなくなるくらいのグロさにお目にかかったのは、お久しぶり。怖いとか、サスペンスの要素とかではなく、容赦ないただのグロさ。人を殺し、肉を切り刻み、骨を燃し、肉を川に流し、それを懇切丁寧、こと細かく見せてくれる。想像の余地などなし。いやおうなしに露骨に見せられ、見るものが抱いていてこんなもんだろう・・・という予想をはるかに超えて、グロさを見せ付ける。

そこはまったく監督の趣味の世界だろうと思うので、とやかく言う気はない。あたしにとっては、真面目にグロく、キモく、ウヘえ~という気持ち。ただ、怖さを見せるのが目的ではない。あたしが苦手なホラー・スプラッター系とは本質的に目的が違うと思う。それが事実なのだ。ただ、あのグロさ満載の中で、映画館にポップコーンを普通の食べてる音が響いた。あたしには、そっちの方がぞーーっとしたのだった。

こんなにいっぱい画面にでているでんでんさんを見たのは初めてではないかと思うくらいの熱演ぶり。いつも脇役でいい味は出してるものの、こんなに活躍するのは見たことない。ウざさというか、秘めた怖さというか、いかにもいい人らしい顔の裏側に露骨に見せる狂気は見事だったと思う。

日本で一番顔色の悪い俳優と思っている吹越さん。はまってたなあ。痛いほどにわかる。自分が導いてしまった現状に対して、どうにも出来ない情けない自分。いつの間にか流されている自分をどうにもしようがない。覇気があんのか、ないのかわからないようなおっさんが余りに痛い好演で、痛かった。痛さがこっちに十分伝わってくる。

ですが、ですが、ですが、やはりここは黒沢あすか様でしょう!やっぱ。彼女に尽きます。エロくて、可愛くて、迫力があって、みだらで、素直。。。これを同時にかもし出せる人は日本にはこの人しかいないんじゃないでしょうかね。「六月の蛇」が最高かな~と思ってましたが、こっちもかなりだわ。。。

と、役者は本当にお見事。監督の(たぶん)無茶振り、とんでもない要求を見事に体現し、ぶっ飛んだ映画を作ってくれましたが、どう考えてもやりすぎでしょう。「愛のむきだし」を見逃したり、あとからの評判聞いて、惜しかったと思った人や、あれ見て、彼の映画なら!と一も二もなく食いついた人(あたし)をあざ笑うかのような彼流の映画。見せ方はきらいですが、話としてはわかる。なんとも複雑です。

◎◎◎○

「冷たい熱帯魚」

監督 園子温
出演 吹越満 でんでん 黒沢あすか 神楽坂恵 梶原ひかり 渡辺哲


愛のむきだし [DVD]
クリエーター情報なし
アミューズソフトエンタテインメント

コメント (10)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« ライト・スタッフ | トップ | 180°SOUTH »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-04-26 22:02:51
私もあんなにでんでんさん観るの初めて。
で、この映画のあと初めてでんでんさん観たのが、『死にゆく妻との旅路』なんですよ。その時はいつものような何気ないただのおっちゃんの脇役だったんですけどね。でももうインパクト強すぎてすりこまれちゃってて…(苦笑)
私は気持ち悪いホラーはほんと嫌いなんです、サム・ライミの作品観て笑える気持ちが解らないですから。でもこの作品の方が気持ち悪くないんですね。不思議なんですが、ここまで突き抜けてしまうとエンタテインメントになってしまっているのかもしれません。
Unknown (ナドレック)
2011-04-27 08:16:38
目から鱗ですか。この映画のおかげで、ああいう食卓が増えるかもしれませんね:-)
『白いリボン』といい本作といい、嫌な気分になっちゃう映画ほど魅力的です。
でんでん・黒沢祭り (KON)
2011-04-27 11:36:00
こんにちは。
これは不思議とグロさが胃に来なかった不思議な作品でした。なんでだろう?
何度も同じ作業シーンが映されたのは、監督のどういう意図なのか。まるでその行為をあざ笑うかのような。ある意味マンガのようでした。

実話がベースということで、元の事件を調べてみましたが、あんなひどい事をしていたとは。
無知でした。世の中恐ろしい事ばかり。

それにしても、黒沢さんですよね!
あの社本さんに嘘のレクチャーをしているシーン、好きです。いい声だ。
そして女としてのかわいさも素晴しい。

でんでんさん、ああいういっちゃってる演技も凄いですね。吹越さんの奥さんとのからみが一番怖かったかも。。。。ひょ~。

>KLYさま (sakurai)
2011-04-27 22:32:05
こんなでんでんさん、真面目に見たことなかったですが、どっか舌っ足らずなところも、妙にリアル感があったです。
やはり気持ち悪いのは気持ち悪かった。ちゃんとそれを気持ち悪いと思う正常な自分もいたと、確認してます。
でも、見れた自分もいたこともなんか悔しいです。
>ナドレックさま (sakurai)
2011-04-27 22:37:23
いやあ、そんなに多くの方は見てないでしょうから、増えないと思いますよ。
いやああな気分まんさいで、ちょっとすっきりした映画が存分に見たくなりました!
>KONさま (sakurai)
2011-04-27 22:40:51
見せない怖さとか、恥じらいめいたもんは一切なかったですからね。
事実はこうです。こうなると、人はこうなります!というように、容赦なく見せられたかして、怖さはなかったです。
でも、やっぱ気持ち悪いのは確か。
キモ、グロ!と感じれたあたしは、まだ大丈夫だよん。

黒沢さん、お久しぶりでしたが、こういうキャラをさせたら、天下一品。園監督の配役の妙は、いつも唸らされます。
今晩は☆彡 (mezzotint)
2011-04-28 01:21:06
時間が経って、ちょっと強烈さが薄らぎ
ましたが、、、、。sakuraiさんの記事を
拝見して、村田の姿が蘇ってきました。

映画とは言うものの、これは実際にあった
埼玉愛犬殺人事件をインスパイアしたわけで
すから、、、。映画の出来がどうだとかは
別として、本作の中身に近いことが行われて
いたことは事実なのでしょう。そう思うと
単にエンタメなんだと片付けるわけには
行かないのかな?なんて思ったりしてしまう
のでした。
おっしゃるように、許されてはならない事
だと思います。何かまとまりのないコメント
ですみません!
>mezzotintさま (sakurai)
2011-04-30 11:35:52
ありましたねえ、とんでもない事件。
んなこと人間が出来るんだ!と思った覚えがありますが、なんだか村田の弁を聞いてると、ちょっとうなづける部分もあったりして、空恐ろしくなりました。
痛いとこ、ついてましたもんね、また。
でも、こういうのを見て、気持ち悪いともう自分は。まだ大丈夫と思いこんでます。
ちょっと恥ずかしかったかも。 (hori109)
2011-05-20 22:50:12
鶴岡まちキネで鑑賞。
上映後にロビーに出たら、小室等のコンサートが
まもなく始まるので(あまり妙齢とは言えない)善男善女が集まっているのでした。
映画に影響を受けて殺伐とした顔をしていたであろうわたしはちょっと微妙。
>hori109さま (sakurai)
2011-05-21 19:10:59
ちょっと前じゃ、鶴岡近辺では見れないタイプの映画だと思います!!
まあ、この映画見て、ニッコニコしながら出てくる人はいないでしょうからねぇ。
なんだか見て、すいません・・・と言うのもわかりますです。
小室さんかあ、久しく聞いてないなあ。

コメントを投稿

た行 日本映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

『冷たい熱帯魚』 ソノシオンかく語りき (映画のブログ)
 「僕はもう観客に癒しも慰めも与えなくて、残酷な事実だけを提供します」  そう園子温監督が宣言したとおり、『冷たい熱帯魚』は希望を次々に打ち砕く。  家族の現状に問題があっても何とかこのまま過...
冷たい熱帯魚(2010)◎●COLDFISH (銅版画制作の日々)
 この素晴らしき世界。 京都シネマにて、「ハーブ&ドロシー」の後に観たのがこの作品。何かあまりにもギャップありすぎて、、、、。 それにしても最後まで救いようがない物語でした。でもあんまり後味は悪くなかったな。何故だろう? でんでん演じる村田の豹変ぶりに...
「冷たい熱帯魚」(2010 日活) 監督:園子温 (事務職員へのこの1冊)
「おら、そっち持て。頭はこっちな。」 でんでんが演じる熱帯魚商の指示は適確。いか