雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

45日間の目標達成

2013-11-30 05:41:28 | 日常生活、園芸、バラ

 

★今日、家内は伊丹空港に朝8時に到着の予定、45日間のアメリカ生活を終えての、ご帰還である。

私の45日間の独身生活は終わって、今日からは一切家事をしない生活が始まる。

 

1ヶ月半も一人で炊事洗濯一切をやっていたのだから、手伝えと仰れば結構上手にやる自信もあるのだが、家内は一切『手伝って欲しい』などとは言わないのである。

全て自分流にやらぬと気が済まないようで、私が手伝ったりすると、アレもコレもが落第で、ストレスが溜まると思っているのだろうと思うから、私も一切そういうことは言わずに全て家事は任せている。

手伝うことと言えば買いものに車で付き合うだけである。家内は免許を持っていないのでこれだけは私が運転手をしないとダメなのである。

 

 

45日前にこんなブログをアップしている

 

そして未だスタートしたばかりの、こんな動画をアップしている

 

 45日前、体重は84キロ台まで増えていた

これは如何にも増え過ぎで何とか5kg 落として70キロ台になればいいなと思って立てた目標である。

 

45日経って、見ごと目標達成である。

 78.1kg この2年間ほどの間、1回も70キロ台には、ならなかったのに78Kg になった。

 

 

これを何とか維持したいとは思うが、多分ダメだと思う。

家内が戻ってきて、料理をつくりだすと、量が絶対に多すぎると思う。

せっかく作ったのだからと全て食ってしまう。戦後育ちは残すことは罪悪のような気になるのである。

 

 

★45日間の間に変わったこと

●それは、動画の編集にそれなりに自信がついたこと。

●それと、私流のゴルフの練習をスタートさせたことである。練習場には週に1回ぐらいチェックに行くだけで後は家での素振りの継続なのである。

 

80歳代になったのだから、ゴルフは来年からは80台で回りたい。

現役のころは90など殆ど叩いたことはなかったのでちょっと頑張れば出来る筈だと思っているのだが・・・・

そして出来れば81のエイジシュートを達成したい。

一番必要なのは そんな目標と気持ち

アイアンも中古だが新しくしたので練習をしようかと言う気持ちにはなっている。

それが70キロの体重維持に効くかも知れない。

45日の独身生活は終わったが、体重70キロ台の目標は見ごと達成できて大満足である。

 

 

 

お土産のチョコレート、また体重戻りそうである。

 

 

★★English Version です

 ★NPO  The Good Times のホ―ムページです。

 ★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

 ★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

36万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 

 

 

コメント

Good Times Plaza で

2013-11-29 07:49:24 | みっきぃふるさとふれあい公園

 

★ ネットの世界では、別に大都会でなくても中心と言うか『へそ』になれるところがいい。

NPO The Good Times 関連の世界に対する情報発信基地は、間違いなく三木である

三木を世界の『へそ』にしたいと、秘かに思っているのだが、ドンドンその方向に動いている。

 

 

情報は別にどこからでもいいのだが、拠点としては場所もいるその機能を担ってくれているのがGood Times Plaza である。

三木の緑が丘にあるGood Times Plaza には不思議なことに都会の方からいろんな方が訪ねて来られる。

 

情報を発信しないと情報は集まらない とよく言われるが、情報発信基地にもみなさん多分、より詳しい情報を求めて、三木まで来られるのだろう。

昨日も神戸からと、大阪から訪ねて来られたし、今日は東京から二人夕方にわざわざ1泊でお見えになる。

 少なくとも、KAWASAKI Zに関する情報は、世界中から集まっているので、

ひょっとしたら情報も、そこにあるいろいろな現物も、来られる方にとってはオモシロいのかも知れない。

ちょっと他では見られな珍しいものがドンドン集まって増えている。

 

 

★来年からは、それに三木の情報が加わるはずである。

今準備中の This is MIKI が動き出せば、三木に関する情報はオモシロイ話は殆ど網羅できることになっていくだろう。

NPO The Good Times の綜合システムを使って、3年後に10万人のファンを集めようとしているのである

この数字は三木市民8万人よりは確かに多いのだが、今でも年に延べ400万人が訪れる三木だからその数字から言うと10万人は大した数ではないのかも知れない。

This is MIKIを主宰するさるとるさんこと森田優くん大いに自信ありだと言っている。 

笑って遊ぼうミキランド』をあそこまでのイベントに仕上げた彼だから大丈夫かなと思っている。

未だ正式スタートしていない準備段階の今でも、そのTwilog をご覧になればお解りのように高レベルでの情報発信がなされている。

これをNPO The Good Times の公式ツイッターで『リツイート』すると35万人以上の人に向かって発信されるので、相当の情報発信力なのである。

 

 

★そんなことを考えている昨今だが、昨日大阪から来られた松田卓也さん、Good Times Plaza には昨日初めてお見えになった。

Facebook では、毎日お会いしてるのだが直接話をしたのは昨日が初めてだった。

 

 

 

 

 スズキの方なのに、めちゃめちゃZにも詳しいのである。

登山さんとのお二人の車に関する話には、私はとても入って行けなかったので、もっぱら動画を撮っていた

声がちゃんと入っているかどうか?

まあ、興味のある方はご覧ください。

 

その中に出てくるゴルフの優勝カップ、私がここに飾らせてもらっている。

14回の優勝者の取り切り戦で私が優勝して頂いた銀製の立派な優勝カップである。

企営会、堀川運平さん(当時は単車企画室長)が提供されたカップで14名の優勝者はみんなカワサキ単車の功労者ばかりである。

15回続いたコンペの第1回の優勝者が田崎雅元(元川重社長)である。田中誠(元カワ販社長)苧野豊秋(元KMS社長)さんなどの先輩方の名前も見える

昭和50年ごろ田崎さんも、私も課長時代のことである。

 

 

★今日は5時に東京の雷神マッハと自称される蘇原さん(今は清水さん)らをお迎えしての忘年会がある。

平井稔男さんが言いだしべだが、山本隆、渡部達也、登山道夫、柏原久さんたち10人ほどがGood Times Plaza に集まってくる。

いいメンバーが集まると、間違いなく『いい時』が流れていく。

今夜もまた、楽しいひとときになるのだろう。

 

