モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

禿岳は紅葉よりも展望【後編】(2021年10月25日)

2021-11-13 | 甑山・神室・禿岳

(本頁は「禿岳は紅葉よりも展望【前編】」の続きです。)

五合目の前後から、ところどころ樹林が切れ、鬼首カルデラが眺められるようになる。
今回、紅葉は思ったほどのものではなかった。他の山でもそうだったが、紅い紅葉がほとんど無い。
黄色や褐色(日が当たるとオレンジ)ばかり。ここではもっぱら上から眺めおろす紅葉が続く。

鬼首カルデラの眺め。主に大柴山方面。



カルデラ壁の紅葉



鬼首カルデラの眺め。主に荒雄岳方面。




カルデラ越しに栗駒山を望む。



あと少数だが、春に咲いた花の返り咲きを見つけた。

ミヤマスミレの返り咲き                              エチゴキジムシロの返り咲き
 



八合目付近まで登ったら、向町盆地(こちらもカルデラ)がまた見えるようになった。
今度は雲海がほとんど消えていた。
しかし奥の方、最上川の本流に沿った細長い盆地(新庄盆地の南端の方)はまだびっしりと雲海に覆われていた。
高空は薄い雲に覆われて来た。今日は山頂からも鳥海山をぜひ見たい。それまで天気よ。持ってくれ。

向町盆地(こちらもカルデラ)の眺め。左奥に月山。



またまた月山をアップで。




紅葉越しに月山                                 残り少なくなった稜線の紅葉

   



真南方向の眺め




いつもそうだが、真南の方角は逆光気味になり、よく見えない。船形連峰や蔵王もハッキリしなかった。

それでも村山盆地が雲海=霧に覆われていることはわかる。
今日の山形県(内陸部)はスッポリ霧に覆われたままのようだ。

神室連峰火打岳



九合目・不動明王様                              エゾオヤマリンドウの残り花
   


北側、虎毛山方面を望む。



コースタイムでは花立峠から約二時間のところ、今回は約二時間半かかって10時40分頃、山頂に到着した。




今日の山頂は人が多かった。山頂標の周りには常に人が居た。

山頂から鳥海山が見えた。
西の空はあいにく高曇りになっていたが、今までにここから見た中では一番ハッキリとした鳥海山だ。

神室連峰小又山(左)と天狗森の間から鳥海山



神室連峰の眺め。主峰の神室山は右の山。



神室山



北側、秋田の山々を望む。左から山伏岳、高松岳、虎毛山。



山頂は風が強く、{{{゚◇゚;}}}ガクガク 寒くて長居は出来なかった。早い昼飯は風を避けて灌木帯の中に身を沈め、食べた。


山頂付近で見かけたあれこれ。


オオカメノキの冬芽
 



ナナカマドの実



1000m超の登山はたぶん今回が年内最後になるだろう。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

禿岳は紅葉よりも展望【前編】(2021年10月25日)

2021-11-12 | 甑山・神室・禿岳

10月25日は越境して宮城の山に行くことにした。
通常ならば、秋田市から国道13号線を南下し、(湯沢市南部の)横堀から国道108号線に入るのだが、
今回は日東道を本荘まで南下した。

その後、国道108号線を走り、旧・矢島町や旧・鳥海町を通過、湯沢市院内で13号線に乗り換え、
湯沢市横堀からまた108号線を走り、スガ前総理の出身地・秋宮地区を掠めて宮城に越境した。
何故こんな遠回りをしたのか。理由は雪姿になった鳥海山を近いところから見たかったから。

