モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

いにしえの秋冬庭(2016年9~12月)

2022年11月16日 | ガーデニング/夏秋

本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。(2020/03/20)
再アップしました。(2022/11/16)


9月以降の私はまた山が忙しくなって来た。
特に中旬以降は実家慰問(母の介護)とともに紅葉の追っかけが始まったので、土日祝日はほとんど家に居なかった。
よって自庭での園芸ガーデニング活動は何もやっていない。
それでも年末になったので秋以降の花たちをレトロスペクティブに並べてみた。

まずはヒガンバナ。 

2016/09/25


                                    ヒガンバナ                                                                                   
リコリス・スプレンゲリ
 


ヒガンバナには不吉なイメージをお持ちの方もいらっしゃるようだが、
秋田では墓地や畦道には無いので珍しく、わざわざ球根を買って庭のあちこちに植えこんでいる。
青が混じった不思議なピンク色のヒガンバナ(リコリス・スプレンゲリ)は何故かうちの庭に懐いてくれない。
不思議と横手
実家では元気でよく増えているので開花するとわざわざ見に行っている。

リコリス・スプレンゲリ 2016/09/09 



葉の無い花が続く。

コルチカム・白花八重咲き。2016/10/11

 

       コルチカム・シリシカム                       ブルビネ・フルテスケンス
 
                                                                                                                               (´π`;)こちらは葉があった。 


その他の秋花

ニコチアナやサルビア・コクシネアなど。2016/09/25

 

アキチョウジ。2016/10/17



あっ( ̄π ̄; この花はたしか・・・

ボリジ(ルリヂシャ)。2016/10/05

 

ボリジは6月の庭にも咲いていたが、
こちらはその時のこぼれダネから咲いたもの。
一年に二回も咲くとはマッタク予想してなかった。なんか儲かったような気分。

なお背景の赤は・・・
 

スズランノキ Oxydendrum arboreum の紅葉。2016/10/30
 



結局、ボリジは雪に潰されるまで咲いていた。

ボリジ。2016/11/13                                                                                                           ネリネ・ボーデニー。2016/11/13
 


ピンクのヒガンバナ(リコリス)のような花は今年新しく導入したネリネ・ボーデニー。

秋田では地植えでも越冬するようだが、今年は念のため鉢に植えてみた(冬場は風除室に格納予定)。


秋の庭木(蔓もの)

ツルウメモドキ。2016/11/06



これは庭にはゼッタイ植えてはいけない木だった。
 

ディープな山野草系

クサヤツデ。これでもキク科。2016/11/21
 


                                  クサヤツデ全体図                                                         
      カエデ `野村'、フウチソウ、ギボウシ他
 



落葉も進み、草も刈られ、庭は寂しくなる一方だ。

2016/11/21
 


11月21日。鉢物の一部を風除室に格納する。

ネリネ・ボーデニーとこれから咲くマンドラゴラ。
 


上右は風除室内の様子。
ヤグルマギクだけは一応、タネを蒔いた。

11月23日。ついに初積雪。

2016/11/23

 


12月上旬、マンドラゴラが咲き出す。

マンドラゴラ 一号。2016/12/03
 



雪は降ったり融けたりの繰り返し。




クリスマスが近づくと、コトネアスター(ヤナギバシャリントウ)がクリスマスカラーに変身。

ヤナギバシャリントウ。2016/12/16 



このクリスマスローズは今年もクリスマス前から開花していた。

クリスマスローズ。2016/12/25



てなわけで、 (´π`;)2016年の秋以降はマッタクの手抜き庭だった。


モウズイカの表庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いにしえの11月庭と冬支度。(2012年11月4~25日)

2021年12月01日 | ガーデニング/夏秋

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)

紅葉は深山や幽谷、名所だけで見るものではない。紅葉する樹種を選んで植えておけば庭でも十分愉しめるものだ。
まずはコマユミ。

2012/11/04


 

2012/11/10
 


2012/11/04



2012/11/04 ギボウシの黄葉にコマユミの落葉。




次なる樹木は

スズランノキ Oxydendrum arboreum(ツツジ科、北米原産)。
ニシキギ(コマユミ)、ニッサ(ヌマミズキ)と並ぶ世界3大紅葉樹の一つ。

うちの木は通販で買った苗木を鉢で数年、その後、地植えして10年近くなるが、いまだに丈は1m程度。
私が今までに扱った木としては最も成長がスローモーだ。

スズランを思わせる花も疎らにしか咲かないが、紅葉はさすがにご立派。
根元に植えた和製クレマチス、センニンソウが今頃になって咲き出し、紅葉といいコントラストを見せていた。
この時はシロクジャクも盛りだった。


2012/11/04



2012/11/04



2012/11/04  センニンソウの花アップ。




次はあまりメジャーでない紅葉。スモークツリーだ。

2012/11/04




続いてスイカズラの仲間。
秋になると、黄色に変わるとは、気づかなかった。
それ以上に驚いたのは元の方が奇麗なピンクに変わっていた。ピンクの紅葉は珍しいと思う。

2012/11/04 2012/11/10
   



紅葉は必ずしも樹木の専売特許にあらず。
庭草で宿根草の中にはドッキリするような紅葉を見せるものもある。

2012/11/04 ペンステモン・ジギタリスの紅葉。



 


ペンステモン・ジギタリスの葉は面白いことに紅葉しても枯れず、冬の間にまた緑に戻る。

アオバナフジバカマ Conoclinium coelestinum の黄葉は綺麗だが、さっぱり話題にならない。

2012/11/10




落ちた木の紅葉と草紅葉。

2012/11/10



赤い落葉はコマユミ。黄葉の草はアオバナフジバカマの名で流通しているConoclinium coelestinum

左の白っぽいのはビロウドモウズイカ。緑の細かい葉のグランドカバーはタイム・ロンギカウリス。

いよいよ秋田でも雪が降りそうだ。
この時期、アタマの痛いのが、タイヤの交換と庭の冬支度。
雪の少ないエリアの皆様にはあまり関係ない話で恐縮だが、

後者については、うちでは雪に埋もれる前、庭の草花は抜くものは抜き、刈るものは刈って捨てるようにしている。
そうしないと春、雪が融けた後、倒伏した枯れ草がみっともないし、庭の立ち上がりそのものも遅くなる。
ついでなので、一年草のコーナーは土壌改良も行う(腐葉土や乾燥牛糞、石灰窒素などを鋤きこむ程度)。
ふだんさっぱり運動をしてないので、
たったこれだけ(↓)のスペースをスコップで掘ったら、うっ( ̄π ̄;腰を痛めてしまった。

2012/11/17
 


(´π`; 年はとりたくねえもんだ。

ちなみに作業は先週日曜、晴れ間をみて行い、写真は今日(11月17日)撮った。

まだしぶとく紅葉(黄葉)している草木があった。

2012/11/17 
フウチソウの黄葉。左奥はニコチアナがまだ咲いている。



翌18日は一日中、暴風雨となった。おまけにカミナリも鳴っている。
こんな日は庭シゴト(冬支度)も何も出来ないのだが、
開き直って以前から考えていた『風』をテーマとした植物写真にチャレンジしてみた。

対象に使った植物は『風を知る草』こと「風知草(フウチソウ)」。
芸術性のかけらもないお遊び写真だが、ご笑覧あれ。

2012/11/18



『風』の第二弾は風除室。
耐寒性はあまり強くないけど枯らしたくないものや他所様よりも少しでも早く花を咲かせたいものや
育苗中の一年草などは、
冬場、スペースの許す限り、この風除室に収納している。

2012/11/18                                     2012/11/18 風除室内
 


 



今はシソ科のプレクトランサスが花盛りだ。この植物は熱帯原産なので、風除室でも越冬は困難だ。

もう少ししたら、室内に格納し、春になったら、刺し芽で増やす予定。  
風除室内の一年草苗でイチバン元気の良いのはスイートピー。
問題はこんなに多くの苗を這わす場所が無いこと。


11月23,24日も天気はイマイチ。雨や小雪がちらついている。
庭を片付けていたら、黒い葉のコクリュウが目に付いた。
地味だが、グランドカバーとして重宝している。寄せ植え材料としても面白い。

2012/11/24 オオバジャノヒゲ `黒龍'



次なる植物は、もっと地味な花、クサヤツデ。

2012/11/25



2012/11/25                                      
2012/11/25
 



キク科の花は多数の筒状花や舌状花(花弁のように見える)が集まってさながら一個の花のように咲くことが多い。
この集合体を「頭花」と言うが、

クサヤツデ Diaspananthus uniflorus は珍しく頭花に一個しか花(筒状花)がつかない。
花弁の色は紅紫だが、総苞(萼のように見えるもの)や花茎は黒いので余計締まって見える。

したがって、花が咲いても気づかないほどの寂しい植物である。
反面、葉はヤツデを小型にしたような形でこんもり茂るのでこちらは割と目立つ。

日本固有一属一種で、主に西日本の暗い林床に生えると聞く。
秋田には当然、生えていないし、仮に生えていても私は山鳥じゃない山盗りはしないので、

うちにあるものはとあるマニアックな専門店から買った代物。
ガーデニングをやる人はもちろんのこと、山野草愛好家でもこんな地味な植物を

好んで栽培する人はそうは居ないと思う。
天邪鬼な私はバラやクリスマスローズよりもこんな地味花が好きなのである。
その花が11月も中旬になったら、ようやく咲き出した。

記念に写真に収めようとしたが、 (´π`;)実は悪戦苦闘。花が細く小さく茎も細くてなかなかピントが合わない。
おまけに風に揺れ、じっとしてくれない。

こっ( ̄π ̄;これこそ
(うちの地植えでは)最後に・・・いや最後まで咲く花。

2012/11/25 ノジギク



こちらは典型的な菊花。外側の白い弁が一枚ごとに舌状花になっている。中心の黄色い部分は筒状花の集まり。


庭もだいぶ片付いてきた。後は雪を待つばかりか。

2012/11/23



モウズイカの表庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

晩秋の荒れ庭(2020年11月7~20日)

2020年11月22日 | ガーデニング/夏秋

ここ数年、園芸ガーデン熱が冷め、山ばかり行っているので、うちの庭は荒れ放題だ。
荒れた感じがもろなのはツルウメモドキ。
(`◇´)こんな木はけっして植えるもんじゃない!!
もし生まれ変わってまた庭を作るならゼッタイ植えない!!


ツルウメモドキはマユミの木に絡ませている。右下に蔓が少し写っている。ウメモドキは左下に。

2020/11/07


ツルウメモドキを絡ませているマユミの実



ツルウメモドキ。これはならず者。




何故ならず者なのか。

蔓は伸びるスピードが速く、あっという間に支柱にしている樹木を覆ってしまうが、もっと怖ろしいのは根っこだ。
うちの庭の地下はほぼ全域、ツルウメモドキの根っこで占領されている。
とんでもない処から芽を出し、僅か数日で30センチくらいまで伸びる。放っておくとタイヘンなことになる。
種子の発芽にも悩まされている。

ウメモドキ。これは良い子。




いち早く紅葉したのはコマユミ。これも良い子だ。




スズランノキ。これは優等生。何故なら生長が驚くほど遅いのだ。植えて20年近くなるが、背丈は2m程度。
しかし今年の紅葉は腑抜けた色合いだ。本来ならもっと濃い紅、ワインカラーなのに。




今年は連日の降雨で紅葉が進まないうちに落葉した。

うちの荒れ庭のいいところをどっかり占領しているのはススキ(斑入り品種)だ。
夏場は白斑が涼やかで行儀もいいのだが、
秋になって穂花が出て来ると緊張感が失せてしまう。
よって風雨で倒れて、横に広がるようになる。
冬場、その上に雪が降ったら更にみっともないので、雨の晴れ間を見て刈り取った。

2020/11/07 刈り取り直前



刈り取り後。奥の紅葉はスズランノキ。



ススキだけで70リッター用のゴミ袋が二ついっぱいになった。
ススキは仮に園芸品種でも猛烈に増え広がるものだ。うちでははみ出さないように大鉢に植えたまま庭に埋めている。
その状態で既に四半世紀。まことに強靭な植物だと思う。

ならず者、ツルウメモドキだが、数日後、二階の窓から見て、唖然とした。
こんなにも繁っていたとは!! なお絡ませている木はマユミ。それを完全に覆っていた。

2020/11/13




中旬になったら冬植物マンドラゴラ第一号が咲き出していた。
この品種(他にも有るので仮に「第一号」としておく)は一見、セントポーリア(イワタバコ科)みたいで可憐だが、
こちらはナス科の猛?毒植物。

ハリーポッターなどにはよく出て来るが、人間界で植えてる人はあまり居ないようだ。

2020/11/13




マンドラゴラの花をアップで。
葉はでかいが花は小さく2センチ程度。開花期間はホンの二、三日なので見逃すことも多い。




この仲間は晩秋から真冬にかけて咲き、実をつけ、春になると枯れて休眠する。そして秋になるとまた復活する。

こんなことをうちでは十年以上も繰り返している。

ネリネ・ボーデニーが先月末から咲いている。何故か今年は花色が淡い。気象のせいだろうか。

2020/11/19




珍しく晴天になった日のツルウメモドキ。

2020/11/19




葉は完全に落ちてしまったが、実は健全だ。晩秋の花の少ない時期、貴重な存在と言える。
根っこは憎たらしいが、抜かずに置くか( (´π`;)今更抜きようも無いが)。

・・・とこれで終わりにしようと思ったが、
今朝、朝刊を取りに玄関を開けた途端に目に入ったのは・・・

2020/11/20



黄色いのはフウチソウ。その上に野村カエデの紅葉が。
昨夜来の強い雨で一気に落葉してしまった。このカエデはうちの庭木では最も遅く紅葉する。
従ってうちの庭紅葉はこれで全て終わった。
これからの秋田は時雨空が続き、そのうち白いものが落ちてきて長い冬に突入する。


モウズイカの表庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

気まぐれリコリス(2020年8月~9月上旬)

2020年09月10日 | ガーデニング/夏秋

うちの荒れ庭の片隅で今年もリコリスの仲間が咲き出した。

今朝(2020/09/10)は久々の雨で濡れ姿。




昨日の朝(2020/09/09)の様子。

 


種名はリコリス・スプレンゲリ。中国原産で花の色合いから「ムラサキキツネノカミソリ」とも呼ばれるようだ。

同じ場所で八月下旬には別のリコリスが咲いていた。

2020/08/27

 


種名はリコリス・インカルナータ。
やはり中国原産で何故か「タヌキノカミソリ」とも呼ばれる。
個人的には赤いキツネノカミソリがタヌキでこちらの方がキツネっぽい感じがする。
しかし「赤い狐に緑の狸」という格言?があるくらいだから、キツネノカミソリは赤なのか。

これらは25年前、家を建てると同時に植えこんだリコリス類の一部だが、

開花は気まぐれでどちらもまだ三、四回くらいしか花を見たことが無い(葉っぱは毎年出しているようだが・・・)。

ところで、昨年と一昨年は同じ場所でほぼ同時期にまた別のリコリスが咲いていた。


2018/08/23



2019/08/25



白っぽい方はオフホワイト、薄青い方はブルーパール。
どちらも出自のはっきりしないリコリスながらも、
この二品種はほぼ毎年のように咲いている。
ところが今年は咲かなかった。どうしたんだろう。

今年の秋田は七月から八月お盆過ぎまでずっと雨続きで、それ以降は昨日まで猛暑日照りが続いている。
この異常気象のせいで咲かなかったのか、だとするとスプレンゲリ、インカルナータの二種は異常気象の時だけ咲くのか。
いずれにしろ定かではない。
同じ場所にはまだ別の種類も植わっている。それはまだ一回しか花を見たことが無い。
はたして生きてるうちに見られるものかしら。リコリスの開花メカニズムはどうなってるのだろう。


モウズイカの表庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

梅雨時の庭花(2020年6月下旬~7月上旬)

2020年07月08日 | ガーデニング/夏秋

例年、梅雨時は庭花が少なくなる。
秋田地方は空梅雨の年も有るが、今年はしっかり梅雨空が続いている。
それでも今のところ水害等は免れている(災害に遭われた皆様、お見舞い申し上げます)。
雨続きのせいか花の咲き具合はあまり宜しくない。

ホタルブクロ



或る方から、ホタルブクロは暴れるのでけっして地植えしてはならないと注意されたが、

うちの庭では暴れるどころかすぐに枯れてしまう。かわりに他の花が植わっている鉢に侵入、
元の花を駆逐して鉢の中で増えている。

なんかカッコウみたいな生態だが、そのまんま咲かせている。


ホタルブクロ                             スイセンノウ
 



スイセンノウは酔仙翁と書き、濃いマゼンタやほろ酔い加減に紅くなった色合いが一般的だが、

うちの庭では純白ばかりが繁茂している。酒好きの庭主人とは違い、スイセンノウは素面ばかりになってしまった。


ナツツバキ




ナツツバキの花は白と決まっているが、うちのものは咲いているうちに仄かに紅をさすことが多い。
皆さんのお家のものはどうだろうか。

次は一見、タチアオイのようだが、アルセア・ルゴサという別種。
3m近くまで生長する年も有るが、今年は2mに満たない。

今年は春、根元にヒナゲシのタネを蒔いた。
今頃になり、咲き出しているが、残念、雨に打たれてさっぱり見栄えがしない。
雨の多い年、この手の一年草は難儀する。




カラー。
品種名は「ピカソ」というらしい。

 


こちらの品種名は不明。一般的な黄色花だ。
どちらも鉢に植えっぱなし、冬場は室内で避寒するが、毎年よく咲いてくれる。

 


カラーの花を見ると、いつもミズバショウを連想する。
同じサトイモ科なのでつくりは同じ。しかし両方の写真を並べて見るとやはり違う。

2020/06/22 月山のミズバショウ。




高山ではニッコウキスゲが咲くシーズンだ。

2020/07/03 森吉山のニッコウキスゲ。



それの代用品?としてうちではヘメロカリスを数品種植えている。
が、今年のヘメロカリスはパッとしない。

庭のヘメロカリス `ステラ・デ・オロ'



理由は
6月中旬の生育期、近所の野良猫が葉の茂みを寝床にしてしまったせいだ。

2020/06/15




他のヘメロカリス。

 

毎年対応に苦慮している凶悪なアブラムシが今年は発生していない。
それは雨続きのせいだろう。


この小さな草はヒメヤブラン。十数年前に導入した。

花は地味だが、グランドカバー(雑草塞ぎ)として重宝している。







盛夏の庭の主役、アガパンサスだが、今年は異常に蕾の出が悪い。

こんなことは今までに経験したことが無い。どうしたんだろう。




ちなみに昨年はこうだった。2019/07/21撮影。




モウズイカの表庭(トップ)へ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする