犀川の河川整備を考える会

犀川の辰巳ダム建設を契機に河川整備を考え、公共土木事業のあり方について問題提起をするブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2020年米国大統領選挙の感想

2021年01月17日 | その他
 史上、最も人気がないといわれるバイデンが八千万票の得票を獲得して大統領に選ばれ、一方、過去の大統領選挙と比べて最も多くの支持がされて7千4百万票を獲得したトランプが敗者となった。

 大規模な不正が行われたことは自明だが、不正はなく、公正な選挙が実施されたとして、州議会、連邦議会でも承認された。

 理解に苦しむが、法律上は、裁判所で「不正」という司法判断がなければ、「不正」はないということになるらしい。
 法治国家では、「不正」(「公正」あるいは「正義」もか)は、司法の場で判断が出されてはじめて「不正」か否かが確定する。それまでは、「不正」はないことになる。

 「不正」が無いのであるから、バイデンが選ばれた選挙は、公正に行われたのであり、「今までに最も公正な選挙が行われた(米国の高官の弁)」ということになる。

 偽善であるが、法秩序で成り立っている社会、法のみによって秩序を保っている社会の限界である。

 米国は、理念/観念で形成された社会であり、さらに言えば、理想郷信仰(現世にユートピアができると考えること)と個人主義(全体よりも個人が大事ということ)に基づいている社会である。

 正しいと個人が信じた思想が支えであり、異なった他人の思想を受け入れることができない、異見を排除する社会だ。
これを補完し、社会の秩序を維持するために、法治があり、法治しかない。

 自由だ、平等だ、民主主義だ、人権だ、環境だとと理念によって議論するが、それぞれが言い放つだけで相手を受け入れ、調和することはないようにみえる。言論の自由だといっても、思想の異なる人の言論の自由は認めないことになるようだ。

 法治といっても、歴史が浅く、文書の形式しかもたない「法治」は、解釈をめぐって千々に乱れる。

 人の考え、人為など浅はかで愚かなことだという謙虚なところに立たないとうまく運ばないように思える。

 歴史、伝統、文化、先人の叡智の蓄積を踏まえ、の上にで慎重に判断して試行錯誤しながら徐々に進む。保守の考え方である。
 わが日本に振り返って想う。先人がいて、先祖があって現在の自分という存在がある。家族、知人とともに共同社会を生きる。先祖は御霊となり、共同社会を見守る。
 同時に、自然から学び、自然秩序を重んじ、自然に霊性をみる。御霊信仰がある。人為は及ばない、恐れ多い存在である御霊の信仰である。

 自然の御霊、皇祖(最も古い家)から現在に続く先祖の御霊の護りのもと、われわれ日本国は「君民統治」ともいうべきか。
 法治だけではないのである。
 くだけて言うならば、この国ではお天道様が見ているということで不正はしない。

 2020年米国大統領選挙の状況を見ての感想は、つぎのとおり。
 理念による統治(頭の中で考える統べる方法、法治)は、正しい(と信じる)理念のためには手段をえらばず、理念が達成すればよいのであり、個人の意思を無視して全体が治まればいい、全体主義と同類ではないだろうか。
2021.1.17,naka
コメント

その他>アメリカ大統領選挙に思う

2020年11月18日 | その他
アメリカの大統領選挙はかなり混乱しているようだ。
国民の分断は、160年前の南北戦争以来ともいわれる。共和党と民主党だけの政治の争いではなく、行政、司法、経済、マスコミ、教育界、宗教界など国内の隅々で対立が深まっているようだ。

アメリカという、個人を尊重した民主主義国家の土台が揺らいでいる。民主主義国家である所以である選挙が信用できず、もう一つの心棒であるキリスト教的な信仰心も衰退すると、この国をまとめてきたものが失われ、バラバラに分解される。

一方、わが国は、戦後、連合国占領軍の政策でアメリカ民主主義を拝受させられた。例えば家庭・学校・社会において、封建主義的な身分の拘束から解放され、個人が尊重されて、女性が自由になったなどというものである。個人の尊重が過度になると、十人十色だから、現状の米国のようにバラバラになりがちだ。

わが国では、戦後、経済一本槍で国をまとめてきた。一億総中流で豊かになった。高度成長の時代はこの要因でまとまってきたのだろう。明解である。一段落して経済停滞すると分解しかかったが、大災害や天皇の譲位で再結束した。二千年におよび継承されてきた潜在的な「国の伝統と文化」の力である。二百数十年の伝統の米国にはない。
コメント

その他>李登輝/日本精神

2020年09月18日 | その他
 先日、李登輝先生が亡くなられた。
 台湾生まれだが、当時、日本であり、日本の教育システムで育ち、22歳まで日本人であり、京都帝国大学で学んだ。
 
先生いわく、
 日本の教育システムには、「人はどのように生きるべきか」、「公と私は」、明確な指針があった。素晴らしいものだったが、戦後の日本にはそれがなくなった。
 また、戦後の日本人は伝統や文化の重みを軽んじ、伝統文化の否定からくる価値観が混乱している。日本人特有の精神である、「大和魂」あるいは「武士道」という最高の道徳規範が、見向きもされず、足蹴にされている。単に精神、生き方の心得であるというだけでなく、日本人の心情、気質、美意識である、勇気や決断力の源泉になるものであり、生と死を見つめる美学、哲学である。
 日本精神とは、、、勇気、勤勉、奉公、自己犠牲、責任感、遵法、清潔、、、、。

 先生の指摘を受けるまでもなく、現在の学校教育は、知育偏重である。「どうしたら得になるか」。そのための教育である。「いかに生きるべきか」という徳育は無い。だから、いかがわしいところへ通っていた、文科省のトップがいまだに教育について語る。

 現日本人の精神が実利に片寄りすぎている。健全な日本人の精神はどこへ置いてきたのか。
コメント

治水>球磨川氾濫について(あらためて)

2020年07月19日 | 治水
 地元の北国新聞で球磨川氾濫の特集記事があった。
 両方の意見を掲載して妥当な結論(ダム推進派も反対派も本質的には同じ)に落ち着いていた。
 今回の球磨川氾濫は川辺川ダムがあれば防げたかどうかは検証しなければわからない(ダム反対の立場)、気象変動による豪雨から洪水被害を防御するためにはダムという手段を含めて流域治水という総合的な対策をとらなければならない(ダム推進の立場)。

 球磨川氾濫について、大方の新聞記事では、川辺川ダムを造らなかったために起きた氾濫だと非難するものが多いようである。
 
 これに対して、当方の意見は、ダムによる治水は、ある想定内の豪雨に対する暫定的で補助的な対策であり、長期的には、想定内外の豪雨を問わず、洪水被害を最小化する流域治水、あるいは総合治水による方策で対応するべきである。かつ、中下流域の治水は中下流で対応すべきで、上流域の犠牲(集落をダムの底に沈める、言い換えれば人為的な洪水?で水没させること)で解決するのは本質的に矛盾する対策である。

 今回の球磨川の氾濫については、かなりの犠牲者がでているので同情はするが、行政をむやみに非難するのは同意できない。
 氾濫原に住むには住むだけの覚悟と対応が必要であり、歴史をたどれば、専門家でなくても誰でも氾濫原を知ることができる。また、氾濫を想定したハザードマップも行政機関で用意されている。

 ただ、今回の球磨川氾濫について、
 川辺川ダムと人吉の関係だけに着目すると、人吉での氾濫抑制効果はなにがしかあったようにも思う。
 人吉盆地の流域面積に対する、川辺川ダムの流域面積は3割以上あり、川辺川ダムに貯めることができる雨量(相当雨量179mm)で、一塊の豪雨をため込んで洪水量を低減できることは明らかである。

 しかし、今回の豪雨による洪水氾濫を川辺川ダムが防止できたかどうかはわからない。
 1200年の間、洪水被害に遭わなかった神社が浸水被害を受けたという。記録的な豪雨による氾濫であったことは間違いない。
 松原・下筌ダムの筑後川が氾濫した。
 自然現象は科学的確率手法を用いて想定することはでき、その想定に基づいて治水ダムを造ることはできるが、この想定を超えると、無力であるばかりか、逆に被害を増大させることにもなる。その上、手段が巨大なもの頼れば頼るほど、逆効果も巨大になるだろう。
コメント

ダム問題>洪水調節専用の「穴あきダム形式」は愚型

2020年07月09日 | ダム問題
 穴あきダムは、洪水流を量的に調節する機能を持つ。
 平常時は、ダムの底にある穴から、河水が流れ、ダムには水が貯まらない。洪水時には、ダムの底の穴の大きさに応じた水が流れ、それを超える洪水はダムに滞留する。洪水流の大きさにかかわらず、穴から流れ出る水量は制限されるので下流に流れる洪水流は小さくなる。
 
 川幅を狭めて流れる水の量を制限すればよいのであって、水をせき止める形式のダム※ である理由はない。
ダムを前提にして発想すると穴あきダム形式となる。
 
 自然の河川の水流が滞留する河道、例えば、辰巳ダムが建設された地形のように辰巳用水取水口付近で河道が狭まり、その上流は自然の水流が滞留するような幅広い河道となっている、このような自然の洪水調節機能をもつ地形から発想すれば、細い縦長水路形式となる。
 つまり、川幅を狭めるだけと考えれば、詰まりにくいし、一部が詰まっても上下、左右から流れるのでほとんど閉塞の懸念はない。
 
 ダム建設を前提とするから、ダムに穴を開けるという発想になり、詰まる芥の心配もでてくる。スクリーンを設置したり、流木止め工など種々の閉塞防止のための対策を要することになり、建設、管理共に複雑、煩雑となる。

※:ダムとは、川や谷を横断して水を堰き止める土木構造物。
令和2年7月9日
中登史紀

コメント