モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

カテゴリー「男鹿半島3月」の目次

2022-03-28 | 男鹿半島3月

 

(記事の配列は訪ねた年に関係なく、月日の順に並べ、降順とした。)

男鹿でカタクリや小豆岩など。 (2020年3月31日)

寒の戻りをかい潜って男鹿他。(2019年3月28,29日)

(2020年)3月25日、男鹿毛無山(草花編)

(2020年)3月25日、男鹿毛無山(登山編)

男鹿毛無山でスプリングエフェメラル三昧。(2021年3月24日)

New 今年の男鹿は春が遅い。(2022年3月23日)

New 三月の男鹿五社堂に咲く花(2017年3月12,18,30日)

十年目の3.11は男鹿で。(2021年3月11日)

今年のフクジュソウを見に男鹿五社堂へ。(2020年3月4日)

フクジュソウを見に男鹿・・・(2019年3月3日、9日)


2021/03/24 フクジュソウ



2021/03/11 フクジュソウ


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年の男鹿は春が遅い。(2022年3月23日)

2022-03-27 | 男鹿半島3月

秋田の春は男鹿からやって来る。
例年ならば、三月の声を聞くと、ただちに男鹿を訪ねるのだが、

今年は春が遅いので、彼岸の終わり、3月23日にやっと初訪問となった。
まずは海岸部の様子から。

鵜ノ崎海岸から男鹿毛無山を望む。山頂部は自衛隊のレーダー基地になっている。



鵜ノ崎海岸の小豆岩




小豆岩は不思議な成り立ちの岩だ。詳細はこちらの最下段参照。


門前集落のなまはげ像

 

                                              徐福塚


五社堂の登り口に徐福塚という遺跡がある。2200年も昔、ほんとに中国から来たのだろうか。


徐福塚の説明。時間にゆとりのある方は読んでみて下さい。



近くにこんな立派な山門があった。




五社堂に上がってみた。

五社堂の999段の石段
 


この石段は漢の武帝が連れて来た鬼たち(ナマハゲ?)が一晩で築いたものとか。
こちらもほんとだろうか。

石段を登ると、赤い鳥居がちょろっと見えて来る。
ここから先は道が緩やかになる。







約15分で五社堂に到着。




今年の男鹿は花が遅い。

石段の下ではエンゴサクやイチゲがやっと目を覚ましたばかりだった。

エゾエンゴサク?



アズマイチゲ

 

                                     キツネノカミソリ(毒草)、シャク、ニリンソウの芽出し


トリカブト(毒草)の芽出し



バッケ(アキタブキ?)

 

                                            キクバオウレン


五社堂の境内ではまだ何も咲いてない。
と思ったら、キクバオウレンが数株咲いていた。
徐福が探していた不老不死の神薬(薬草)とはこれなのか。

キクバオウレン



男鹿の早春の目玉はフクジュソウだが、今回はまだ蕾ばかりだった。

それでも昼が近づいたら、五社堂裏のものは少しだけ開花していた。

フクジュソウ(毒草)






フクジュソウ
 
                                                                                                                                                            ナニワズ


変なサルノコシカケ。
キノコと蔓はどちらが先なのだろう。




五社堂裏の雑木林
 

                                                                                                                                      大きな瘤


以上。

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三月の男鹿五社堂に咲く花(2017年3月12,18,30日)

2022-03-17 | 男鹿半島3月

(昨晩の地震で被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。)
(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)


秋田の春は対馬暖流に乗って海からやって来る。

毎年、三月になると居ても立っても居られなくなり、沿岸部に出かけているが、
今年の春はちょっと遠慮がち、足踏みしてるような感じだ。

今年になって男鹿半島に行ったのは、3月も中旬、12日と18日だった。

2017/03/18 出戸浜付近から男鹿半島を望む。



2017/03/12 門前にて。

   

                                         2017/03/18 五社堂への登り


2017/03/12 五社堂



3月12日、五社堂の上の山林はまだ雪に覆われていたが、フクジュソウは咲き出していた。

2017/03/12 フクジュソウ
   

                                          2017/03/12 フクジュソウ

2017/03/12 フクジュソウ



次は上と全く同じフクジュソウの3月18日の姿。

ほとんど新鮮なままなので、この間、春の進行は足踏み状態だったことが分かる。

2017/03/18 フクジュソウ



2017/03/18 フクジュソウ

  



フクジュソウ以外に咲いてた花たち。

2017/03/18 ナニワズ



2017/03/18 ナニワズ



ナニワズはジンチョウゲ科のちっこい木。

2017/03/18 バッケ=アキタブキ
   

                                         2017/03/18 キクバオウレン


他にアズマイチゲ、キクザキイチゲ、エンゴサクの開花を確認したが、写真は省略。
 

下旬になったので、フクジュソウ以外の花もそろそろ咲き揃ったのではなかろうかと思う。
3月30日の朝、五社堂に行ってみたら、その通りだった。

2017/03/30 キバナノアマナとエンゴサク



2017/03/30 アズマイチゲ
 
                                          2017/03/30 キクザキイチゲ

これもキクザキイチゲだが、心もちピンクがかってるように見えた。




他にニリンソウも一個だけ咲き出していたが、写真は省略。
フクジュソウはだいぶ古くなっていた。

2017/03/30 左からキクザキイチゲ、フクジュソウ、カタクリ(蕾)



カタクリはまさに今日から咲き出したという印象だった。

2017/03/30 カタクリ



カタクリがいち早く咲き出した場所には他にもいろんな植物が生えていた。


2017/03/30 カタクリの他にエンレイソウやキツネノカミソリ(葉)、
ラン科エビネ属の実などが見える。
   

                                             2017/03/30 エンレイソウ


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

フクジュソウを見に男鹿・・・(2019年3月3日、9日)

2022-03-09 | 男鹿半島3月

本記事は自ホームページ記事をブログ用にリメイクしたものである。


今年は春のペースが早いので、もう咲いてるだろうと思い、3月3日、男鹿毛無山に行ってみた。

そしたら予想通り、咲いていたが、これは私が知る限りでは最速だ。




下界(鵜ノ崎海岸)から男鹿毛無山を仰ぐ。




フクジュソウは五社堂裏の生育地に上がる前、麓の寺社の裏で早くも見つけた。

                     今年の初フクジュソウ                                                                                 五社堂への登りの石段
 


隣ではナニワズも。




石段を登って五社堂へ。そして参拝。



その陰の生育地で。

 


フクジュソウ




その先に花は何も無かった。

強いて言えば、昨年秋の枯れ花が少し。

                 トガヒゴタイの枯れ花                                                                             エゾユズリハ。葉柄の赤が目立つ。
 


オヤマボクチの枯れ花



花は何も無かったが、ヌードの樹林が眩しかった。

 


変な樹木の行列。




中腹まで上がると、雪が出て来た。

 



今日はかんじきの用意をしてこなかった。お地蔵さんの前で引き返すこととする。

下りながら見かけた変な樹木。

     蛸を逆さにしたみたい。                          でかい瘤
 

 

登山口の道端でオオイヌリフグリを見つけた。




3月9日はにかほ市の某所にフクジュソウを観に行く。ところが・・・
(T_T) 咲いていたのはごく僅かだった。

    今年は豪くしょぼいフクジュソウと鳥海山                 フクジュソウ
 

                                                                                                                                       
フキノトウ 
 


今年はいったいどうしたんだろう。

かつての黄色い絨毯のような情景(こちら)は夢だったんだろうか。
この日、鳥海山はよく見えた。

にかほ市郊外から見た鳥海山
 


モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

寒の戻りをかい潜って男鹿他。(2019年3月28,29日)

2021-03-30 | 男鹿半島3月

(本記事は自ホームページの旧記事をブログ用にリメイクしたものである。)

今年(2019年)は暖冬だったので、春の進行ペースは例年よりも十日くらい早いように感じていたが、
彼岸の中日頃から寒の戻りになった。

常ならば三寒四温ですぐ終わるかと思ったら、今回の寒波はけっこうしぶとい。
24日以降は連日のように朝起きたら、外は真っ白が続き、とても山に行く気分にはなれずにいた。
それでも3月28日は朝から強い陽射しが有った。
近所の空き地では淡雪の下にバッケ(フキノトウ)がいっぱい埋まっていた。

2019/03/28 近所の空き地のバッケ(フキノトウ) 






この写真をface bookに投稿したところ、「フキ味噌や天ぷらにして食べて下さい。」などとコメントも頂いたが、
ここはお犬様の散歩・超銀座コースであり、成長も進んでいるので、丁重に遠慮させて頂く。

この日(3月28日)、風は冷たかったが、淡雪が溶けだしたのを見計らい、9時半頃から男鹿に向かった。
途中、驚いたのは寒風山の雪姿。このお山、3月3日や3月17日に行った時は雪が無くて褐色だった。
(今朝は秋田市など平地にも積雪があったくらいだから、白くなって当然と言えば当然なのだが・・・)

2019/03/28 出戸浜付近から男鹿寒風山を望む。



この日行く予定の男鹿本山、毛無山は黒々としていた。

こちらも雪は積もったはずだが、森に包まれているので雪は見えない。

2019/03/28 出戸浜付近から男鹿三山(左から毛無山、本山、真山) 



五社堂の屋根にはまだ雪が残っていた。

五社堂
 



男鹿毛無山に来るのは今年になり既に三度目。

3月3日には早くもフクジュソウを見ている(こちら)が、
その後、彼岸以降は寒の戻りで足踏み状態が続いているようだ。

ヒメアオキの実と今朝積もった雪。



キクザキイチゲとフクジュソウ(古花)
 

                                      キクザキイチゲとカタクリ(蕾) 

早くから咲いていたフクジュソウやキクザキイチゲは寒の戻りでボロボロ、草臥れてしまったものが多かった。

カタクリはホンの少しだけ咲いていたが、背はちっこいままだ。
これは寒い日が続いてるせいだろう。

カタクリ
 


エンレイソウとカタクリ
 



エンレイソウ
 
                                        スミレサイシン 


スミレ類は天狗の鼻のように距をピンと立てたナガハシスミレがいっぱい咲いていた。

ナガハシスミレ(テングスミレ)



アズマイチゲ
 

                                     ニリンソウ


3月17日に来た時、咲き出したばかりだったオトメエンゴサク(エゾエンゴサク?)はそろそろ盛りを迎えていたが、

連日の降雪融解で少々うなだれ気味だった。

オトメエンゴサク(エゾエンゴサク)?
 


オトメエンゴサク(エゾエンゴサク)?の紫花タイプ 



その援護に駆けつけたのはキバナノアマナだったが華奢なその姿では援護など出来るものやら。

オトメエンゴサク(エゾエンゴサク?)とキバナノアマナ
 
                                     ミチノクエンゴサク


今回は花の撮影が目的なので、山頂部までは行ってない。五社堂の少し上で引き返した。


秋田市役所の隣でもキバナノアマナがそろそろ咲いてるかなと思い、翌29日に訪ねてみる。
そしたら、今回はまだ少し早かった。それでも早く咲いた個所をクローズアップで。

2019/03/29 秋田市内の某神社にて。キバナノアマナ






たぶん此処は本州では最大クラスのキバナノアマナ群生地だと思うが、

場所はこのような神社の境内。




地面のうす緑に見えるものは全てキバナノアマナ。
何故この花だけこんなに繁茂しているかは謎だ(よく咲いていた時の記録はこちら)。


モウズイカの裏庭(トップ)へ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする