モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

こどもの日に見た秋田鳥海山(2024年5月5日)

2024年05月17日 | 鳥海山逍遥

5月5日は今年初めて八塩山に登っている。
本頁ではその前と後、由利本荘市やにかほ市など秋田県内各所から眺めた鳥海山を陳列してみた。

この日最初の鳥海山は朝5時半頃、由利本荘市の本荘市街地の南郊外、子吉川の堤防から。



本来ならば鳥海山に朝日があたって明るく見えるはずだが、ややくすんで見えた。

それはこの時間帯にたまたま東空に雲がかかっていて朝日が遮られたせいだと思う。

続いて由利本荘市前郷付近から。



手前の田んぼに水が引かれていた。鏡面風景を期待したが、残念。代掻きがまだ完全でなかった。

由利本荘市矢島町の郊外から二枚。







由利本荘市鳥海町猿倉から三枚。










由利本荘市鳥海町百宅から。






この集落はダム湖に沈むため、現在住人は居ない。
寝んねこ坊っ子(赤ん坊の寝顔)の雪形が見えて来た。
今年の鳥海山は暖冬で積雪量が少ない。そのためか今年はこの雪形の出現も早いように感じる。

由利本荘市鳥海町中直根から。
ここからも寝んねこ坊っ子(赤ん坊の寝顔)の雪形がわかる。







由利本荘市鳥海町の笹子峠から。




笹子峠を超える途中、山形県境に聳える丁岳が見えた。




羽後町牛ノ沢から。
出羽丘陵の山あいから鳥海山は見えにくいが、このポイントから一瞬だけ見える。




八塩山山頂台地から。個人的には鳥海山を望む最高の場所ではないかと思っている。

今日は八塩山から下山後は東由利原を経由してにかほ市に向かった。
上坂はにかほ市としては最高所(標高約390m)にある集落だが、水田鳥海が見られる場所でもある。
この時間帯は風が強く、さざ波が出て鏡面にはならなかった。




にかほ市の下界に下りて、田抓付近にて。



朧だが水田に逆さ鳥海が見えた。
にかほ特有のパンダ雪形もそろそろ見えて来た。


「5月5日の八塩山」に続く。

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

陽春の鳥海山(2024年4月22,23日)

2024年05月03日 | 鳥海山逍遥

今年の春は鳥海山を眺める機会が割と多いように感じる。
4月22日は遠く、男鹿半島から洋上鳥海として見えたが、その姿は朧なものだった。

4月22日午前7時頃、男鹿市船川港増川から。



4月22日午後2時頃、男鹿市船川港小浜から。



翌23日も快晴との予報だったので、

今度は由利本荘やにかほ、庄内など近場から眺めるため、ほぼ夜明けと同時に南下した。
しかしこの日は晴れなのに視程はイマイチ、
薄く靄がかかっているようで秋田市からは見えなかった。
由利本荘市まで来たら、姿は見えるものの、クッキリとは行かなかった。

4月23日、由利本荘市前郷付近から。



由利本荘市矢島付近から。



旧鳥海町猿倉まで来たら、クッキリとした鳥海山になった。

しかし僅かに雲が懸かっていた。










今回はこの後、百宅や笹子峠方面には行かず、
市道猿倉花立線(通称「鳥海グリーンライン」)を西進した。

谷地沢と桃野の間の直線区間から。

横構図



縦構図
 



にかほ市に入り、上坂付近から。

ここは五月ならば水を張った水田に映る鳥海山がみごとな場所だ。
今の時期はまだ水は張られていない。




同じく上坂付近から。




支峰の稲倉岳方面。



にかほ市長岡付近から。
ここまで来たら、山頂部がやや霞んで来た。




この後、にかほ市や庄内に入ったら、鳥海山は霞と逆光で見えにくくなった。
酒田市升田に向かう。途中の酒田市福山付近から。




右中腹に雲がかかっていた。このため、雲の下に位置する升田から鳥海山は見えなかった。

玉簾滝を見て帰ろうとしたら、雲がだんだん取れて来た。




帰り道の遊佐町から。

雲が少々五月蠅いが、鳥海山の雪形「種まきじいさん」が見えた。




笙ヶ岳の方向。オレンジ枠内が鳥海山の雪形「種まきじいさん」。



遊佐町北目付近から。




この後、昼以降は鳥海山の上半分に雲が懸かり、姿が見えなくなってしまった。

玉簾滝・・・」へ続く。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

富士山似の鳥海山を探して。(2024年4月7,10日)

