雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

この半年世の中変わったし、私も変わった

2020-05-25 05:30:58 | 日常生活、園芸、バラ

★ もう少しで5月も終わる。
 新型コロナウイルスの緊急事態宣言も東京・北海道も解除されるようである。

 長かったようだが、中國の武漢で始まったのが昨年12月のことだったし、
日本でもこの問題が現実に言われだしたのは3月初めのことだった。

この12月と3月は、私自身の生活態度も従来と変わってしまったので、
非常にはっきりと覚えているのである。

   

この6か月を振り返ってみると、
孫の門野真也がアメリカから遊びに来たのが昨年の12月8日のことなのである。
彼の腕にはFitbit が付けられていて、『毎日の体調管理ができる』というものだから、早速私も購入し、そこから記録がスタートすることになるのである。


こんな腕時計のようなもので、時計の機能もあるのだが、
終日寝ている間の睡眠状態まで記録してくれるのである。


 


 

★それまでもジムに行って、
筋トレやらランニングなどはこれまでも続けてきたが、
12月9日からこのように記録が勝手に記録されるようになったので、
自ずと関心も湧き、頑張ろうと努力するようになったのである。



  





 そしてそれから約半年たって5月の最後の週に入ったのだが、
 今の状態はこのようになっている。



  


アクテイブ・タイムとはスロージョギング以上のちょっと厳しい運動をした時間で、
歩いただけでは幾ら歩いても『歩数』は記録されるが
アクテイブ・タイム』にはカウントされないのである。

そんなアクテイブ・タイムの目標を、一応は『30分以上』としていたのだが、
最近はその倍の1時間を目標にしていてそれが出来るようになっているのである。


歩数はあまり目標にはしていないのだが、結果は記録されていて、
この10日間ほどは、通常目標とされる『1万歩』がほぼ実現しているのである。
 


  




★実は私の誕生日は3月2日なので、
3月から87歳になったのだが、
日本国内で『新型コロナウイルス』がいろいろ言われだしたのが、
3月からなのである。

それまでずっと3年間も続けていた『ジムが休止』になってしまって、
外出禁止令なども出たのだが、三木の公園などは殆ど人もすくないので、
3月からは三木総合防災公園でのトレーニングに切り替えたのである。


その中味は『スロー・ジョッギング』『ストレッチ』そして『50メートルダッシュ』の3つを約2時間近くこなすことにしているのだが、
今までのジムに通っていた時よりはハードで、
それをやり出してちょうど3ヶ月になろうとしているのだが、
体重がそれこそ5年振りか10年ぶりに『79.8k』と久しぶりに70k台を記録したし、体脂肪率は24以下になろうとしているのである。


これは、私にとってはコロナもいい方向に変わるきっかけにはなった。
結果的には87歳になってから『より元気になった』と言えるので、
6月以降仮にジムが再開しても、天気の日の舞台は公園にして、
雨の日だけジムに行こうかなと思っている。


87歳の目標』を以下のように設定したのだが、目標は最低このままにして
現実には『アクテイブ・タイム50分』、『消費カロリー2000cal』を目指そうかなと思っている。



  
  

★ 87歳になって3ヶ月が過ぎようとしている。
  
 この3ヶ月、一つの目標だった『今年の薔薇』は結構綺麗に咲いた。
 庭の手入れというか草抜きや剪定もちゃんと出来たし、
 『メダカ』も仔を産み出した。

 6月からの3ヶ月をどのように過ごそうかと今考えている。
 暑い夏の盛りがやってくる。
 今でも汗びっしょりになるので、真夏のシーズンは気を付けたいと思っている。

 コロナは新しい時期に入るが、私自身はこの3か月と同じように過ごしたい。
 アメリカの孫のサッカーリーグが再開しないかなというのがWantである。

 人間、何歳になっても、『前向きに生きる目標』があることことは、いいことである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント (2)

雨の土曜日の1日

2020-05-17 06:23:22 | 日常生活、園芸、バラ

★朝方はひどく降ってた雨も、9時過ぎには何故か一時止んだので、
三木総合防災公園に走りに行った。
 
何となく毎日やってることをやらないと気持ちが悪い。
流石に人影はまばら、何故かこんな大きな樹が気になった。


    




この一帯、かっては森だったので、今は広大な公園になってるのだが、
大きな木も沢山切られてしまったのかな、とそんなことを思ったりした。

 残っている木で、これは大きいほうである。
 果たして樹齢は何年ぐらいなのだろう?
 間違いなく87年以上だなと思った。 私より長く生きるのは間違いない。



   




★ こんな目標を立ててるけど、殆ど毎日クリアできている。

 
  
 
 

 これは、昼のデーターだが、こんな感じで、
 夜までには消費カロリーも、歩数ももっと上がるだろう。



   
  



★ 5月も中旬を過ぎた。 我が家のばらたちももうすぐ満開となる。


  


 
 
 

 睡蓮も、かきつばたも咲き出した。
 今年は『新型コロナウイルス』のお陰でいっぱい時間があったので、




 
薔薇は結構、立派に咲いた。

上の方に枝を伸ばしている巨峰 4年目だが、果たして実をつけるだろうか。






★アメリカにいる孫の次男、閑に任せて、末弟の絵を毎日描いて、
 Instagram にアップしてるようだが、何故か私のInstagram では見られない。

 ファンが出来て、フォロワーが50人になったとか。


    


 
 私には、Facebook のメッセージで、毎日別途送ってきてくれる。

 これが今日の分だが、

  
     



 こんな調子で、毎日送られてくる。

 因みに、末弟は幼稚園の時にアメリカに渡っているので、
 話は十分できるのだが、『ムツカシイ日本語は不得手』なのである。



    



 
 雨の週末、時間つぶしにこんなブログをアップして過ごしている。


 ところで、これはニュース。
 『昨日、今年初めてメダカの仔が孵っているのを見つけた
 多分、今年は1000匹は生まれるだろうが、第1号である。



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント (2)

薔薇が咲き出した

2020-05-12 06:36:03 | 日常生活、園芸、バラ

★ 5月11日、今年もバラが咲きだしました。
 
今年は暖冬で桜などは早かったのに、
薔薇は2,3日例年より遅いような気がします。


いつものことですが、 黄色い薔薇から咲き始めます。

 
 



ただ全体としては、ホントに咲き出したばかりなのです。


  



 
  陽当たりのいい前庭は、まだ蕾も多いが、こんな感じにはなりました。

 



 銘花・アンクルウオルタの香りが素晴らしい。

  



 まだ蕾がいっぱい です。




 

ピエールド・ロンサール や アンジェラ が咲き出しと本格的になりますが、

もう少しです。

 




 いつもは連休中に咲き出すのですが、

 この花の名前 お解りですか?
 

 


 
 あやめ や 菖蒲では なくて  杜若(かきつばた) です。

   もう少しすると  隣の 花菖蒲 が咲き出します。


   



 ちょっと、 遅い 早い はありますが、

 季節は間違いなく、巡ってきます。



    
コメント (2)

5月5日    雑感

2020-05-06 06:17:46 | 日常生活、園芸、バラ

★毎年5月5日は端午の節句、ゴールデンウイークでもあるのだが、
 1年中が休みの、定年後の生活になって、
 この時期はいつも『ばらのスタート』の季節なのである。

 蕾がやっと膨らんで、
 今から始まる『春薔薇のシーズン』に心弾む時期である。
 

  
 

 
今年もこのように沢山の蕾もついて、
一面が薔薇で埋まるような日も近い。

 



 ただ、今年は若干いつもとは違って、

 先日4月30日にもブログにアップしたが、
 実のなる植物、みかんと葡萄がどうなるかが関心事なのである。

 昨年、何故か一粒の実もならなかったみかんだが、 
 今年はこんなに花が付いたので、大丈夫だろう。


  


 
 問題は葡萄、小さな苗から育てて今年で4年目、
 昨年は、樹は大きくなったが、残念ながら実が付かなかった。
 実が付かなかったというよりも『花が咲かなかった』のである。

 今年は、それが気になって4月30日にも写真を撮っている。
 こんな感じだった。

 今年は大丈夫だとは思うが、記録を残すために、こんなブログをアップしている。
 これが4月30日なのである。

  
 

たった5日間だけだから、あんまり変化はないのだが、
少しだけだが伸びたし、葉も立派に育っている。




 
こんな感じだが、これが花なのかどうかがよく解らない。




 
 ネットで調べてみると、花とはこんな感じで、
 このようについた花を『少なくする』作業が要るらしい。

 人間でも同じだが『育てる』ということは、
 育てる目標を絞る、『入学試験』があるのと同じことのようである。


   


 薔薇でもそうだが、育てる枝を明確にして『剪定』をしないといい花は咲かない。

 みかんや葡萄も、育てる実を明確にして、『育つ数』にすることが大事なのだろう。

 日数的にはもう何日かで、こうなるはずである。
 もし今年ダメだったら、この記録が来年役に立つように頑張りたいと思っている。

 『桃栗3年、柿8年』とは聞いたことがあるが、

 苗を植えてから、2~3年目で実がなり始めます。 成木(一人前の木)に育つには7~8年かかります。 ぶどうの樹は何年ぐらい実がなりますか。 30年以上実をならし続けている樹もありますが、だいたい20年くらいで新しい樹に植え替えていきます。
 葡萄は4年で実が付くのだろうか?




コメント (2)

だんだんと子供の頃に戻ってきた私

2020-05-04 06:54:50 | 日常生活、園芸、バラ

★ 10年ほど前、このブログで『自分史』なるものをスタートさせたとき、
私の人生、川の中で始まった』 というこんなブログをアップしている。


その書き出しなのだが、


私の人生、川の中から始まった?
2010-06-19 04:00:16 | 自分史
  
★皆さん、幼児期の思い出、最も旧いものは何ですか?
ちゃんと覚えておられますか?

私の記憶で一番旧く一番鮮明に覚えているのは、
『私の人生の始まり』とも言える記憶は、今の韓国のちょうど真ん中辺りに位置する、『大田の川の中』から始まっている。

お隣の竹内さんのお兄ちゃんと、家の直ぐ近くの川の中にいた。
鯉か鮒か、何かよく解らぬが魚を捕ったのか、捕ってもらったのか?
とにかく、魚を持って大喜びしたところから、私の人生はスタートしたのである。

成長してからも、魚が無類に好きで、ずっと魚釣りをしたり、家で熱帯魚を飼ったり、鯉を飼ったりしたのは、この人生のスタートの印象が強すぎるのかも知れない。



★ なぜか魚に興味があり、魚釣りも好きだったし、
 何よりも、魚を飼うことに異常なほど興味があった。

 子どもの頃は、家に池があっていっぱい魚がいた生活だったが、
 戦後は『魚どころではない』生活がずっと続いていたのだが、
 三木に家を建てて、もう50年にもなるが、駐車場の下を池にしているし、
 一時は本格的な池を造って、鯉を飼ったりもしていたのである。


 

   
    今は、小さなT字型の池には金魚とメダカとエビなどがいっぱいいる。
 金魚は毎年こどもを産むし、
 エビは6月頃には水面いっぱいになるほどの数になる。
 そんなエビはもう10年も前、孫と三木の川でとってきたものである。


   



★ コロナウイルス問題で、Stay Home の毎日、
 午前中は、公園に走りに行ったりするのだが、
 家にいる時は 池の横に座って金魚やメダカに餌をやり、
 ずっと眺めてる時間が相当に長いのである。

 魚の動きを見ているだけで心休まる感じなのである。


 そのほかに3鉢、メダカを飼っている。
 何の変哲もない『普通のメダカ』なのだが、
 これは1昨年 10匹ほど入った瓶ごと買ってきたのがスタートで、
 昨年から『メダカに仔どもを産ませる』ことに熱中しているのである。




 
 知らなかったが、メダカは毎日卵を産むので、
 昨年は、その数200匹ほどにもなった。
 小さな池だが池があるので、メダカなら幾らでも入るのである。

 5月、メダカが卵を産み始めた。 
 腹にいっぱい卵を抱いて泳ぎ回っているメダカを飽きもせずに眺めている。

 メダカの寿命は1年か2年だそうだから、
 今年生まれたメダカでも秋には卵を産むほど成長は速いので、
 増やす積りなら幾らでも増えていくのである。

 今年は卵を産み出して未だ1週間も経っていないので、
 コドモはまだ生まれてないが、もうすぐ毎日メダカが生まれる日が続くだろう。


★ メダカも今は人気で高いものは、何万円もするらしいが、
  我が家のメダカはそんな高価なものではない。
  錦鯉は池の費用なども入れると何百万円もかかった道楽だったのだが、
  今は、金魚もメダカも、お金は殆ど掛からない。

  まさに『こどもの頃に戻ったような、純な気持ち』で毎日魚と付き合っている。

  そして『家で過ごそう』という今の時代、
  『何が楽しいのか』と思われるかも知れぬが、
  結構、満足した時間が過ごせているのである。

  メダカとエビは、今年もいっぱい子供を産むのは間違いないのだが、
  3年間、コドモを産み続けている金魚がどうなるかが関心事なのである。



 
コメント (4)

最近の 毎日の生活    雑感

2020-05-01 07:00:49 | 日常生活、園芸、バラ

★ つい最近、アメリカの孫が、こんな距離を走って、
メンバーの中でトップになっているというブログをアップしたのだが、
マイル表示だったこともあって 50キロぐらいかな?と思ってしまっていたのだが
ツイッターである方から『351マイルって560キロですか?』と言われて、
確かに560キロなのである




     




 560キロなど1日で走れる訳はないので、
 この記事の出どころである娘婿のFacebook を読み直してチェックしてみた。


 
★これは Mapmyrun というこんなアプリで
 このジョッギング・イベントをスタートする時に、
 娘婿は、私も誘ってくれているのだが、
 私がそれを見逃してしまっているのである。


  




 トップレベルの560キロなどはなかなかムツカシイが、
 東京にいる孫の長男 Rikiya Kadono も参加していて、
 その距離は 15マイル=24キロ ぐらいだから、
 何日での記録か解らないが、
 
 もし参加していたら、
 私もそこそこの記録が出たのでは?
 などと思っているのである。




     




★ 私がスロージョッギングを始めたのはもう2年も前になるのだが、
 ホントに距離などを意識しだしたのは、
 昨年の12月初めに、孫の真也にFitbit を勧められて


 



 それを腕に付けてからだから、ちょうど5ヶ月が過ぎたところなのである。

 それがどうやら続きそうなので、
 3月に87歳になったのを機会にこんな目標を立てたのである。





  


  
 たまたま3月から、『コロナウイルス』問題が顕著になって、
 それまで行ってたジムも休みになってしまったので、
 専ら三木総合防災公園での『スロージョッギング』に切り替えたのである。

 昨今の毎日は、朝は大体2時間、公園で体を動かしている。
 この3か月間の1日平均距離は5.5キロになっていて、
 1日に10キロ走った日もあるので、
 もし参加してたら Rikiya Kadono ぐらいにはなってたかな? 


 
  



★ 特にこの2ヶ月、87歳になってから、体が確りした感じなのである。
 なぜか体重は81.5キロと変わらないのだが、体脂肪率は25%になったし、
 我が家の体重計では 『体力年齢 74~76歳』と出るのだが、
 柔軟性は間違いなく20歳台なので、
 柔軟性を加味した『体力年齢 50歳台』維持できていると思っている。

 具体的な体の変化としては、あちこちの『皮がつまめる』ようになったのである。
 肥えてた時は『肉と皮』が一緒になっていて、皮をつまむことなど出来なかったが、
 最近は、腹の皮の一部だが、『つまめる』ようになったのである。

 
 最近は、筋トレで体を絞って、
 こんな写真が自慢の『門野真也』だが、


   


  こうはいかぬが、
  老人の体型ではなくて、何となくスポーツマンの体型に私もなりつつある。
        そのうちに誰かに、『上半身の裸の写真』を撮ってもらえるように頑張りたい。


 

コメント (2)

いま 一番気になっていること

2020-04-30 06:25:23 | 日常生活、園芸、バラ

★ 5月の連休前である。

 毎年、この時期に気になることと言えば『ばらはいつ咲くのかな?』なのだが、

 今年、一番気に掛かっていることは、
 『今年は、葡萄の実がなるのかな?』 なのである。

 
 マスカットと巨峰の苗を買ってきて、庭に植えたのは確か4年前のことなのだが、
 どちらか1本は、枯れてしまって1本だけが残っている。

 去年は背丈だけは、大きくなったので『ひょっとしたら』と思ったのだが、
 期待は裏切られて、ダメだったのである。

 
 いま、こんな感じなのである。

 


 
    背丈だけは、十分大きくなって、あちこちに芽が出ている。

 『葡萄の育て方』を見るとこの時期に何回かに分けて『芽欠き』をするとあるので、
 いくつかは『芽欠き』をして今こんな具合なのである。






 もう少しすると花芽が出て、花が咲けば大丈夫である。
 
 『花が咲かないと実がならない』のは当然で、昨年は花が咲かなかった。


 今はこんな状態だが、もう少しだと思う。





 
 何とか花が咲いて欲しいと『祈るような気持ち』なのである。




★ こちらは、去年はなぜか一個の実もつけなかったみかんだが、

  今年はこんな花芽が付いているので、2年ぶりに大丈夫だろう。

 
  




 

 薔薇は蕾も膨らんできたので、

 連休中には、花が見られるだろう。




 


 
 

★ だけど、今年はばらよりは『葡萄の花』に、一番関心がある。

  もし『咲いたら』と
  こんな教科書みたいなこんなサイトも用意して勉強しているので、
  


  
 
  
 
 是非上手く育って欲しいと思っているのである。
 
 果たして、どうなるのでしょうか?





コメント (2)

協同学苑で走ってきた

2020-04-28 11:15:51 | 日常生活、園芸、バラ

★ 世の中 『Stay Home』だが、この辺りの公園は殆ど人もいないので、
朝8時ごろから2時間は、スロージョッギングなど運動するのが日課になっている。

1日6000歩以上アクテイブタイム30分以上の目標は悠々クリアできている。

昨日は『協同学苑の外周』をひと廻りしてきた。
協同学苑はコープの研修施設にもなっている公園で結構広いしグランドもある。
1周約45分ほど掛ったが、どんなところなのか、
動いた道順通りに追っかけてみる。

  



 駐車場に車を止めて、まずは奥のこんな庭園風のところから

 
 
 

 遅咲きの桜の花がまだ残っていた。

 



この辺りは、今アメリカにいる孫がまだ日本にいたころ、
カブトムシをいっぱい捕まえていたあたりである。





そのあと、今年の正月には、アメリカから遊びに来てた孫がトレーニングで走っていたこんな急勾配の階段を一番下まで降りて、上ってきた。
百段ほどあって、少々息が切れた。

   
    


    



そのあとここを左に曲がって下の池のところまでの坂道を下った。

  


 こんな下り坂を降り切ると

 



 こんな池に出る。



そこからはこんな林の中の小道を登って元のところに出た。
結構きつかった。

    
   

    


 この桜並木は、300本ほどの桜があって花見時は人が沢山来るのだが。
 今年はそれもなかったようだ。

  



ひと廻りして駐車場の近くまで戻ってきた。
こんな立派な建物もあって、研修会などが行われたりしている。
 




 ちょっと休んで、グランドで50メートルダッシュを何本かやった。

 


 
間違いなく走った、その足跡なのである。





★ コロナウイルスのお陰で、3月初めからは毎朝午前中2時間は、どこかで体を動かしている。
歳の割には少々ハードだが、『石の上にも3年』とはよく言ったものである。
スロージョッギングをやり出して3年、ダッシュをやりかけて5年以上になる。

年々歳はとるのだが、年々スムースに走れるようになるのが不思議である。
今年87歳、『90歳まであと3年』、若し生きてたら、多分同じように続いているような気がする。



コメント

我が家のガレージ    雑感

2020-04-24 07:21:39 | 日常生活、園芸、バラ

★ これは『我が家のガレージ』である。

下はT字型の小さな池になっていてカラーや菖蒲やカキツバタも、睡蓮も、
金魚やメダカ・エビ・田螺などいっぱいいて毎年こどもを産んだりする。

多分、日本でもこんなガレージはないだろうと、
ちょっと自慢なのだが、
戦前、本家に出入りしてた庭師の方が丹精込めて造ってくれたのである。

手前の赤と黄色の花を買ってきて植えたので,
久しぶりに水を撒いたので、綺麗になっているのである。


 



 ムツカシイ名前の花というよりは植物で、
 こんな小さな植木などが植えられるように作られている。


          


   
奥の方にあるカラーは、水の中で育てると、
庭で育てるのと比べると倍以上立派に育つ。 
以前は育ち過ぎてしまっていっぱいになったので、
全部抜いてもう一度やり直して今年で2年目なのである。
 
今咲き出したところで当分は咲き続けるだろう。
5月には菖蒲やカキツバタが咲き出し賑やかになる。


     



睡蓮も植えているのだが、
クルマを入れると陽が当たらないので、花はなかなか咲かない。 
今年は珍しく何年ぶりかで蕾が付いているので楽しみである。

果たして『花は咲くのだろうか?』


   




左手に置いてある小さな椅子は、
毎日座って金魚やメダカや、エビなど眺めているのである。 
その右手にあるのは金魚やメダカの餌で、この瓶いっぱいでほぼ1年は持つ。





★40数年前にこの家を建てたころは、お金もなかったので、
周囲も下も単なるガレージのセメント張りだったのだが、
その後何年か後に左手と奥に石を貼り、その時に下に池を造って貰ったのである。

下を池にするのは『私のアイデア』で、どうしても魚が飼いたかったのである。


さらに何年か後に右手の石を貼ったので、ガレージの巾が狭くなってしまった。
庭師の方曰く、石もそのあたりの石ではなくて『小豆島の石』だという。
大阪城の石垣の石は『小豆島から運んだと』言ってたがホントかな?
と思ったが、どうもホントのようである。


下の石の張り方なども、いろんな張り方にしているのは、
ご自身の『展示場』代わりにしてて、よくお客を連れてこられて見せておられた。
そういう意味では、『庭師の方の自慢のガレージ』だったのである。

そんな昔気質のオモシロい庭師の方だったのだが、
右手も平戸が植えられてたのに、
今はバラに変わったりしてるなど見たら何と言われるだろう?

