気ままに♪遊歩と小生物の日々

北部九州海沿いの小さな城下町で小動物(海系、カメ系)と共に楽しく暮らしています。

足が痛い…。母の遠出

2015-09-30 15:59:09 | 日記
昨夜帰宅した相方が、「膝の裏が痛いっちゃ。」と足を引きずっている。朝はどうもなかったのに午後デスクワークをしていると、だんだん痛くなってきたんだと。ワタシの股関節が収まってきたと思ったら今度は相方。これが年を取ったってことなんだな。旅行前なのに困ったね。
今朝起き上がる時がつらそうだった。これじゃ歩けないから会社に休む連絡して、整形外科へ。右足なので運転は無理、ワタシが乗せていった。やっぱりねえ、年取ると絶対車は必要なんだな。50代で免許取るのは運動音痴方向音痴にとってどんなに大変だったか、胃痛で2キロ痩せたもん。
診察とレントゲン、結果は疑似痛風?かも、と。なんとかちゅうカルシウム?が集まって炎症起こすらしい。痛み止め薬と湿布を処方されて帰宅。ワタシの場合もそうだった。
聴けば、昨夜は痛くて(角度によって)よく眠れなかったらしい。「横でごーごー寝とるヤツがおるっちゃ!」わー、知らんかった。「一緒に起きたところで痛みが軽減されるわけじゃなし、しかたないやろ。」「冷たい…!おばあちゃん(ワタシの母)に言いつけてやる!」と、昼食後毛布かぶって寝ている。

一昨日は、福岡の母が恒例の落語の会にやってきた。月曜は昼からコーラスの会、終わってすぐこちらへ、高速バスに乗って一人外出の90歳。すっかり腰が曲がった母はパンパンのリュック背負って日傘を杖代わりにせっせと歩く。そんなに急がんでいいよ、と言うのに、ずっと座ってたから歩けるのよ、とバス停から数百mの浜辺の旅館へ。
6時15分開演、まだ時間前なのにもう席はほぼ埋まってる。椅子席が空いてないので座椅子席へ。足を伸ばしてスタンバイ。
テケテンテン…♪いつもの落語家さん2人と前座さん。何年か前までは2人が2席ずつだったけど、だんだん上手くなって格が上がった?前座さんと1席ずつになった。最後の3席目の上方落語で腹がよじれるくらい大笑いしてお開き。で、海に面した上階の食事処に移動して、ワタシらはミニ懐石。落語聴いてこの美味しい食事、2500円はいつも思うけど、破格だね。もうお腹パンパン、と言いつつ、デザートのチョコレートムースまで。せいろで蒸されたジャコご飯はさすがに食べきれず、母携帯のポリ袋で持ち帰り。

翌日は泊まった母を連れて海散歩。あなた、歩いてきていいわよ、この辺にいるから、と母はゆっくり波打ち際へ。向こうからちっこいおじさん2が来て、「イノシシの出たて!」「えー、また?」「こーう(胸を張る)いかついとの、何人かそろって来よるから、警察かなて挨拶したら、イノシシが目撃されました、こっちのほうに来た可能性がて。」「えー、今の話?」「うーさ。泳いで高島に渡るらしか。」「はー、あすこに、母が。」「危なかけん、目ば離さんごと。90歳て?よう、歩きなる。ばって、家族でもさ、最後は下の世話の自分でできんごてなったら、もう、問題たい。うちはもうおらんごてなったけど、やっぱ、大変ばい。」先輩の経験談。
海の家のおばちゃんも昨日買ったばかりと言うノルディックスキーの杖を突いて出てきて挨拶。お世話になってますと母。「私もまーだ歩けるごと練習せにゃ。」「またイノシシがこっちに出たてよ!」と報告、帰路に。
途中、スーパーのベンチで一休みして帰宅。お茶飲んでから商店街の魚屋野菜屋を立ち話しながら一緒に回って買い物。
急がん物は置いていけば、と言うのにいや、このぐらいいつもしょってるから大丈夫、と母はまた大荷物背負って高速バスで帰って行った。えらい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歩道では踏まれるよ!

2015-09-27 14:06:17 | 生物、自然
今朝は高潮警報。ほぼ満潮の川はギリギリ上まで潮が上がって砂の溜まった中州は水没。国道の橋で釣りしてるおじさん。バケツに小さめのハゼが10匹くらい。「釣れてますね。」「いやあ、もっと釣らにゃ。100匹ぐらい。いう間に竿を上げたらまたハゼと、フグ。フグか、とはずして投げる。唐揚げ旨いだろうなあ。

浜のほうから裸足で上がってきた城内のしっかりおばさんが、「まーすごいですよ、恐いみたい。水がそこまで上がってきて。」「今日明日が一番高いみたいですね。満月だから。」昨夜は雲の中に大きなほぼ満月が浮かんでた。

風も結構あるから近くでモゾモゾエビを取るだけにして海水汲んだ。石のベンチで一休みしてる老夫婦。時々会うね。「なんば取りよるとですか?」ボトルを見せて「砂の中にいるヨコエビです。足にモゾモゾ触るのがおるでしょう?」「はあー。」「魚を水槽で飼ってるんで、エサです。」「それですか。いっつも何ば取りよらすかて思いよったです。」

海の家のおばちゃんとこで相方と3人でコーヒー飲みながら「今日は潮が高くて赤白灯台は消えてますね。」「かぶっとるだろ?えーと、潮位表は…ああ、240㎝も上がっとる。高っかね。」「こっちの防波堤は(釣り人が)いっぱい来てますよ。」「灯台に上がれんからじゃろ。」「国道の橋でハゼ釣りよったよ。」「そうね?その上の京町ん橋でん、釣れるとよ。よう釣りよらした。もうあん人も釣りきらんだろ。あー、キス釣りしたかー。」海ん人おばちゃん、やる気まんまん。

写真は昨日散歩の帰り、歩道をのこのこ歩いてた太った青虫。ツンと角出して、いったいどこから移動してきたんだ?海用手網で拾って老舗旅館の塀の間から庭に落とそうとしたら、しっかりしがみついてなかなか離れない。拾った小枝で裏から突いてようやく落ちた。
帰って調べたら、スズメガかオオスカシバの幼虫みたい。うちの庭にもオオスカシバはよく来る。紫の花、赤い花、ホバリングしながら蜜を吸っている。何の葉を食べて大きくなるのかな?

今朝同じ所を通ったら、無残にも食いちぎられて転がってた。やっぱり鳥にやられたね。残念。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連休終わったぁ。イノシシ騒動

2015-09-25 17:15:51 | 生物、自然
3匹のカワハギ君たち、今のとこ元気でせっせとイリコやもぞもぞエビを追っかけて食べてる。先住のシマイサキに負けてはいないみたい。けっこう気が強いんだな。

連休最後の日は長崎の甥夫婦と長男が久しぶりに家に来た。近所の洋食屋でランチ。

相方の姉さんの義理のお父さんが長崎では著名な木版画家で、亡くなった後、膨大な作品や資料を甥が引き継いで散逸しないよう忙しい仕事の合間に管理してくれることになった。で、うちにも分けてくれる作品を持って来てくれたってわけ。彼は資料と作品を調べていけばいくほど「じいちゃん」はすごい人だったんだなあ、大変な責任を負ってしまったと。しかし、とことん面白くなってきたらしい。仕事上親交のあった東京の詩人たちの話とか、ちょっと聞いただけで、昔文学少女だったワタシはえ~っ!?!と思わず興奮してしまう。いただいた作品は素晴らしく、ああ、どうしよう?家が近ければ整理くらいは手伝えるかもしれないけど。何年か経って長崎の人たちに誇りをもって公開できるように応援しなければ。長崎の、日本の宝だから。

一昨日、近所にイノシシ騒動が起こった。ワタシは知らなかったけど、バスセンターや神社の近くの町のど真ん中で、工事のおじさんが襲われて足を咬まれたらしい。散歩の帰りに通ることもある場所。昨日海の家のおばちゃんに「イノシシ、聞いた?」と言えば、「あー、友だちから電話のあって、あんた、いつも開けっ放しじゃから、ちゃんと戸ば閉めとかにゃ、て。」「なんであんなとこにねえ?」「神社にお参りに来たとじゃろ、て言いよった。ははは。」「どこからねえ?」「島から渡ってきたとじゃなか?」「えー、そんな泳ぐ?」「泳ぐよお、上手か。前お父さんの船で、なんか泳ぎよるて見たら、イノシシ。上手に泳ぎよった。島ぐらい渡るとよ。」そうなんだ。イノシシはその後警察が囲い込んだけど、翌朝網を破って逃げたらしい。会いたくはないけど、見たかったなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨットハーバーでカワハギ♪

2015-09-22 17:51:18 | 生物、自然
今朝、桟橋でヨットの準備していて、ふと桟橋のつなぎ目の水中をのぞいたら、ひらひらと稚魚。カワハギやん!もっと深いところにはけっこう大きいクロも泳いでる。よおし!昨日ヨットに積んだ手網を持って来てすくった。かわいい!相方に、「カワハギ取った!」と言うと、「そんなとこに這いつくばっとるヤツがおると思ったら。バケツあるやろ?車に。」そうだった。相方と網を持つのを交代してロッカーに走り、車のキーを出してバケツを取りに。水を汲んでカワハギを入れる。「やっぱりこんなとこにおったねえ。」「先に家に持って行こう。」弱ったら可哀そうだからね。
家に戻り、手長エビ、シマイサキ水槽に入れてからハーバーに戻った。

朝はほぼ無風だったけど、思いがけずカワハギゲットで出航時間が11時過ぎたので、風が出てきた。いいぞいいぞ♪合宿に来てる高校生の練習を邪魔しないように、連休で高島に渡る船や釣り人を乗せた瀬渡し船がいつもより多いし、水上バイクも走り回るので気を付けながらものんびり♪1時ごろハーバーに戻った。
またなんかいないかなと、桟橋のつなぎ目をのぞいていくと、10㎝くらいのフグが横泳ぎしながら浮きに生えた海草や貝をつついてる。こいつは水槽にはでかすぎる。次に小アジ3,4匹、これもでかいな。と、またカワハギ発見!すくってまた相方と手網保持交代、バケツ持って戻ると、カワハギが2匹に。「もう一匹ヘロヘロておったから、そーっとすくった。」大漁♪
この夏は獲物が少なかったけど、これで少し水槽がにぎやかになる。長生きしてくれるといいな。

シマイサキとニアミス。共存できるかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨット♪

2015-09-21 14:13:37 | 日記

連休になって19日(土)から午前中はヨットに乗ってる。7,8月とハーバーの都合で乗れなかったので、せっせと。
初日は第一号の船客を乗せた。福岡の姪がウキウキとやってきて写真撮りながら準備も一緒に。この日はけっこうな風が吹いて、前乗ってた船なら絶対出港しないな、というくらい。実は前日、福岡に整体に行って帰りの高速バスからの海が近くまで白波立ちまくり、沿線の草木も風になぎ倒されそうな状態だったので、大丈夫かなとちょっと心配してたけど。
強風なのでジブセイル(前の帆)は巻いたまま、ドウンドウンと波に揺られ、いい気持♪船は優れものなので転覆の心配ないのがいいね。
姪も初めてのヨット体験に満足だったみたい。
昨日はまた風は和らぎ、結構長く乗れた。
今日はそよ風かなあと思ったけど、乗ってみれば、吹いていていい感じ。3日続いてなので、セイルの始末や準備もスムーズ。ワタシが長い柄の網を車から持ってきたら、スタッフのお兄ちゃんがニヤッと、「何取るんですか?」「なんか、面白いもの、流れて来たら取ろうと思って。」「面白くないもん、ありましたよ。」「何?」「犬。」いやだあ!幸い?変なものも来ず、面白いのもなかったけど。前の日風が強くてジブもたたんだままだったので、舵取りは相方が全部やってくれて、今度はワタシも交代で舵を握ったり、ジブをやったり。楽しかった。
ずっと天気もいいし、明日も楽しみ♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加