グーグーパンダが語る 本当の幸せって何?

新刊『第3の幸せ』【60ページ無料プレゼント中】         

■2 これじゃあ「仏」も浮かばれない?・・・「仏」って浮かんだり沈んだりするものなの?

2012-06-30 | その他

 

 

 

こんにちは、浄土真宗講師の筬島です。


昨日は、【浄土真宗】といっても【仏教】以外にないとお話ししました。

 

仏教とは

「仏」の「教え」

「仏」が説いた「教え」

のことですね。


では、そもそも「仏」とはなんなのでしょう?

今日は、「仏」についてお話ししたいと思います。

 

「仏」といいますと、世間では死んだ人のことを仏と言われていますね。

 

たとえば、ある火葬場で、90歳の女性と70歳の男性の遺骨を
取り違えて遺族に渡した、という事がありました。


それを報道したアナウンサーが

「これでは仏も浮かばれませんね」

と言っておりました。


また、葬式に行きますと、

「ここのお爺さんも、とうとう仏になってしもうたか」

とか

「こんな綺麗な死に顔の仏様、見たことないわ」


とか聞こえてきます。


時代劇を見ても、無残な遺体を見て

「これじゃあ仏も浮かばれねえ」

と、つぶやき

「おい、仏の身元をあらえ!」

と指示を出したりしています。

 


子どもの頃

「仏って、浮かんだり沈んだりするのかなあ」

と素朴に思ったものですが、今思うととんでもないことですね。

 

このように、みんな死んだ人のことを「仏」と言っておりますが、

もしも、もしも「仏=死人」のことだとしますと、


仏教とはどんな教え、ということになりますか?

 

「死んだ人が説いた教え」

 

ということになってしまいますね。


いわゆる「ゾンビ教」(笑)


あなたは、「ゾンビ教」の教えを聞きたいですか?

 

もし仏教がゾンビ教なら、2600年も続かず、世界最高の教えなどと有識者が絶賛するはずないですよね。

 


そもそも、死んだ人が教えを説けるはずがありませんから、

「死人」を「仏」というのは【大変な間違い】であると、お分かりになると思います。

 


では、「仏」「仏様」とは、どんな方を言うのでしょう。


実は「仏」とは、【最高のさとりを開かれた方】を言うのです。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


 ◎ここまでのまとめ 

   ・死んだ人を「仏」というのは間違い。

   ・「仏」とは、最高のさとりを開かれた方のこと。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 


ここで「さとり」という言葉が出てきました。

実は一口に「さとり」と言いましても、低いさとりから、高いさとりまで52の位があるのです。


これを「さとりの52位」と言われます。


ちょうど相撲取りでも、下はフンドシ担ぎから

上は大関、横綱までいろいろありますように、

さとりにも、ピンからキリまで全部で52の位があり、

それぞれ名前がついております。


その52の覚りの【最高のさとりの位】を【仏覚】(ぶっかく)というのです。


これ以上のさとりはありませんから、この上ない最高無上の覚り、

「無上覚」とも言われます。


この最高無上の、仏という覚りを開かれた方を「仏」とか「仏様」と言われるのです。

 


では、

覚り覚りと言われますが、何を覚るのかといいますと、

【大宇宙の真理】であります。

 

「真理」と言いましても、

数学的真理、科学的真理などありますが、


ここで言われるのは、


【すべての人が本当の幸福になれる真理】のことです。

 

さとりを開くことを山登りに譬えますと、一合目まで登るより、

二合目まで登ると、より遠くまで見えるようになります。


二合目よりも三合目、三合目よりも四合目と、

登れば登るほど、見える景色は広がってゆき、

最後、頂上まで登りつめたとき、辺り一面を見渡すことができるようになるようなものです。


ですから、最高無上の覚りである仏覚まで到達した方だけが、

大宇宙の真理すべてを体得することができるのです。

 

この仏覚を開かれた方を「仏」といわれるのであって、

死んだ人を仏というのは、大変な間違いです!

 


では、今日まで、仏の覚りを開かれた方は、この地球上にどれくら
いおられるのでしょうか?


実は、お釈迦様ただお一人であります。


これを

「釈迦の前に仏なし、釈迦の後に仏なし」

と言われます。


(自称仏はましますが・笑 

 お釈迦様は次にさとりを開くのは、弥勒菩薩で、それは
 56億7千万年後のことだと説かれています。

 遠く先のことですから、自称仏さま、残念でした)

 

今から約2600年前、インドに現れたお釈迦様が、

35才12月8日、仏の覚りを開かれてから、

80才2月15日にお亡くなりになられるまでの45年間、


仏として説いてゆかれたみ教えを、今日、仏教と言われるのであります。

 

◎結論 ・仏=最高のさとりを開かれた方。

    ・最高のさとりとは、

        【すべての人が本当の幸福になれる真理】

        をさとったということ。

    ・地球上で仏のさとりを開かれた方はお釈迦様お一人。

 

次回予告:次回は、仏と菩薩の関係についてお話ししたいと思います。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

★もし、貴方が大切な人(親、子供、夫、妻、親友など)から
         こう言われたら、どう答えますか?

 

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             毎日同じことのくり返しやし、

         どうせ最後は死ぬのに、なぜ生きなならんの?

   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

統計によると【80.9%】の人が、このような事で悩んだ経験があるそうです。

 

このディープな問いの答えが【浄土真宗】に教えられていました。

 

 

 

敷居が高く見られがちな浄土真宗ですが、

 

 

 

『物語』+『ネット講座』の画期的な形で学べる浄土真宗講座がいよいよスタートしました。
 

 

家にいながら基礎知識0でもスーッと理解できます。

 


 ★今なら『物語』は【メルマガで無料配信】

 

 

 

くわしくは、コチラをご覧ください。

 

    ↓↓

 

浄土真宗ネット講座

 


 

※人数限定の項目もありますので、お早めに。

コメント   この記事についてブログを書く
« ■1 浄土真宗ってどんな教え... | トップ | ■3  ・仏と菩薩とどっちが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事