錫 杖 流

自由人です。

北アルプス表銀座「大天井岳」 試練の稜線

2020-10-30 | 北アルプス

常念乗越から森林限界となり

風をよける事が出来なくなりました。

体感温度はマイナス10度

なにより稜線を駆け上がる西風が猛烈で息さえできないくらいでした。

時々突風が体が持ち上げる事もあり、そのまま岩にしがみつき難を逃れた。

小屋まで行けば

小屋まで行けば

小屋まで辿り着けばと修行僧のような気持ちになった。

されど、穂高から槍にかけてかかる厚い雲が北から消えてくると

槍ヶ岳の山容が見えだし

テンションは上がるのでした。

 

 

 

 

東京からの31歳仲良しトリオ

 

 

 

常念の肌

 

 

 

 

 

前穂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横通岳のトラバース道から常念岳を振り返る

 

 

遠く燕山荘

 

 

 

 

 

 

涸沢カールに見えるは涸沢ヒュッテ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常念パノラマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有明山はまだ紅葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋までもう少し

風の通り道から脱出

 

明日へ続く

 

 


北アルプス表銀座「大天井岳」 常念乗越へ

2020-10-29 | 北アルプス

常念乗越までは、登山口から一気に1.100mの標高を駆け上がります。

常念小屋に泊まるのであれば乗越まで上がれば小屋ですから一安心

されど大天井岳までは乗越からさらに地図上3時間半

それに強風の中、寒さとの闘いになるとなれば

危険回避の行動をどのタイミングで判断するのか

常念小屋は昨日で営業終了。駆け込み寺はない

撤退は日帰りで下山を意味する。

 

登山道には、標高に伴い新雪が深まってきた。

乗越を駆け抜ける強風が昨夜降った雪を掻き揚げ

頭上から舞い降りてきました。

撤退は無い。

目指すは「あったかい大天井荘」

 

下山していく登山者からは

稜線は立っているのがやっとくらいの強風だと聞かされる

 

眼下には白竜 一ノ沢

疾風が沢を駆け下りて、下方で爆発する

山風が生き物のように見えてきますね

自然のパワーを見て感じ取ることが出来るのも

山登りの素晴らしさです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダケカンバ帯に突入

森林限界は近い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常念乗越到着

 

この時、槍は厚い雲に隠れていました。

強風吹く地獄の稜線帯に向かいました。

 

 

 

 

 


北アルプス表銀座「大天井岳」へ 一ノ沢登山口出立

2020-10-28 | 北アルプス

10/25(日)・26(月)と連休を利用して

今年最後のアルプスを歩いてきました。

予定では24から3連休でしたので、燕岳から表銀座を縦走しようと計画していましたが

2日間となった為、一ノ沢登山口をベースにして大天井岳を往復することにしました。

 

登山開始は6:30

日曜日ともあって常念岳を日帰りするハイカーさんが多く見られました。

また前日の土曜日が常念小屋の営業(宿泊)最終日と重なり

常念から下山する登山者は50人以上

とても賑やかな登行となりました。

 

では、23年ぶり3度目の大天井岳紀行

はじまり はじまり です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常念乗越まではもうすぐ

標高差1.100m

稜線に近くなるにつれ風の強さが増してきました。

これは稜線は地獄の寒さということを

覚悟せざるを得ない状況と理解しました。

 

明日は、乗越までをアップします。

 

撮影日 10/25 

 

 


岳沢 ファイナル

2020-10-27 | 上高地・乗鞍

昨夜、新雪のアルプスから無事下山しました

まとまった降雪が山に登る前日に降った為、

10月のアルプスとしては、穂高~槍の高い標高では銀嶺の山並みを

撮影することが出来ました。

今朝は、高腿が筋肉痛になっていますが

日々、里山に通っている分、回復も速そうです。

 

さて岳沢ファイナルをアップし

今夜から700枚の編集開始です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影日 10/18(日) 上高地~岳沢上部までハイクアップ

 

1週間置いて10/25~26とアルプス表銀座のとある峰に登って雪化粧した槍穂を眺めてきました。

稜線では、寒くて 風が強くて ここに居たら死ぬかもと撤退の2文字が頭をよぎることもありました。

いろんなアクシデントを乗り越えて

無事下山することが出来ました。

 

明日からその模様をお届けします。

 

 

 


岳沢晩秋

2020-10-25 | 上高地・乗鞍

予定では、今日からアルプスに入山

昨日、土曜日は北アルプス北部にはまとまった降雪があったようなので(推測で書いてます)

防寒対策を厳重にして今年最後のアルプス稜線歩きをしてきます。

次の投稿は早くても火曜日の夜になると思います。

どんな景色が待っていることか

無事の帰還を自ら祈るばかりです。

 

晩秋、岳沢紀行続けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風穴当たりの苔

 

 

こちらも風穴あたりですから

標高はずいぶん低い箇所のものを貼りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

500mレンズも担ぎました。

乗鞍岳は冬の様相です。

 

 

おまけ

先日、昔の仲間と久しぶりに合流

4時間あっという間にすぎていきました。

みんな人生楽しく行きましょう

 

この時間

予定では、アルプスの某山小屋にて暖をとってると思います。

夕焼けしろ~と願いを込めて

 

 

 

 

 

 

 


15度目の岳沢詣

2020-10-24 | 上高地・乗鞍

何度見ても飽きない穂高の景観美

これは10/18の風景ですが、あれから一旦雪は解けてしまいました。

今思えば、絶対雪化粧になるから行くしかないと重い腰をあげて夜行弾丸してよかった。

夜の運転が少しづつ億劫になってきてるのも事実

何度も何度も小刻みに休憩をいれての運転です。

自動車保険も見直して3万円ダウン

ありがたやあ

 

今日から3連休でしたが、緊急の仕事が入り、日曜・月曜の2連休になりました。

この休みを逃すとしばらく連休がないので

今夜また信濃路へ出発です。

 

 

 

 

 

岳沢湿原

 

15度目のハイクアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋締めのその日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小屋からさらに標高を100mほど上げて俯瞰します

 

 

 

 

このあたりでバランスを崩し

小指を岩と一眼レフで強烈に挟んでしまいました。

折れた~と思いました。

しかし、1週間たってなんとか回復してます。

 

 

 

 

 


初冠雪の穂高連邦 河童橋から

2020-10-23 | 上高地・乗鞍

昨夜からまとまった雨が降りました。

穂高はどうなっているかなとライブカメラを除くも

吊り尾根には雪は無く

暖かい雨だったようです。

週末は晴れる予報で、今年最後のアルプスに向かう予定でが

雪景色が期待できないのは残念かな

信州は、山麓に紅葉がおりてきてる頃でしょう

これから季節は、登る山より

見上げる山に主題を置くことになってきます。

どんな山旅になるか

防寒対策をしっかりして(アイゼンも持参)行ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度も何度もシャッターを切る

銀嶺の穂高でした。

 

明日は、岳沢に向かいます。

 

 

 


白骨温泉〜上高地入山

2020-10-22 | 上高地・乗鞍

乗鞍高原からスーパー林道を利用し白骨温泉経由で沢渡へ

タクシーはコロナで相乗り禁止

それを知らず高いタクシー代を払って

今年初めての上高地へ入山しました。

大正池辺りでは朝霧の中でしたが

バスターミナルから徒歩で河童橋に向かう辺りで

白銀の穂高連峰がお目見えでした。

天狗のコルから滝雲が上高地に流れ込む

カメラマンには嬉しい条件が重なりました。

 

まずは白骨温泉から紅葉風景から始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

河童橋から撮影再開

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく上高地から初冠雪の穂高連峰をアップします。

 

 

 


霜の降りた朝に 乗鞍高原一ノ瀬園地

2020-10-21 | 上高地・乗鞍

今朝の上高地ライブカメラを見てると日曜日の降雪は、吊り尾根から上部に残るだけになりました。

明日からの雨は、標高の高いところではまとまった雪となることでしょう。

根雪となるやもしれませんね 週末は10月初めての連休なので、アルプスへ向かおうと思います。

八幡平紀行を綴られてるいる信さんの写真には、葉を落としたダケカンバの美しい幹に改めて東北の気候の厳しさを見ました。

 

 乗鞍高原の朝に戻ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋から冬へ、乗鞍高原一ノ瀬園地は、冷気に包まれて

植物たちが今年最後の華を咲かさんとしています。

 

明日も乗鞍高原です。

この地に3年間住んでいたので

やはり愛着があります。

 

 


日曜日の朝は「乗鞍高原」で熱いコーヒーを

2020-10-20 | 上高地・乗鞍

10/18(日)冷え込んだ朝を迎えた。

 東の空が白んで来たので撮影モード。一ノ瀬園地に移動し夜明けのその時を待つ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大カエデポイントには20名ほどのカメラマンが朝焼けを待つ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハゼの木の実には夜露が氷玉になっていました。

カメラを通じて植物達との会話も楽しいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日も乗鞍高原の朝をお届けします。

 

撮影日: 10/18

撮影場所:乗鞍高原一ノ瀬園地 

 


初冠雪の穂高連峰 速報

2020-10-19 | 上高地・乗鞍

昨日の日曜日

乗鞍高原と上高地を歩いて来ました。

土曜日のお昼頃、上高地のライブカメラを見てると穂高に薄っすら雪化粧

これは行くしかないと退社後、信州へ向け出発

夜10時頃、乗鞍高原観光センター前の駐車場に到着

満天の星空

気温はマイナス0度

 

以降の旅紀行は明日からにして

メインの穂高連邦雪化粧を速報として報告します。

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の1枚はスマフォ

やはり遠景では一眼レフの被写界深度に及びませんね

 

 

帰りは奈川できのこ蕎麦でした。

 

今夜から楽しみな編集作業開始です。

夜行日帰りは体に応えますが

やはり言って思い切って行って良かった。

 

つくづく思う。

我が人生、山ありてバランスを保たん

 

 

 


ひつまぶし

2020-10-18 | 日記

昨日のお昼は予期せぬランチ

豪華ひつまぶしでした。

アルプスには雪の便り

そして休みが重なったから

行かない理由は見当たらない

行くしかない!

 

久しぶりにモチベーション高く

アルプスへ夜行日帰り弾丸行って来ます。

 

いつものお山からの景色も紅葉が進んでいることでしょう。

秋は万事の足が速くなるような気がするのは私だけか

 

山で事故らないよう慎重に行ってきます。

 

 

 

 


陸奥紅葉ひとり旅 松川渓谷 

2020-10-17 | 日本の心は東北にあり

2019秋の東北旅から

フェリーにて仙台港に着いたのは10/24夕方4時頃

そこから一気にナイトランで岩手県は西根の道駅でした。

夜中しっかり降った雨も朝方になって止みました。

 10/25 朝6時行動開始

道の駅西根から八幡平高原に向かいます。

標高700m以上はすでに紅葉が終わっている事が色で分かります。

渓谷の紅葉が最も盛んな様子です。

やってきたのは松川渓谷

車が行ける最上部まで行って見ます。

 

地熱発電所 松川

 

 

 

 

 

 

かなり大きな施設です。

それより燃えるような紅葉

 

 

 

ブナ樹海

 

 

 

 

 

 

 

 

雨上がりで鮮やかです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影のスポットでもある

大橋へやってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅で出て良かったと思える朝を迎えました。

 

 

昨年の思い出からでした。

明日は、夜行日帰り弾丸で上高地に入る予定です。

 

 

 

 


あをによし 般若寺の秋桜

2020-10-16 | 日帰りお出かけ

takayanさんがよく訪問されてる秋桜のお寺「般若寺」へ

そろそろ秋桜も見ごろかなと期待をこめて行ってきました。

10/11(日)のお昼過ぎの訪問でした。

 

満開の秋桜をイメージしていましたが

台風一過で花が落ちたとか

よく見ると花は全体に五分咲き

今年は花期が遅いようです。

 

 

 

 

 

なんとか50㎏の石を持ち上げる事が出来ました。

みなさん腰をやってしまうので無理はなされませんように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じの花ぶりです。

 

 

 

HPより

 

 

 

HPより

 

 

 

 

 

若草山にも車で登ってきました。

 

コロナはどこに行ったのかと言わんばかりの人出の奈良公園

修学旅行生も戻ってきてました。

 

 

ネタがなくなりました。

明日は雨だし、どうしようか

カレーでも作ろうかな

 

 

 


東北の輝く紅葉地

2020-10-15 | 東北の紅葉巡り旅

昨年の記録から

 

ネタが無いので2019年の回顧録です。

フェリーで行く「みちのく紅葉一人旅」です。

八幡平の麓

松川渓谷

雨上がりで紅葉が輝いていました。

10月25日のものです。

 

 

 

 

 

 

冷えた体に朝風呂がありがたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葛根田(かっこんだ)渓谷の紅葉も鮮やかでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温泉に新そば三昧

 

 

 

 

 

 

 

 

乳頭温泉休暇村の外湯

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も東北紅葉は山の上から山間を駆け下りてくるでしょう。

行ってみたい気持ちはあれど

長期の休みは年内はもう取れなさそう

 

3連休ぐらいで行ける紅葉スポットを探しています。

今日の好天気のもと、はりさんは石鎚山の絶景紅葉を見られたことでしょう。

一報が待ち遠しいところです。