また何らかの形で、ご報告いたします。

多分、Facebook 上では、同時進行で、情報発信されると思いますが・・・・・

 

 

 ★★English Version です

 ★NPO  The Good Times のホ―ムページです。

 ★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

 ★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

36万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 

コメント

巫女 雑感

2013-11-28 06:44:55 | 発想$感想

 

★ 『みこ』 神社にいる赤い袴をはいた女性です。

 

Gigazineの記事に

総勢168人の女子学生らが巫女の衣装に身を包む「正月臨時巫女講習会」に行ってきました

お正月の神社は人であふれかえるので、いつも以上の巫女の手が必要で、そのための臨時巫女が年末になると募集されます。

兵庫県神戸市の生田神社では総勢168名の臨時巫女を対象とする講習会が行われるとのことだったので、実際に行って正月臨時巫女講習会とはどんなものなのか見てきました

 

Gigazine の記事はどれもみんな詳しくてオモシロいのですが、この記事も神戸の生田神社の巫女さん講習であったこともあって、楽しく読ませていただきました。

それにしても年始の生田神社で200人近い巫女さんが必要なのでしょうか?

写真がいっぱいですのでその中からピックアップして行きます。

 

詳しくは原文をお読みください。

 

 

生田神社は三ノ宮の繁華街の直ぐヨコにあります。

神戸では湊川神社とともに有名です。

 

 

そんな会館があるのは知りませんでした。

 

 

 

 

経験者もいるようですが、スゴイですね。

 

 

茶髪、マニキュアはダメ

マニキュアは止めたらいいので簡単ですが、元々黒髪の女の子が黒く染めるのでしょうか?

電卓は、何に使うのでしょうか?

 

 

 

みんな内定者なのでしょうか?

 

 

 

 

Gigazine の記者さんになってみたいような雰囲気です。

写真とコメント書くだけだから、私でも出来るような気がします。

 

 

こんな写真を見ると、

やはり、巫女の正装はいいなと思いました。

 

これはそこらにいる普通の女の子に戻ってしまっています。

 

★★English Version です

 ★NPO  The Good Times のホ―ムページです。

 ★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

 ★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

36万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 

 

 

 

コメント

関西国際大学に集まった人たち

2013-11-27 06:38:20 | みっきぃふるさとふれあい公園

 

★『異種、異質、異地域をみんな繋いでいい時を過ごそう』

これがNPO The Good Times の基本的なコンセプトである。

 

 

日本社会は一般にタテ型社会で同類が群れる形が一般的である。

同種の人達が集まると『利権』の方向になってしまうのは自然な成り行きのように思う。

ヨコ展開で、むしろ異種、異質の人が共感出来る目標に向かって繋がる方が、

間違いなくグッドタイムになるのでは?

という仮説からスタートしている。

 

その仕組みは、どこまでもヨコ展開であるネットの世界の中での展開が一番である。

そして、それはどのように高度に使っても、基本的に無料なのである。

そんな方向が上手く回るなら、

 お金などあまりなくても

 社会的な地位や、権限がなくても

 部下などいなくても

 オモシロいことをやりたいと言う人が集まったら、

 ちょっと大きなことも出来るのではないか?

 

そんなコンセプトでスタートしたNPO The Good Times も今年で5年目を迎えている。

そんな5年目に、新しいプロジェクト This is MIKI が産声を上げようとしている。

 

 

 これは関西国際大学の教室に集まった人たちの記念写真だが、今後This is MIKI で協働しようという人たちなのである。

画面の中の先生は、

●世界一受けたい授業などにも出演される桐生正幸先生

●そのほか関西国際大学の先生や学生さんたち

●外から集まっているメンバーは

三木の大宮八幡宮の宮司さんも務めららたりする、播磨シナジーサポートの畑中伸介さん

三木で子どもたちにサッカーを教えたりしているNPO三木スポーツクラブの理事長 立山雄一郎さん

 今回This is MIKI を立ち上げの主催者さるとるさんこと森田優くん

 それに私。

 

なぜこんなメンバーが、すんなりと顔を揃えるのか?

初対面の人もいるがこんにちはと気楽に挨拶できる関係の人もいるのである。

 

NPO The Good Times の会員さんとして、ずっと繋がってきた人達が中心で、Facebook でもトモダチなのである。

昨夜、8時に解散してから、Facebookにはその日の内にいっぱいニュースは流れた

 

既にThis is MIKI の情報活動はスタートしている。

 

 

立山雄一郎さんからはこんな情報が流れた。

このイベントとのコラボが、This is MIKI の初イベントになるし、

そのイベントの主力を関西国際大学の学生さんたちが担当してくれそうなのである

舞台は三木総合防災公園、日時は来年年明け1月19日

どんな内容?

その骨子は既にあるのだが、今から具体的に練り上げることになるのだろう。

その第1回目の会合だったのである。

 

学生さんたちは桐生教授たちの『三木のまちの活性化』などの学習テーマにも関連した参加で、今後このイベントだけでなく、

This is MIKI との長いお付き合いの記念すべきミーテングだったのである

 

 

 

『日本一美しいまちをめざす三木』 というスローガンが三木にはある。

そんなスローガンを掲げるまちに相応しい活動が今後展開されることになりそうである。

 

10万人の共感者を集めようとする計画が多いのか少ないのか?

三木には毎年延べ400万人の方が訪れると言われている。

三木の人たちだけでなく、三木に関心を持つファン達を集めて行こうとするThis is MIKIなのである。

そのスタートのこのイベントは、どのような結果が待っているのだろうか?

 

 

 

 

 

★★English Version です

 ★NPO  The Good Times のホ―ムページです。

 ★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

 ★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

36万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

コメント

45日の独身生活の最終週

2013-11-26 07:16:37 | 日常生活、園芸、バラ

★45日の独身生活も最終週に入っている。

この秋アメリカから大学入試に日本に来ていた孫が10月15日にアメリカに戻ったのだが、その日に家内もアメリカに向かって旅立って行った。

その日のことをこんなブログに纏めている

 

 

1日の様子を動画に纏めたが、

この動画の編集を教えてくれたのは孫である。

初めてのことを覚えるとオモシロイ。 45日の間にこんなに沢山の動画を纏めた。何でもハマってしまう性格である。

 

 

 

 

 

翌日は早速、主婦ぶりをFacebookにアップしたら148人の方から『いいね』を頂いて、私の独身生活がスタートした。

 

 

 

★家内がアメリカに長期間遊びに行くことは、毎年のことで特に珍しいことではない。

例年は7,8月の暑い日本の夏に、快適なカリフォルニアに移動する渡り鳥みたいな家内なのだが、今年は孫の大学受験があって時期がちょっとずれただけである。

まあ言えば慣れているから、そんなに気にすることもなく、快適に独身生活を楽しんでいる。

大体、『環境に対する適応性』は抜群によくて、どんな環境に置かれても、くよくよすることなど全くない太平楽なネアカの性格である。

若いころ、肺結核で療養所に放り込まれた時も、70歳前にくも膜下出血で1ヶ月病院にいた時も、どちらも結構楽しんだ生活だったのである。

心配するのはむしろ周囲の方である。

 

この1ヶ月、あっと言う間に過ぎてしまって、来週日曜日には、家内が戻ってくる。

気楽な主婦生活から、何にもしない生活に戻る

家内も意外にに旧いところがあって、自分の範疇に立ち入ることを許してくれないから、結果的には何にも手伝わないことになる。手伝うのは買いものの運転手ぐらいなのである。

 

買いものも、洗濯も、掃除も、毎日の食事も、私流にちゃんとこなした。

この間、スーパーの弁当や外食などは全くなくて文字通りの自炊なのである。生活費にと置いて行った10万円もだいぶ残ってしまっている。今どきお金などあまり掛けずとも生きていけると言うことである。

 

その全てが合理的に、時間を極力使わない方向で処理しているが、このやり方は家内には通用しない。 

どうせごみの日にごみを捨てるのだから、最初からビニールのごみ袋にいろんなものを詰め込んでいる。

朝食はキッチンのレンジの前に坐って、トースト、卵焼き、牛乳、キャベツが定番、準備は1分もあれば出来る。 卵もフライパンのまま、そこから食べる。冷めなくていい。極めつけは今回から採用のキャベツをそのまま丸ごと置いておいて、その葉をめくりながら、ドレッシングつけてそのまま食う。これはなかなかいい。

不思議に思われるかも知れないが、掃除や整理はむしろ家内がいる時よりは数段いい。特に冷蔵庫の中が綺麗である。不要なものが殆どない

掃除機も中までだして分解して綺麗に水洗いをしたし、家の裏もこんなに片づいた。

 

 

世の女性の人達が、片付けが拙いと思うのは『不要なものを捨てる』ことが出来ないことだと思う。

ちゃんとした判断と決断さえできれば簡単なことなのに、男性も含めて『捨てる』ことが出来ない人が普通なのかも知れない。

 

会社の仕事なども、『もう捨てたら』いいものを、『改善』などと言うものだから残ってしまう。『止めたら』予算はゼロになるのに、改善と言うから80%以上が残ってしまう。

そんなドライな発想だから、経費ゼロの NPO法人The Good Timesなどが実現したりする

 

 

★来週からはホントの我が家の主婦が戻ってきて、普通の生活が始まる。

家事など一切やったりはしない生き方に、文句など云ったこともない。 家のことは全て家内任せなのである。

日常生活など、少々のムダがあったところで知れている。

誰でも、自分のやりたいように、やっている限り機嫌よくドンドンやるものである

 

ズケズケと書いているが、家内はブログなど読んだりはしないから大丈夫、パソコンが使えないから、ここは安全地帯である。

たまに娘がちょっと告げ口するくらいのことなのである。

そんな独身生活も最終週である。

土曜日の朝には、伊丹に家内を迎えに行く。 何かアメリカでのお土産も貰えるだろう。

 

 

 ★★English Version です

 ★NPO  The Good Times のホ―ムページです。

 ★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

 ★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

36万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 

 

 

 

 

 

コメント

お堂の中でのオペラと・・ライブ小河邸の約束

2013-11-25 07:05:18 | みっきぃふるさとふれあい公園

★ みなさんはオペラをご覧になったことがありますか?

私は、生まれて初めて、オペラを生で観ました。

マイクなどは一切ないのに、まずその声量にビックリしました。

人の声が鍛えると、あんなに大きく素晴らしい響きになるとは思いませんでした。

 

三木の名刹、伽耶院のお堂の中で行われたオペラですが、4分ほどの動画に纏めました。

半ば、自分の記念のために纏めたものですが、よろしければご覧になってください。

 

 

 

★その翌日、日曜日には三木山森林公園の音楽ホールでライブ小河邸の約束がありました。

 

 

 

 

粟生線の未来を考える市民の会』や『笑って遊ぼうミキランド』の仲間の松崎由くんのお父さんが代表を務める、三木の市民たちを中心にしたグループのライブがありました。

これがそのライブ『小河邸の約束』の動画です。

 

なかなかのライブで、三木山森林公園の音楽ホールは立ち見が出るほどの盛況でした。

 

 

ちなみに、松崎由くんはNPO The Good Times のアドバイザー ですし

伽耶院のもみじまつりを主宰された元三木市教育長井本先生も会員さんです。

 

This is MIKI   これぞ MIKI です。

 

★★English Version です

 ★NPO  The Good Times のホ―ムページです。

 ★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

 ★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

36万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 

 

コメント

伽耶院もみじまつり

2013-11-24 06:57:07 | みっきぃふるさとふれあい公園

★昨日は伽耶院で行われたもみじ祭りに行ってきました。

今朝のFacebook にこのように纏めてアップした。

 

       

 

 

少し大きな画像でご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は、しじみの人達が主宰をしたもみじまつりで、お堂の中での舞踊やオペラなども行われました。

動画に纏めてありますので、素晴らしい歌声をお楽しみください。

 

 

 

 

★NPO  The Good Times のホ―ムページです。

 ★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

 ★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

36万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 

 

コメント

ホリエモン 堀江貴文 ライブドア

2013-11-23 05:39:52 | 発想$感想

 

★私はホリエモン 堀江貴文のファンである。

彼がボロカスに言われていた時期も、一貫してずっと好きだった

 

このところ、彼への評価もちょっと見直されて落ち着いた感じになっている。

 

 

その堀江貴文さんが、武雄を訪れて樋渡啓祐市長と対談している

武雄市長物語やFacebook でそのニュースは入っていたのだが、

その中で、彼の最新本 『ゼロ』が紹介されていたので、買って早速読んでみた。

 

 

 

★私は、人の評価は自分自身ですることにしている。 そのためには私なりにマーケッテングもちゃんとやった上である。

半分以上は『カン』だが、そのカンは結構当たるし、自分なりに自信も持っている。

 

今は全国区の有名人になった樋渡啓祐さんだが、私が最初に樋渡さんに目を付けたのは、未だ高槻市の市長公室長時代で、彼の書いた『求む!奇人、変』や『ブログ、ブログ、ブログ』などこちら部長室の記事を読んで、これはオモシロイと思ったのである。(今はもう高槻市のHPから消えてしまっている)

そして三木市長に繋いで、一時三木と武雄は提携関係になったりもしたのである。

樋渡啓祐さんを最初に評価して世の中に繋いだりしたし、私がブログを書き始めたのも、この『ブログ、ブログ、ブログ』の影響なのである。

 

ホリエモン 堀江貴文さんと出会ったのは、世の中で『ホリエモン』がもてはやされて、毎日のようにマスコミに登場していた時期である。

彼に注目したのは、『想定内です』と常に繰り返される言葉からである。

記者団のいろんな質問に対しても常に『想定内』を繰り返していたので、これは『ホンモノ』だと思ったのである。

『想定内』と答えられるということは、常に『仮説を立てて』行動しているということであり、それが常に『想定内』だと言うことは、その仮説が確りとしているからなのである

一般に『仮説』を立てて行動する人は、少ないのではと思っている。

明確な仮説』を立てるためには『綿密なマーケッテング』が必須の条件なのである。

 

 

これは『ホンモノ』だと思って、 ライブドアの株まで買ったのである。

私は川崎重工の株以外一切持っていなかったし、株などは興味もなかったのだが、『ライブドア』はどうなるのか? その成長に賭けて4000株ほど300円ぐらいのころに買ったらドンドン上がるので、3000株を買い足したらその後もドンドン上がってどこまで行くのかという勢いだったのである。

その頂点に行った時点で、『ライブドア騒動』が起こって、一挙に株価は下落した。 途中で売り抜けることも出来たかとも思うが、ホリエモンと心中する積りで何もせずに放っておいた。 

自分がいいと思った人の株が下がったからと売る気にはならなかったのである

今でもそのまま7000株を持っている。

 

 

堀江貴文は有罪になって、実刑を受けることになったが、本人は最後まで無罪を主張したし、私もこれは権力にはめられたとと思っている。

ホリエモンは『金の亡者』と言うような人が一般的だったが、そんなことはない。 

事業に猛烈な関心があり、世の中の現在の仕組みに違和感を持っているだけだと思っていた。

昨今、堀江貴文の一般の評価はどうなのだろう。

何となく、見なおされているのではなかろうか?

 

 

★昨日は、5時ごろから読みだして7時ごろまで、一気に『ゼロ』を読みあげた。

いろんなことが解った。

やはり、ホリエモンは ホンモノだと思った。

『金の亡者』などでは絶対にない。

『金儲けのために』 その事業を展開したのではないことは間違いない。

 

世の中には『働くこと』が好きな人は居るのである。

この本の最後は、『はたらこう』 の5文字で締めくくられている。

 

私もなぜか『はたらく』のは好きである。

それは、『金のため』などでは決してない。

幾ら働いても『金など入って来ないように』

最初からNPO法人という、金が自分のものにならない仕組み をわざわざ創って、今『働いている』

 

ホリエモンとは、スケールは違うが、

金のために働くのではなくて、自分のやりたいことを何かすることに興味、関心を持つ同志であったことが解って大満足である。

 

 

 

★★English Version です

 ★NPO  The Good Times のホ―ムページです。

 ★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

 ★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

36万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 

 

コメント

忘年会雑感

2013-11-22 06:17:05 | 発想$感想

★だんだんと今年も少なくなってくる。

世の中忘年会のシーズンである

みんな飲み会が好きなのか忘年会が好きなのか、世の中忘年会はいっぱいである。

 

振り返って現役のころを考えてみると、20代の若かったころはともかく、それ以降忘年会と言う形式の飲み会に出たことは殆どないと言っていい

忘年会とは無縁で生きてきたような気がする。

飲み会のようなものはなかったのか?

それはしょっちゅうあったのだが、それは勤務地の明石ではなくて、出張先の各地が断然多かった。

 

そんな忘年会が、明石では全くと言うほどなかったのは

●二輪関係で、何十年も安全運転関連に関係したこと

●住まいが三木で、車以外では帰れなかったこと

●そんなことで酒の席でも、酒が飲めなかったこと

などなどから、兎に角進んで酒を飲む機会など設けなかったのが原因だろう。

 

周囲も私を誘うのは遠慮したのかも知れないし、明石の人たちの中には『私は酒を飲まない』 と思っていた人もいるほどである。

 

 

★そんな、明石での夜は、非常に品行方正で、特に用事のない限り、真っすぐ素面で三木に戻ってくることが殆どだったが、

逆に、しょっちゅう行ってた東京などでは、飲む機会も多かったし、出張のたびにいろんな人たちが、私の周りに群がっていた

酒が飲める』という理由で、集まってた連中もいっぱいいたし、結構若手もいっぱい集まってきていたのである。

会社の仕事の延長などではなく、気の合うメンバーでの楽しい酒盛りだった

そんな中の何人かは、今もなおお付き合いがあったりする。

 

 

★そんな忘年会だが、今年はなぜか多そうである。

11月の半ばだと言うのに既に1回は忘年会らしきことがあったし、11月末にも決まっている。

 

 

11月末にも決まっている。

こちらはNPO関係の東京からの雷神マッハさんこと蘇原さんなどが来られるので、参加者を集めたいと平井さんが画策している。

登山さんもノリノリだから、おもろい連中が10人前後は集まることになるのだろう。

そのほかにもお誘いもあるのだが、11月はこの2回だけにして後はお断りしようかと思っている。

酒が入る忘年会なのだが、電車に乗ってまでわざわざ飲みに行くほど酒好きでもないのである。

 

 12月に入ると6日にZ1会の忘年会が明石である

ずっと、夜だったのだが、飲めないしわざわざ車でなくて電車で神戸までは出られないと、ずっと欠席していたら、『古谷が来ないから昼にした

と会長の大槻さんが仰るのである。

今回は明石だし、昼の11時半からと言うちょっと珍しい忘年会なのである。

これは、行かねばなるまい、車で行ったときは、アルコールは飲まずに参加なのである。

ひょっとしたら、アルコールはたしなまない渡部タッチャんが運転手を務めてくれたら、お酒が飲めるのだが・・・・

平井稔男さんは、飲まない積りか、これは明石だから多分社からバスで参加なのだろう。

 

 

★忘年会に限らず、こんな会食の集まりは、酒や料理もさることながら、一番は集まるメンバー次第である

昨今はNPO The Good Times の仲間たちばかりだが、昔からの連中も、最近お付き合いが始まった人たちも、おもろい連中ばかりを誘っているので、そのメンバーは申し分ない人たちばかりである。

 

そんな中に、柏原 久 くんの名前がある

現役時代からずっと酒の席には彼の顔があった。最近またNPO で立ち上げるGood Riders Club の本部を手伝ってくれることになっている。

この東京は、関初太郎くんが引き受けてくれる

代表を渡部達也くんがやってくれるので、カワ販の定期採用1期2期生のトリオでその中枢を占めることになる

11月末の会合は、マッハやZのファン達を中心に、月木さんも顔を見せるし、言いだしべは平井稔夫さんだしGood Riders Club の発会式みたいなものになるのだろう。

渡部達也、山本隆、登山道夫さんたち常連は勿論参加なのである。

 

来年1月19日は、NPO The Good Times の公式の新年会を例年通り有馬の泉卿荘でやる

これには東京からも多数参加されるだろうから賑やかになるのだろう。

忘年会も、新年会も最高のメンバーが集まりそうである。

いいメンバーが集まったら、当然のことだが、大きくオモシロイ展開になる

 

そんな期待いっぱいの年末年始になりそうである。

 

 ★★English Version です

 ★NPO  The Good Times のホ―ムページです。

 ★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

 ★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

36万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 

 

 

コメント

大学入学手続き

2013-11-21 05:57:55 | 日常生活、園芸、バラ

★孫が受けた大学から入学手続きの大量の書類が届いた。

読むだけでも大変なぐらい大量である。

冒頭にこのような記載がある。

『この第2次入学手続き要領は、まず初めにこの要領をよく読んで必要な手続きや期間について思い違いや間違いのないように理解してください。また提出する書類については、書き間違いや記入漏れのないように確認してから提出してください。続いて・・・

次の場合、いかなる事情があったとしても入学意思を放棄いたものとして入学手続きは認められず、入学の資格を失うことになります

またいずれの場合も振り込み済みの所定金額について、これを放棄したものとみなされ返還されません。』

とあってそのあといろいろと記載されている分厚い説明書があった。

 

これだけ読むと、まるで脅かしで、もう少し柔らかい表現が出来ないものかと思うが、このように書かれると、ちゃんとよく読んで対応しなければならないとも思うのである。

これは海外子女達が秋に受験したのに対応したもので、多分日本の誰か世話人達のところに送られるのだと思う。

アメリカに居る孫に送られてきたものだが、普通にアメリカなどに送っていたのでは、

提出期限は12月6日必着だから、とても期限内の提出は出来ないのではと思う。

保証人を引き受ける私が全て書いて提出しなければならないのである

 

 

★昨日から、この作業に掛りきりである。

よくまあ、インターネットや、Facebook やSkype、スキャナ―などやっていたものである。

こんなこと出来なければ、とてもアメリカに居る孫に代わって、書類など期限内に提出など出来ないのではと思う。

 

● 昨日の内に書類だけはよく読んだ。7割は書けるが孫に聞かぬと書けないこともいっぱいである。

受験番号はともかく、外国語のどのような国の言葉を受講したいのかなどは、こちらでは書きようがないのである。

その用紙がこれである。

 

 

 

●必要書類10点ほどを全てスキャンして、それを付けて一般のメールで送ろうとしたら、容量オーバーで送れないので、少ない貼付にしてもなぜか発信できなくなってしまった。急遽Facebook に切り替えて1枚ごと送付したのである。

 

● 昼ごろ、Skypeで娘から電話が掛って来た。

届いている書類の内、孫しか書けない部分を孫に必要事項を記入してもらって、何らかの形で送り返してもらうように頼んだ。

Noriko Kadono開く ·ダウンロード

 
この添付方法が一般的なのだと思うが、私はこれはどのようにするのかは解っていない。

 

●先程、FBのメッセージで1枚づつ10枚ほどが記入された状態で届いた。

こんな具合である

 

これで書類の方は大丈夫、記入できる。

 

★そのほかにもすることはある。

まず70万円弱の入学手続きの前期の金額を指定の様式で銀行から送金する必要がある。

一般の送金とは全然違う形態だったが、これは午前中に送金をした。

さらに午後は三木市役所で、現在は三木市民になっている孫と保証人の私との住民票記載事項証明書を貰って来た。

 

これで全て整ったので、明日でも書類を間違いなく書きあげて、2,3日中に発送出来そうだから、12月6日の期限には楽勝である。

 

 ★ こんな調子で私の場合は丸1日で全ての準備は出来たが、

一般の海外子女たちはどのように処理されるのだろうか?

最近の大学は、入学手続きが全てネットを使ってやられている。

孫の場合も、ある大学ではアメリカからの業者に依頼していた一次試験の書類がその業者の手違いで届かずに、その成績も内容も全て解るのに、手続き通りに書類が届かなかったということで受験出来なかったのである

たまたま第1志望の大学に内定出来たので、仕方がないで済まされたが、そこ1校しか受験していなかったら、どうにもならないのである。

 

 そんなこんなで昨日は1日、大学入学手続きで時間が過ぎた。

ホントによく、ネット関連のいろんなことをやってたものである。

それが今回は役ににたった。

昨日から私が1日やったこと、そしてこのブログに書いたこと、多分出来る人の方が少ない筈だと思うのだが・・・・・

 

 ★★English Version です

 ★NPO  The Good Times のホ―ムページです。

 ★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

 ★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

36万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 

 

 

コメント

来年の大きな目標ー2

2013-11-20 06:47:26 | NPO The Good Times

 

 ★ 昨日、Facebook にアップしたら、 固い話題なのに沢山の方からいっぱいの『いいね』を頂いた。

 

 

★来年の目標は、本当にオモシロそうである。

 

それらはみんなNPO The Good Times の特別プロジェクトに関連したものだが、

● 新しい二輪文化の創造を目指した『Good Riders Club 』の設立

● 新しい公共の実現を目指す『This is MIKI』

● 日本とアメリカの文化交流を目指す 『Ui INT』 やヨーロッパ、ニュージーランドなどの海外展開

 

の三つがいま進められている。

いずれも非常に高次元な大きな目標だが、現役のころと違って、仮に実現できなくても誰にも怒られたりはしない気安さがある。

そんな気楽さが、逆にその実現を容易にしているようにも思う。

 

 

『Good Riders Club』

今年は、『二輪文化を伝える会』や『KAWASAKI Z1 FAN CLUB 』が大きく飛躍した。 

このさらなる躍進も、海外展開も、新しいプロジェクトなども見込まれる現状である。

Facebook の中には『二輪文化を語る会』と言うグループもあるのだが、昨今アメリカのTony Nicosia さんや、ドイツのMicky Hesseさん、ニュージーランドのGraeme Crosbyさんなど、海外のビッグネームの参加もあるので、

その名前を英文に改めて、銘柄にも、地域にも拘らない世界展開をよりスムースにしようと言うことである。

 

 

 

Good Times Plaza の中で渡部達也さんを中心に二輪関係のプロジェクトを纏めることになる。

 

 

『This is MIKI.』  これぞMIKI

これが来年の一番の目玉だろう。

このプロジェクトの主宰者は『笑って遊ぼうミキランド』の実行委員長を務めてきた さるとるさん、森田優くんなのである

『三木のまちの活性化』 と 『三木のイメージの高質化』を目標に、『新しい公共』の仕組みの実現をめざす『共感ネットワーキング』なのである。

 

三木市民に限らず、『MIKI』に関心のある人たちを視野に入れて、3年で共感者10万人を集めようとする壮大なコンセプトなのである。

こんなシンボルマークも、

三木を熱烈に愛する『しろくろ』のデザイナー伊藤智寿くんが創ってくれて、いよいよ来年1月1日からスタートなのである。

ちなみに、森田優くんは三木市役所にお勤めである。

 

このコンセプトに共感して手伝って頂ける役所の仲間たちも、ドンドン増えていくことを期待したい。

 『日本一美しいまちをめざす三木』 に相応しいプロジェクトに育てばいいなと思っている。

 

 

『Ui INT を中心に展開する海外戦略』

インターネットは、元々ヨコ展開、世界展開なので、殊更海外を意識する必要はない。

 未だ、具体的にはよく解っていない面もあるのだが、英語を自由に使いこなせる人材も仲介に、

新しいネット展開の仕組みを創りながら、まず日本とアメリカの文化交流に挑戦したい。

 

 

そのベースになってくれるのが、今日本のお湯の文化、お風呂の文化のアメリカへの普及を本職としているUi America が、

新たにUi INT (International)と言うソフト会社を設立してNPO The Good Times のアメリカ支部的な役割を果たしてもらおうと言うプロジェクトなのである。

 

Ui とは、 『湯を愛する』 『You & I あなたと私』 『友愛』などを掛けていて、広く一般的な意味で使おうとしている。

既に Tony Nicosia さんとUi America のTadとは、KAWASAKI Z1 FAN CLUB で繋がっているし、アメリカに進出している月木レーシングとも密接に繋がっている。

 来年は、Kawasaki Zをベースに、その他の機種も、その他の銘柄も視野に入れた展開になるのだろう。

 

 

★NPO The Good Times 本体のシステムは、この5年間で完全に仕上がった。

念願の一切経費の発生しないシステムにもなった。

今後のシステムの創造は、特別プロジェクト段階に移行している。

私個人の目標も、その『新しい仕組み構築』のお手伝いに移したいと思っている。

 

こんな来年の大きな目標の準備に追われている昨今なのである

 

 

★★English Version です

 ★NPO  The Good Times のホ―ムページです。

 ★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

 ★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

36万人フォロワーのいる公式ツイッターです。

 

 

 

 

 

コメント

来年の大きな目標ー1

2013-11-18 12:14:42 | NPO The Good Times

 

 

NPO The Good Times は設立以来5年目を迎えており、

二輪文化を伝える会』や『KAWASAKI Z1 FAN CLUB』などその特別プロジェクトの活発な活動によって、この1年間で大きく形を変えた。

いまはそんな転換期を迎えていて、

来年度からは、全く新しい局面を迎えるものと思われる。

 

 

ただ、このNPO法人は、システムそのものであり、多分世界にたった一つの法人だけに、その説明が非常にムツカシイのだが、

来年の新しい目標などについて纏めてみたい。

 

 

 

まず最初に、このNPO 法人の粗っぽい概要を、羅列してみると、

 

 

● 異種、異質、異地域をみんな繋いでいい時を過ごそう が基本コンセプトである。

● このNPO法人は システムそのもので、そのシステム創りにお金がいるだけで、NPO 法人自体は何もしない

● この法人のこの仕組みに『共感して、参加された協賛会員』さんが、やる気でやりたいことをやるには、そのシステムは非常に都合よく仕組まれている。

● 協賛会員さんは。団体会員(入会金1万円)個人会員(入会金1000円)だけでそれ以外は一切支出はナイ。 会員になればそのシステムが利用できる

● そのNPO法人本体の綜合的なシステムは、この5年の間にほぼ完成したので、今後はシステム構築の費用は要らなくなった

● そのシステムはネットベースだから全て無料、通常経費が発生しない世界で多分たった一つの法人だと云っていい。

● この5年間に100の団体会員と1万人の個人会員の入会があった。金額にすると約1000万円なのである

● 貯まったお金は、積極的に活動された特別プロジェクト展開の団体会員さんに、その活動資金として支援してきた。そんな不思議なNPO法人なのである。

● お金が溜まっても分配出来ないNPO法人、全てインターネットで、事務所も、電話も、j専任の従業員もいない

● もし、専任が居たとしたら私一人だろう。

 

 

 

★ そのシステムは現在のネットのシステムの中では、最先端を走っていると言っていい。

上場企業と同じか、もう少し先進的だと言ってもいい。

 

        ★★English Version です

        ★NPO  The Good Times のホ―ムページです。

        ★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

        ★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

       ★ 公式ツイッターのフォロワーは36人になりました。

 

 

★ この1年特に注目されたのは、特別プロジェクト展開の団体会員さんである。

    

    

  ● 孫文を語る会

      元川崎重工業社長の田崎雅元さんや兵庫県の副知事さんも関わっておられるプロジェクトである。

 

    

      ● 二輪文化を伝える会

    昨年7月にスタートされたプロジェクトだが、たった1年でその充実ぶりは見ごとである。

 

    

    ● KAWASAKI Z1 FAN CLUB

         昨年9月にスタートしたが、この夏にはグリーンピアで大掛かりなイベントを主宰したり、ドイツ、アメリカ、などにも進出を試みるなど、非常に積極的である。

 

 このような特別プロジェクトが、本格的に動き出して来たので、今後は特別プロジェクト段階のシステムの本格的な創造が急務なのである

そういう意味において、第2段階に入ったと言っていい。

そのあたりの方向については、明日また続きを述べてみたい。

コメント

Mr.Bike BG と KAWASAKI Z1 FAN CLUB

2013-11-18 07:00:24 | NPO The Good Times

 

★  Mr.Bike  BG が発売された。

この雑誌、日本のバイクの専門誌で一番売れている雑誌だと言う

だけど、どこにも日本の4メーカーの広告は載っていない

MAGAZINE for ENTHUSIASIASTIC RIDERS とあって、そんな熱烈なファン達へのBuyer's Guide のようである。

 

そこにあるのは、ニューモデルの記事は一切なくて、過去の旧い名車と言われる記事ばかりで埋まっている

それが一番バイクファン達に買われると言うことは、今の日本の二輪市場の一面を語っていると言ってもいい。

 

発行元は大御所モーターマガジン社なのである。

 

 

       

 

 この雑誌の12月号のトップ記事で27ページも使って、カワサキZのドイツの事情の取材記事が特集で載っている

 

 

 

        

 

取材協力は Micky Hesse など3人のドイツ人と 登山道夫さん、いずれもKAWASAKI Z1 FAN CLUB のメンバー達である。

登山さんはNPO The Good Times の事務局長でもあるのだが、わざわざドイツまで出向いて、記者さんたちをドイツのユーザー達等に繋いでいる。

登山さんが現地まで出向かなければ、こんな濃密な取材は実現しなかったのは間違いない。

 

登山さんは、自らZオタクと称するほどのZマニアだし、Micky Hesse とも親交があり、ドイツにも詳しい。

現地に出向かれた記者さん達は、何年か前、わざわざ三木の登山邸に取材に来られて、その時平井さんも、私も同席したのだが、

その時に、NPO The Good Times の会員さんになられたのである

登山さんがこの取材に協力する気になったのは、NPO The Good Times の仲間だからこれは手伝ってあげないと、と思ったそうである。

昨年、NPO The Good Times の特別プロジェクトとしてスタートしたKAWASAKI Z1 FAN CLUB だが、1年経ってドイツにも、アメリカにもニュージーランドにも、みんなビッグ、ネームたちが参加してその核が出来て、今後の動きもオモシロそうである。

従来のZ1 CLUB とは、ちょっと差別化された世界展開となっているのである。

 

 

          

 

  ★今回のドイツ取材で、最も中心的な役割を果たしたMicky Hesse さんは、今年の夏約1ヶ月日本に滞在してその殆どを三木で過ごした。

この記事にもあるように、故岩崎茂樹が繋いでくれて、今がある。

 

         

 

 

 

★こんな、旧型の名車は、各銘柄にいろいろあるのだが、なぜかKawasai の人気は一種独特なのである。

 

              

 

話は変わるが、 明日の二輪車マーケットを考える『ベタータイムス』の森田伊活さんが今でも自宅へ送ってくれる12月号にこんな事が書かれている。

森田さん、この夏のKAWASAKI Z1 FAN CLUB がグリーンピア三木で開催したイベントにも、AJの吉田純一会長とともに参加して頂いたNPOの会員さんである。

 

言われるように、いま『変える』チャンスだと思っている。

NPO The Good Times は来年、二輪関連を統括する『Good Riders Club』渡部達也くんを中心にスタートさせようとしている。

二輪に関連する異種、異質、異地域のいろんなな人達、勿論雑誌社も含めの『共感ネットワーキング』 を創り上げていきたい。

 中心になるのは、三木のGood Times Plaza ここが世界のへそになる

 

そしてそのおひざ元の三木では

 

          

 

 

 

This is NIKI .  が 『新しい公共』を目指して、来年1月1日からその活動を開始する

 

『Good Riders Club』  と This is NIKI .

 いよいよ来年からは、第1線に近いところでの、大きなプロジェクトがスタートする。

第2期の『新しい仕組みの創造』が始まるのである。

 

 

★★English Version です

 ★NPO  The Good Times のホ―ムページです。

 ★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

 ★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

 

 

 

コメント

『古民家の囲炉裏横でキャンプ気分♪大会』

2013-11-17 06:24:27 | World Good Riders Association

 

★『11月16日のミーティング』 と名前をつけて動画を纏めた。

正直言ってどんな名前のイベントだったのか思いだせなかったのである。

 

一応はFacebook で登山さんが最もらしくこんな風に誘ってはおられるが、集まった10数名は、みんな被害者だと言って『被害者の会』を結成しようなどとも言ったりしている。このように冗談かホンネか解らぬが、ズケズケと言えるところが、この仲間たちのいいところなのだろう。

言い出しべえの登山さんは3時半から、ずっとご機嫌で最後まで、休むことなく食い続け、喋りつづけたそんな会だったような気がする。

 

 

 

正規の名称は 『古民家の囲炉裏横でキャンプ気分♪大会』 と言うのだそうである

 

Michio Toyama

皆様、いよいよ明後日となりました♪ 以下の告知を、KAWASAKI Z1 FAN CLUBグループページにさせて戴きました。

今日、古谷顧問が現地会場を動画撮影してきて下さいました。神戸方面からの進入の様子です(三木方面からですと逆)。

http://youtu.be/6HEsTACtP9k

また、17時~20時には、渡辺代表・古谷顧問・平井元TEAM GREEN監督によります熱いトークが予定されています。特にこの時間帯は見逃せませんよ♪

何かと忙しい時期だと思いますので、事前申込みをされていない方や、お三方の熱いトークだけを聴きたい♪と言う方も、どうぞお気軽に現地へお越し下さいませ。

<以下、以前の告知です>

『古民家の囲炉裏横でキャンプ気分♪大会』のお知らせ

日程:11月16日(一泊二日)    ※11月16日午後3時~翌11月17日午前10時前迄。

開催場所:神戸市高和自然環境活用センター

地図:http://goo.gl/maps/RbQhb

現地集合 現地解散

準備頂くモノ:宿泊の方は寝袋(シュラフ)&元気な胃袋♪ 日帰りの方は、元気な胃袋だけで、他は準備は要りませんよー♪

参加資格:KAWASAKI Z1 FAN CLUBメンバーのみ。(現地で入会して頂く事も可能です)

開催主旨:KAWASAKI Z1 FAN CLUBのメンバー同士が、顔を合わせて親睦を深め、Z1を通じての二輪文化の向上について、熱く語り合いたく思っております。参加予定者の年齢は、下は20代から上は80代まで、とても幅広いです。二輪以外のお話も、また楽しく出来ると思います。             (備考)この大きな建物と広い敷地を、16日土曜日朝から日曜日10時まで、丸ごとお借りしています。

庭で直火の焚き火もOK!釜で飯炊きや料理もOK!もちろんテント張りOK!簡単なBBQ道具&釜、長机やパイプ椅子、冷蔵庫も貸して頂けます。綺麗な男女別水洗トイレや、囲炉裏も有ります。

丸大ハムの枝差し焼きは、マスト条件として…何か料理メニュー等もご希望がございましたら、お聞かせくださいませ。

12月14日開催予定の【第一回温泉ツーリングIN道後温泉】も併せて、皆様の奮っての御参加をお待ち致しております。

 
 
マイ ムービーこんなところです
www.youtube.com
16日に集まるところこんなところです
 
 
 
   
 
     
 
 
 
 
 

 ★私は、ちょっと用事があって遅れて6時ごろから10時過ぎまでの参加であった。

集まった10数名の半分は、10時までの日帰り、残りの7名ほどは寝袋持参で一泊されるようである。

すでに、Facebook には、昼間からの写真などいっぱいアップされている。

 

 

私は帰宅して動画を纏めたら、日が変わって11月17日、日曜日になった。

 

まあどんな会だったのかは、動画で3分に纏めたので、ご覧ください

 

KAWASAKI Z1 FAN CLUB なかなか楽しい仲間が集まっている。

この会の主役の登山道夫さん、来年からは一念発起、大槻幸雄会長、稲村暁一副会長の、正真正銘のZ1会ゴルフコンペに参加してゴルフをするそうである。

登山さんが、ホントにゴルフに参加したら他のメンバ-達も何人か参加するとか。 念願のZ1会の若返りが図れるかも知れない。

そんな話題も出た 『古民家の囲炉裏横でキャンプ気分♪大会』 であった。

 

 ★★English Version です

 ★NPO  The Good Times のホ―ムページです。

 ★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

 ★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

 

 

コメント

落合GMのコストカット

2013-11-16 06:51:56 | 発想$感想

★海の向こうの大リーグの選手の契約金の額を見ていると、途方もない高額で、あれで果たして球団経営が成り立つのかと思うが、テレビの放映料などもあって、あれで大丈夫経営は成り立っているのかなと思っている。

この冬は田中将大の大リーグへの移籍があるのだろうが、果たして幾らの値が付くのだろう?

そんな一流選手に比べて、マイナーリーグの選手達の待遇は月とすっぽんの差があると言われている。

サッカーの世界もそうだがプロのトップ選手の契約金はすさまじい。

 

じゃあ、日本のプロ野球の経営は果たして成り立っているのだろうか?

プロ野球とは言っているが、アマの社会人野球と一緒で、その経営は、親会社の広告宣伝費扱いで補助されているところも多いようである。

 

 

★そんな中で、今年から中日のGMに就任した落合さんが、選手の年俸に大ナタを振るってそれがニュースになっている。

 

     

 

 そのコストカットに対する世の中の反応は70%近くが賛成なのである

 確かに一流選手と言ってみても、昔の王、長嶋、金田などと比べると普通の選手のような気もする。

田中将大ぐらいになると、確かにこれは別格とも言えるが、普通のプロ野球のレギュラー選手が昨今は直ぐ億の単位の契約金である。

球団経営が成り立っているのならそれでもいいが、赤字ならまず黒字になるような線までコストカットするのは当然のような気がする。

 

 

 

 

ここに名前の挙がった選手は確かに知ってはいるが、金額を見てそれが年俸かと思ったら、

この額が減額された額だと言うから驚きである

これはどう考えてもやり過ぎのような気がする。

 

 

★スポーツ選手にも、いろいろあって、マラソンや水泳などは、日本で数人だけがトップ選手なのだが、

その点野球やサッカーなどの団体競技でリーグ戦のある競技はトップ選手が100人以上も居たりする。

 

その人気に甘えて、ドンドン報酬が上がるのはよくないと思う。

その影響で入場料も高くなり過ぎて、昔のように簡単に観に行くこともできない。

一度立ち止まって考えてみる必要があるのではなかろうか?

 

 

 

 

 

★★English Version です

 ★NPO  The Good Times のホ―ムページです。

 ★会員さんのブログを集めた Tumblr です。 

 ★毎日発行される NPO The Good Times 新聞です。

 

 

コメント