クソムシが歴史系映像の感想を書いたり、妄想キャスティングしています。このブログは純度の高い自己満足で構築されています。
必然的なヒストリー



生きていた勘助。

勘助はあろうことか夢から醒める間際、由布姫と忍芽をダブらせていました。
意外に清水美砂さんと柴本幸さんはちょっと似ているのかな、と思いました。
どこまでもポジティブシンキングな真田家と勘助のお話は物凄い良かったです。ほのぼのとしつつも、幸隆の今後について語るピリッとした緊張感があるシーン。
そして、真田の領地を回復させる為に、武田に仕えることを決意した幸隆。
それを長野成業に伝え、退職届を出す幸隆。それに従う忍芽。
そして、極めつけは晴信に旧領の一部をもらい、城に赴いたら、旧家臣が待っていたという感動的なエピソード!
一大名とはいかなくとも、ようやく自分の城を持つ事が出来た幸隆!このシーンの幸隆は良かったです。
さぞかし、渡瀬恒彦さんや草刈正雄さんもお喜びなことでしょう。(注1)
佐々木蔵之介さん、清水美砂さん良い演技をしますな~と思っていたのですが。
でも今回は、前半部分はあまりドラマに集中できませんでした。
だって今回は、あのお方の登場する回ですから!今か、今かとワクワクしながら観ていたわけで。(でも、後に浮かれていた自分の行為を激しく後悔する事になるわけですが・・・)
今回は結構、キーになる話のてんこ盛りだったのですがね。
板垣・甘利討ち死にの伏線真田家の「六連銭」の旗印誕生イベントとか。

一方、勘助が討ち死にしたと思っている武田家中では。
晴信がおかしくなりました。
かつての信虎みたいな雰囲気になってしまいました。(狂気の演技力では仲代さんの足元にも及びませんが)
これはどうやら由布姫とのやり取りが関係している模様。
由布姫はやはり「傾国」の人ですね。
勘助のいない軍議の場で晴信は次々と強攻策を打ち出します。これは板垣の言うとおり、慢心の成せる業なんでしょうね。
力攻めにせよ、敵方は一人たりとも生かしてはならぬ
短期間で人格が変わり過ぎ。そりゃ、みんな驚くわね。
小山田様も前回みたいに身を乗り出して自策を述べることを控えた模様。空気を読むのがうまいですね。ここで下手な事を言ったら、首が飛んでいたかもしれませんし。小山田様の異様なまでの静かさもきっと伏線の一部なんでしょうね。
そして、びっくりしたのが
あ~ま~り~
出た。まさか晴信の口から、この言葉が出ようとは!
信虎ほどの年季はありませんでしたが、いい「あ~ま~り~」でした。
そういえば、地味に教来石が馬場に改名していましたね。

晴信は勘助が武田家に戻ってきても黒いままです。どこか毒がありましたね。
折角、勘助が信濃の情勢に詳しい真田幸隆を連れて来たというのに。
これも由布姫が晴信の前で勘助を褒めちぎったから。
まさか由布姫はわざとそう言っているのではないかと、思わせるシーン。
誕生した子を見に来たのに、なんで他の男の武勇伝を聞かなきゃならんのか。
晴信が
「もしかして、この子は・・・」
なんて考えてもおかしくないはず。だって現に「諏訪へ行ってしばし休息したらどうかね」と言った時の晴信ときたら・・・。
28話まで、黒いままなんでしょうね。

そして、遂に来た長尾景虎!
って、タイトルが「越後の龍」なのに出番はあれだけかい!
顔見せにも程があります。
「越後の龍」終わり
「越後の龍」終わり
「越後の龍」終わり
というテロップだ出た時ずっこけたよ。がっかりだよ!
その前に、OPのクレジットで
ガクト(Gackt)
というのは止めて下さい。これにもずっこけたよ。
この表記の仕方、何とかならんのですか。
第一話では「Gackt」となっていたはずですが。
英字では、納得がいかん!
と誰かが苦情でも出したんですか?
じゃあ、あれか。
再結成が噂される某有名バンドのTOSHIが出演したら
トシ(TOSHI)
と表記するのかい。どちらのトシだか分からなくなるぞ。
COCCOが出演したら
コッコ(COCCO)
と表記するんだね?
ならば、いっその事神威楽斗という名前の表記にしといてくれ。
その方が落ち着く。

・・・まあ、思うにカゲトラ(Kagetora)を出すのが早すぎたのかもしれませんね。
現に彼はまだ長尾家の一家臣に過ぎず、家督を継ぐのはこの2年後なわけですから。
実は、琉河は
今回は何のために出てくるんだろう
と、不思議に思っていたわけでしたが、単なるPVで終わってしまうとは。
管領上杉が敗北した事を知り憤慨する景虎とか、
脆弱な兄・晴景に失望しながらも忠誠を尽すシーンとか、
家臣に家督を継ぐ決意を促されて苦悩するシーンとか、
流れの大局には関係ないけど、それなりに出番はあるだろうと思っていたわけですよ
それなのに出番は、影絵の殺陣と毘沙門天に祈るシーンのみ。
これじゃ「月下の夜想曲」どころか、「Vanilla」も頭に流れない・・・。

いや、これは期待しすぎた琉河が悪いですね・・・。
OPのクレジットで永島敏行、市川サダンジ、西岡徳馬の名前が無い時点で気づくべきでした。今回は、そんなに出番は無いと。
こりゃもう、「MOONCHILD」を見て補完するしかありますまい。

次週、晴信の信虎化に拍車がかかります。
そろそろ世代交代の季節ですか。これから先の1ヶ月が目が離せませんよ!

(注1)
両者とも「真田太平記」に出演。
役は
主役・真田信之役・・・渡瀬恒彦
準主役・真田幸村役・・・草刈正雄

 



「風林火山」で田辺誠一さんが演じる小山田信有を応援するクラブに参加しています。(バナーをクリックすると詳細をご覧いただけます)



コメント ( 31 ) | Trackback ( 0 )



« 【風林火山レ... 【風林火山レ... »
 
コメント
 
 
 
こんばんは! (ぱるぷんて海の家)
2007-06-17 22:00:13
たしかにガクト出陣あっけなかったですね。
真田のエピで統一した方がスッキリしたのにと思ってしまいました。
 
 
 
こんばんは! (トールギス)
2007-06-17 22:01:04
TBがうまく行きませんねぇ~

今回は真田だけでも良かったですね。
ガクトは、ファンサービス程度ですかね?。
話も24話と大体真ん中ですし…。
そろそろ「出しトコ」って感じ…。

今まで優等生だった晴信があんなにブラック化するとは、少しショックです…。
義元と雪斎に何か吹き込まれたのかも…。
由布姫の言葉ぐらいで…あんなに変わるかな?。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2007-06-17 22:16:52
いつもの事ながら琉河さんの記事が面白いです(^.^;)笑えます。。。
>カゲトラ(Kagetora)
↑これが「ガクトラ」に見えちゃいました。

このタイトルは何だったんでしょうね~。。。
人寄せですかね(^_^;)
 
 
 
おお~っ (くう)
2007-06-17 22:17:53
すいません~! ↑の書き込みは、私でございました。
 
 
 
あのね・・・ (なおみ)
2007-06-17 22:19:18
琉河さん、こんばんは。
色々とお手数かけます。またまた「返信メール」をお送りいたしましたので、チェックしてね
>由布姫はやはり「傾国」の人ですね。
上手いですね~しかし確かに「諸悪の根源」と言う気もします。男同士の友情(愛情?)に亀裂が入りますね。
ところで琉河さん、TBが飛ばないんですが・・・goo同士だから飛ばない訳ないんですが

 
 
 
毘沙門天! (琉河岬)
2007-06-17 22:38:34
ぱるさん、こんばんは!

タイトルが「越後の龍」だったのでついつい期待してしまいました(^^;)
確かに今回は「真田エピソード」で統一した方が綺麗な構成になりましたよね~。
Gacktさんの演技は緒形さんが出演する30話以降に取っておこうと思います。
 
 
 
こんばんはぁ^^ (のの雪)
2007-06-17 22:40:23
晴信。。ジェラシー?
かっこ悪いですよね。。
いきなり感じ悪いおっさんになっちゃって。。
今後が心配です^^;
 
 
 
晴信・ブラック無糖 (琉河岬)
2007-06-17 22:46:19
トールギスさん、こんばんは!

>TBがうまく行きませんねぇ~
お手数をお掛けして、どうも申し訳ないです。試しに自分から自分へTBしたらうまく飛びましたが、原因が不明です。
わざわざご報告頂いて、ありがとうございます。

>晴信があんなにブラック化するとは
由布姫の空気の読めない言動にも一因はあるのでしょうが、焦りや慢心を感じさせますよね。前回までのギャップが激しいだけに衝撃的でした。
 
 
 
タイトルがライアーゲーム (琉河岬)
2007-06-17 22:50:38
くうさん、こんばんは!

>このタイトルは何だったんでしょうね~。。。
今回の主役は真田幸隆だったのですから、それにちなんだタイトルにして欲しかったですね~。
いっその事、素直に
「越後の龍、顔見せ」
というタイトルでも良かったような(笑)
 
 
 
こんばんは♪ (ミチ)
2007-06-17 22:56:04
TB不調でスミマセン。
ガクト(Gackt)という表記にはガックリデシタ。
本人はアレで納得したんでしょうか?
視聴率を上げるためにチラッと顔見世したという感じでしたよね(汗)
 
 
 
こんばんは♪ (ももんが)
2007-06-17 22:56:54
『甘利~』も『教来石ようした~』もまさに信虎ふうでしたね。
暴走し始めた晴信。きっと後に、板垣&甘利討ち死にで晴信が反省するシーンは超感動モノになると思います。絶対に見逃せないですね~。
 
 
 
今すぐメール確認します! (琉河岬)
2007-06-17 23:02:02
なおみさん、こんばんは!

うっ、どうも申し訳ありません。
すぐにメールをチェックします!
ああ、またカミナリを背景にしたヒヨコの眼が・・・。

>確かに「諸悪の根源」と言う気もします
由布姫をジョーカー的な位置付けにしたのは正解だと思いました。おかげでドラマの人間模様にもいろいろと深みが出てきましたし(姫シーンが多すぎという気もしますが・・・

>TBが飛ばないんですが・・・
お手数をお掛けして申し訳ありません。試しに自分から自分へTBしたらうまく飛びましたが、原因が分かりません。
実はトールギスさんからも同じご報告を頂いたので、事務局に問い合わせてみます。
わざわざ、ご報告ありがとうございました。
私からは飛ぶようなので、なおみさんの記事に送信させていただきました。
 
 
 
今話は真田家がメインでした (木葉)
2007-06-17 23:02:27
こんばんは。
GAKUTOのタイトル表記については同意です。今日の最初の突っ込み所。
フォントの形も他のキャストとは異なっていて、非常に目立っていました。
が、本編ではあまり目立ちませんでしたね。

その代わり、今話は真田がメイン。
六文銭の話といい、真田家好きの私にとっては非常に面白い話でした。
参考小説も勘助無視して、真田三代の方を買ってしまいましたし。
しかし、伝兵衛はいつの間に真田方面に。
そろそろ勘助の傍にいるのは(脚本上の)邪魔になってきたという事なんだろうか?

他は、信玄の信虎化や板垣の諫言等、いろいろと不吉フラグが。千葉さんの活躍は何話見られるのやら。

今話の出来は自分的には文句ありません。
が、次回はかなりダルい展開になりそうな気がします。
なぜなら、また由布姫節が暴走しそうな気がするから。
今話では、比較的大人しくなったと思ったんだがなぁ。
 
 
 
ひげフグ危機一髪 (もちきち)
2007-06-17 23:32:30
こんばんは。
今週は真田家の爽やかさとフグ晴信の黒さが
対照的でしたね。
評定の席では、甘利が刺したナイフでひげフグが
樽から飛んでいくのが見えるようでした。

ガクト(Gackt)は高齢者への気くばりでしょうか。
Coccoの場合、こっこ(Cocco)表記なら許せる気がします。
 
 
 
残りのキャスト (天津風)
2007-06-17 23:54:00
来週、大井夫人が亡くなるまでが書かれた、ノベライズ版3巻「火の巻」が発売されます。

内藤昌豊、秋山信友、横田高松、浅利信種なんかは、この火の巻でも未登場だった場合、登場はほぼ絶望的になります。何としても(内藤と秋山だけは)出てほしいですが…

勝頼役は『武田信玄』の時と同様、信玄の若き日を演じた池松壮亮氏が演じるようです。この他、小山田信有の息子、弥三郎役に浅利陽介(大河出すぎ)氏が出ます。なお、その小山田ですが、田辺氏がクランクアップしたようです。大井夫人が亡くなる一話前の36話が、サブタイからして退場する回だと思われます。

最後に、登場未確定の面々のキャストを勝手に妄想

内藤昌豊:宮内敦士
秋山信友:徳山秀典
浅利信種:阪本浩之
穴山信君:北条隆博
原昌胤:比留間由哲
木曽義康:俵木藤汰
北条高広:田口トモロヲ
中条藤資:川辺久造
色部勝長:草見潤平
斎藤朝信:鷲生功

この面子なら低予算でも十分揃えられる(失礼)はず…
 
 
 
ムスカ・晴信・ラピュタ (琉河岬)
2007-06-18 00:05:58
のの雪さん、こんばんは!

>いきなり感じ悪いおっさんになっちゃって
由布姫の言動が引き金になってそうですが、変わりすぎですよね~。
そのうち
「ははは、人がゴミのようだ!」
とか言い出しそうです(笑)
 
 
 
Gacktさんの表記が・・・ (琉河岬)
2007-06-18 00:11:22
ミチさん、こんばんは!

TBの件、わざわざご報告頂き、ありがとうございます。お手数をお掛けしました

>ガクト(Gackt)という表記にはガックリデシタ
同士です!共感いただいてとても嬉しく思います。
英字表記の方が格好いいのに。Gacktさんのためにわざわざ、2年連続で横文字のクレジット表記にしたと思っていたのですが・・・。
もし彼が降板したら、このクレジット表記のせいだと思います(笑)
 
 
 
後悔先に立たず (琉河岬)
2007-06-18 00:14:43
ももんがさん、こんばんは!

>きっと後に、板垣&甘利討ち死にで晴信が反省するシーンは超感動モノになると思います
晴信の突然な暴動は、それの伏線だと私も思いますので、その後の晴信のシーンは見逃せないですね!
期待が膨らみますね。
 
 
 
どうせなら「真田帰還!」とか… (麦わらぼうし)
2007-06-18 16:07:33
みなさんがおっしゃるように、このタイトルはなんだったんだ~と思いました。最初からほんの顔見せ程度とわかっていればこんなにガッカリしなかったのに…だって「越後の龍」ですよ、誰だって期待しますよね。

>「諸悪の根源」由布姫、
原作を読むと由布姫ってかなりわがままで自分勝手ですよね、死ぬまでそれは変わらないし。由布姫を正統派ヒロインと考えてはいけないんだなと思いました。わがままで自分勝手で強い姫、というイメージなら柴本さん確かにぴったりかも、とも思いました。

個人的に一番面白かったのは、長源寺で目ざめた勘助を囲んでみんなでしゃべっているシーン。晃運字伝という坊さんもなかなか味があってよかったです。真田サマの「馬糞でうらみを晴らす程真田は落ちぶれていない!」というセリフ、最高でした。
 
 
 
サクラコ(Sakurako)です (さくらこ)
2007-06-18 17:42:01
こんにちは~!
やはり大河には古くからのファンも多くいらっしゃる、ということの現われかと思います。

御年80にもなる石坂景虎からのファンもおりますからね。
Gacktだけでは読めないのでしょう。
(あっ!私のことではありませんよ

信虎再来の片鱗を見せた晴信、亀さんの演技に魅せられました。

今回も由布姫は、相変わらずでしたね。
穏やかになっても、根本は変らない人ですね。
真田忍芽さんの立派な態度とは、比較するだけ勿体無いですね。

やはりうちからもTBが無理みたいです。
どうしちゃったんでしょうね。
 
 
 
私も見ていたのですが。 (tomohiro)
2007-06-18 19:47:03
私も今回のエピソードを見ていたのですが、
ロード・オブ・ザ・リングのアラゴルンと
真田幸隆を重ねていました。
だから「真田の帰還」の方が似合っていたと
思います。
 
 
 
幸隆、お見事! (琉河岬)
2007-06-18 22:22:58
木葉さん、こんばんは!

>本編ではあまり目立ちませんでしたね
一番目立っていたのはOPのクレジットでしたね

>なぜなら、また由布姫節が暴走しそうな気がするから
晴信はすでに暴走してますし、次にこの姫まで暴走してしまったら誰も止めることができなさそうですね。次回は混沌とした展開になりそうです。
 
 
 
フグは自分の毒にやられています (琉河岬)
2007-06-18 22:29:35
もちきちさん、こんばんは!

ヒゲフグは自分の毒にヤラレテおかしくなっていましたね。

>甘利が刺したナイフでひげフグが樽から飛んでいくのが見えるようでした
飛んでいく時に「ぽよよ~ん」とか変な効果音が出そうです。しかし晴信は本当に体型が丸いですね~。フグとは、本当に言い得て妙だと思いました。
 
 
 
予算とのバランスが絶妙です! (琉河岬)
2007-06-18 22:49:31
天津風さん、こんばんは!

仰るとおり、内藤昌豊、秋山信友は登場してもらいたいですね。

天津風さんのキャスティング、楽しく読ませて頂きました。この面子だと田口トモロヲさんが、途轍もない大物俳優に見えてしまいますね(笑)。しかも北条役に合ってます!
徳山さん(今、何をしているのでしょうか・・・)の秋山信友は見てみたいです。
宮内敦士・阪本浩之辺りは、予算と大河ドラマの実績のバランスが良いので本当に実現しそうな気がします。
またネタがありましたら、ぜひご披露をお願いします!
 
 
 
龍の出番は2分ぐらい (琉河岬)
2007-06-19 22:29:19
麦わらぼうしさん、こんばんは!

>「越後の龍」ですよ、誰だって期待しますよね
そうですよね~。このタイトルにはすっかり騙されました!
あれだけの出番でもインパクト大だったので、もっとGacktさんのシーンを見てみたかったです。

>「馬糞でうらみを晴らす程真田は落ちぶれていない!」というセリフ
ウイットに富んでいながらも信念の強さを感じる台詞でしたね。タイトルも真田幸隆にちなんだタイトルにすれば良かったのに、と私も思っています。
 
 
 
イシザカ(Ishizaka) (琉河岬)
2007-06-19 22:37:03
さくらこさん、こんばんは!

まさか石坂浩二の名前が出てくるとは!
確かに高橋幸治らの全盛期を知っている方から見れば「Gackt」という表記だけでは「ガクト」と読めないかもしれませんね・・・。

>真田忍芽さんの立派な態度とは、比較するだけ勿体無いですね。
物凄く同意です!
由布姫と信念がしっかりしている忍芽さんを比べるのは、もう土俵が違うかと(笑)
 
 
 
遅くなりましたが! (まるひげ)
2007-06-19 22:40:59
こんばんはです~!
うぅむ、皆さんやはりTBがうまく送れないようですね。
私も日曜から何度も飛ばしておるのですが、失敗続きなのでいい加減諦めてコメントにて失礼させて頂きます。
真田は、良かった…ですね!
えぇ、このまま「~太平記」に流れていっても違和感がないような(笑)。
それにひきかえ、武田はこれから板垣・甘利討ち死にフラグがじわじわ立てられていくのでしょうか…。
千葉さんファンの自分としては寂しい限りです。
 
 
 
アラゴルン幸隆 (琉河岬)
2007-06-19 22:54:12
tomohiroさん、こんばんは!

>「真田の帰還」の方が似合っていたと
確かに!シンプルながらも的確に内容を突いている素晴らしいタイトルですね~。改めてロード・オブ・ザ・リングの偉大さを実感しました。
 
 
 
真田太平記~エピソード0~ (琉河岬)
2007-06-19 22:58:34
まるひげさん、こんばんは!

gooブログではTBの調子がおかしいようです。
お手数をお掛けしまして申し訳ないです。

>「~太平記」に流れていっても違和感がないような
もう、そのままでしたね。あぁ、懐かしの丹波哲郎さん!真田ファンにとってはタマラナイお話だったと思います。
 
 
 
晴信=ムスカ (リリコ)
2007-06-20 23:23:01
見てました、金曜日。(笑)
「天空の城ラピュタ」は永遠ですねっ。

って、晴信がムスカみたいになったら、
「人は石垣 人は城」
の意味が空恐ろしいものになりますなー。

ちなみに、田中真弓さん(パズー)の声が若いなー。
って思いながら見てました。(何の話だ)
 
 
 
人は・・・・ (琉河岬)
2007-06-21 23:06:32
リリコさん、こんばんは!

>「人は石垣 人は城」
ムスカ晴信ならば全く逆の意味になっていしまいますね(^^;)
その場合はGacktさんに『バルス!』と唱えてもらいましょうか(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。