犀川の河川整備を考える会

犀川の辰巳ダム建設を契機に河川整備を考え、公共土木事業のあり方について問題提起をするブログ。

その他>西欧の混迷、米国の混乱、中国の弾圧 <> 和合の日本

2020年06月28日 | その他
●西欧の混迷
 自由・平等・博愛という人道主義的な思想とキリスト教的なゴットの厳命に従えと言う絶対的な価値観が相まって、アフリカや中東からの難民を無制限に受け入れて社会的な混迷状態になった。

●米国の混乱
 民主主義(≒個人主義)と自由主義思想(リベラリズム)、加えてキリスト教的な信仰心が米国の背骨だ。キリスト教的な信仰心のところのタガがはずれ気味で、デモクラシーだ、個人主義で自由にやらせろが行き過ぎて社会的な混乱が起きている。世界中から集まった種々雑多な人たちの集合体だ、考え方も何もかも、違いすぎる。人間を信用しすぎで、うまくいくわけがない。これを評価する歴史・伝統の知恵が薄弱だけに許容力が乏しい。デモクラシーだ、リベラリズムだという価値観は社会を混乱させるだけだ。

●中国の弾圧
 国土も人口も過大で、陸続きの大陸国家で周囲からの侵略を受けて権力闘争のすえに易姓革命で王朝交代の連続だ。中国共産党王朝は武力と共産主義イデオロギーという手段で国中の金持ちから財産を奪い、財力と権力を獲得した。西欧的人道主義もキリスト教的なゴットも無縁で、天命を受けた皇帝が有無を言わせずに人民を支配する。弾圧国家にならざるを得ない。いずれ内部崩壊する。歴史的必然だ。

●和合の日本
 和合の価値観は日本列島で育まれた価値観。宗教的、政治的、民族的、思想的などなどいずれも二千年の歴史の知恵の積み重ねの上に、和合、融和、話し合い、協調、相互信頼の社会を創りあげた。理想的な形態だが、日本列島以外では実現困難か。
コメント

その他>そばに火の宮神社がある

2020年04月29日 | その他
柳田村(内浦町、能都町との町村合併で能登町になったが。)には、34集落あり、40の神社がある。集落毎に土地の神様を祀っている。
その一つに日詰脇集落があり、この集落は30世帯、79人(平成27)である。

この集落の神様、御祭神はカグツチノミコト、火の神様である。イザナミが生んでその火で火傷を負って黄泉の国へ行かざるをえなくなったといういわくつきの神様?である。

この集落で特にこの神様を勧請した理由はなんだろうか。
火は料理するためにも暖をとるためにも生活に不可欠であるが、水でもなく、土でもなく、金でもなく、特に火の神様だけを祀るというのは、ひどく、専門に偏っている。ゼネラリストではなく、スペシャリストを選んだのはなぜか。火をつかう仕事は鍛冶屋だが昔は鍛冶屋が何軒かあったのかもしれない。今は、鉄筋屋、豆腐屋がある。そういえば、陶器を焼いているものもいる。

山の民が山の神様を、海の民が海の神様を、農民が田の神様を祀るのはわかりやすいが、一つの専門職の神様を集落の人たちが祀るのはよくわからないところがある。
どういう風に御祭神を選んでいるのだろうか。

柳田村の40の神社の御祭神を見ると諏訪神社、菅原神社、日枝神社などてんでんばらばらである。そのうちでも最も多いものでも、白山神社(御祭神は、白山ひめ、くくり姫ともいう)の5社である。

いまのところの当方の結論は、集落の人たちの集約した関心をかなえてくれそうな神様を適当に選んだのだろう。日本の神様は勧請すれば即座にお越しいただけることになっている。新たに難題が発生すれば、スペシャリストの神様を勧請すればいいのである。御祭神は何人でもオッケーである。

その上に多くの神様は、御利益も五穀豊穣、国土安寧、息災延命、家内繁盛、諸病平癒、夫婦円満、子宝、安産祈願、合格祈願などメニュー豊富である。

いずれにしても、
日照りや冷夏などで不作になったり、洪水や地震、疫病などで苦しめられるから、豊作を祈願して「五穀豊穣」、洪水や地震などの災害がないように「国土安寧」を祈願するためにお祀りをしたとしても、

山の幸、海の幸など豊富だから、たびたびの災難も許容できるほどのことだったろう。だから、神頼みもほどほどであり、日本の神様自身もお気楽な存在だったろう。
あまり頼りにならないということになれば、外来の強力な仏教の神様に助けを借りるために境内に神宮寺を設けていたということもあった。
コメント

その他>火の宮神社

2020年04月28日 | その他
 すぐそばに火の宮神社がある。
コメント

その他>コロナウィルス騒動

2020年02月26日 | その他
令和の御代はただならないことになりそうだ。
年初から、武漢発の感染症の荒波が日本に、金沢にさらに奥能登まで波及してきた。
日曜の公民館祭り中止の案内が届いた。
サーズの際は、収まるまでに半年がかかったというが、
感染力が強いらしい新型コロナは、さらに長期にわたり、
世界中に広く拡散して
衛生環境の範囲にとどまらず、
その影響は想像できないくらいのものになりそうだ。
中国は言うに及ばず、極東アジア、日本の政治、経済を揺るがし、
政治体制、経済のしくみの崩壊にまで進んでいくだろうか。
コメント

その他>能登の北前船の古文書を調べた(その6)

2019年10月28日 | その他

 能登の北前船(歴史)を知ることも今の時代をより分かるためである。

 当方は現在、能登の柳田村(現能登町)で暮らしているが、つい最近まで「生まれてから一度もこの村を出たことはない」と話す人たちがめずらしくなかった。十数戸の谷あいの集落で生活し、たまに2,3里離れた村の商店街に買い出しに行く程度の行動範囲である。これが、その人の世界である。
 ところが、今を生きている多くの人は、日本国内は言うに及ばず、世界各国を旅している。これが現代の人の世界(空間)である。
 
ついその昔、村に住む人たちは、加賀の中心である金沢まで100キロメートル強の道のりに過ぎないが徒歩で3日かかり、つい最近まで、柳田から宇出津まで徒歩、宇出津から七尾まで船、七尾から金沢まで汽車と一日がかりの旅だった。現在では、車で2時間ほどである。時間が数十分の一に短縮されたわけだが、逆に言えば、人を取り巻く時間の速さが数十倍になっているとも言える。これが現代の人が否応なく乗せられている乗物(時間)ではないか。

 便利な世の中になったと喜んでいるが、早く、広がった、時間と空間の中で右往左往しているのでは。
 パソコンやスマホの普及が極限近くに達して人びとが情報氾濫におぼれかかっているようにも見える。豊かで幸せな暮らしとは何か、を見失いがちである。
 歴史的な過去をふり返り、他所を見聞きすることで、今という時と所を理解する手がかりにすることができるのではないだろうか。
 
コメント