午前4時50分、自宅を出発。6時ちょっと過ぎ、旧・矢島町を通過する頃、日の出を迎えた。
ほのかだが、モルゲンロートに出会うことが出来た。







矢島町を過ぎると、鳥海山は前衛の山の陰になり、見えなくなるが、
旧・鳥海町の笹子峠からちらと見えるので、そこにも寄り道してみた。

ここから見る鳥海山はみごとな富士山型だ。







今年は初冠雪が18日と例年より遅かったのに、いきなりドカッと降って、中腹まで一気に白くなってしまった。

その後は天候も不順で見に行けなかったが、25日は晴れとの予報だったので、ことに及んだような次第。

ここで今回の非合法マップ。
先に鳥海山を眺めた2ポイントは左上の辺り。後で禿岳からも眺めているので、一応、線を引いておいた。




ところで今日、登る山は宮城山形県境にある禿岳(かむろだけ)だ。

登山口のある鬼首地区には8時頃、到着。
ここからは田園越しに禿岳が屏風のような姿で望まれるが、今朝は左側に少し霧がかかっていた。
ついさっきまで鬼首盆地は霧で覆われていたのだろう。

鬼首地区から禿岳を望む。



花立峠に向かって走っているうちに霧が晴れて来た。




パッと見た限りでは禿岳は紅葉していた。

花立峠手前から禿岳



花立峠の駐車場は月曜日だと言うのに車が10台くらい停まっていた。

あと残り二台くらいかなと思っていたら、たちまち二台が到着し、駐車場は満杯になった。
車のナンバーを見たら、私以外は全て「宮城」か「仙台」。遅れて来た老夫婦に挨拶したところ、
秋田から遥々お出で頂き嬉しい。と言われる。

花立峠からは栗駒山がよく見える。栗駒山の雪姿を見るのは珍しい。




非合法マップ2



初めは禿げた稜線を登って行く。ここからは山形側の景色が見え出すが、
今日は葉山と月山がよく見えた。
月山は完全に冠雪している。
すぐ下の向町カルデラの盆地はびっしりと雲海に覆われていた。
禿岳には何度も来ているが、こんな風景に遭遇したのは初めてだった。

向町カルデラの雲海を望む。奥には葉山と月山。



葉山、両脇の白い山は朝日連峰。左は大朝日岳、右は以東岳。



月山



禿げた稜線で山形側の雲海や月山を見た後はいよいよ樹林帯に突入だ。

樹林帯直前から禿岳を望む。



樹林帯に突入。



風が強いせいか、木は小さく、疎らなので明るい森林が続く。

樹林帯のブナ林



 





三合目で休憩していたら、私よりも遅れて出発した老婦人や老夫婦に追いつかれ、追い越されてしまった。
今日は天気がよく、眺めも好いのでのんびり行くことにしたが、4,5合目の登りはきつかった。

三合目                                        4,5合目の登り
 



急に鬼首カルデラの眺め。




【後編】へ続く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

禿岳でちょっと珍しい花を見た。(2021年9月15日)

2021-09-28 | 甑山・神室・禿岳

不要不急の県外往来は避けるよう言われて久しいが、
今回は秋田で見られないちょっと珍しい花が丁度今咲いてるようなので、
敢えて禁を破り、宮城山形県境にある禿岳に行ってみた。なお禿の読みは「はげ」ではなく、「かむろ」だ。
近くに神室山が有り、紛らわしいので、「はげかむろ」と呼ぶ人も多い。

このお山、晴天ならば、とても眺めのいい山だが、15日の朝は帽子=雲をかぶっていた。
登っているうちに晴れて来るだろうと楽観的に解釈し、花立峠から登山開始。

花立峠の登山口から禿岳を望む。



今回の非合法マップ




歩き出してすぐ、まずはオオナンバンギセルの残り花。次いでセンブリがいっぱい。

オオナンバンギセルの残り花                                センブリ
 



一合目付近のブナ林




林の中に花は皆無。唯一、咲いていたのはギンリョウソウモドキくらいだった。

ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)                        キノコが少し
 



エゾシオガマ




ところで秋田で見られないちょっと珍しい花とは何か。
それはマツムシソウのことだ。
マツムシソウは秋田県版レッドデータブック2014によると、「絶滅」となっている。
また隣県の山形では絶滅危惧IA類 (CR)、宮城でも絶滅危惧II類(VU)とのこと。
個人的には信州の高原などで数回見ているが、東北では宮城の南部や福島の一部を除き、聞いたことが無い。
一昨年、宮城の友人から、秋田に近い禿岳に有ると教えられ、いつか見に行きたいものだと機をうかがっていた。
開花時期は九月の中旬以降なので信州の高原に較べると少し遅いように感じる。
今回、私が見つけたものは、花が貧弱でしかもたったひと株だった。
宮城でも今ではかなり少なくなっている。大事に見守って行きたいものだ。

マツムシソウ                                     エゾリンドウ?
 