2024年04月18日 | 鳥海山逍遥

このところ鳥海山はにかほや庄内など日本海側からばかり眺めているような気がする。
例えば、「酒田~にかほ間の鳥海山」、「鶴岡~にかほ間の鳥海山」など。
由利本荘市の奥地や横手など東の内陸側からはしばらく見てないと思っていたが、
遡って調べて見たら、2月18日にしっかり見ていた(記録はこちら)。
いずれにしろ4月7日は約二ヶ月ぶりに本荘の奥地へ、10日は横手に行き、鳥海山を眺めてみた。
これらの地域から眺める鳥海山は富士山に似た姿だ。

4月7日の天気は晴れだったが、早朝のうち、鳥海山には雲が懸かって見えにくかった。
矢島町を過ぎ、猿倉が近づいてきたら、雲が完全に取れて来た。




参考マップ



猿倉(マップのC,D)から四枚。













いつもなら最奥の集落(現在はダム工事のため、住人は居ない)、百宅に
立ち寄るのだが、今回は割愛した。

続いて中直根(ひたね)(マップのE近く)から二枚。







笹子(じねご)峠(マップのF)から。




序でなので笹子峠から丁岳も望む。




羽後町牛ノ沢(マップのG)から。




序でなので東から見た八塩山。




この日はこの後、とある山に登山した。
その山から見た鳥海山はあまり富士山似ではないし、遠くてやや霞んでしまった。




4月10日は横手実家付近から二枚。
横手市平鹿町(マップのI近く)から。




横手市十文字町(マップのJ)から。




ちなみに自宅のある秋田市から見た鳥海山はこのような形。
秀麗無比ではあるけれども、富士山とは言い難い。

2024/04/11 秋田市四ツ小屋から。



秋田のとある山で雪割草を見た」に続く。

コメント (4)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

酒田~にかほ間の鳥海山(2024年4月2日)

2024年04月13日 | 鳥海山逍遥

(本頁は「山形のとある山で雪割草三昧」の続きである。)

4月2日は酒田市の東部のとある山に登った。

このお山の山頂は鳥海山の眺めがとても好いのだが、今回は残念、雲がかかってよく見えなかった。




よく見えた時の姿はこうだった。

(2018年4月10日撮影)



それでも下山したら15時頃から雲が取れて来た。
山麓の道端から。




電線の無い別場所から。




旧八幡町のファミリーマートから。
この場所、鳥海山のビューポイントとして最高だと思う。







(西側のパーツ、左から笙ヶ岳、鍋森、扇子森など)



酒田市藤崎(西谷地)付近から。







にかほ市小砂川付近から。




(左に突き出したのは稲倉岳)



(右の平らな部分は笙ヶ岳)



以上。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鶴岡~にかほ間の鳥海山(2024年3月24,27日)

2024年03月30日 | 鳥海山逍遥

(本頁は「八幡町八森でオウレンを見た。」の続きである。)

3月24日は鶴岡まで行って来た。

庄内地方から鳥海山を見るよい機会だったが、
午前中は残念、雲に包まれて見えなかった。
鶴岡の高館山に登り、昼過ぎになって帰ろうとしたら、
だんだん雲が取れて見えるようになって来た。

鶴岡高館山から。



庄内空港付近から。




撮影地の田んぼの畔を見たら、青い瞳。

オオイヌノフグリが咲いていた。




八幡町八森でオウレンを見た後。

酒田市八幡町から。



遊佐町月光川から。




酒田市藤崎付近から。




県境を越えてにかほ市に入る。
ここから先は雲がすっかり取れた。

小砂川付近から。




小砂川付近から。左に稲倉岳が突き出している。




稲倉岳






象潟、奈曽川の橋から。







先ほどの小砂川から見た鳥海山との違いは稲倉岳が鳥海山本体と重なって見える点か。




にかほ市平沢郊外から。






このすぐ後、ラジオで尊富士の優勝を聞いた。
前日の朝乃山との取り組みで負傷、車椅子で救急搬送されたにも関わらず、
今日出場したのに驚いた。がそれもつかの間、豪ノ山を下しての優勝。
新入幕での優勝は110年ぶり。
初土俵から10場所での制覇も最速・・・と記録づくめ。
本人は記録よりも記憶に残る勝負を選んだと言うコメント。

そういうこともあり、今日、にかほから眺めた鳥海山はとても立派に見えた。


にかほから見た鳥海山を追加する。
3月27日は未明に家を出て、にかほ高原まで向かった。
標高約510mの高原には季節外れの新雪が積もっていた。
そのため峠道の走行には難渋した。
高原はとても寒かったが、奇麗な夜明け風景を見ることが出来た。

3月27日の日の出。太陽のすぐ右は八塩山。



鳥海山のモルゲンロート?



日の出の場所より少しだけ北側、仙北平野方面の眺め。




以上。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする