気ままに♪遊歩と小生物の日々

北部九州海沿いの小さな城下町で小動物(海系、カメ系)と共に楽しく暮らしています。

晴れ♪散歩人、ごちそう

2017-04-28 10:41:07 | 日記
今朝は文句なしの晴れ。気温は少し低いけど。
昨日は居残り?のヒドリガモ♂2羽、♀1羽がいたけど、今日は見当たらない。
裏の坂道の方からお城に上がろうと回ったら、久しぶりにちっこいおじさん2。「おー、久しぶりやね。来よった?」「毎日来てますよ。向こうの石段の方、通る方が多いけど。」「こっちの方はあんまり来ん?おいも、時々しか来よらん。ガンの手術を2回してさ、今んとこなんとかね。」「そりゃ大変ですね。でも、復帰したってことはすごい。」「復帰したちゅうても、今んとこは再発しとらんて。まあ、人間、70か80か、私もあんたも必ず死ぬことは決まっとるから。それまでポジティブにね。」「そりゃそうですね。いつになるかはね。」「ぐじぐじしよってもおんなじじゃけん。」「楽しくね!」「そう!」元気なおじさんも、いろいろあるんだね。

海は特に何も無し。昨日は帰り際に大きなワカメを拾った。海の家の見回り…なんてこった!カメプールにいっぱいエサがばらまかれ、食べきれない分は沈んで水が汚れてる。「エサ入れないでの貼り紙も外された。誰だ!水と共に多すぎるエサも流して入れ替え。
昨日おばちゃんと連絡がついて、郵便物とポットを頼まれたので入ると、隠しておいたカメのエサ袋が出してある。生き物の飼い方知らんバカモンが!
病院に行って顔見て励ましてこう。「お父さんとお母さんが来て、一緒に住もうて話しよった、夢じゃったと。100歳にならすけん、住めるわけ無いとに。兄貴が帰って来る言うから、目が覚めて、電話したら、帰っとらんて。いろいろ夢見て寝言ば言うもんじゃけん、看護師のバカにして、ボケらした、て内科に連れて行かれた。寝言ぐらい言うさ。で、ボケとらんて、腹ん立つ!」ははは、相変わらず、大丈夫。あとは早く歩けるといいけど。


昨日の夕食イッサキの煮つけ。ずぼらなワタシの煮つけは取っておいた納豆のたれ(納豆はキムチで食べる)、酒、水、しょうゆ少し、ショウガ。
一昨日の夕食が豪華だったんだけど、写真撮りそこなって。でーっかいホウボウの煮つけ、魚屋で4つに切り分けてくれたけど、もう、身がプリプリのモチモチ、恐い?頭は骨の間に身が詰まってほじくり出して、旨かったなあ。商店街にやって来るおばあさんの竹の子も安くてでかくて、竹の子ご飯と、海で拾ったワカメたっぷりの若竹煮、ほか。季節の物がたっぷり味わえる幸せ♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藤♪

2017-04-27 09:54:23 | 生物、自然
昨日は相方が休みなのに朝から雨。夕方少し小降りになったので、水汲みに行くか、と。海水じゃないよ、山の名水。今まで汲んだ中では吉野ヶ里町のかなり山の直売所の水が最高に美味しかったけど、ちょと遠い。ネットで相方がもっと近くてよさそうな場所を検索、厳木ダムのあたりに行ってみよう、ということに。
しっとり濡れた山々の緑や新芽のうすい黄色、ベージュ、いろんな色がもこもこと、「山笑う」だね。雲はまだ山にかぶってるけど。山道は野生の藤が高木に巻き付いてみごとに花開いてる。民家の藤棚も、白いコデマリもきれい。ツツジはあんまり好きじゃないけど。花が主張しすぎ。写真は水汲み場のそばの藤。
帰りは厳木温泉に寄った。平日なのでガラ空き。


こちらは今朝のお城の藤。新緑もきれい。

お城下で国際奥さんに会った。「上の藤はどうですか?」「まだ小さいですね。でもいっぱい花は咲いてるから。何年かかかるんじゃないですか。」「だいぶ弱ってねえ、死にかけとったから。」「まだ寒いごとありますね。」「いつまでも朝晩は冷えますね。」「灯油あと5リットル買おうかどうか考えとうとですよ。」「GWは何かと忙しいんでしょう?」いつもボランティアで活躍している。「何やかやでね。」なんて話ながら分かれた。
浜の石垣の当たりもハマダイコン、オドリコソウなどが花盛り。ハマボウフウも出てきた。

昨日荒れたから、ロープやらなんやら打ち上げられてる。ハングル文字の浮きも。
海の家のカメたちにエサをやってると、陶芸奥さんのご主人。「エサやりよるとですか?」「はーい。」「陶芸祭りは、またコーヒー飲みに来てください。」「ぜひ、伺います。」
もうGWだねえ。早いねえ。作品展の絵、描かなくては…。もう迫ってるけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと藤が…。

2017-04-25 14:41:54 | 生物、自然
今朝も暖かい朝、ゴミ出しの日。昨日までの庭仕事の剪定ゴミ、竹垣差し替えの古竹を大袋二つ。まだ入る。庭の隅のニョキニョキ伸びた野バラやモチノキほかをバッサバッサと電動ハサミで切り落とし、巨大になったリクのエサ用のタンポポモドキ?(名前調べてない)も刈り取って袋に詰め込む。まだまだ。物置裏のモチノキもジーコンジーコンと切り落として入れる。口を紐でしばってよいしょと出した。さっぱり。

お城の藤はようやく下がってきた。害虫で数年前から弱ってたのを養生してるけどまだまだ小さい。10年位前は地面に付かんばかりに垂れてそれは見事だったね。数年後には盛り返すかな。

海は静かで漂着物も無し。海の家のカメの水替えとエサやりと植木の水やり、メダカと金魚のエサやりしてると陶芸奥さんが。さわやかな春らしい鮮やかな緑系のおしゃれな服。
「(入院のおばちゃんは)まだ帰って来らっさんねえ。長いですねえ。」「留守電は入れたけど、まだ歩けんのでしょうね。」「体調崩して…」「あら、それは大変。」「この時期はねえ。」GWの焼き物祭りの作品作りとか、いろいろ頑張りすぎなんだね。「もうあんまり無理しないほうがいいですよ。」「そう、ついねえ。」窯焚きとか、何時間もかかるからね。繊細な美しい作品作る人だから、神経もそうなんだろうな。


春は散歩中の民家の花にも目が行く。うちのより整然と、毎年きれいなナニワノイバラの家。


うちのジャスミン。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カモ、カメ

2017-04-19 13:02:48 | 生物、自然


今日も晴れ♪風は冷たい。町田川は先週ヒドリガモが旅立ったので少しさびしい。マガモが2羽、留鳥だろうな。少し離れて見かけないカモが。

マガモより小型、ちらちらマガモを気にしながら泳いでる。あんた誰?
河口に行くと、あれっ、まだヒドリガモが2羽。一緒に行けなかったのか、よそで遊んでて置いて行かれたのか?気のせいか心細そう。何年も見てるけど、たまにこういう年もある。後を追うのか、あきらめて留まるのかわからない。

お城の裏から坂道を登ったら、まだ桜が残ってた。上に行くと八重桜のみ。
石段下りて浜に下りるとこで側溝溜まりをのぞいたらカエル2匹。うちの庭でも大雨の日、アマガエルがうれしそうに鳴いてたな。
海は特に漂着物ない。小さいワカメを2,3切れ拾う。
海の家のカメを見回り。昨日は大雨でカメプールになってるステンレス風呂桶の上から1、2cmくらいの高さまで水が溜まって、カメ、アップアップ。急いで栓抜いてやった。かなり気温も上がってるので、パラパラ固形エサを入れておいたら、ちゃんと食べてた。今日は少し多めに入れた。おばちゃん、早く退院しないかなあ。

帰り道、相方に頼まれた郵貯の振り込みを済ませ、セールのスーパー経由で帰ってきた。ナニワノイバラがますます盛ん。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

花の春♪友人のこと。

2017-04-18 11:30:17 | 日記

よく降った昨日。雷は鳴るわ、ときどきバケツひっくり返したような雨。風も強くて。
交通も乱れてるようなので、夕方の便で茨城に帰る友人と家でゆっくり最後のおしゃべり、近所の老舗うなぎ屋に早めの昼食に。かなり早めの高速バスでニコニコ空港へと発って行った。

いやー、散らかり放題のわが家に4泊、よく働いてくれた♪食器洗いはもとより、流しやガス台横の汚れもみーんなきれいにしてくれて、掃除機3回もかけて、洗濯物もたたんで。なにしろ、数年間となりの部屋だったからワタシの性分はよくわかっている。彼女は同級生(大学は別)、ワタシは回り道したので大学に行ったのは5年遅れ、いわく、彼女の「だらしない姉」と同い年になる。だらしない友だね。
特別仲良かったわけでもないし、卒業してからは年賀状くらい、10数年前この家に住むようになって、当初は相方が東京に単身赴任だったのでよく東京に遊びに行ってた。時々呼び出して一緒に寄席に行ったり美術館に行ったり、美術部のOB展に来てくれたり、しゃべってるとけっこう話が合うことに気づいた。
共通点?わりといい加減なとこ?しゃべりは笑い、お互いズバズバ言う、自民党嫌い、群れるの嫌い、単独行動が好き、スイーツより煎餅が好き(濡れ煎餅は許せん!)貧乏性、かな?姉が二人、というのも。そう言えばワタシの友人はほとんど妹族だね。まー、楽しい滞在だったね。女友達、姉妹は家事手伝ってくれるから助かる。男の宿泊はちょっとね。


今日は嘘のような青空♪
庭のジャスミンがいい香り。カラスアゲハ?黒いのがひらひらと飛んできた。ガラス越しなのではっきり撮れなかったけど。
今年も大きな白いナニワノイバラが満開。紫のジュウニヒトエ、黄色いコバノセンナなど次々花が咲いてうれしい春♪


コメント
この記事をはてなブックマークに追加