この山のリンドウは葉腋にも花がついていた。となるとエゾリンドウということになるが、

同じ場所に茎頂に一個だけ、貧弱な花が付くタイプも有り、迷ってしまう。
東北地方の高山に多いエゾオヤマリンドウとはいったい何なんだろう。


稜線を登るうちに晴れ上がり、樹林の途切れた場所から下界の景色が見えるようになって来た。
鬼首カルデラの眺めが素晴らしいのだが、この山からはもうひとつ、向町カルデラも南側に見える。
禿岳は両方のカルデラの外輪山となっている。こういう山は珍しいと思う。

鬼首カルデラの眺め



向町カルデラ




途中から禿岳を望む。                                                                                    四合目から五合目にかけては急な坂道が続く。
 



オオカメノキの実



ミズキの実




鬼首カルデラの中に奇麗な田んぼが見えた。




ところが奇麗な田んぼの手前には工業団地のようなものが出来ていた。




昨年、来た時は無かったように記憶しているが、これはソーラーパネルの列のようだ。

山頂近くからの眺め。

鬼首カルデラ



栗駒山方面



虎毛山、須金岳方面




カルデラ壁の急斜面




山頂近くなったら、ナナカマドが多くなってきた。




イワショウブの古花                                  禿岳山頂

 



禿岳の山頂は晴れていればとても眺めのいい処だが、
今日は視程がイマイチで遠くの山々はぼんやりとしか見えなかった。

禿岳山頂から神室連峰。左から小又山、天狗森、神室山。



下山した時は禿岳が見えていたが、この後すぐに雨が降り出し、姿は見えなくなった。




下山してから、山麓で見た花風景。

テンニンソウにアサギマダラ                        サラシナショウマにイカリモンガだろうか。
 



カメバヒキオコシ




オタカラコウは秋田ではなかなか見られない花だ。

 



近くの虎毛山の赤倉沢が分布の北限と聞くが、私はまだそこでは見たことがない。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初めての神室山(2016年9月24日)

2021-09-27 | 甑山・神室・禿岳

本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。

神室山は本来ならばキヌガサソウの咲く6月に行きたかった。
遅れに遅れたが、9月24日に初めてその頂きを踏むことが出来た。

それにしても (´π`;)ハードな山だった。秋の宮から西ノ又コースを登り、パノラマコース経由で下りたが、
写真撮影を500枚程度に抑えたにもかかわらず、登りに四時間半、下りに三時間半もかかってしまった。
とても歯ごたえのある山だった。

この日は秋の宮で夜明けを迎えた。神室山方面はしっかり晴れていた。

朝5時頃、湯沢市秋の宮から望む。右の三角形が前神室山。神室山本体はその陰になり見えない。



役内集落の終わりからパノラマコース登山口までは未舗装で腹擦りながらも、車は乗り入れ出来た。

問題は西ノ又コースのその先だが、林道終点の前に冠水箇所が有り、下手をすると身動きできなくなる可能性あり。
下りも考慮すれば、パノラマコース登山口に車を置き、テクテク歩いた方が得策だと思った。

パノラマコース登山口。
パノラマコースは看板から右上に登るが、西ノ又コースは左の草深い林道をさらに進む。



登山口の標高は約410mなので山頂(1365m)までの標高差は約950m。

1000m無いから、たいしたことはなかろうと思ったが、
(´π`;)とんでもない。
その後まもなくこの山の厳しさをいやというほど味わうことになった。

非合法マップ
 



このコースに吊橋は二か所ある。第一吊橋はけっこう揺れた。一人ずつ渡った方がいいと思う。

西ノ又の谷間は奥へ行くほど険悪な雰囲気になって行く。



  

「この先登山道が不明瞭なので・・・」との案内板。  登山道が消えたと思ったら、左側にロープが垂れていた。 

 


第二吊橋から三十三尋の滝までの間が前半の難儀の頂点だろうか。
「老いて猶・・・」の金属製看板に励まされる。

 


渓谷にずり落ちないよう慎重に歩いていたが、三十三尋の滝を過ぎた渡渉点で、思いがけず足を滑らせてしまった。
さいわい怪我はなかったが、渡渉を甘く見てはいけない。

不動明王に無事を感謝。




写真は省略するが、渓谷沿いで見かけた花は、
テンニンソウ、サラシナショウマ、キツリフネ、ダイモンジソウ、フキユキノシタなど。

その後の胸突八丁の登りはやはりしんどかった。

ふり返ると樹間に前神室山の姿が見え、ホッとするが、その後も急な登りが続く。




やがて樹林帯が終わり、急に視界が開けるようになる(クマの昼寝坂付近)。




御田の神(マミヤ平)に到着。




後ろの山は西ノ又沢源流部の稜線であり、神室山ではない。
御田の神は夏場ならばいろんな花が咲き乱れる場所なんだろう。今はキンコウカの草紅葉くらいだ。




稜線に向かい、笹薮の細道を進む。

道の両側から水がしみ出している。此処では夏場いろんな花が咲いてたようだ。
写真は省略するが、チョウジギク、オニシオガマなどの枯れ花、現役ではエゾオヤマリンドウを見かけた。




窓くぐりの手前には国内最大(世界最大)のキヌガサソウの群生地が有ると言うが、
今は枯れてしまい、葉っぱ一枚を見ただけだった。

キヌガサソウの証拠                                      窓くぐり
 


「窓くぐり」をくぐると一気に視界が開ける。
初めて見る神室山本体(秋田側)の山肌はけっこう厳しかった。こういう襞々は秋田の山では珍しい。




大役内川の源流部 。




反対側には一段と雄々しくなった前神室山が。




山頂部稜線には少しだけ残り花が有った。

タテヤマウツボグサの残花。                              ハクサンフウロの残花 。
 

センジュガンピの残花。                                 神室山山頂を望む。 
 


山頂に到着。
バックは虎毛山。




山頂から東側の山々と役内川の谷間を望む。

左から山伏岳、高松岳、栗駒山(雲をかぶっている)、そして虎毛山。




南に神室連峰の最高峰。小又山(1367m)。
神室山よりも2mだけ高い。

 
                                           西の雲間から鳥海山。

今日、鳥海山はちょっとだけしか見えなかった。

西ノ又の分岐まで戻る。

そこから形のいい前神室山を目指し、西ノ又沢の稜線を辿るが、これがけっこう長かった。




ナナカマドの実




前神室山稜線から振り返る。

左から小又山(天狗森と重なっている)、火打岳。




前神室山の稜線から北側(横手盆地)を望む。




このコース、パノラマコースと呼ばれているが、樹木に覆われ、見通しはほとんど効かない。
樹林越しに役内の集落を俯瞰。




その後、杉林になり、あっという間に下山。

山麓(川井付近)から振り返ると、西ノ又沢源流部は雲に包まれていた。




(´π`;)しんどい山だった。あとで登った虎毛山(こちら)や和賀岳(こちら)よりも・・・。
秋田の山としては最も難儀な山ではないかと思うが、
国内最大(世界最大)のキヌガサソウを見るために最低もう一回、登らなければならない。

⇒ 二回目の神室山の記録はこちら


モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

初秋の禿岳に行ってみた。(2017年9月9日)

2021-09-10 | 甑山・神室・禿岳

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)

九月の上中旬は何処の山に行こうか、ちょっと迷う時期だ。
高山の花は多くが店じまいし、かといって紅葉にはまだ少し早い。

そういう時期の晴れた日は展望を愉しめる山がいい。
てなわけで、

9月9日は遥々宮城県まで越境し、禿(かむろ)岳に向かってみた。
鬼首の高原から望むその姿はいつ見ても素晴らしい。




北側、秋田との県境に横たわる須金(すがね)岳の姿もいい。
ちょっと日本離れした風景だなと思う。







禿岳は今年5月20日にも登っている。素晴らしい展望だった。

ところが今回は(花立峠から)いざ登り出すと、山形県側から次々と雲が湧き出し、
途中はもちろん、山頂に着いても何も見えなかった。

よって今回は当初の目論見、展望の山旅にはならなかった。
また今回、花は期待してなかったのだが、こちらは必ずしもそうではなかった。

歩き出してほどなく意外な花がイッパイ咲いてた。

オオナンバンギセル(寄生植物)
 






オオナンバンギセルは当てにしていた男鹿半島が今年は外れだった(こちら)ので、
ここで見られてよかった。

登山者は我独り。クマは居ないと分かっていても前半のブナ林急坂は少々心細かった。

一合目付近のブナ林。                                  ユキザサ
 


最初は緩やかだが、この後すぐ急になる。
 

ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)(腐生植物)               ドクツルタケ(猛毒)
 



ブナ林内に花はほとんど無し。腐生植物や変なキノコばかりだった。

上の方に行くと、木の実が少し。

ミズキ


オオカメノキ



6時50分、花立峠を出発し、山頂には8時40分頃到着。

折角上ったので、山頂の北部をうろつき、早い昼飯を食べたりしてガスが晴れるのを待つことにした。
すると登山者が続々と登ってきた。あっという間に山頂は人だらけ。さすがに仙台に近い山だと思った。

九合目の不動明王?様                            禿岳山頂にて。 (´π`;)ワタシはまだ禿げてない。
 


私自身は山頂であれ、他の場所であれ、自身の写真を撮ることは皆無に近い。
ところが今回、ガス晴れ待ちの間、ヒマなので、他の登山者のカメラ・シャッターを押してあげたら、

私のカメラ・シャッターも押してあげると言う方が現れ、断り切れなくて山頂で記念撮影となった。
割とよく撮れたので、遺影にでもしようか。

山頂で二時間近く粘ったら、さすがに少しずつ晴れて来た。
禿岳山頂から北側、1259m峰(中ノ沢の頭?)、そして虎毛山を望む。




神室連峰最高峰、小又山がチラリと・・・。




禿岳の東壁。




下山時に禿岳の稜線を。




山頂付近で見かけた数少ない花。

エゾシオガマ(半寄生植物)                             イワショウブ とイワイチョウ
 



皮肉なもので下山を開始したら、ドンドン晴れて来た。しかし視程はイマイチだった。

鬼首カルデラ西部を俯瞰。




オニコウベスキー場方面をアップで。




鬼首カルデラ北部を俯瞰。

左奥に栗駒山、右の黒い森は中央火口丘の荒雄岳など。



栗駒山のアップ。



山形県側、向町盆地の眺め。こちらも古いカルデラだと聞く。




此処は斯様にカルデラ地形の眺めが素晴らしい場所だが、あまり話題にはならない。

下山してから、車で山腹を走っていたら、咲いていた花たち。

テンニンソウ                                    カメバヒキオコシだろうか。
 


更に鬼首カルデラ内、国道108号線沿いに咲いていた花たち。

オタカラコウとハンゴンソウ                                ワレモコウ
 



意外に思われるかもしれないが、オタカラコウもワレモコウも秋田ではほとんど見かけたことがない。

私事で恐縮だが、この山を下山する頃から、カメラ(ニコンD7100)の調子がおかしくなった。
(-_-;)これから本格的な紅葉シーズンを迎え、立て続けに山に行こうとしている時に何たることか。
熟慮の結果、翌日、後継機種?のD7500を購入、

D7100は修理に出し、バックアップ機として活用することにした。年金生活者には痛い出費となった。


次(虎毛山)へ行く。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする