犀川の河川整備を考える会

犀川の辰巳ダム建設を契機に河川整備を考え、公共土木事業のあり方について問題提起をするブログ。

【日々是好日なり】古代史の不思議?

2024年06月18日 | 日々是好日なり
日本の歴史教科書にユダヤは出てこない。
が、古代史に興味がでて、調べてみるとユダヤの痕跡だらけだ。
聖徳太子の美豆良(みずら)が不思議だったが、ユダヤ人の慣習か。
ユダヤとの関連を適当に挙げてみると、神輿、三種の神器、祇園祭(シオン祭り)、諏訪の風習、相撲の掛け声、民謡の囃子、山伏のと金や巻物(トーラー)、鳥居、、、などなど。

日本の歴史教科書に出てこない理由を考えてみた。
教科書は、日本歴史学会の先生方の書物が根拠になっているが、先生方の書物にユダヤが出てこない。
歴史の先生がが考える学問とは、むかしはシナ(中国)の書物を書写、読み、研究すること、
いまは、西洋の書物を翻訳、研究することである。

シナ(中国)では、征服者が、契丹であろうが、女真、モンゴル、満州族であろうが、シナとしてあつかわれる。
秦の始皇帝はユダヤが疑われるが、ユダヤとして現れない。
中国の書物にユダヤがでてこなければ、日本の歴史にユダヤはでてこない。

加えて、小中華の朝鮮半島は何かにつけて教えてやった、日本の文化の起源は半島だと五月蠅い。
中国から学んだことはあるが、半島へ教えてやったことは多いが、学んだことはほとんどない。
ただの通り道だ。
逆に、ユダヤの人達が日本列島への移動をする際に妨害したという出来事はあるが。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【日々是好日なり】人間はかなり高性能な機械だが

2024年06月17日 | 日々是好日なり
 わが身の年齢を数えて今更ながらに驚く。
 喜寿。
 相棒が、プレゼントだと寝心地のよい布団を用意してくれた。
 77年も生きてきたのだから、もうそろそろ退散してもいいかなとも思うが、相棒のことを考えるとそうもいかない。

 身近の便利な機械や設備は、2,30年もすれば、寿命である。
 木造の住宅は、5,60年。
 比較して、人間は80年ほども生きているのだから、かなり高性能、優秀な機械だ。

 とはいっても70年も使えば、劣化してくる。
 尿漏れ、頻尿が起きた時は驚いたが、考えてみれば、パイプも痛み、バルブもしまりが悪くなる。
 高齢化、機能の劣化、抵抗力・免疫力の減退し病気になるのは宿命だ。

 当方も3年前に、癌で直腸を切除した。
 すっかり、回復したところに、
 今度は、相棒が鎖骨の下に炎症ができて、痛くて手があがらなくなり、首のあたりが緊張のために頭痛に悩まされるという事態に。
 回復に数カ月、あるいは半年、一年がかかりそうだ(-_-;)

 まあ、人がたどる一生の道筋。
 まず、弱者として誕生➡ 壮者としてはばたく➡ 再び弱者となり終焉


コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【日々是好日なり】原罪とお祓い

2024年06月16日 | 日々是好日なり
 キリスト教の場合は、人が生まれながらに持っている原罪を払うためにお祓い(禊ぎ行為)を行うようだが、
 日本列島の人々は、人が生きて活動しているうちに止む得ず犯した罪や穢れを取り除き清めるためにお祓いを行う。

 お祓いの神事の始まりは、イザナギが黄泉の国から戻って身についた穢れを阿波岐原(あわきはら)ですすいだことから。※
 6月30日と12月大晦日の年に2回、お祓いで罪穢れを払うことになっているが、なぜ2回かよくわからない。
 多分、もとは1年間で溜まったものを払っていたのではないか。
 表年と裏年が交互にあると考えれば、現在の1年12カ月ではなく、1年6カ月だった。※2
 つまり、1年に1回、1年間の罪穢れを払うためにお祓いをした。

 罪穢れとは、大祓詞によれば、①天津罪(あまつつみ)、②国津罪(くにつつみ)、③許許太久(ここだく) の罪。

 ①天津罪(あまつつみ):共同体の農耕を妨害する行為、素戔嗚尊(すさのおのみこと)が神話において犯した罪とも。
 ②国津罪(くにつつみ):近親相姦、害虫、雷などの自然の災い、人を傷つけるなど社会の秩序を乱す行為の罪。
 ③許許太久(ここだく) の罪:よくわからない?

 古代人の罪穢れの意識から、
 ①稲作が最も重要視されていたことがよくわかる。
 ②当時から、害虫に悩まされていたか。
 ③イザナギ、イザナミは兄弟婚であるが、近親相姦の危険性を認識していた。※3
 ④人類の人口減少の大きい要因は、飢餓、疫病、戦争であるが、当地では、疫病、戦争の恐れは小さかったか。
 
※ 「筑紫(つくし)の日向(ひむか)の橘(たちばな)の小戸(おど)の阿波岐原(あわきはら)」
※2 表年(冬至➡夏至、日照時間が長くなり、活力が旺盛になる)
 裏年(夏至➡冬至、日照時間が短くなり、活力が減退する)
※3 蛭子(ひるこ)日本神話で、伊弉諾 (いざなぎ) ・伊弉冉 (いざなみ) 二神の間に生まれた第一の子。 3歳になっても足がたたないので舟に乗せて海に流したという。
 近親相姦の弊害:(Webより)近親交配を繰り返した場合、劣性遺伝のため発現していない、生存に不利な遺伝子が顕在化しやすく、遺伝性疾患が発生しやすくなる(近交退化、または雑種強勢の対語的に近親弱勢)。 また、遺伝的多様性の低下原因となり、伝染性の病気などへの耐性が低くなる。


コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【日々是好日なり】今回の震災の教訓の一つ

2024年06月15日 | 日々是好日なり
 報道によれば、輪島市の建築物の耐震化率が19年度で45%、全国平均87%(18年)と比べて著しく劣っていたことが、建築物の多くが倒壊した理由だと明らかになった。
 次の世代もいないのに大きな負担をするのは憚られる事情もあった。
 木造住宅の耐震化については、立て直す際に決められている建築基準法による耐震基準によることになるので後の問題にならないだろう※

 今回の震災での教訓の一つは、水道施設である。
 水道施設は、「浄水場から各戸まで給水される公共の水道施設」と各戸の「宅地内水道施設」に大別できる。
 前者については、耐震化を進めつつあったが間に合わなかったというところ、後者については、ほとんど配慮が行き届かなかったというところだ。
 今回の震災で、公的な水道が復旧しても、ほとんどの家屋で宅地内水道配管が損傷していたために水道を利用できないという状況が多発した。
 
 我が家でも、屋外の2カ所が断裂、一ケ所は塩ビ管でボランティアの助けを借りて修復した。
 一ケ所は、老朽化した鉄管の断裂で、専門家の助けを借りないと修復できない。
 ところが、依頼して2カ月、何の音沙汰もない。
 当地の事業所には仕事が殺到してさばけないようだ。

※ 木造住宅の耐震化
 1950(S25)建築基準法制定
 1959(S34)建築基準法の改正
 1968(S43)十勝沖地震での教訓で
 1971(S46)耐震基準の改正(独立基礎から連続したコンクリートの布基礎とする、震度5程度でほとんど損傷しない ※2)

 1978(S53)宮城沖地震での教訓で
 1981(S56)耐震基準の改正(壁量の見直しなど、震度6程度でも倒壊しない ※3)

 1995(H7) 阪神淡路大震災での教訓で
 2000(H12)耐震基準の改正(耐力壁の配置、柱・筋交い・土台を接合する金具の固定方法など)

※2「震度5程度の中規模の地震で大きな損傷を受けないこと」
※3「中地震では軽微なひび割れ程度の損傷にとどめ、震度6程度の大規模な地震で建物の倒壊や損傷を受けないこと」


コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【日々是好日なり】「震度」と「マグニチュード」

2024年06月14日 | 日々是好日なり
 本震が起きて余震が続くたびに、
地震被害見舞いの詞に、
「再び〇月〇日に新たに震度〇以上の地震が起き、度重なる被災に改めてお見舞い申し上げます」とあり、
「震度〇以上」が枕詞である。
被災した者の立場からみると、
「震度」よりもエネルギー規模を表す「マグニチュード(巨大さ)」が問題。
「震度」が大きくても「マグニチュード」が小さいと、ほとんど被害がない。
 震度は震源に近ければ大きくなるが、マグニチュードが小さいと影響範囲が狭く、揺れの時間も短い。
 したがって、被害も小さくなる。

 先日の6月3日の地震でも最大の震度は5強であったが、
「マグニチュード」が本震(M7.6)と比べてM6.0とかなり小さかったので被害はほとんどなかった。
当地(柳田村)では、揺れたが数秒程度、本震の際は揺れが長く、1分程度は揺れたと思う。
被害の大きさは、揺れの大きさ(震度)と揺れの継続時間(マグニチュードの大きさに対応)の積だろう。

エネルギー規模の比較をしてみれば、
M7.6➡本震1と設定
M6.0➡本震1の251分の1
M5.0➡    7900分の1
M4.0➡    25万分の1
M3.0➡    790万分の1

いまだにM3やM4の地震が2,3日に1回は発生しているが、ほとんど無視できる水準。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする