森歩き 事務局日誌

森に山に、森林ボランティア活動に、面白い物があれば何でも見に行きます。

持ち込み うりぼう!

2017年05月23日 | 日記
本日 勤務中に持ち込まれたもの

うりぼう  イノシシの子
職場は 高尾山自然公園の中にあり イノシシが住みついているのです。 
公園を散歩中のおじさんが見つけて、帽子の中に入れられて 連れてこられました。   もう えーーー です。

ほんとに 生まれたて。 溝の中にうずくまっていたそうです。 

へその緒の後もまだついてます。どうしたらいいのでしょう? 日本自然保護協会のIさんに相談しました。
しかるべき方法をとるしか ありません。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

サイエンス・カフェ 人は自然を造れるか

2017年05月22日 | サイエンス・カフェ
今年度最初のサイエンス・カフェは 瀬口さんの「人は自然を造れるか」

も、難しいテーマです。  でも最近とても気になってるテーマでもあるのです。

まずは 自然って何?  赤で太い文字なんかは 瀬口さんの思い入れがたっぷり
で、あちこちで行われている「自然再生」って何でしょう。 「半自然再生」といった方が いいのでは

大分のスポーツ公園でも 公園化の前に鳴り物入りで 「コピー植栽地」という工事がされたのですが

実際のところは どうなんでしょう。
行政の行う「ステレオタイプ」の自然化工事について。 なんか「破壊」に近いよね。
自然再生といいながら 実は 攪乱ではないの というような事例。
話は 大分県内で行われている様々な活動についてもおよび、当然ですが 結論が出るような話ではありません。

でも こまめに皆で話し合ってないと タガが緩んじゃうよね。 自然観察指導員なんだからねっ。
 おかしいものにはおかしいとはっきり言える 見識が必要だなとも感じ入りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

敷戸小学校で下見

2017年05月21日 | 自然
今年は 敷戸小学校で「校庭の木と友だちになろう」という活動を行います。
大分市の「みんなの森づくり」事業の中の活動で、今年で4年目です。
小学校の4年生たちと ゆっくりじっくり 校庭の木を観察して 樹木札をつけて シンボルツリー(友だちの木)を認定するというものです。
で、やっぱし 校庭にいい木がたくさんある小学校でないとなかなかできないのですよ。
今年は敷戸小学校。 さてどんな木があるのか下見です。

のっけから オオカマキリの孵化に遭遇。やったね!ラッキーって 木を調べに来たのよね。

ハクモクレンが あるなあ と言っているとこ。 そそくさとアリバイ作り
中庭には 池があって

コウホネの花ざかり  

中はごっついね

種になったら タコかいな みたい
ちょうど花の時期のようで 校庭の木は花が咲いている木が多かったのです。  来週観察会をするので 子どもたちとたくさん花を見れそうで楽しみです。

これはシンジュ (ニワウルシ)の花です。 初めて見ました。可愛いね。

これは ナギの雄花。 敷戸小学校はなぜかナギの木がたくさん植えてあるのです。

校庭で一番高い木 ユリノキ 黄色いチューリップのような花が咲いてます。 葉っぱの形からハンテンボクともいうけど チューリップツリーという名前もあります。
で、もう一つの花盛り

シナサワグルミ 雌花がたくさん下がって かんざしみたいで 何度も上を見上げました。
でも 下も見ましょう。

種から芽が出て 小さい木になってます。 双葉が切れ込みがあって 本葉は丸いのです。 面白いですねえ。
最後に はなちゃんに捕まってしまったツチガエルさん。

むぎゅ~~くっくるしい のか ぬっくいっ のか  校庭でぼんやりしているとこういう目にあうのだよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの 高崎山

2017年05月16日 | 自然
今度高崎山で自然観察会をするので 今日は下見です。

緑のお山の中で のんびりカラムシの葉っぱを食べてます。 寄場にいないサルたちは自然体でいいなあと思うのは私だけか。

群れの様子。まあいろいろあったしね。 ブラックとかマルオとか知らんサルや。 ナンチュウ出世したねえ。 てか居座り?

このおサルさんの顔の青いところは入れ墨です。入れ墨を入れられたサルが何匹かいます。 識別番号みたいなもんです。 入れられるときは痛かっただろうなあ。
これではまるで 家畜です。(あーあ、言っちゃった)首にGPSの付いた首輪をされたおサルもいました。高崎山も変わったなあ。

遊歩道を行くと 葉っぱを食べられたクサギ。 おサルは臭くないのかな。小学生も臭くないって言うし。 名前変えようよ。

葉っぱの上で はいポーズ。このままじっとしていました。腹筋強いです。腹筋というか 腹足で立っているので 腹足強いというべきか
シャクトリムシは土瓶も持てるかも (別名土瓶割り、土瓶をかけてはいけません)

帰り道見つけた ヤマカガシ

おっかけたので 体を縦に波うたせて すごい勢いで逃げていきました。 この蛇は毒があります。毒が無くてもおサルはヘビが大嫌いです。
人はヘビ(毒蛇でも)を食べたりもするので おサルのほうが上品なのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下判田里山観察会 カエルの季節

2017年05月14日 | 自然観察会
今日はとてもいい天気  下判田で里山観察会 
私はここでの観察会が大好きです。 特にレアな生き物がいるでもない 普通の里山いいのだよ。

今日は川べりで カジカガエルの声が聞こえます。 ハルゼミもジイジイ鳴きだして アマガエルのやかましい声が混ざります。

おっ 下判田にも都会に波が  いや ついにここにもオオキンケイギク(特定外来)が咲いているので Gさんが抜いていいるところです。

里山は アザミの花盛り いい天気なので 花粉もりもり

ノビルはいつのまにやら 種をつけて  これ食べられそうですね

オドリコソウって 結構毛むくじゃら

オタマジャクシの数がぐっと少なくなって 代わりに

アカハライモリが うようよ 産卵前のおご馳走にしたのかな この池にはオタマジャクシがいませんでした。
おっきいシダのイノデさんも ソーラスの季節

ぷちぷちがおもしろい
咲き始めた マルバウツギの上で この花はわたしのものよと ワカバグモ


先ほどのアマガエルさん 日差しが強いので アザミの花の下に入っております。

田おこしが終わった田んぼに 水が張られるのを待ってます。立小野川の水も堰が止められて 水が増えています。田植えももうすぐ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加