ご自身は典型的な『日本庭園』にしたかったようだが、
私が勝手に触ってしまっているのである。





 
★ 車を入れるとこんな感じになるのだが、
 ちょっと問題なのは、右手の石をあとで積んだので、幅がギリギリなのである。
 
 かっては『5シリーズ』も入ったのだが、
 最近の車は段々と大きくなるものだから、
 今では『3シリーズ』が限界で、
 新しい『3シリーズ』は入れるのがムツカシイかも。

 車も好きなのだが、ひょっとしたら車はこれが最後になるのか、
 もし、新しくしたら違う車種になってしまうのだろう。
 『自動運転のクルマ』なども、最後はいいのかなと思ったりしている。




 
コメント (2)

伽耶院の周りを歩いてきた

2020-04-22 06:54:27 | 日常生活、園芸、バラ

★ 昨日は 伽耶院の周りをスロージョッギングしながら、写真を撮ってきた。

 

 

 名刹 伽耶院はこんな立地で家から車で10分ほどの距離である。

 いつも行っている、三木総合防災公園かちょっと北に行ったところで、
 こんなゴルフ場のすぐ横なのである。

 



実はいつも行ってる三木総合防災公園のこんな運動器具が今秋から使えなくなってしまったので、
 


 久しぶりに『ネスタリゾート』へ行ってみたのだが、ここも今は休園中だったものだから帰り道にある 伽耶院を訪ねてみたのである。


 ちょうどもみじの若葉時で美しかった。

  



 流石に一人の人影もなく、伽耶院を独り占めした感じだったのである。
 駐車場は私の車1台だけだった。

 ちょっと世の中にはあまり存在しないこんなお寺なのである。

 
  


 
入山料は草引き十本と書かれていて、

 



 こんな地蔵さんのアタマにも





こんな草鞋にも、 お賽銭が供えられている。





 こんな水子たちも眠っている。

 
 


 境内は非常に広い自然の中にあって、





 自然がいっぱいなのである。







 かっての大地震の時に生まれたというこんな岩石も

 


 こんな自然の流れもあって、





 ずっとその上流の山の中をスロージョギングしてきた。




 たまには、人工的な公園ではなくて、
 こんな昔から残された大自然の中を走るのもいいものだと思った。

 ずっと東の高速道路が見えるところまで行ってきた。


コメント

習字   雑感

2020-04-21 07:35:20 | 日常生活、園芸、バラ

★戦時中の小学校で育ったが、『習字の時間』はなかったように思う。
 父が趣味で、絵画や書をやってたので、何となく関心だけはあった。

筆を持って練習などした記憶は全くないのだが、『字を書く』ということは、パソコンなどない時代に育ったので何となく字を書いていた。

 
字にご縁が出来たのは、20歳の時にふとしたことから日記を書きだしたので、それ以来65年以上毎日字を書いているし、文章を書くのは結構好きだから、現役時代会社でも、人の数倍の文章は書いている。


 これが20歳の時に、突然大学ノートに書きだした日記である。

一生続いたら大したものだ』と書いているが、どうやら続きそうである。

 
 

何故、突然日記など書き出したのか、その理由みたいなものも書いているが、確かに『長くは生きられないかも』と思ったのも事実だが、

日記を書きだした直接の動機は、この日の朝の朝日新聞に、
蒋介石は日記を30年も続けていてエライ』などとあったので、
そんなことぐらいなら自分にもできる』と思って、その日のうちにスタートしているのである。




★ 今日は習字の話なのだが、20歳の頃の字はこんな感じで、今でもそうだが字を書くのは結構早くて、『字を書く』のは嫌いでもないし、『文章を書くのも好き』だから、今まで書いた字数は下手な小説家よりは多いのかも知れない。

 ただ、習字のように丁寧に書くのは苦手なのである。

 筆でも年賀状など、自己流でこんな程度には書けていた。


    


 ただご覧の通り、きっちりとは書いていないのである。



★87歳での手習いでもないのだが、
習字』というか、字をちゃんと書く練習をしてみようと思ったのである。

先日家内の買い物に付き合って、文房具を見ていたらこんなノートを見つけたのである。
百字練習帳とある、小学生用のノートである。


    

 


コロナウイルス問題で、家にいる時間も多いし、『時間潰し』にもなるし、今まで確りと字を書いたことは一度もないので、一度じっくりと練習してみようと思ったのである。


家内はだいぶ昔の話だが『習字を習っていて』その時書いた字を家の中に飾ったのである。


    
  

上手い下手は兎も角、『こんな字もちゃんとした楷書』があって『それが基本だ』というのが家内の持論なのだが、
私はその『楷書』やらを書いた覚えもないので、
この際一度チャレンジしてみようと思ったのである。

筆で描くのは大層だから、小学生の『百字練習帳』あたりがちょうどいいと思って
ボールペンでやり始めたところなのである。
ひょっとしたら、万年筆に変わるかも知れない。


★これがノートを買ってきた日に書いた百字である。

自分では丁寧にゆっくり書いたつもりだが、
百字を書くのにそんなに時間は掛からなかった。 

書いてみて、『これは習字ではないな』と思ったものだから、


  



 二日後に、自分では確りとゆっくりと書いた『百字』なのである。

 言葉は新聞のページをめくりながら、適当に拾った言葉である。


   



自分では勝手に『進歩した』と悦に入ってるのだが、
そのうちに手本などを探して書いてみようかなと思っている。

ネットを見てたら、こんな手本になるような写真もあるし、
   


 
 こんな本も売ってるようだから、ひょとしたら『ハマってしまう』かも知れない。




  
 まだ3日目ぐらいなのだが、果たしてどんなことになるのだろうか。





コメント

私の趣味  ハサミ

2020-04-16 06:37:50 | 日常生活、園芸、バラ

★ 人それぞれ好きなことがあってそれを『趣味という

  何となく好きなことは幾つかあるが、『ハサミを使う』というか、
  『モノを切る』のは『趣味と言える』かも知れない。


  薔薇を育てるのが好きなのも、
  『ばらは年中枝を切っていない』 と 『いい花が咲かない』からかも知れない。


  小さな庭で結構立派な背の高い木も育っていたのだが、
  梯子に登って『剪定する』のが危なくなって、
  今は、みんな天を切ってしまって、
  梯子など使わなくても『剪定できる高さ』にしてしまった。



  



  この高さなら梯子なしで何とか切れるのである。
  そのために、折角立派に育っていた樹の高さを低くしているのである。

 
 
  



 
 これは『庭の景観』というよりは『自分で剪定』したいためである。


 いまちょっと高い木のままで残っているのは、この『まきの樹』だけで、
 これは流石に入口だから、天を落とすのは格好悪いかなと思っている。

 何とか石の足場もあるので、何とかなっているのである。

 
 


 コロナウイルスのお蔭で、時間だけはいっぱいあるので、
 昨日はこの槙の剪定をして時間を潰した。



    




★ 大きなハサミもあるのだが、いつも使うのはこんな小さな鋏(右端)なのである。
  小さな鋏は時間が掛かるが、切りたいように切れる。
  『モノを切る』ことが趣味なので、時間が掛かることなど問題ではない。

   
   



★ 理髪店は、今回の緊急事態宣言でも、休業は免れた業種だが、
 東京都の原案では、候補に入っていたので、
 『散髪に行こうかな』 と思ったりもしたのだが、『自分で散髪する』ことにした。


 もうずっとずっと昔のことだが、息子の散髪は私がやっていた。
 その頃、使ってた旧い鋏を出してきて、
 
 風呂の中で、『自分でいろいろやったアタマ』である。

 我ながら結構上手く刈れている。

 


 後ろの方も、
 『そぎ鋏』を使ったので、何とかなっている。


   




★ この『鋏を使う趣味』、間違いなく『父からの遺伝』である。

  なぜか、父も散髪を『自分でやっていた』ことも多かった。

  そんな趣味『娘が受け継いで』 孫の散髪やってたようである。


  コロナウイルスの続く限り、『家で散髪する』ことになるのだろう。

  次回は、『理髪店でやって欲しい』 ものである。



 
 
コメント (2)

3日ぶりに防災公園を走ってきた

2020-04-15 06:35:35 | 日常生活、園芸、バラ

★この週末2日も雨が続いたので、一歩も外出せずに家にいた。

 3日ぶりに太陽が出て、朝8時半から三木総合防災公園に行ってきた。
    
 世の中はコロナ問題で大変なのだが、
 私個人としては、どうすることもできないので、
 コロナにかからないように、人とも会っていないし、話もしていない。
 公園に行って走ることぐらいしかできないのである。


 駐車場に車を止めて、この青い線のところをぐるーっと一周、
 スロージョッギングで走ってきた。

 



 駐車場の横の広場の道をスタートして、
 


 
野球場の左側のこんな坂道を下って、



 
 さらにこんな道を走って



 
その左手がずっとサッカー場が並んでいる。




 そしてちょっとした坂道を登って




 橋を渡って、西の方角へ





 橋はこんな道路の上を通っている。




 そして広い『ゲートボール場』の周りを





ひと廻りして





 交差点を渡って





 芝生の土が掘り返されているのは、
 イノシシの仕業なのである。

 


 そして車が止めてある駐車場まで戻ってきた。



 1周、約35分、約5kmの距離である。

 そのあとダッシュを6っ本ほどやって、ビーンズドームのちょっと南にある
 林間広場で、


  


こんは備え付けの器具を使っての ストレッチや体幹強化運動を約40分。
 



★ 10時まで約1時間半、いい汗を流してきた。

 住宅地に隣接しているので来ている人もいるのだが、
 広いのでなかなかカメラに写らない。

 都会では考えられないような『いい環境』なのである。


 今朝の私のFitbit は、このような数値を記録していた。

 


 
 3日ぶり、気持ちがよかった。


コメント

4月10日 我が家の庭

2020-04-11 06:14:53 | 日常生活、園芸、バラ

★ 4月も10日である。
  毎年、このころは庭のばらたちの写真を撮っている。
 
 新葉がキラキラと輝いて『今年こそいい花を』とそんな気持ちにさせるのである。

 今年もそんな時期を迎えたが、今年は例年よりはさらに期待が大きいのである。
 今年は3月初旬から『コロナウイルス』のお蔭で、家にずっといたので、庭仕事も
例年に倍して、『ちゃんとやれた』のである。

何年ぶりかで、溝の掃除もしたし、草もとったし、薔薇の肥料も、欠かさずにちゃんとやれたのである。

★ その結果がこんな感じで育っている。


 薔薇は例年よりちょっと早く、小さな蕾を付けた
  

 

 牡丹の蕾も大きいし、
 紫陽花の葉の色も鮮やかである。

 



 クリスマス・ローズはいつもの倍ほどの大きさに育った。




 
 周辺の植物もみんな元気である。





 ちょっと、目立たないのだが、
 葡萄の芽が動きかけた、今年こそ実を付けて欲しいと思っている。






 花かいどうも、あせびも、
 




 でも、やはりバラがどうなるかが、一番気になる。
 あと1ヶ月、その頃『コロナウイルス』はどうなっているのだろう。

 今年は、そのほうがもっと『気になる』
 


 

コメント (2)

最近の生活   雑感

2020-03-28 05:40:18 | 日常生活、園芸、バラ

★ 連日『コロナウイルスのニュース』で持ちきりである。
 兵庫県も感染者数で全国上位に位置しているが、
 幸いにも私の住んでいる三木市は一人の感染者も出ていない。
 こんな状態がいつまで続くのか?

 3月の初めごろから、家内以外の人と殆ど話もしない、そんな生活が続いている。
 それに慣れてしまうと『そんなものか』と思ってしまうので、別に苦にもならない。
 
 午前中は、2時間ほど三木総合防災公園で過ごしている。

 めちゃくちゃ広いので、運動に来られている人も多いが、
 写真に写すと、これくらいまばらである。

 

 
 大人の人二人は『何をしているか』というと『紙飛行機を飛ばしている』のである。
 いつも来られる常連なのだが、
 『紙飛行機が飛ばせる場所』など、なかなか世の中には存在しないのだろう。
 見ていると、結構な距離を飛ぶし、風の具合でどこに飛ぶのかも解らない。
 広い防災公園でも、紙飛行機が飛ばせる広場はここだけなのである。

 それでも背の高い木に引っかかってしまうこともあるので、
 それを取る道具までお持ちなのである。



 ここも防災公園の一部だが、手前の部分が掘り返されているのだが、

 

 
 
角度を逆光で撮るとこんな感じで、芝生のあちこちで掘り返されていることがある。

 



 たまに、芝生も掘り返して、『空気でも入れる』のかなと思っていた。

 ここなども、今は幾らか綺麗になったが、半月ほど前は、
 広範囲に掘り返されていたのである。





 公園の作業者に聞いてみたら『あれはイノシシの仕業だ』と仰るのである。
    掘り返して『ミミズでも食うのだろうか?』
 
 確かにこの辺り『イノシシに注意』という看板は見かけるのだが、
 この掘り返しようは、1匹や2匹ではないように思う。

 キツネは見たことが何回かあるが、イノシシは見たことがないがいるのである。

 そんな三木総合防災公園で、午前中を過ごしている毎日である。


 つい先日までは、ぼたん桜が咲いていたが、

  


 
 今は桜が、これくらいの開き具合で、






 山つつじが、こんなに綺麗に咲き出した。

 





★ そんな周囲の環境や、季節の変化を毎日、確りと感じて過ごしているのは、
 87歳の生涯でも、『初めてのこと』のような気がする。

 『新型コロナウイルス』のお蔭で、こんな生活をしているのだが、
 ホントに『いつまで続くのだろう
 今日は雨で、防災公園にも行けないので、
 パソコンの前に座って、こんなブログをアップしている。

 
 
 
コメント